ニキビ スキンケア おすすめ。 ニキビケア化粧水の選び方&おすすめ15選|美容部員に聞く正しいケアのやり方

ニキビ跡のスキンケアのポイントとは?おすすめの化粧水紹介

ニキビ スキンケア おすすめ

男性でもスキンケアをする方が最近増えてきています。 スキンケアとひとことに言っても、化粧水、乳液、保湿クリームなど様々なアイテムがあります。 たくさんの方法があるスキンケア商品の中でも、 基本中の基本と言えるのが洗顔料です。 洗顔に気を付けることによって、化粧水や保湿クリームなしでもある程度のスキンケアが可能になります。 「でも、男性向けの洗顔料ってたくさん販売していて どれを選んだらいいのかわからない」という方もいると思います。 具体的な『メンズの洗顔料の選び方』『年齢別おすすめ洗顔料』『悩み別おすすめ洗顔料』を紹介するので、商品選びの参考にしてみてください。 【メンズの洗顔料】3つの選ぶポイントを解説! 洗顔料を選ぶ 3つのポイントを解説します。 男性が洗顔料を選ぶときは以下の3つに気を付けてみてください。 自分の年齢や肌の悩みに合っているか• 値段は自分の予算に合っているか• 洗顔料のタイプは合っているか この3つのポイントに気を付けることで、洗顔料を間違えずに選ぶことが出来るようになります。 自分の年齢や肌の悩みに合っているか 洗顔料を選ぶときは『 自分の年齢や肌の悩みに合っているか』を確認しましょう。 男性の肌の特徴は 皮脂の分泌量が多く、 水分量が少ないことです。 上の図は男性の年齢と皮脂分泌量、水分量の関係を表しています。 水分量が加齢とともに減少していくのに対して、皮脂の分泌量はほとんど変化しないことがわかります。 男性が洗顔料を選ぶときには、 皮脂をしっかりと落とすことと、 水分を保つことを考えることがポイントです。 20代は肌が元気なので、スキンケアを怠りがちになってしまいます。 スキンケアは若いうちからやっておかないと、30代、40代になったときに肌荒れの原因になります。 30代は20代に比べて、水分量はあまり変わりませんが、皮脂の分泌量は増えてしまいます。 より強い洗浄力を持った洗顔料を選びましょう。 40代以降は肌の水分量が減ってくるので、保湿力が高い商品を選ぶことが大切です。 ニキビや 脂性肌などの肌の悩みを持っている場合は、 症状にあった洗顔料を選ぶことが重要になってきます。 商品によって配合されている成分が違うので、肌への効果も全く違うものになります。 自分の肌の状態に適した洗顔料を選ぶことがポイントです。 値段は自分の予算に合っているか 洗顔料を選ぶときは『 値段は自分の予算に合っているか』を確認しましょう。 高級な成分が配合されていたり、製造方法が特殊な洗顔料は、その分値段も高くなります。 洗顔料を変えたからといって、すぐに肌の状態が良くなるわけではありません。 3ヵ月間程度は使っていくことを考えて商品の値段を見ることがポイントです。 洗顔料のタイプは合っているか 洗顔料を選ぶときは『 洗顔料のタイプは合っているか』を確認しましょう。 洗顔料には『フォームタイプ』『ジェルタイプ』『泡タイプ』『固形タイプ』に分類することができます。 フォームタイプは、チューブに入っている一般的な洗顔料です。 値段も安めのものが多く、手頃に購入することができます。 市販でも販売されていることが多いので、みんなと同じような商品を選びたい方におすすめのタイプです。 ジェルタイプは、水分が多く泡立ちやすいのが特徴です。 洗浄力が高いのでしっかり洗えますが、すすぎ残しには注意が必要です。 脂性肌や肌のべたつきが気になる方におすすめのタイプです。 泡タイプは、はじめから泡で出てくるので泡立ての必要がなく簡単に洗顔できます。 正しい洗顔方法のために泡立てをするのには、なかなかに時間がかかります。 洗顔に時間があまり取れない方や、泡立てが面倒な方におすすめのタイプです。 固形タイプは、いわゆる石鹸です。 石鹸は天然の界面活性剤が使われているので、肌への刺激が少ないのが特徴です。 敏感肌や肌が弱い方におすすめのタイプです。 