アズールレーン 編成ブログ。 【アズールレーン】3-4の赤城加賀狙いの周回編成について

【アズールレーン】13

アズールレーン 編成ブログ

2017年秋口にリリースされた世界大戦時の艦艇を擬人化したシューティングゲーム・アズールレーン。 私のTwitterタイムラインでもよく見かけてめっちゃ気になってたんでやってみました。 とりあえず赤城・加賀が出て来る1-4までクリアしましたが、けっこうおもしろかったです。 戦闘がシューティングな以外基本システムは艦これ っぽかったです。 ・・・ぽい、というかほぼ内部構造は艦これでした。 笑 なんというか、艦これや戦艦少女を土台に 面倒なところをざっくりカットして、 イラストをエロゲ風にしつつ シューティングゲームにした、というところ。 キャラゲー・シューティングゲームとしては非常に楽しめるかなって感想です。 【目次】• アズールレーンは艦これのパクリ? アズールレーンがサービス開始された前後、第二次大戦中の艦船を擬人化したゲームという触れ込みでよく、 「艦これのパクリ乙」 的な意見が飛び交ってましたね。 まあ、パクリかと言われれば私はパクリとしか言えないほどにほかゲームやアニメから持ってきた要素が多い、とは思います。 ただそれ自体は別にアズレンに限った話ではなく、 艦これや戦艦少女からそれぞれ適当な要素を抜き出して別ゲームとして昇華させてるな、という感じ。 戦艦少女も疲労とか轟沈なしとか艦これで避難が上がりがちのシステムを改善させて良ゲームに作り直してましたけど、アズールレーンはそれをさらにシューティングゲームに落とし込んでます。 艦これはサービス開始当初から当時のソーシャルゲームの流行とは逆行するようなシステム(轟沈とか非課金主義とか)で注目を集めて今に至ります。 なんだろ、感覚としてはガチャゲーと艦これの中間でいいとこ取りしたのがアズールレーンのイメージ。 ただ私が艦これでめっちゃ楽しいと思ってる戦略性の部分(編成や装備の考察など)がアズールレーンにはないかなあ、と。 いいスキルや性能を持った艦船を がっつりレベリングして殴る、その爽快感を楽しむ、というのがアズールレーンだと感じましたね。 アズールレーンはストーリーやキャラの掛け合いも楽しめる アズールレーンはチュートリアルの出撃から個別のストーリーを展開します。 やはり特殊カットインあったり、物語の今後を感じさせる導入は心が踊りますね。 【クトゥルフと混ざったような深海棲艦が特殊なチカラを人間に渡したら、世界戦争になった】というのがアズールレーンの世界観のようです。 しかも、日本艦が敵っぽい? 赤城・加賀を始め日本艦が妖怪っぽいビジュアルで登場します。 日本艦はみんな妖怪ナイズされているようでケモミミ天国。 (ノゲノラの空がいたら速攻で重桜を攻略してることでしょう。 笑) また、艦これに慣れ親しんでる側からすると日本艦が敵っていうのもかなり新鮮ですよね。 本家が中国という事情もあるようですが、個人的には艦これの対比としても面白いし、 外国で制作されたゲームならではの魅力があります。 基本システムは艦これ?建造・編成出撃・遠征(委託) 基本システムはだいたい艦これ。 チュートリアルでも最初は建造、新規艦を編成し出撃の流れです。 建造にはちょっとした資源とゲーム内のお金(本命)が必要ですが、デイリー任務などでけっこう貰えるので艦これみたいに資源集めに走る必要はなさそう。 レア艦入手はどっちかというと課金方面みたいですが、無課金でも十分SSRな艦が入手できそうです。 また基本はデイリー・ウィークリー任務と合わせて海域出撃し、貰った報酬で再出撃や艦隊の強化、建造したり・・・と言った感じ。 被弾による入渠はなくて、代わりに寮でコンディションや親密度、経験値管理がありました。 (今後ケッコンシステムが実装されるので重要になりそう) ケッコンシステムも実装されました。 スマホならではのスワイプを利用して指輪をはめる演出が、本当に指輪を渡した感があって感慨深いです。 しかもケッコン限定グラフィックもあり、見ごたえ抜群です・・・! 