文末 かしこ。 聞

手紙文の最後に入れる「拝」とは、どういう意味?|日本語・日本語教師|アルク

文末 かしこ

手紙で使う言葉に「かしこ」というものがあります。 メールとかでも使うことはほとんどないと思いますし、 おそらく手紙だけで使う場合がほとんどかなと思います。 しかも、手紙でもなかなか使わない言葉ではありますね。 ただ、普段使わないからこそ、 いざ使う場面があったりすると困るんですよね。 自分で使わないにしても、相手が使っている場合もありますし、 何かしらルールだったり決まりごとがあるかもしれない。 その場合は自分で知らずに失礼になってしまうこともありますし、 知識として把握しておくだけでも違います。 そこで今回は「かしこ」の意味と手紙での使い方や 書き方についてご紹介します。 また実際に手紙ではどの位置に使うのかとか、 前略と一緒に使ってはいけないのかとかも、 例文を活用して解説していきます。 かしこの意味は? かしことは女性が手紙の終わりに書く 挨拶の言葉になりますね。 ちなみに男性が用いる文末語が恐惶謹言と書くのに対して、 それにあたる女性の文末語がかしこになります。 「かしこ」は「恐れ多いこと」という意味があり、 「畏し」が語幹とされています。 また「かしく」とも記すことができて、 「可祝」で「これで失礼します」といった意味もあります。 他にも「かしこまる」の同源であり、 文章の最後に相手への敬意を表すということですね。 男性が漢字を使うことに対して、 女性は昔から平仮名を多く用いていたようです。 平仮名は流麗で女性らしい可愛い文字として認識されていて、 それが今でもずっと続いていて、現代でも「かしこ」と記しているんですね。 でも、昔から使われている言葉が現代でも使われているって、 なんだか凄いというか、不思議な魅力のある言葉ですね。 手紙での正しい使い方と書き方!位置や前略との関係性は? かしこの意味をここまで解説してきましたが、 ここからは実際に手紙で使う際にどうやって使って、 正しく書いたらいいのかを記載していきます。 まず現代では手紙に書く際には「かしこ」はいつ使うのかというと、 女性で相手が目上の人の場合が多いみたいですね。 よく使われるのが、「拝啓」を頭語として使った場合に 文末語として「かしこ」を記すことですね。 ただし、頭語は「拝啓」だけしか使えないわけではありません。 よく「前略」の頭語に使った場合は「かしこ」を 書いてはいけないのかという認識があるみたいですが、 どんな頭語にも記すことができます。 他にも 頭語なしでも単体でも使用することができますし、 「あらあらかしこ」「あなかしこ」などバリエーションがあります。 そこまで決まりごとは多くない言葉なので、 位置は文末に使うというのだけ覚えておけば大丈夫です。 手紙での例文の書き方! まずは手紙の書き方自体が、 よくわからないってこともありますよね。 なんとなく自己流で書いてはいるけど、 書き方があるなら知りたいところですよね。 いちおう手紙の書き方にはテンプレートがあり、 参考にするとかなり書きやすくなります。 1.頭語 「拝啓」「前略」といった言葉があり、 「こんにちは」といった挨拶の部分にあたります。 2.前文 前文というのは初めの挨拶になる部分ですね。 また前文は送る相手の関係性によって、 使い分けることが大事になってきます。 目上の人や前文のある手紙の返信には 前文を使っていきましょう。 親しい間柄の場合は頭語だけにして、 前文を省略してもかまいません。 3.主文 ここでは手紙の中で伝えたいことを書く、 一番大事な部分になりますね。 主文の始まりには起語を使っていくと、 自然な流れで書くことができます。 起語とは「さて、この度は、突然ですが、先日は」などですね。 4.末文 末文は手紙を締めくくる部分になりますね。 5.結語 結語は、頭語とセットになるものです。 頭語で「前略」「拝啓」などを使った場合は 結語では「敬具」「かしこ」を使います。 6.後付 後付けとは「日付」「署名」「宛名」「脇付」で、 「いつ」「誰が」「誰に」宛てた手紙なのかを 書いたものです。