4つのタイプから自分に合ったものを選ぶことがポイントです。 【メンズの洗顔料】年齢別おすすめ商品紹介! 男性向けの 年齢別おすすめ洗顔料を紹介します。 年齢によって肌質や悩みが変わってくるので、自分の年齢に合った商品を選ぶことがポイントです。 10代の中学生や高校生におすすめの洗顔料 10代の中学生や高校生の肌の悩みとして、 思春期ニキビがあります。 高校生になると好きな人ができたり、周りの人の視線が気になるようになります。 自分のお小遣いから買おうと思うと、値段が高い商品を買うのは難しいです。 安くて効果の高いコスパの良い洗顔料を選ぶことがポイントになります。 カウブランド『牛乳石鹸 赤箱』 10代の方が自分で買うならカウブランドが販売している『 牛乳石鹸 赤箱』がおすすめです。 1個1,000円以下で購入することができるのでお財布に優しいのがポイントです。 安いから悪い商品というわけではなく、うるおいを守るミルク成分とスクワランを配合しています。 弱アルカリ性でしっかりとした洗浄力を持っているので、思春期ニキビ予防にも効果が期待できます。 20代の大学生や新社会人におすすめの洗顔料 20代前半は大人になってから最も肌の調子が良い時期です。 25歳以降になっても見た目は変わりませんが、このときのスキンケアが30代以降の肌の質を変えます。 就職や結婚 など、人生の転機を迎える男性も多く、 外的ストレスによって肌が荒れやすいのも20代の特徴です。 バルクオム(BULK HOMME)『THE FACE WASH』 20代で洗顔をしっかりして保湿もしっかりとしたい方には、バルクオム(BULK HOMME)が販売している『 THE FACE WASH』がおすすめです。 イケメン俳優の『窪塚洋介』さんも紹介しているカッコいい商品なので、高級ブランドの洗顔料を使いたい方にもおすすめできます。 公式通販で1ヵ月分が2,000円で販売されているフォームタイプの洗顔料です。 生石けんの弾力のある泡が肌の潤いを残したまま汚れを落としてくれます。 さらにスキンケアをしっかりと行いたい方には、化粧水とのセットがおすすめです。 30代の社会人やお父さんにおすすめの洗顔料 30代前後で男性は 肌の曲がり角を迎えると言われています。 肌の曲がり角とは、肌の油分や水分が減少して、ハリやツヤがなくなっていってしまう肌のピークのことです。 男性の肌は皮脂の量が減りにくいので、油分に関しては女性に比べて緩やかな減少になります。 もともと少ない水分をいかにケアするかがポイントです。 ZIGEN『フェイスウォッシュ』 30代でしっかりと洗顔してテカリ、べたつきをさっぱりさせたい方には、ZIGENが販売している『 フェイスウォッシュ』がおすすめです。 マンナンスクラブの粒が、毛穴の奥の汚れを吸着してしっかりと落としてくれます。 セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸の保湿成分を配合しているのも特徴で、水分が少なくなってきた30代の肌をしっとりと保ってくれます。 公式通販で2ヵ月分が2,200円で販売されています。 本格的にスキンケアを始めたい方には、公式通販のオールインワンジェルとのセットがおすすめです。 洗顔だけではカバーできない、水分や保湿を1本で行えるオールインワンジェルが付属して、2ヵ月分が5,660円の送料無料で販売しています。 サラサラの肌で周りの人との差をつけましょう。 40代の加齢に負けないおすすめの洗顔料 40代になってくると、いよいよ 加齢による肌の衰えを感じてくるころです。 20代、30代のときにスキンケアに気を付けていないと一気にしわ寄せがきてしまいます。 本格的にスキンケアをするなら、 多少値段が高くても良いものを選ぶことがポイントです。 POLA『マージェンス コンディショニングウォッシュ』 40代で毛穴の汚れが気になる方には、POLAが販売している『 マージェンス コンディショニングウォッシュ』がおすすめです。 『S-ヒアルロン酸』などの保湿成分を豊富に配合しているので、潤いを残したまま毛穴の汚れをしっかりととってくれます。 