艦これは普段の資源管理もろもろがかなり重要なゲームですが、このへんは切り捨ててキャラクターやストーリー、シューティング戦闘に力を入れているようですね。 戦闘はシューティングゲーム!艦隊を動かすの楽しい アズールレーンの肝といえる戦闘! いかに敵の砲撃をかいくぐり、魚雷を避け、こちらの砲撃・爆撃・雷撃を当てるか、すごくシューティングしてます。 なんだか難しそうですが意外と操作はカンタンで、左親指で艦隊の移動、右親指で攻撃オプションを選択といった感じです。 シューティングというと東方とかのめっちゃ難しい系を想像しちゃってたんですけど、苦手な人でも楽しめる難易度です。 自動戦闘(オート)もあるので、無理に海域を進めなければそちらを利用してレベリングをやれば特に難しくないでしょう。 主力艦隊に編成している戦艦の砲撃には特殊カットインも用意されていて凄くカッコよくも可愛い演出でした。 むしろ私は艦これにこのオートな3Dシューティング戦闘演出を組み込んで欲しいな、とか思ったり。 (運営さん、第二期艦これに期待しますよ><) 艦艇の擬人化が凄く可愛いんです 艦これの艦娘もね、凄く可愛いんです。 人型ならではの艤装とか、史実から引っ張ってきた艤装とか調べるとかなり捗りますよね。 でも、アズールレーンのキャラクターは艦娘の進化版・・・ うーん、違うな、艦娘を現代アニメ、もっと言えば エロゲ的な要素をかなり取り入れたテイストです。 ちなみにゲーム内で各キャラクターに応援コメントが打てるので、思いの丈を叫ぶと絵師さんや中の人に届くかも?笑 (この辺のシステムも新しいなと思いました。 絵師さんとしてはとても嬉しいかもしれませんね) アズールレーンを提督が1ヶ月遊んでみた感想(追記) アズールレーンを遊びだして1ヶ月経って微妙な面も見えてきたので追記。 結論から言うと、 パロディが多すぎてちょっと食傷気味です。 陽炎の連装砲ちゃんを始め、さまざまな日本のゲームやアニメ、そして艦これキャラクターのデザインやセリフパロディが出てきます。 開発された方がかなり重度なオタクらしく、けっこうな割合でどこかで見たデザインやセリフが登場します。 ココらへんかなり気になる人は気になります。 ただ日本のアニメやマンガ、ゲームなどでも過去の人気作品からネタを持ってきたり、作品自体をネタにしているものもあるので、ホント人によります。 逆に、そういったある種二次創作的なコンテンツを気にせず楽しめる人にはかなり面白い作品です。 アズールレーンと艦これ、どっちが面白い? なんというか、そもそももうゲームとしてジャンルが違いすぎるのです。 強いて言うなら、「どっちも面白い」 「兵站や編成・装備を考える戦術的な遊び方が好きな人は艦これ」 「シューティング戦闘を楽しみたいならアズールレーン 」 と、そんな感じです。 キャラクターデザインはそれぞれ好みがあるので、公式サイトなどで確認した方がいいかも。 Twitterだとヴァンパイアちゃんのファンイラストをよく見かけますね。 艦これキャラは絵師さんによってかなり癖がでてます。 その点アズールレーンは一定の方向性が整っているので、統一感が気になる人はアズレンがおすすめ。 しばらく触ってて思ったのは「私は艦これの方が好き。 」 出撃に対して編成や制空値・索敵や攻撃方法、その火力計算とかいろいろ自分で考えて、自分の好みと艦これのシステムが噛み合って難関海域をクリアするのが大好きなんですよね。 今のところアズールレーンはそういう楽しみ方は見いだせないので、艦これの合間とか外出したときの息抜きにちょうどいいかな、と思ってます。 まあ、どっちが優れているとか面白いとかじゃないので、自分がいちばん楽しめるところを見つけましょって感じで一つ。 終わりに:スマホで出来るので、外出先とかで楽しめそう なんだかんだ書いてきましたけど、アズレンは艦これや戦艦少女の要素を取り入れつつ、今の技術や流れを読んでシューティングゲームに仕立て上げた感じです。 みんなが騒ぐのも当然かなと言った印象。 艦これが楽しめなかった人もこれはまた全然違うゲームなので楽しめると思います。 スマホゲーなので外出先でもメインのシューティングが遊べるのもいいですね。