次の

手紙文の最後に入れる「拝」とは、どういう意味?|日本語・日本語教師|アルク

文末 かしこ

「かしこ」の意味とは? 「これで失礼します」を意味する「かしこ」 「かしこ」とは、「これで失礼します」を意味する言葉です。 結語の1種であり、使用することで相手に敬意を表すことができます。 「結語」とは、手紙の文末に使用する言葉を指し、例えば「拝啓」から始まる文章の場合、「敬具」や「敬白」があげられます。 「かしこ」は漢字で「畏」「賢」「恐」 「これで失礼します」を意味し、相手へ敬意を表すことができる「かしこ」という言葉。 漢字では「畏」または「賢」「恐」と表します。 ただ、手紙の文末に結語として使用する場合、基本的にはひらがなで表記されるため、漢字としての使い方に注意しましょう。 古語「かしこし(畏し)」が由来 「かしこ」は、「かしこい」を意味する「かしこし」からできた言葉です。 漢字では「畏し」と表す「かしこし」は、「賢い」という意味の他に「自然界の精霊などにおそれおののく」という意味で使われていました。 おそれおののく気持ちが転じ、「おそれ多い」など相手を敬う言葉として、現代のような使い方をします。 「かしこ」の使い方と例文 手紙の文末に挨拶として使用 「かしこ」は、手紙の文末の挨拶として使用されます。 現代では、主に女性が使用する結語とされていますが、平安時代では男女ともに使っていたとされています。 目上の人にむけて、敬意を表したい状況で使用しましょう。 「かしこ」の頭語はなくてもいい 手紙の基本的なマナーに、「頭語で始まり結語で終わる」というものがあります。 しかし、「かしこ」は例外となっており、頭語をつけない場合でも使用できます。 頭語を付けたい場合は、「一筆申し上げます」や「謹んで申し上げます」が適しているため、状況に応じて使用しましょう。 「かしこ」はビジネスシーンでは使用しない 「これで失礼します」を意味する「かしこ」という結語。 目上の相手に敬意を表す言葉ですが、ビジネスシーンでは適していないため注意が必要です。 「かしこ」はひらがな表記ということもあり、柔らかい印象やフランクな印象を与えてしまいます。 ビジネスシーンでは「謹んで申す」を意味する「敬具」が適しているため、相手や状況に応じて使い分けましょう。 はがきには使えるがメールには適さない 「かしこ」は手紙だけでなく、「はがき」にも使用されます。 一方で、用件を簡潔に伝える必要のある「メール」では、使用を控えましょう。 「かしこ」だけでなく、「敬具」や「敬白」など他の結語も、メールでは基本的に使用されません。 ただ、挨拶メールやお礼メールなどであえて使用することで、丁寧さを強調させることもあります。 メールでは基本は使用しないが、場合によっては使用すると覚えておきましょう。 「かしこ」を使った例文• まだまだ暑い日が続きますので、何卒ご自愛なさってください。 かしこ• お体をお大事になさってください。 かしこ• ご多幸をお祈りいたしております。 かしこ 「かしこ」の代わりに使える結語 「かしこ」と同じ意味の「あなかしこ」 「かしこ」と同じ状況で使用されるのが、「あなかしこ」という言葉です。 「あな」とは古語で「ああ」「まあ」を意味し、「かしこ」をさらに丁寧にした言葉として使用されます。 他にも「あらあらかしこ」や「めでたくかしこ」があります。 主に男性が使用する「恐惶謹言」 「かしこ」は、多くの場合女性が使用する結語であることを説明しました。 反対に、男性が多く使用する結語には「恐惶謹言(きょうこうきんげん)」が当てはまります。 「おそれ慎んで申す」を意味し、相手に敬意を表すことができます。 「謹んで申す」を意味する「敬具」 「かしこ」の代わりには、「謹んで申す」を意味する「敬具」も当てはまります。 結語のなかでも、多く使用される「敬具」はビジネスシーンなど、かしこまったシーンに適しているため、状況に応じて言い換えてみましょう。 「かしこ」の英語表現 英語で「かしこ」は「Best wishes」 「かしこ」の英語表現には、「Best wishes」や「Best regards」が当てはまります。 「幸運を祈ります」や「よろしくお願いします」を意味しており、親しい間柄で使用されるワードです。 もう少し形式的な結語には、「Sincerely yours」が当てはまり、「敬具」の代わりに使用できます。 まとめ 「これで失礼します」を意味する「かしこ」という言葉。 目上の人へ敬意を表す言葉として、手紙の文末に使用されます。 敬意を表すものの、ビジネスシーンやメールには適していないため、注意しましょう。 「かしこ」を使わない場合、「あなかしこ」や「敬具」に言い換えることができるため、状況に応じて使用してください。