泡で出てくるので、泡立ての必要がなくお手軽に洗顔できるのもポイントです。 公式通販で2,700円で販売しています。 公式通販のサイトが少しわかりにくいですが、『スキンケアラインナップ』の『コンディショニングウォッシュ』が洗顔料です。 【メンズの洗顔料】肌質、悩み別ピックアップ! 肌質、悩み別の洗顔料をピックアップして紹介します。 年齢別の商品と合わせて商品選びの参考にしてみてください。 ニキビやニキビ予防におすすめの洗顔料 プライマリー『Non A』 ニキビに悩んでいる方にはプライマリーが販売している『 Non A』がおすすめです。 薬用ニキビ専用洗顔石鹸なので、ニキビ予防には最適で、ニキビのできにくい肌を作ってくれます。 ローヤルゼリー、ヒアルロン酸、リピジュアなどのうるおい天然成分を配合しているので、保湿もばっちりです。 女性向けのような印象を受けますが、男性でも問題なく使用できます。 公式通販で2,940円で販売しています。 メンズの洗顔のやり方もチェック! 洗顔でスキンケアをする際に、洗顔料のほかにも 洗顔のやり方が大切になってきます。 間違った洗顔方法だと、せっかくの洗顔料が無駄になってしまうだけでなく、肌へダメージを与えることになってしまいます。 ごしごし洗う• 泡をあまり立てずに洗う• シャワーで泡を流す これらの3つの項目に心当たりがある方は洗顔方法が間違っています。 正しい洗顔方法を身につけるためにも、関連ページもチェックしてみてください。 関連ページ: 【メンズのおすすめ洗顔料】まとめ メンズのおすすめ洗顔料についてまとめました。 年齢や肌質に合った商品を買う• 買い続けられる値段の商品を買う• 迷ったらこの記事のおすすめ商品を試してみる 洗顔料を選ぶポイントは 年齢と肌質と 値段です。 自分に合った洗顔料を選べば、生まれ変わった自分の肌に自信が持てるようになります。

次の

大人ニキビにおすすめスキンケア2019最新版|人気の化粧水やクレンジング、市販のサプリメントまで徹底リサーチ!

ニキビ スキンケア おすすめ

毛穴詰まりがニキビの原因? では、ニキビの原因について詳しくみてきましょう。 以下のニキビができる原因3つをご紹介します。 肌のターンオーバーサイクルの乱れ• 保湿・皮脂バランスの乱れ• 肌は、体の表面から角質、基底、真皮の3層になっていて、真皮で作り出された細胞が肌表面の皮膚になり、角質として剥がれ落ちるのを繰り返しているのです。 こうした肌が生まれ変わるはたらきをターンオーバーといいます。 健康な肌のターンオーバーサイクルは、およそ6週間です。 寝不足やホルモンバランス、ストレスでターンオーバーサイクルが乱れると、肌荒れやニキビの原因になります。 コラーゲンなど水分を保つために必要な成分が、肌に十分あるとキメの整った トラブルの起こりにくい肌が保てます。 肌の潤いを逃さないためには、適度な皮脂が皮脂腺から分泌されることが必要です。 少ないと乾燥し、多すぎるとベタつきや毛穴詰まりの原因になります。 保湿・皮脂バランスの乱れが、ニキビや毛穴の目立つ肌を作ってしまうのです。 お手入れでは 洗いすぎや与えすぎに気をつけて、バランスが崩れないようにしたいですね。 アクネ菌が増えなければ、「赤ニキビ」にはなりません。 「清潔を保つこと」、「健康で刺激に強い肌を保つこと」が、アクネ菌を増やさないポイントです。 「清潔を保つ」という点では、洗顔やお手入れはもちろん、 アゴを触る癖や 髪の毛で額や頬がこすれることにも注意したいですね。 毛穴が目立つ原因 毛穴が目立って肌のキメが粗くなってしまうのはなぜでしょうか? 毛穴が目立つ原因を、肌質ごと年代別ごとにご紹介します。 肌の潤いが失われやすく、ハリや弾力も弱いので、 肌全体がしぼんだ印象になってしまいます。 シワや毛穴が目立ち、肌のキメが粗く感じるでしょう。 肌が乾燥していると、刺激に敏感になりニキビや肌荒れなどのトラブルが起こりがちです。 ただ、脂質を強力に洗い流すと、水分も一緒に失い、ふっくらした質感がなくなるのです。 