バッタ の 大群。 コロナに続くもう一つの危機――アフリカからのバッタ巨大群襲来(六辻彰二)

バッタの大群は日本に来るのか⁈なぜ巨大化した⁈大きさや現在位置が気になる!

バッタ の 大群

バッタの大群現れる 日本のマスコミでは、ほとんど取り上げられていませんが、 東アフリカに始まり、 インド、パキスタンを襲ったバッタの大群は、想像以上の被害をもたらしている様です。 インドの新聞 "India Today"でその被害に関する記事を見つけましたが、その内容に驚きました。 14億人のインド、2億人の人口を持つパキスタンを襲ったバッタの被害は尋常ではありません。 その内容をかいつまんでご紹介します。 バッタの特徴 今年、インドの北部5州を、アラビア半島から飛来したバッタの大群が襲いました。 このバッタは次の様な特徴を持っています。 インドを襲っているバッタは「サバクトビバッタ」と呼ばれる種で、毎日、体重と同じ量を食べる 猛烈な食欲を持ちます。 一つの群れが押し寄せれば、1日で2,500人分の食物を食べ尽くしてしまうそうです。 1日に140キロも風に乗って移動する事で知られています。 その間にある緑地や農耕地を食べ尽くします。 繁殖率が非常に高く、幾何級数的に増えていくので、個体の寿命は90日しかありませんが、3回の世代交代を重ねると、16,000倍に増殖します。 水分と緑地帯への敏感な触覚を有しており、気候変化への対応力が生物学的に強い。 どの様にしてインドに到達したか バッタの飛来経路(出典:FAO バッタの起源はアラビア半島と思われます。 これまでも、毎年およそ10個の群れがインドに来る事が観測されていました。 しかし2018年から状況が変わりました。 2018年に 2つのサイクロンが、サウジアラビアに例年にない大雨 を降らせました。 この大雨は、世界で最も乾燥し、人が住んでいない場所に 湖を作りました。 これは20年来なかった事です。 何故、アラビア半島を2つものサイクロンが襲ったのかについては、 気候変動が原因という節が有力です。 サイクロンは二つの重要な現象をもたらしました。 砂漠飛びバッタの繁殖に理想的な環境をもたらし、バッタの爆発的な繁殖が生じました。 サイクロンが風の方向を一時的に変えた為、バッタは北のイエメンに移り、更には、アフリカ大陸に飛翔しました。 これが東アフリカ及び北アフリカの一部において飢饉をもたらす結果となりました。 北に向かった群れの一部はペルシャ湾を超えてイラン、パキスタンに侵入しました。 2019年の春までに パキスタンでその作物の4割を食べ尽くしたと言われます。 そして彼らはインドにたどり着きました。 ここでも、モンスーンが通常より6週間も早く始まった事が影響しています。 本来モンスーンは7月初めに始まりますが、今年は5月半ばに始まりました。 雨季が早く始まったという事は、バッタの繁殖時期が長くなる事を意味し、爆発的な繁殖が危惧されます。 インド政府の対応策は India Todayはインド政府の対応が不十分であると警鐘を鳴らしています。 というのも、昨年、インドを200にも及ぶバッタの群れが襲いましたが、インド政府はバッタによる被害がどの程度であったかさえ把握できていないからです。 そもそもバッタに対する対応は、一旦繁殖してしまうと難しい様です。 FAO(国連農業食糧機関)の責任者の話では、 バッタ被害は山火事の様なもので、初期に対処しないと、いけないそうです。 大きな群れになってしまうと、手がつけられなくなってしまう様です。 わかりやすくいえば、卵の段階で駆除しないと、成虫になってしまっては遅いという事です。 しかし、アラビア半島の誰も住んでいない砂漠地帯に生みつけられた卵を、どうやって探して駆除しろというのでしょうか。 FAOもこれは非常に難しいとコメントしています。 コロナの影に埋もれるが重要な問題 さらに言えば、最近の コロナウイルスの感染拡大もバッタ駆除を難しくさせています。 全土に外出禁止令が出ているインドで、農民を集めてFAOが駆除の方法を説明するわけにもいかず、苦慮している様です。 インドやパキスタンの農民の多くは自給自足の生活を送っています。 バッタが作物を食べ尽くしてしまえば、自分たちが食べる分がなくなってしまいます。 餓死の危機に直面していると言っても過言ではないでしょう。 最初にバッタの被害にあったエチオピアやその周辺国では、約2,000万人が食糧危機に瀕していると言われています。 人口が圧倒的に多いインド、パキスタンの被害はエチオピアの比ではないでしょう。 コロナの影に隠れていますが、人類が直面する危機として、このバッタ被害にも目を向ける必要があると思います。 *気に入って頂ければ、ブックマーク及び読者登録お願いします。 MIYOSHIN.

