バージェス 頁岩。 バージェス頁岩

ワンダフルライフ (書籍)

バージェス 頁岩

cam. iy2k0x7K. dpuf カンブリア紀には現生の動物につながる多種多様な生物が一気に登場した。 この「カンブリア爆発」をよく伝えるのが、カナダのバージェス頁岩から見つかった5億500万年前ごろの不思議な化石。 ハルキゲニアは、その中でも最も変わったものの1つだ。 ハルキゲニアは当時の海に住んでいた。 細長い本体に多数の長いとげと7対の脚が生えた姿をしており、体長は1〜5センチほど。 「有爪(ゆうそう)動物」に属していると考えられている。 有爪動物は、現在はカギムシという熱帯の森に住む長い芋虫のような生物だけが唯一となっている。 ハルキゲニアが発表された際は、とげの部分が足だと考えられ、上下逆さまの形で復元図が描かれた。 後に逆だったことが判明し、復元図は書き換えられていた。 CGで描かれた最新のハルキゲニア像=ケンブリッジ大の動画より 研究によると、これまで頭部はこぶのような膨らみを持つのっぺらぼうとして描かれていたが、新たな復元図ではこぶがなくなり、目を持つ長い首を持つ生きものとして描かれている。 そもそも、新たに描かれた頭部は、これまで尾部だと考えられていた部分。 前後が逆だったのだ。 研究者はロイヤルオンタリオ博物館と米スミソニアン博物館が収蔵する165個の化石を電子顕微鏡で詳しく調べた。 すると、尾部だと思っていた部分に目と一連の歯が見つかったのだという。 「化石を電子顕微鏡で調べた時、最初は目が見つかるのではという期待を持っていたが、歯がこっちを見て笑っていたので驚いたよ」とケンブリッジ大のマーティン・スミス氏は述べている。 これまで頭部だと考えられた部分は、死後に肛門から排出した内臓の内容物などではないかと考えられるという。 ハルキゲニアから見つかった歯は、生物の進化史を考える手がかりになる。 歯はエビやカニなど脱皮する動物の初期の歯に似ているという。 陸上で暮らす柔らかい体のカギムシと、エビや昆虫などの節足動物には共通の祖先がいたと考えられ、ハルキゲニアの歯の発見は共通祖先の姿や分岐時期を考える手がかりになるとしている。 関連記事• 化石は太古に滅んだ生き物たちの姿をよみがえらせる。 最近の発見をいくつか紹介しよう。 「ブロントサウルス」は、これまで同じものだと考えられてきた「アパトサウルス」とは異なる、独立した別の種類の恐竜だったという新研究。 姿を消して久しい人気恐竜が再び表舞台に戻ってくるかも?• 2個体は黒船来航以前に日本にやってきたらしい。 国立科学博物館とNHKは、特別展「生命大躍進」を7月7日〜10月4日に開く。 「カンブリア爆発」として知られるバージェス頁岩の動物群化石など、国内初公開となる化石などが多数展示される。 関連リンク•