必要な皮脂を失った肌は毛穴が目立ち、脂質を補おうと分泌が盛んになります。 お手入れをしているのに、理想の肌から遠ざかってしまうケースもあるのです。 アレルギー体質を持っている場合には、 肌が刺激に過敏になってしまいます。 低刺激な方法で、バリア効果を保つためのお手入れができていないと、肌の状態が安定せず、毛穴の目立つキメの整わない肌になりがちです。 毛穴詰まりを起こしやすく、ニキビ跡がなめらかな肌に戻りにくいことが影響して、毛穴の目立つボコボコとした印象の肌になりがちです。 毛穴を目立なくするのは、 ニキビ予防を意識したお手入れや、スムーズなターンオーバーをうながすことがマストになります。 また、ムリなダイエットや睡眠不足でホルモンバランスを崩したり、栄養の偏りでいつも肌がカサつきがちという 生活スタイルが原因になることも少なくありません。 また、職場や家庭でも責任が増して、 ストレスを抱えることが、毛穴が目立つお肌の悩みに繋がってくる年代です。 更年期障害の症状が出始め、心身の変化を感じることが増えてくる年代です。 肌のハリのなさやシワなど、 しなやかさが失われることで毛穴の悩みが出てくることが多くなります。 【基本】ニキビ・毛穴ケアのやり方 では、ニキビ・毛穴ケアはどのようにしたらいいのでしょうか? 以下の基本となるニキビ・毛穴ケアのやり方3ステップをご紹介します。 洗顔やクレンジングをきちんとおこなう• 化粧水・保湿でのお手入れをする• ただし、肌の質や状態によって合うものを選びましょう。 皮脂を取り除きすぎると、保湿成分まで流れて洗い過ぎになることがあります。 お湯での洗顔で、必要な皮脂が失われる事があるので、 洗顔の温度に注意し、タオルでこすりすぎないよう気をつけたお手入れをします。 柔らかいタオルで、押さえるようにして洗顔後の水分をとったら、 化粧水をパッティングして、クリームで保湿するのが基本です。 オールインワンタイプのジェルでは、クリームのように塗るだけで保湿成分を肌にとどまらせることができ、少ないステップで済むタイプがあります。 ただし、効果が感じられない場合や、合わないと感じるときには、使用をやめて、皮膚科を受診するのがベストです。 炎症を起こしているニキビに、刺激を与えないようにケアすることが大切です。 毛穴の黒ずみは「綿棒」で解決! 鏡を見るたびに目に付く、鼻やおでこにある毛穴の黒ずみ……。 noel編集部 【場所別】ニキビ・毛穴ケアのやり方 場所によってニキビができる原因に、ちょっとした違いがあります。 次に、場所別のニキビ・毛穴ケアのやり方をご紹介しましょう。 鼻 額と鼻を指す「Tゾーン」は、皮脂の分泌が盛んです。 鼻は黒いポツポツができやすく、角栓の詰まりが気になる人が多いのではないでしょうか。 ムリに押し出すと、毛穴が広がるリスクがあるので、 オイルでマッサージするか、ピーリングパックで緩めてオフします。 ベビーオイルやオリーブオイルを、綿棒に染み込ませて気になる部分を転がすようにすると、油分に溶けやすい皮脂汚れが緩んでついていきます。 詰まりを取り除いたら、すぐに保湿すると、毛穴がしなやかさを取り戻し、肌のキメが整いやすくなります。 鼻先は乾燥しやすく、オイリーでも水分不足や肌の柔らかさを失っていることが多い場所なのです。 頬 頬はTゾーンと比べて皮脂が少なく、保湿に気をつけて置きたい場所です。 また、面積が広く手のひらでこすりやすいので、力が加わってしまい毛穴を引き伸ばしてしまうことがあります。 洗顔料をたっぷり泡立てて使う、タオルは押さえるように使う、洗顔後はすぐに化粧水をパッティングするといったポイントを押さえておきましょう。 ニキビが気になるとき、髪の毛やマスクで隠して置きたいと思うことがあります。 こすって刺激を与えると治りが遅くなるので注意しましょう。 顎 アゴのニキビは、 大人ニキビの象徴とも言われています。 思春期の皮脂分泌が盛んなときには、おでこや頬に多いニキビですが、20代後半から30代ではアゴにできやすいからです。 生理前後のホルモンバランスの変化や、乾燥、顎を触る癖で雑菌が付きやすい、洗顔での洗い残しが関係しています。 