ホーム ルーター l02。 騙されるな!WiMAXホームルーター「L02」をおすすめしない全理由

WiMAX L02の評判や注意点!ホームルーターHOME01と比較レビュー

ホーム ルーター l02

よくあるご質問• 質問を全て開く• UQ WiMAXオンラインショップでのお申し込みは、 WiMAX製品のご購入とUQ通信サービスのご契約がセットになっております。 最新のサービスエリア情報はどこでわかりますか? 速報! エリア拡充情報で最新情報を掲載しております。 家の中で使うのに、おススメのWiMAXのルーターを教えてください。 WEB限定CM 「困り顔」篇26秒 UQ WiMAXの ご購入はこちら• 詳細は各社のホームページ等でご確認ください。 ただし、au 4G LTE対応ルーターの場合、ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。 また、ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間でWiMAX 2+およびLTE方式の通信量の合計が10GB以上となった場合、ネットワーク混雑時間帯(18時頃から翌日2時頃(2017年12月時点))にかけてWiMAX 2+およびLTE方式の通信速度を概ね1Mbpsに制限します(送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下となることがあります)。 ただし、2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで制限が継続することがあります。 この場合、一旦セッションを切断すると、速度制限が解除されます。 更新月(契約満了月の翌月)以外に解約またはプラン変更された場合は別途契約解除料が必要となります。 をご覧ください。 上記の速度はシステム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により、下り最大220Mbpsまたは110Mbpsとなります。 440Mbps対応地域の詳細はを参照ください。 1回の通話が5分を超えた場合、5分超過分につき30秒ごとに20円の通話料が別途かかります。 その他当社が指定する番号は定額通話の対象外となります。。 スマトク割は課金開始月から起算して25ケ月間、おしゃべりプランSおよびぴったりプランS基本使用料3,980円、おしゃべりプランMおよびぴったりプランM基本使用料4,980円、おしゃべりプランLおよびぴったりプランL基本使用料6,980円から1,000円を割り引きます。 更新月以外に解約された場合は、別途契約解除料(9,500円)がかかります。 オプション料金は日割りしません。 詳細は。 すでに「増量オプション」にご加入のお客さま及び「データ増量キャンペーン」が適用されているお客さまも対象となります。 課金開始月から起算した37ヶ月間の契約となり、更に3年間の自動更新となります。 実際の通信速度は通信環境やネットワークの混雑状況などに応じて低下します。 440Mbps対応エリアはサービスエリアマップをご確認ください。 詳細は。 ・データ増量キャンペーン」「無料通話2倍キャンペーン」適用期間中に、機種変更と同時に本オプションのお申し込みをされた場合、その前月末日をもって「データ増量キャンペーン」「無料通話2倍キャンペーン」適用を終了し、当月から増量オプション2年間無料キャンペーンの適用を開始します。 表記の金額は特に記載のある場合を除き全て 税抜です。