次の

文末 かしこ

あなかしこ、あなかしこ (難波 教行 教学研究所助手) 蓮如上人が遺してくださった御文は二百五十通を超える。 そのうち、赤本といわれる真宗大谷派勤行集には、「末代無智」「聖人一流」「御正忌」「白骨」の四通が収録されている。 特にそれらの御文は通夜や法事等でたびたび拝読され、真宗門徒に親しまれている。 昨年、その赤本をもととした『はじめてのお勤め練習帳-正信偈』(東本願寺出版)が発刊された。 その編集に際し、教学研究所では四通の御文の現代語訳を考える機会を得た。 いくども拝聴してきた御文であったが、翻訳はとても難しかった。 それは、御文の言葉が難解であるからというよりも、上人の言葉を言い換えることで、御文が伝えている情景を、むしろ損ねてしまうと感じたからである。 二葉亭四迷は『余が翻訳の標準』のなかで、翻訳するときに原文の意味だけではなく、「文調」もしくは「詩想」を移すべきと述べているが、蓮如上人の美しく力強い言葉をそのように翻訳するのは、もとより不可能といってよいかもしれない。 翻訳しがたい言葉は多々あったが、なかでも文末の「あなかしこ、あなかしこ」は最たるものであった。 他の現代語訳では「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」としていたり、翻訳せずそのままにしていたりであった。 また、参照した英訳では「Respectfully(慎んで)」となっていた。 『角川古語大辞典』によれば、「あなかしこ」は「あな」という感動詞と、「かしこし」の語幹から成り、「ああ畏きことよ、ああ慎むべきことよ」という意味の語である。 蓮如上人の時代には、大別して二通りの用いられ方があり、第一には、命令や禁止など、聞き手に強制する内容を強調するための語として用いられ、第二には、手紙の文末の定型句として使われていた。 前者は「かならず」「きっと」「決して」と、後者は「敬具」「敬白」等と翻訳できる。 両者を合わせて考えれば、この言葉には、手紙の最後において、その内容を「かならず」「きっと」と、聞く者に念を押して伝えるという意味がある。 しかし、御文を拝聴すると、他者に伝えるということの前に、蓮如上人自身が最も親鸞聖人の教えを聞思しているように感じられないだろうか。 金龍静氏によれば、初期(寛正二年)の御文は、蓮如上人自らの信心を表白したものであり、公開・下付が予定されておらず、のちに広く門徒への公開を前提とする御文へと変わっていったといわれる(『蓮如』吉川弘文館)。 この信仰告白から公開へという展開を見ても、蓮如上人は、親鸞聖人の教えと出遇えたことをよろこんでいたからこそ、その教えを伝えていったといえるだろう。 御文の制作は、まさに蓮如上人における「自信教人信」のあゆみなのではないだろうか。 御文の文末に記されている「あなかしこ、あなかしこ」という言葉の中には、そのような意味が凝縮されていると受けとめ、このたびこの言葉を「よろこんで聖人のみ教えをいただき、謹んでお伝え申し上げます」と翻訳することにした。 (『ともしび』2016年1月号掲載) お問い合わせ先 〒600-8164 京都市下京区諏訪町通六条下る上柳町199 真宗大谷派教学研究所 TEL 075-371-8750 FAX 075-371-8723.

次の