洗顔後すぐに保湿して乾燥を防ぐことと、顎を触る癖をなおす、洗いのこしに注意することがポイントです。 洗顔の時には、タオルを使って、顎を下から包み込むように洗顔料が残らないようにすすぎましょう。 ニキビ・毛穴に効く美容成分 では、ニキビや毛穴のケアによい美容成分にはどんなものがあるのでしょうか? 以下のニキビ・毛穴に効く美容成分8つをご紹介します。 グリチルリチン酸ジカリウム• フラーレン• サリチル酸• レチノール• イソプロピルメチルフェノール• トコフェロール• アクナシドールBG• 赤ニキビの炎症を鎮めるのに役立ちますが、角栓の詰まりを取り除いたり、肌のキメを整えて 健やかに保つという働きはありません。 根本的に肌の環境を整えるには、グリチルリチン酸ジカリウムだけでなく、保湿や肌の環境を整える成分と合わせて使うのがおすすめです。 潤いを保つ肌の力をアップできると、刺激に敏感に反応してしまうことを防ぐバリア機能が働きます。 また、炎症を起こす原因になる活性酸素を抑える抗酸化作用も期待できるので、ニキビの悪化を防ぎます。 角栓をキレイにしたり、ピーリングで肌のターンオーバーをうながす作用が期待できます。 ただ、表面の角質を取り除くことで、肌が敏感になってしまうリスクがあり、乾燥トラブルを招くことがあるので注意が必要です。 レチノールには、安定させるためにパルミチン酸と結合させたパルミチン酸レチノール、酢酸と結合させた酢酸レチノールなどがあります。 乾燥小じわや、しなやかさ不足からくる毛穴の開きやキメの乱れに効果が期待でき、毛穴対策になる成分です。 また、栄養素としてはビタミンAとして扱われます。 美容成分と言うよりは、殺菌剤として扱われることがあるほどですが、化粧品では、0. 1%以下の低濃度で使用されます。 アクネ菌だけでなく、 真菌類にも効果があるため、背中ニキビに関係するマラセチア菌にも有効です。 ニキビの炎症や肌の老化が進んでしまうのは、 活性酸素が酸化を促進させてしまうからです。 特に酸化作用の高いヒドロキシルラジカル(活性酸素の一種)を抑えるのに、トコフェノールが活躍します。 トコフェリルリン酸Naは、親水性が高められトコフェノールが肌に吸収しやすい形になっています。 もともとローヤルゼリーに含まれる成分を真似て作り出されました。 皮脂やニキビを抑える効果が期待できる美容成分として、 ニキビ用コスメに配合されている場合があります。 また、ビタミンEは抗酸化作用や毛細血管への血流をスムーズにします。 ビタミンAをレチノール、ビタミンEをトコフェノールとして扱うこともありますが、美肌になるには サプリとして摂取して不足を補う方法も有効です。 ニキビとは違う!「粉瘤」とは? ニキビと似ているできものに、「粉瘤(ふんりゅう)」があります。 見分け方や対処法をご紹介しましょう。 粉瘤について 粉瘤は、アテロームとも呼ばれているニキビに似たできものです。 ニキビは毛穴が角栓で詰まってできますが、粉瘤は皮膚の内側にできた「袋状に閉じた形になったところ」に、皮脂や角質が溜まって膨らんでいます。 自然に内部に溜まったものが抜けてしぼむ場合もありますが、そのまま コブのように成長することもあります。 見分け方 ニキビは数ミリ程度ですが、 粉瘤は数センチ代までに大きくなることがあります。 また、ニキビでは膨らみの先端は白や赤が多いですが、粉瘤は 黒い点が見えることが多いです。 粉瘤は、中に老廃物が溜まっているので、 悪臭を感じることがあります。 対処法 大きくなり、粉瘤の中に溜まった老廃物が化膿している場合には、 切開が必要なことがあります。 皮膚科に行って処置してもらうのがベストです。 粉瘤は、皮膚の下に袋状のものができ、中に皮脂や角質などの老廃物が溜まってしまうことが原因です。 切開してこの袋状の部分をとってしまわないと完治が難しいです。 ニキビが大きくなり粉瘤かもしれないと思うときには、 皮膚科を受診してみましょう。

次の

【メンズのおすすめ洗顔料】ニキビや毛穴に悩む人に年齢別アドバイス!

