ある日 お姫様 になって しまっ た件について 12話。 【感想・ネタバレ】ある日、お姫様になってしまった件について 2のレビュー

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」16話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日 お姫様 になって しまっ た件について 12話

悲運の王女アタナシアの皇居生存記! 天涯の孤児で薄幸な人生を生きてきたイ・・ジヘ、ある日目を覚ましたら、小説「愛しきお姫様」のアタナシア王女として目覚める。 きわどい状況の中で、賢く逆境を乗り越えていくアタナシア。 アタナシアの皇居生存期が今始まる。 5章 その父、クロード 1 第3章 あなたは誰ですか? 第4章 猫も命が九つなのに、なぜ私は一つだけなの 第4. 5章 その父、クロード 2 第5章 ロマンス小説の男の主人公はやはり一味違っていた 第6章 波乱万丈デビュタント 第6. 5章 それぞれの事情 第7章 まさかこれはグリーンライトですか? 5章 孤独な黒いオオカミ・ルーカスを触らないでください 2巻 第8章 特報! 黒い塔の魔法使いが現れた! 第9章 ちょっとだけ、さようなら 第10章 悪夢 第10. 5章 宴会の後 第11章 さようなら、お父さん 第11. 5章 その父、クロード 3 第12章 どうしても小説の中国のサブ男に会ったようです 第12. 5章 それぞれ眠れない夜 第13章 帰還 第13. 5章 そのお姫様を触れないでください 第14章 15歳の最後、そして17歳 第14. 5章 それぞれ変化する心 3巻 第15章 再び会ったサブ男、万感が交差する狩猟大会 第15. 5章 ゼニットと黒い塔の魔術師 第16章 物語のクライマックスが近づくと 第16. 5章 舞台上のマリオネット 第17章 世の中のすべての話には終わりがあるということです 第17. 5章 愛しいお姫様はどこに 第18章 美しい童話の中の主人公ではないが 外伝1 18歳でも相変わらず喧々囂々精神のない一日 外伝2 不思議の国のお姫様になりました 外伝3 ルーカス 作家後期.

次の

FLOSコミック祝創刊2周年フェア開催中!!

ある日 お姫様 になって しまっ た件について 12話

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 (今回の話はコミック版からです) 前回のあらすじは、クロードのはからいで、メイドの交代と仮・護衛騎士フィリックスがアタナシアにつくことになった。 クロードと晩餐することになり、フィリックスからクロードの部屋へと連れて行ってもらうが、皇帝はお昼寝中。 起こしてあげれば喜ばれると、アタナシアをクロードの部屋にねじ込むフィリックス。 困惑した彼女だが、部屋の金製品にテンションがあがる。 ソファーでぐっすり眠っているクロードをみつけ、一発殴ってみようと考えるのだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」12話のネタバレ この男を殴る機会なんて早々ない、湖のことも含めて殴らせろと、アタナシアは両手を振り上げた。 しかし袖口から、厨房でこっそり入手したチョコが飛び出し、クロードの頭に落ちた。 目を開けるクロード。 驚きで固まったままの彼女と目が合う。 彼女は振り上げた両手を、スッとクロードの胸におき、ねんねねんね・・・と子守唄を歌って誤魔化した。 国民なら誰でも知っている子守唄だが、クロードは知らないらしい。 パパおはようと、愛嬌たっぷりの笑顔で挨拶するアタナシア。 ぐっすり眠れたと聞くと、フィリックスが入れたのかと聞き返される。 クロードはため息をつき、髪をかきあげる。 だらしなく羽織った白いローブから、彼の筋肉質な上半身が露わになり、思わず視線をそらす彼女。 寝起きでけだるそうなクロードは、晩餐はこの部屋に用意させると言うのだった。 テーブルにつく二人。 顔色がいいな、とアタナシアに話しかけるクロードに、彼女は、パパもキレイと答える。 内心、湖に落ちて苦しんでいたことを知っているくせにと、彼女はイライラ。 それでもプランBのため、プランCを実行するのだと、笑顔を維持する。 今日も相変わらず、クロードは美しく光り輝いていた。 テーブルに並んだのはステーキを中心にした料理で、特別にアタナシアが食べそうなものを用意させたのだという。 クロードは食事をとらず、頬杖をつき、アタナシアを正面から眺めていた。 アタナシアは、ナイフで一生懸命ステーキを切り分けようとするが、力みすぎてナイフとフォークを弾き飛ばしてしまう。 きちんとした礼儀作法を学べ、明日人を送るというクロード。 もう少しまともな教育を受けろと言われ、アーティ頑張ると答える。 そして晩餐の間、クロードに正面から見続けられるという、苦行をする羽目になるのだった。 疲れきったアタナシアは、ルビー宮に戻った後、リリーに子守唄を歌ってもらい眠りにつく。 その頃クロードは、アタナシアが落としたチョコを、指でつまんで眺めていた。 アタナシアの髪や顔は、彼女の母ダイアナにそっくりで、彼はダイアナを思い出していた。 ダイアナに似てるからか、無礼じゃないのかと、クロードの後ろに立っていたフィリックスに問う。 確かにダイアナ様は簡単に忘れられる方ではないですよねと、フィリックスは言うが、あんな女、後1年もあれば完全に忘れられたはずだと答えるクロード。 フィリックスは複雑そうな顔をするが、気を取り直し、アタナシア様との晩餐は楽しまれましたか、本当にかわいらしい姫様ですよねと、笑顔で話す。 かわいらしいという感情は、とうの昔に忘れたのだと、クロードは答える。 フィリックスは、部屋の隅にある、ガラスが割れたままの女性の肖像画を見つめる。 ダイアナとは違い、茶色い髪の女性の絵。 クロードは休みたいと言い、フィリックスに下がるよう指示する。 退室したフィリックスは、クロードがそうは言っても、まだその中に残っているはずだと思う。 いつか、あなたにも明るい光が差し込むときがきますようにと、クロードを気遣うのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」12話の感想 クロードは心が壊れてしまっているようで、その傷をなんとかしたいと、フィリックスの判断で、アタナシアを無理やりクロードの部屋にねじ込んだようですね。 ダイアナの髪に触れる手の描写があったので、あれはクロードですね。 ダイアナを恐らく愛していたのでしょう。 彼女が死んでしまい、ショックのあまり、彼女の死を止めることができなかったルビー宮の人々を処刑してしまったのでしょうか。 彼女が遺した赤ん坊であるアタナシアは、彼女の死を思い出すから、敢えて関わらないように、今まで放置していたのかもしれません。 ダイアナが死ぬまでは、クロードにもそれなりの感情があったのかもしれないですね。 だからフィリックスは、彼女にそっくりなアタナシアを積極的にクロードに関わらせようとしたのかもしれません。 想像ですが。 では、部屋に置いてあった、もう一人の女性の絵は何なのでしょうか。 ガラスは割れているものの、捨てずに置いてあるので、彼女も彼の愛した女性の一人なのでしょうか。 とりあえず、一発殴らずに済んで良かったですね(笑) 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