次の

バージェス頁岩

バージェス 頁岩

バージェス動物群とは、ジェス岩(けつがん)の中からとして発見された群である。 いわゆる『ア』の後に発生した多様な群が含まれることで有名。 概要 ジェス岩はの州に存在する約5億0万年前(ア紀)の地層である。 岩とは泥岩の一種で、薄くる性質を持った岩石。 5億0万年前のアでは現生息するのほとんどの祖先が誕生したが、まで生き残らなかった種も多く存在した。 バージェス動物群にはそのような多くの群がとして保存されており、また通常として残らないような部まで綺麗に保存されていることから、この時代のや多様性を考える上で非常に重要である。 他に同時期の群としてはで発見された澄江群(ャンぐん、約5億2千万年前)が有名。 豆知識 と、まあバージェス動物群なんて言葉を知っていてこの記事にたどりうな人ならに載っているくらいのことはすでにご存じだろう。 ざっくりとまとめてしまうとこんなことである。 ジェス岩ってものがあって、そこからア紀のが取れる。 そのは保存状態が良い、しかも部のがとれる。 現代のとは異なる奇妙な形をもつも含む多様な種類がみつかる。 というわけで、せっかくなのでいくつかの点に注して掘り下げてみることにしよう。 バージェス頁岩(けつがん)って何? の授業や番組なんかでジェス岩という言葉がでてきても何のことなのかピンと来ないと思う。 ジェスというのはの山脈のなかにあるジェス山という山の名前で、まあ地名だと思ってくれれば。 ジェスでとれる岩だからジェス岩、 では岩とは何のことだろうか? 答えを言うと、岩というのはで泥(1以下の細かな粒子のこと)がに積もって固まってできる岩石の中で、()のように薄くはがれる性質をもつ岩のことである。 身近なところではで使うりのとして使われることもある。 岩のできるような細かい泥が積もるは、堆積する粒子が細かくてを通しにくいので、埋まったの死体は腐りにくいという性質を持っている。 これがのできるに関係してくるのでちょっと覚えていてほしい。 ついでに言うと、この場所の中でも特殊な地形をしているところだった。 どのような場所かというと、が崖のような形になっていて、などで流されてきた泥が浅から一気に流れ込んで堆積するという特殊な場所で、これもの形成に重要なことなので心に留めておいてほしい。 なぜ保存のよい化石が残るのか? 前述のように、ジェス岩では部を含む保存状態のよいがとれる。 ではなぜ保存状態のよいが残っているのだろう? ふつうのではの死骸があっても、その死骸は死を食べるに荒らされ、やがて微によりしてしまう。 (わかりやすく言うと腐る) すると、のやの殻などのの遅い部分をのぞいて死骸はなくなってしまう。 ののはあってもの部(や)のがないのはこのためである。 ところが、この場所はが崖のような形になっていて、などで流されてきた泥が浅から一気に流れ込んで堆積しているという特殊なである()。 ここでさっきの「岩のできるような泥が堆積するではが腐りにくい」という性質をしてほしい。 そう、この泥の中ではの部はされないのである。 したがって、ジェス岩ではは残らない部を含んだ保存状態のよいが残っているのである。 なぜ多様な種類だとわかるのか? と異なる多様な種類のが見つかったと一口にいっても、の中からを分類したり生態を考えたりできる特徴を発見するのは大変なことである。 たとえが見つかっても「なんだかよく分からないけど、のだね」としか言えないないこともよくある。 逆に言うと、ジェスのはの特徴が観察できるようなだったのである。 ご存じのように、バージェス動物群のは保存状態がいいのが売り。 しかし保存状態がよい=分類学的特徴が見つけやすいというわけではない。 なぜなら、は地層の中で上から押しつぶされていてが死んだ時の上側か観察できないことが多く、のでは死んだ時の上側は側に限られるからだ。 実は、バージェス動物群のは姿勢がで、、、横などいろいろな方向からの観察ができるのである。 これもバージェス動物群が化したがしている。 が崖のような形になっていて、などで流されてきた泥が浅から一気に流れ込んで堆積しているという特殊なということをしてほしい。 もしが起こったら浅に棲んでいるはどうなるだろう? そう、泥流に巻き込まれてまで流されてしまう。 場合によっては生き埋めになってしまうだろう。 運良く生き埋めにならなくてもは浅にべて濃度が低いのであまり動けずに窒息してしまう。 そしてこうやって流されていくうちに姿勢が変えられてしまい、そのまま死んでしまったのでになった後も姿勢がでいろいろな方向からの観察ができるようになったのである。 また、死ぬ前には泥の中でもとになる、そうすると体内の消化器官などに泥が入り込むことになる。 するとになる時に上からされても中の泥の分だけつぶれずに立体的なが残ることになる。 このようなはが可で、このこともどのようなだったのかを調べることに一役買っている。 スピス 節足 節足 キシ 節足 有 イア 有 環形 関連動画 関連商品 関連項目• 澄江群•