ニキビ スキンケア おすすめ

・過剰な皮脂分泌 ・毛穴の出口がつまる ・アクネ菌(ニキビ菌)の繁殖 これらを引き起こすのが、 もともとの肌質、生活習慣、そして日々のクレンジングなんです・・・! クレンジングがニキビの原因になる理由 クレンジングによって毛穴が詰まってしまうと、ニキビの原因につながります。 クレンジングで毛穴がつまるパターンはこの3つ! 1. メイク汚れや皮脂をしっかり落とせていない 2. クレンジング料をしっかり洗い流せていない 3. クレンジングの洗浄力が強すぎて、肌が乾燥する お肌に汚れや皮脂が残ったままの状態だと、それが毛穴につまってニキビを引き起こす原因になります。 また、お肌が乾燥することでも毛穴のつまりにつながることがあるんですよ。 乾燥とニキビ、関係ないように思えるこの2つ。 「ニキビは皮脂や汚れのつまりが原因なんだから、乾燥はニキビと関係ないのでは?」と思いますよね。 お肌は乾燥するとバリア機能が低下します。 バリア機能とは、刺激からお肌を守ったり水分の蒸発を防いだりする機能。 水分を失ったお肌の角層は、どんどん重なっていき毛穴がふさがりやすくなってしまいます。 これが乾燥によるニキビの原因です。 日々のクレンジングでニキビを増やさないためには、 汚れや皮脂をしっかり落とすこと、クレンジングによる乾燥を防ぐことが大切です! これ以上繰り返したくない! ニキビ肌のクレンジング選び方のポイント では、汚れや皮脂をしっかり落としてお肌に優しいクレンジングを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか。 自分の肌タイプにあわせて選ぶ 2. 自分のメイクの濃さにあわせて選ぶ 3. テスト済みの商品を選ぶ 上記のポイントに沿ってクレンジングを選びましょう。 自分の肌タイプにあわせて選ぶ 肌質はもともと持っているお肌の個性。 乾燥肌、混合肌、脂性肌、普通肌、おおきく4種類にわけられます。 そのときの体調や妊娠・出産を機に肌質が変わることもあります。 「わたしはこれ!」と思いこまず、定期的にチェックしてみることが大切です。 ニキビで悩む方に多いのが、脂性肌と乾燥肌。 脂性肌にあてはまった方は、皮脂が多め。 ニキビの原因も皮脂の多さが原因という可能性が高いです。 乾燥肌に当てはまった方は、優しくうるおいをプラスしてくれるクレンジングがおすすめ。 上記でもお話しましたが、乾燥もニキビの原因になります。 自分のメイクの濃さにあわせてクレンジングタイプを選ぶ クレンジング選びは、メイク濃さにあった洗浄力を選ぶことも大切です。 メイク汚れが毛穴に残るとニキビの原因になってしまいます。 自分のメイク濃さを知って、ぴったりの洗浄力があるクレンジングタイプを選びましょう。 メイク濃さはベースメイクを基準にして判断しますよ。 アレルギーテスト・・・アレルギー性があるかどうかをチェックするテスト パッチテスト・・・製品で皮膚炎ができないかチェックするテスト ノンコメドジェニックテスト・・・ニキビができにくい製品かどうかをチェックするテスト これらのテストをクリアしているクレンジングは、商品に記載されています。 とくに、ニキビ肌の方がチェックしたいのはノンコメドジェニックテスト。 ノンコメドジェニックテストの商品は、そう多いわけではありませんが「あったらいいな」という気持ちで、ぜひ頭の片隅に入れて気にかけてみてくださいね。 ニキビにおすすめのクレンジング ニキビの仕組み、クレンジングの選び方は理解できましたか? ここからは「実際どのクレンジングを選べば良いの?」という疑問にお答えしていきます。 肌質・メイク別に、おすすめのクレンジングをご紹介。 リキッドファンデーションなどしっかりメイクの方は、洗浄力と保湿力のバランスが良いバームタイプのクレンジングがおすすめです。 ちょっと面倒だけど、クレンジング後のさっぱり感はやみつきになる気持ちよさ! 乾燥肌なので、クレンジング後にはホホバオイルを塗ってお風呂まで過ごします。 そうすればクレンジング後~入浴中の乾燥を防げる! 