次の

【アズールレーン クロスウェーブ】攻略「オススメの編成と最強キャラクター」

アズールレーン 編成ブログ

耐久:艦船の耐久力。 敵の攻撃によって減っていき、0になると戦闘不能になる。 火力:艦砲の攻撃力。 防空:航空機に対する攻撃力。 装甲:軽装甲、中装甲、重装甲の3種類があり、装甲が厚いほど、ダメージを軽減する。 艦砲の種類によって相性がある。 雷装:魚雷の攻撃力。 航空:艦載機の攻撃力。 装填:武器・スキルの再使用時間。 数値が高いほど、再使用できるまでの時間が短くなる。 回避:高いほど、相手の攻撃を回避できる確率が上がる。 消費:1回の戦闘で消費する燃料。 さらに艦船にはスキルがあり、一部のパラメータを上昇させるものや、全弾発射のように強力なダメージを与えるものまで幅広い。 スキルには、同じ艦隊に特定の艦がいることで能力を上昇させるものもある。 艦隊を組む際の参考になるので覚えておこう 艦種によって傾向はあるが、それぞれ艦船ごとにパラメータやスキルに個性があるので、艦を入手したら、まずはドックで確認して、その艦の特徴をつかもう。 艦種の違いと特徴をつかもう 艦種によって前衛艦隊と主力艦隊のどちらに配置できるかが決まるというのは前回説明したが、前衛や主力内でも、どの艦種を取り入れたかによって、戦い方や操作性は変わってくる。 そこで『アズールレーン』に登場する艦船の艦種について解説していこう。 前衛艦隊 前衛艦隊はプレイヤーが操作できる艦隊で、艦種は駆逐艦、軽巡洋艦、重巡洋艦の3種類。 敵の艦隊の攻撃を回避しつつ、主力艦隊への攻撃になる艦載機や自爆ボートなどを倒していくのが主な目的となる。 駆逐艦 魚雷による攻撃をメインで行う艦種。 また機動力も全艦種のなかでもトップクラス。 逆に耐久力が低いので、敵の攻撃を受けてしまうとあっという間に撃沈なんてことも。 相手の弾幕をかいくぐって、相手に接近し魚雷による大ダメージを狙うシューティングゲームが得意な人向けの艦種となっている。 前衛艦隊の盾役として編成しておくと前衛艦隊の生存率が格段に上がる。 プリンツ・オイゲンの破られぬ盾など、シールドを展開するスキルを持つ艦もある 主力艦隊 主力艦隊に属する艦種は、戦艦(巡洋戦艦含む)、空母(軽空母含む)、工作艦、モニター艦の大きく分けて3種類。 主力艦隊は自分で操作することができず、一定時間ごとに強力な砲撃や艦載機による攻撃を行うことができる。 また、主力艦隊は前衛艦隊が撃ちもらした艦載機や自爆ボートの攻撃を受けてしまうが、副砲や戦闘機などである程度は自動で対処してくれる。 戦艦 重装甲とトップクラスの耐久を誇る艦種で、主砲による遠距離砲撃も強力。 また、副砲や対空砲を装備させれば、前衛艦隊がもらした艦載機や自爆ボートを自動である程度、攻撃してくれる。 そのため、旗艦に設定するのにピッタリだ。 巡洋戦艦という艦種も存在するが、こちらは戦艦の耐久や装甲を落とし、回避や装填、対空を高めた艦船。 戦艦と比べて消費が少ないため、周回プレイをする際に重宝する。 ソート機能では、巡洋戦艦も戦艦と同じ枠組みに入る。 装備で防空を伸ばしてあげれば、艦載機の攻撃にもある程度耐えられるが、耐久が低いので自爆ボートの攻撃には弱い点に注意 空母 航空機(艦載機)を搭載している艦種。 航空機は発動させると、画面上の敵の弾を消せるいわゆる「ボム」のような効果がある強力な攻撃。 戦艦と異なり、装甲が中装甲で、砲撃も行えないため、自爆ボートが主力艦隊に向かってきた場合、迎撃できず大ダメージを受けてしまう点に注意。 軽空母という艦種も存在するが、こちらは空母よりも消費が低い艦。 ただし、装備スロットの種類がさまざまで、航空の数値が低くなっている。 艦載機の種類は3種類あり、それぞれ活躍の場が異なる。 戦闘機:一定時間ごとに自動で出撃し、敵の航空機を迎撃してくれる。 攻撃機:航空魚雷を発射して、敵の艦船を攻撃する。 重装甲の敵に有効。 爆撃機:上空から爆撃を行い、全体を攻撃する。 ただし、重装甲の敵には効きにくい。 攻撃機と爆撃機はチャージがたまったときに発動できるようになる攻撃の威力を高めるので、 「その他」としてモニター艦という艦種も存在する。 こちらは、耐久も火力も低い代わりに、強力な「特殊弾幕」と呼ばれる強力なスキルで前衛艦隊をサポートしてくれるのが大きな特徴 バランスの良い艦隊編成とは? 艦隊を編成する際に注意したいのは、同じような艦種ばかりそろえてしまうと、艦隊に明確な弱点ができてしまうこと。 たとえば、重巡洋艦だけで前衛艦隊を作ってしまうと、耐久力・攻撃力が高く、序盤のうちは自律戦闘でも敵を次々と倒せても、航空機による攻撃を防げないため、後々苦戦することになる。 艦船が増えてきたら、出撃や演習など、相手にどんな艦が出てくるのかを見て、以下のように目的に合わせて艦隊を編成していくといいだろう。 相手の空母や航空機の攻撃がやっかい:軽巡洋艦、空母• 相手に重巡洋艦や戦艦が多い:駆逐艦、戦艦• 相手の前衛が軽巡洋艦、重巡洋艦:重巡洋艦• レベル上げのためにステージを周回したい:駆逐艦、巡洋戦艦、軽空母.