次の

バージェス頁岩

バージェス 頁岩

の想像図 約5億500万年前(中期)のものとされ、これは、よりもやや後の時代である。 の高い状態で急速に化石となったらしく、軟体部がよく保存され、体のが観察される。 また、通常は化石に残らないような軟体性の動物の化石がきれいに残っていることでも注目を受けた。 バージェス頁岩をの高所(2300メートル)で最初に発見したのは米国のであるで、のことであった。 彼は翌年には本格的な発掘を開始した。 - とにわたって発掘調査を行い、さらにとにはくず岩の再確認を行った。 その結果、彼は65000個を超える化石を収集した。 それは今も国立自然博物館に保存されている。 主要な動物については彼によって記載が行われた。 彼は、それらの動物を現存する分類群の動物の祖先的を多くあらわしたものとして記載し、主にの初期のの系譜を示すものと考えた。 と比較すると大型化していると共に硬い外皮を持ち、泳ぎ回ることができた。 ところが、1966年から、を中心とする研究グループがこれらの化石の再調査を行なって1万個を超す標本を得た結果、これらの化石動物が、ではあっても既存の分類群に当てはまらないものが多く、中にはそのものの帰属すらはっきり確定できないものが多数あることを明らかにした。 これによってそれまでのカンブリア紀の海中生物相への認識が一変してしまった。 特異な姿をもち、かつて分類が不明であった。 この動物は後に基盤的なと見なされるようになった。 しかも、この知見に基づいてが著した『 - バージェス頁岩と生物進化の物語』が大変な反響を呼んだことで、この動物群の名は一般にまで広く知られることになった。 彼は、そのようにして発見された現在の動物門の枠組みには収まりきらない動物のことを 奇妙奇天烈動物(きみょうきてれつ-どうぶつ)と呼び、動物相の現在との異質性を主張した。 もっとも、彼の主張は、古い時代だから原始的で単純な動物ばかりだったということではない。 むしろ、今は残っていない体制の動物門が多数いたということ、そして、環境の変化に対応しきれなかった出来損ないであったがためにしたのではない、ということであった。 その後、彼の意見に対しては専門家からの反発が強く、それほどの異質性はないとの主張も多く見られる。 ウィッチントンと共に研究を進めたらも、いわゆる奇妙奇天烈生物の大部分は現生の動物群やその初期系統に属する基盤的な種として理解できるとして、グールドの見方に反対を表明している。 三種の(上から Hallucigenia sparsa、 Hallucigenia hongmeia と Hallucigenia fortis)の復元図。 前者はバージェス動物群で、残りの2種はに属する。 同時代の化石群は、その後近くの帽天山()や、(の)、()などからも発見され、広く生息していたことが分かった。 この時代の動物相について、より詳しい情報が得られつつあることもあり、今後の検討によってまた評価が変わることもあるかも知れない。 バージェス頁岩産地は、1981年、のに登録された。 バージェス動物群の生物 [ ] 現存する分類群に属する種 [ ]• 絶滅した分類群に属する種 [ ]• ・(など)• ・類(など)• ・その他• 分類不明な種 [ ]• 脚注 [ ]• 谷合稔著『たくさんの生命を育む地球のさまざまな謎を解き明かす! 「地球科学」入門』ソフトバンククリエイティブ 2012年 79ページ• Gould, Stephen Jay, 1941-2002. , Watanabe, Masataka, 1955-, 渡辺, 政隆, 1955-. 早川書房. 2000. 参考文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2017年8月)• 『 - バージェス頁岩と生物進化の物語』 訳、〈ハヤカワ文庫〉、2000年、。 『カンブリア紀の怪物たち - 進化はなぜ大爆発したか』 〈講談社現代新書〉、1997年、。 デレク・ブリッグス、他4名著、大野照文監訳、『バージェス頁岩化石図譜』、 2003 、朝倉書店。 原著は1994 関連項目 [ ]• - バージェス動物群と同様に絶滅した分類群を多数含むとされる、(末期)の生物群。 - 中国雲南省から発見された、バージェス動物群よりやや早い時期の化石群。 外部リンク [ ]• - バージェス動物群の一覧表。 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(、/、)。

次の