次の

2020年版!おすすめできる「ホームルーター」を徹底比較。

ホーム ルーター l02

WiMAXでインターネット接続する際のルーターは、自宅専用のホームルータータイプとバッテリーを搭載し外出先での利用も可能なモバイルWi-Fiルータータイプに分類されます。 このうちホームルータータイプは、モバイルWi-Fiルータータイプよりサイズが大きい分、アンテナのサイズも大きくなっており、自宅のいろいろな場所にも電波が届きやすいのが特徴です。 (モバイルWi-Fiルーターを使う場合は、基本的にはルーターの隣でインターネット接続をする) 2020年1月に、WiMAXではHOME 02という機種のホームルーターがリリースされました。 1つ前の「L02」と比較してどちらを選べばよいか検討されている方も多いでしょう。 この記事では両者を比較し、当サイトでL02をおすすめする理由を解説しています。 L02・HOME 02徹底比較表 まずはL02とHOME 02の主要な機能・特徴を比較表にしてまとめます。 HOME 02 L02 発売時期 2020年1月 2019年1月 メーカー NEC HUAWEI 最大通信速度 (通常時) 下り:440Mbps 上り:30Mbps 下り:558Mbps 上り:30Mbps 最大通信速度 ハイスピードプラスエリアモード利用時 下り:440Mbps 上り:75Mbps 下り:1. 0Gbps 上り:75Mbps Wi-Fi規格 802. もう一方の機種に対して勝っている点については赤文字にしています。 以下、比較すべきポイントを解説します。 主要なスペックについてはL02の方が上 L02・HOME 02を比較すると、最大通信速度に差があることが分かります。 この中で、ハイスピードプラスエリアモードは、月間7GBまでしか利用できないため、基本的には「通常のモードで接続できないなど非常時のみ利用する」モードとお考え下さい。 比較すべきは「通常時」の通信速度で、L02はHOME02と比較して最大通信速度に100Mbps超の差があります。 特に家族など複数人で同時にインターネット接続するような場合は、より通信速度に余裕があった方が、快適に利用できます。 通信速度を家族で分けて使うようなかたちになるからです。 (通信速度が足りない場合、家族で同時に高画質な動画を視聴すると、画質が荒くなる・動画が止まる、なんてことも起こりえます) また最大同時接続数についても、L02はHOME 02の倍以上となっています。 パソコン・スマートフォン・スマートスピーカー・ゲーム機・プリンタ等々、インターネット接続する機器が多くなった昨今は、同時接続可能な数が多い方が安心ではあります。 とはいえ、HOME 02のように最大20台もあれば、一般家庭ならまず使い切ることがないとは想定されるものの、より多い方が安心ではあります。 通信速度・最大同時接続数といった、ルーターがおさえておきたい最も基本的な機能に関しては、L02の方が優れています。 ちなみに「通信品質にかかわる機能」については重要ではありますが、両者に違いがあり一概には比較できません。 ただ、どちらも優れた機能を備えており、「大きな差はない」と考えてよいでしょう。 HOME 02がL02より優れているのは追加機能とコンパクトさ 逆にHOME 02 が L02より優れている点といえば、まずはコンパクトさです。 HOME 02はL02と比べると、およそ半分ぐらいのサイズとなっています。 より小さい方が、置き場所に困りませんしインテリアの邪魔にもなりませんから優れているとはいえます。 またインターネットへ接続する時間を制限できる「こども安心ネットタイマー」は、お子さんがスマートフォンなどのゲームばかりしている、というご家庭には役立つかもしれません。 スマートスピーカー対応も、Alexaを搭載したAmazon製のスマートスピーカーを使っている家庭なら便利かもしれません。 ただ一度設定を完了すれば、その後に設定を変更したりルーターを再起動したりなど、スマートスピーカーを活躍させる機会は少ないと考えられるので、これがHOME 02を選ぶ決め手になる、とまでは言えないでしょう。 (たいていの家庭は、試しに1度2度、テストや興味本位で音声による設定変更の指示ができるか試してみて、その後はほとんど使わなくなる、といった感じになると思われます。 ) 【結論】おすすめするのは機能性で勝るL02 L02とHOME 02を比較した場合、当サイトでおすすめするのはL02です。 どちらも大きな差はないため、HOME 02を選んで後悔するということもほぼないと想定されますが、最大通信速度や同時接続数が優れている方が、快適に使える可能性があるためです。 一方、「置く場所がないから出来るだけ小さい方がいい」とか「子供がインターネット接続する時間を制限したい」ということなら、HOME 02を選んでもよいでしょう。 【参考】L02をお得に利用できるおすすめのプロバイダは? WiMAXは選ぶプロバイダによって、かかる費用に大きな差が生じます。 その代わりに、どのプロバイダを使う場合でも通信品質に差はないので、一般的により安く使えるプロバイダの方が人気が高いです。 それを踏まえ、最もお得で当サイトでもおすすめしているのがGMOとくとくBBです。 GMOとくとくBBは、平均3万円をこえる高額なキャッシュバックキャンペーンを展開しており、多くのWiMAXユーザーに利用されています。 実際、どのくらいの差があるのか、主要なWiMAXプロバイダの総額費用を比較した以下の表をご覧ください。 プロバイダ名 月額料金 キャッシュバック 3年総額 4,263円 1-2ヵ月目は3,609円 平均30,000円 125,160円 3,411円 1-2ヵ月目は2,726円、25ヵ月目以降は4,011円 — 131,626円 4,380円 1-2ヵ月目は3,696円 — 161,428円 表でまとめたように、プロバイダによって3年間の総額が数万円という単位でかわります。 なおキャッシュバック額は申し込む時期や選ぶルーターなどによっても変わりますので、詳しくは以下にリンクする公式サイトから確認してみてください。 まとめ 自宅専用で利用するホームルーターである「L02」と「HOME 02」を比較した場合、当サイトではL02をおすすめしています。 L02の方が最大通信速度が高速だったり最大同時接続数が多かったりするのが理由です。 ただ、大きな差があるわけではないので、「速度はそこまで求めないからコンパクトな方がよい」とか「子供がインターネット接続する時間を制限したい」といった場合には、HOME 02を選んでもよいでしょう。 WiMAXプロバイダ比較やWiMAXプロバイダの評判について WiMAXプロバイダ比較では、高額なキャッシュバックのキャンペーンだけでなく月額料金やサポートなど、さまざまなポイントをチェックすることが重要です。 必ずしもキャッシュバックが高いWiMAXプロバイダがよいとは言えませんし、かといって、キャッシュバックなしで月額料金が安いWiMAXプロバイダがよいとも言えません。 またWiMAXプロバイダのユーザーの評判は役に立つものがある一方で、悪い面ばかり強調された評判もあるので必ずしも参考になるわけではありません。 注意してユーザーの評判をみるようにしましょう。 プロバイダ比較でチェックすべきポイントやユーザーの評判を鑑みた上で、当サイトが最もおすすめするWiMAXプロバイダは以下です。 ・ ・ ・ ・.