寺田千晴 清潔な手で行う クレンジングはしっかり洗った清潔な手で行いましょう。 雑菌だらけの汚い手で行うと、顔じゅうが雑菌まみれに・・・。 ニキビに入り込んでしまうと、ますます肌荒れの原因になります。 スマホを触った手も思いのほか汚れがたくさん! 油断できませんよ。 長時間のクレンジングは乾燥のもと!1分以内におわらせる クレンジングでしっかり汚れや皮脂を落としたい! ニキビも気合を入れて・・・あれ!いつの間にか時間がたっている! なんて、よくありがちな失敗です。 クレンジングは長く時間を取りすぎると乾燥のもとになります。 長くても1分以内に、素早く行いましょう。 シャワーは直接当てない お風呂でクレンジングする方に多いのが「シャワーを直接当ててクレンジングを落とす」。 その方が早く洗い流せるし、しっかり落とせて洗い残しも心配もいらない! そして何より、楽ですよね。 笑 でもシャワーを直接お顔にあてるデメリットは大きい! ・シャワーの水圧がお肌の刺激に ・一般的なシャワーの温度 38~42度 は乾燥の原因に シャワーを当ててクレンジングを落とすことは、お肌にとって良いことがありません。 ぬるま湯を手ですくって、やさしく落としましょう。 ぬるま湯でしっかり洗い流す 上記のように、熱すぎるお湯はお肌の乾燥を招きます。 ベストな温度は32度前後。 敏感肌・乾燥肌の方はもう少し低い30度。 自分の肌質にあわせて温度調節してみてくださいね! ニキビをつぶさないようにやさしく クレンジングの際はニキビをつぶさないように、やさしく行いましょう。 ニキビをつぶしてしまうと、ニキビ跡になって残ってしまう可能性があります。 ゴシゴシこすりながらクレンジングすると、それが刺激になってニキビが悪化することも。 クレンジング料はケチケチしないで、適量を使いましょう。 洗い残しがないようにしっかりすすぐ クレンジング料の洗い残しは、毛穴のつまりやお肌への刺激となってニキビや肌荒れの原因になります。 とくに髪の毛の生え際や小鼻周りは落としにくい場所。 洗い残しがないように、しっかり丁寧に流していきましょう。 あわせて実践したい!ニキビ肌の正しいスキンケア クレンジングと一緒に正しいスキンケアもあわせて実践! ニキビを増やさないお肌を目指していきましょう。 洗顔はモコモコ泡でやさしく洗う 洗顔はモコモコ泡立てて、泡でやさしく行うのが鉄則です。 洗顔料は指でゴシゴシこすらなくても、泡だけで汚れを落とせる仕組みになっています。 摩擦による刺激を避けるために、しっかり泡立ててくださいね! 泡立てネットや専用の容器を使えば簡単・時短に、泡をつくれますよ。 ニキビに髪の毛がかからないようにする ニキビができるとできれば周りの人に見られたくない! ニキビの場所がおでこや生え際なら、髪の毛をおろして隠したくなりますよね。 でもニキビをいち早く治したいのであれば、髪の毛はアップして。 髪の毛がニキビに当たって刺激にならないようにしましょう。 ニキビをさわらない ニキビができると気になってつい触りたくなりますよね・・・。 でも、ニキビを触るのは絶対にNG! 清潔ではない手でニキビを触るとニキビが悪化したり、誤ってつぶしてしまえばニキビ跡の原因に。 また、ニキビ菌がついた手であちこち触ると新しいニキビのきっかけにも。 気になる気持ちをぐっとこらえて。 ニキビは触らずそっとしておきましょう。 クレンジングでニキビ予防! やさしくしっかり落としてツルツル素肌を手に入れよう いかがでしたか? 思っていたより関係が深い、ニキビとクレンジング。 ざっと復習すると ・自分の肌タイプとメイク濃さを知る ・ぴったりのクレンジングを選ぶ ・正しくクレンジングを行う ・洗顔、スキンケアもぬかりなく クレンジングもニキビの原因かもしれない・・と思った方は、ぜひ試してみてくださいね。 ニキビがだんだん落ち着いていく様子に、鏡を見るのが楽しみになります。 完全に治ったときにはスッキリ晴れやかな気持ちに。 この記事があなたのニキビに少しでもお役に立てたら嬉しいです。

次の