転生先は、悲運のサブキャラプリンセス!? 韓国の人気作がついに発売!『ある日、お姫様になってしまった件について』第①巻・第②巻 7月5日 2冊同時発売!

ある日 お姫様 になって しまっ た件について 12話

『 ある日、お姫様になってしまった件について』は作画:Spoon先生、原作:Plutus先生による漫画です。 いわゆる「なろう系」ではなく、韓国で人気の作品を日本語に翻訳したもので、日本でも人気が出てきました。 今回は『ある日、お姫様になってしまった件について』1巻のネタバレ記事です。 『ある日、お姫様になってしまった件について』のネタバレ! ある日、起きたらなんと赤ちゃんに生まれ変わっていた アタナシア。 しかも周りの話を聞いているとどうやらお姫様に生まれ変わったらしいのです。 話を聞く限りでは、前世で読んだ小説の不幸な身の上のお姫様に…… 小説ではそのお姫様は皇帝の父と踊り子の母間に生まれたものの出産で母は命を落とし、父からは疎まれてしまいます。 似たような境遇の異母姉妹は父である皇帝から溺愛されるのに、アタナシアは疎まれるどころか最期はたった18歳で皇帝の不興を買い殺されてしまうのです。 そんな小説と同じ未来にならないように赤ちゃんの頃から必死にあれこれ画策し、皇帝にわざとニコニコ懐いてみると皇帝も表情こそ余り変わらないけれど、どうやら満更でもなさそう。 でも殺されないために振りまいていたアタナシアの笑顔は徐々に本物になってきて、皇帝がアタナシアを見つめる瞳も徐々に優しくなってきて… 親子の情愛がゆっくり育つハートフルなストーリーです。 『ある日、お姫様になってしまった件について』1巻の感想 いわゆる転生物でタイトルもわかりやすく、シンプルに生まれ変わったらお姫様になっていました、という最近流行りの作品かと思いきや、今一番お気に入りの漫画になりました。 まず絵柄のきれいさが素晴らしいです。 特に姫様のドレスのデザインのかわいさには感動すら覚えました。 漫画家さんもドレスのセンスまでお持ちの方は少ないように思います。 姫様が成長するにつれて年齢相応の普段着のドレスからデビュタントのドレスまで毎回ドレスのデザインが違ってとにかく全てがかわいいのです。 もちろん皇帝の衣装も素敵。 それから前世の記憶にある小説の通りに殺されてしまわないように、姫様が皇帝に必死にまとわりつく様子に皇帝が徐々にほだされて行くのがもう楽しみすぎてたまりません。 ほだされても皇帝はべたべたに甘くなるわけではなくちょっとしたことに動揺したり、自ら姫様を抱き上げたりといった程度なのですが、そのささやかな仕草から姫様を大切な存在だとしつつある不器用な皇帝がもう可愛すぎて可愛すぎて。 ただの男女のやりとりでなく親子としての情愛を育んでいくのも珍しいかなと思います。 単純な恋愛ものではないのもまたお勧めです。 ebookjapanならお得に読める? は日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あの ヤフー株式会社が運営するサービスです。 ebookjapanでは初回限定で 50%OFFクーポンが獲得できます。 購入金額 税込 の50%分 最大500円分 が値引きされます。 初回ログインから 60日後まで有効で、期限内であれば 6回まで使えます。 割引額は最大500円分なので、合計額が1000円以上になるように買うといいでしょう。

次の