サラ 番 2 ボーナス 終了 画面。 【終了画面の設定示唆法則が判明!】押忍!サラリーマン番長2(サラ番2)

サラリーマン番長2 サラ番2 :BB/AT終了画面:押忍!サラリーマン番長

サラ 番 2 ボーナス 終了 画面

サラリーマン番長2の高設定の挙動 ~低設定との比較~ サラ番2の高設定の挙動としては、まとめると以下でした。 前述の記事参照 ・ ハマりが少なめ ・ 番長ボーナスでの頂ラッシュに当選しやすい ・ 頂ラッシュ直撃当選がある これらに加えて、低設定の挙動と比べて違うな、と思われるものは以下でした。 ・特命に突入しやすい 高設定と低設定の差として感じたのは、ハンコ10個や押忍弁当からの特命突入率です。 もちろん、高設定の方が特命に突入しやすく、低設定はほとんど突入しない印象です。 感覚的には、高設定は3回に1回、低設定は5~6回に1回、といったところでしょうか。 特命自体の番長ボーナスへつながる期待度は明らかになっていませんが、そこには設定差は無く、特命突入率に設定差がある、といったところかと思われます。 高確への移行率は、高設定でも低設定でも変わらなさそうでした。 ・チャンス役が仕事をする チェリー、弁当箱、チャンス目といった、定番の各種チャンス役は、高設定においては何回も仕事をしました。 通常時に引いたチャンス役が、番長ボーナスにつながることが3~4回ほどありました。 ただし、弱チェリーや弁当箱では弱いかな、といったところです。 この点、低設定ですと、強チェリーだろうが何だろうが、高確と思われる雫ステージで引いたとしても基本的に番長ボーナスにつながることはほぼありません。 番長ボーナス終了画面の設定判別 高設定稼働時は気にしていなかったのですが、鏡が五重塔の模型を持っている画面 上記 が2回出現しました。 あとあと調べてみると、この画面は設定2以上確定??というような情報もありますが、これについては定かではありません。 操&雫の画面 おそらく設定6、少なくとも高設定は確定でしょう 以外の終了画面は、まだまだ何を示唆しているのかわかっていない状況です。 まとめ:頂ラッシュ直撃当選がおそらく一番の設定差の箇所 ここまで挙げてきた、設定差があると思われる個所ですが、より設定差が大きいと思われる順 設定判別に重要な順 に並べると以下です。

次の

押忍!サラリーマン番長2 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 スペック 終了画面 設定6 AT直撃

サラ 番 2 ボーナス 終了 画面

最初に舟盛り出現などは激アツだ。 ボタンを押してカットイン発生というパターンもありだ。 この対戦それぞれにもチャンスパターンはあるが、基本となる順番が変わった場合もチャンス。 2G目ベッドは実戦上確定のパターンだ。 3G目に関してはノーマルパターンのムチの方が威力はありそうだが、ハリセンがチャンスとなるので勘違いしないように。 左の取引先演出の方が期待度は高いが、ひったくりでも期待度はそれなりにある。 3G目までのブラックジャックは確定。 4or5G目ならチップの量に注目してチャンスを見極めよう。 ちなみにボーナスだけでなく頂RUSHが告知されるパターンもありだ。 仁王門滞在中は、いかにチャンス役を引けるかが重要なポイントとなる。 実戦上、ナビありリプレイ、押し順ベルでも扉が出現する可能性はあるので、チャンス役を引けないと絶望的…ということはない。 レバーON時に地響き 大 が発生すればチャンス役の可能性大で、銀扉出現に期待できる。 実戦上、ナビなしリプレイからの扉出現は未確認だが、その他の小役からは銅または銀扉が上表の確率で出現している。 興味深いのは強チェリーとチャンス目で、成立時は実戦上必ず銀扉が出現。 レバーONで「金7を狙え!! 」の指示が出たら、AT一発当選のチャンス。 見事揃えば、即座にAT当選&スタートという流れになる。 狙え演出が発生しないまま仁王門が終了することもあるが、発生すれば実戦上約7分の1でATに繋がっている。 0 内部状態などによってゾーン内のボーナス期待度は15. 高確中は、毎ゲーム抽選とレア役でのボーナス当選の期待度がアップする。 5~ 3. 通常よりも高確滞在時の方がボーナス当選に期待でき、最強チェリーは内部状態やレベルを問わずに青7当選が確定する。 「マップの高レベル区間中のレア役」 各モードの高レベル区間(レベル3以上)は成立役にかかわらずボーナス当選に期待できるが、レア役を引いた際は毎ゲームとレア役抽選のダブル抽選となるのでさらにチャンス。

次の

Sサラリーマン番長2

サラ 番 2 ボーナス 終了 画面

2014年にホールデビューを果たし、今なお多くのプレイヤーから支持を得ている「押忍! サラリーマン番長」の続編が、約6年の時を経て激動の6号機市場に参入! 出玉増加のカギとなるAT「頂RUSH」は1Gあたり約3. 注目ポイントとして挙げたいのは、誰しもが1日に1回は引きたいと思っていたであろう上乗せ特化ゾーン「頂SRUSH」への突入率で、こちらは前作比で約10倍にまでアップしている。 より身近になった頂SRUSHは性能が低くなった訳ではなく、AT中の大目標である「残り差枚数300枚到達」を達成するために欠かせないファクターとなっているため、前作以上に重要な特化ゾーンと言っても過言ではない。 告知タイプは轟・鏡・操の3種類が用意されているが、いずれも抽選内容は変わらない。 青7BBは消化中の継続率上乗せ抽選が大幅に優遇されているため、赤7BBよりもAT突入期待度が高くなっている。 7揃いはAT確定!! 金シャッターが閉じればAT確定!! 黄文字企業名出現で特定設定以上確定!! 決算ボーナス消化中は画面右側に様々な企業名が表示されるのだが、黄色文字の企業名からスタートした場合は特定設定以上が確定する( 頂総決算ボーナス中は黄文字企業の表示なし)。 黄文字の企業名は 決算ボーナス1G目かつ肉のマサムネから順番に表示されていくため、いきなり風呂屋剛衛門や青山モータースが表示される可能性はナシ。 また、企業名が全て表示された後は2周目に突入するが、内容は1周目と変わらないのでわざわざ手を止めて確認をする必要はない。 BB中の3戦突破や赤7揃いなど、メインルートから当選したATのセット数振り分けは上表の通りで、3セットが選択された場合は設定5の可能性が大幅にアップ。 AT後の引き戻しゾーン中に 自力でATを引き戻した場合はセットストックが消費されないため、チャンス役を引いた際は注意しよう。

次の