次の

レンタルできるホームルーターのおすすめはこれ!1ヶ月など短期間で使いたい人必見!

ホーム ルーター l02

読みたい場所へ飛ぶ• 2020年版のおすすめできるホームルーターを比較 2020年時点でおすすめできるホームルーターは以下の2つです。 またこの2つはそれぞれインターネット通信業者が異なり、WiMAXとソフトバンクです。 実際にこの料金プランで利用でき、高速通信ができるホームルーターの機種はこの2つで間違いありません。 「Speed Wi-Fi HOME L02」👉WiMAX専用• 「Airターミナル4」👉ソフトバンク専用 このように通信会社別で利用できる端末が異なります。 この2つについて更に深堀りしてみましょう。 2で満足度ランキングでは1位です。 酷評がされがちなポケットWiFiやホームルーターシリーズの中でもSpeed Wi-Fi HOME L02はとても評判が良いです。 今朝のWiMAXの通信速度。 ホームルーターのL02は今日も絶好調です。 雨だけど全く影響ありません。 スピードは段違い。 — ネトセツ netosetsu 当然ながらWiMAXオンリーで使うならこの1Gbpsを実現できるような速度ではないのですが、幅広い受信感度や安定度が高いのが評価されているようです。 WiMAXホームルーターのデメリット 評価が良いWiMAXのホームルーターでもデメリットが2つあります。 もしも一切の制限がなく完全無制限を希望しているならAirターミナルを提供しているソフトバンクAir(モバレコAir)がおすすめできます。 またWiMAXについては以下のカテゴリで検証や重要なポイントを伝えているのでチェックしてみてください。 シリーズ別 最大速度 通信方式 同時接続数 Airターミナル4 下り最大962Mbps 4G方式 AXGP(2. 5GHz)TDD-LTE 3. 5GHz 4G LTE方式: FDD-LTE 2. 1GHz 64台 Airターミナル3 下り最大350Mbps Airターミナル2 下り最大261Mbps 4G方式:AXGP(2. 5GHz) Airターミナル1 下り最大110Mbps 4G方式:AXGP(2. 5GHz) 32台 過去のAirターミナルシリーズの中でも下り最大速度が962Mbpsに対応し過去最高のスペックとなっています。 ただし通常のソフトバンクの4G LTEエリアではなく ソフトバンクAir専用のAXGPエリアというものを使用しているため、地域によっては提供していない場合もあります。 通常のソフトバンクエリアとは異なり、以下の「Wireless City Planning」社のホームページで必ずエリアをチェックしておきましょう。 このエリアの兼ね合いもありAirターミナルはシリーズ1からずっと酷評されてきています。 初代のプレ実施期間から5年間使っていたSoftBank Air の機種変更をした。 カスタマーIDが変わらないので、受け付け終了した割引なども継続できるようだ。 2つ目のデメリットは端末の購入代金もしくはレンタル代金がかかる点です。 ただし分割購入(割賦)購入の場合は毎月の割引で相殺されて実際は請求されません。 ホームルーターはドコモには存在しない 実際に現時点ではドコモではホームルーターのサービスを提供していません。 取り扱っているのはポケットWiFiシリーズのみです。 もしもドコモ回線でホームルーターを使いたいという場合は SIMフリーのホームルーターを自分で用意し、それに ドコモ系の格安SIMを用意し差し込むとう方法があります。 SIMフリー版ホームルーターは「Aterm PA-HT100LN-SW」が一番評価が高くおすすめできます。

次の