次の

【アズレン】9

アズールレーン 編成ブログ

開発ドックがリリースされて6種の艦が開発できるようになりました。 1艦につき8つの研究項目をクリアすることで開発が完了して艦を手に入れることができます。 そんな中でプレイヤーを苦しめているのが戦術データ収集という研究項目です。 の場合はロイヤルの及びが対象になります。 厄介なのが、 出撃で得た経験値しかカウントされないので(デイリーはいける)、1200委託(経験値が18000くらい入るやつ)や寮舎、演習などでかさ増しできないという点です。 もちろん、その苦労に見合うだけの能力がある(らしい)のですが、普通にやっていては100万を集めるのは苦難を極めます。 それで私なりに編成を作ってみました。 スキルレベルと燃料の余りっぷりであんまやってないのがバレてて草 僕は摩耶がまだ掘れてないので8-4にしてます。 後の章になる程1戦闘あたりの経験値が増えますので時間効率がよく、自信のある方は11章でガチ編成して掘ってるみたいですね。 燃費で見るとどこで掘っても大差ないと思います。 だいたい1戦闘あたり3000くらいの経験値が入ります。 8-4は雑魚4戦闘なので1周で12000くらいですね。 ボスはまた別の編成(赤賀フッド)です。 前衛はレベル高ければ問わずなんでもいいです。 装備も見てのとおりそれなりのものを積んでおけばいいです。 8章なので対空はいりません。 問題は後衛なんですが、後衛に求められるのは ・ボートを耐えれる(撃ち落とせる) ・MVPを取らない(前衛の経験値を増やしたいため) ・燃費がいいと尚よい といった点です。 ロイヤル前衛はユニオンのような副砲持ちがいないので、耐久性が高い艦を後衛に置く必要があります。 最初はレンジャー0凸を使ってみましたが、2戦目で落ちました。 流石に話にならないので、他を試します。 ガチで掘ってる方は ネルソン0凸とかを使ってるみたいでした。 流石に用意するのが面倒だし、常に燃料が余ってるので多少燃費悪くてもいいかということでティルピッツを使うことにしました。 普通にティルピッツを積んでやってみると、問題が発生しました。 毎回ティルピッツがMVPを取るのです。 オートでやっているので当たり前ですが戦艦主砲を撃たずに放っておくことはできません。 それで思いついたのは主砲を外すという選択でした。 魚雷でボート落とせて生存力は文句なし、主砲はあって無いようなもので、結果的にMVPは取れないと、まさにこれをやるための艦になりました。 燃費15というのが唯一の欠点ですが、周回用に何かを新しく育成するくらいならこれでいいかなと思います。 他の項目の簡単さてこれだけこんなに難しいのはおかしいでしょ。

次の