次の

4000億匹の「バッタの大群」中国侵入へ、終末の前兆か!? ババ・ヴァンガの滅亡予言が現実に…日本はどうなる?

バッタ の 大群

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が発生した今年前半、このウイルスの感染拡大より人目を引く災厄がアフリカ東部で猛威を振るっていた。 それはバッタである。 食欲が旺盛なバッタは、特に穀物などの炭水化物を好む。 穀物はアフリカ大陸の農民の主要な生活の糧だ。 国連食糧農業機関(FAO)が1月に予測したところによると、まだ最悪の事態こそ訪れていないが、バッタの大群は6月には500倍に増える可能性があるという。 そしていま、最悪のタイミングでバッタの大発生の第2波が訪れた。 FAOによると、第1波の20倍もの数のバッタがアフリカ東部に発生したのは、3月後半の大雨のせいだという。 作付けの時期にバッタが襲来 バッタの大群はイエメンに侵入したのち、イランのペルシャ湾沿岸560マイル(約901km)におよぶ地域に定着し、産卵した。 バッタの新たな群れの大発生は、特にケニア、エチオピア、ソマリアで深刻化している。 「タイミングが実に悪すぎます。 というのも、農家はまさに作付けの時期であり、雨期が始まってから苗が伸び始めているところだからです」と、FAOの上級蝗害予測官のキース・クレスマンは言う。 「そんなときにちょうど、ケニアやエチオピアでバッタの数が増えているのです。 バッタの大群によって壊滅的になっている苗の写真や情報がすでに出回っています。 つまり、農家の作物はもうないのです」 「今回のバッタの大発生は食糧安全保障や生活への予期せぬ脅威に相当する」と、FAOの担当者は4月上旬に短い報告を発表した。 こうしたバッタの大発生は、いずれも新型コロナウイルスのパンデミックを防ぐためにロックダウン(都市封鎖)されている地域で起きている。 そのうえ旅行制限がかかっているので、専門家がバッタが大発生している国々に出かけて、地元の人々に駆除対策などのトレーニングをすることもままならない。 さまざまな要因が、これほど容赦なく重なる状況は想像し難い。 「こうした国々の大半では、バッタの大発生に対する備えがありませんでした。 問題は、そこにバッタの襲来を受けている点です」と、経済的途上国の農業問題を支援するフランス国際農業開発研究センター(CIRAD)の環境学者シリル・ピウは言う。 「解決策はバッタの発生の抑制に可能な限り努めることです」 移動に適した状態へと変化 バッタほどしぶとい敵は想像し難いところも問題だ。 いま大発生しているのは、サバクトビバッタである。 サバクトビバッタは、通常は単体で活動する「孤独相」だが、1日に90マイル(約145km)移動できる大群、すなわち「群生相」に変わる20種のバッタのうちの1種だ。 孤独相のバッタが「群生相」に変異し、群れをなして移動するようになるきっかけは雨である。 サバクトビバッタは湿った砂地にのみ産卵する。 乾いた砂地では卵が暑さにやられてしまうからだ。 大雨のあと、バッタは狂ったように繁殖し、砂地は卵だらけとなり、その数はわずか1平方メートルに1,000個ともいわれている。 卵からかえった幼虫は、生え始めたばかりの草に溢れ、食べ物が豊富にある環境で育つ。 バッタは草を食べ尽くすと、さらに食べ尽くすための植物を求めて、群れをなして移動する。 その際、サバクトビバッタの体は移動に適した状態へと変化する。 筋肉が増え、体色はくすんだ茶色がかった緑色から非常に目立つ黄色と黒に変わる。 体色の変化は、群生相になったバッタが孤独相だったときには避けていた、有毒の植物を食べるようになったことと関係があるらしい。 食べ物のせいで有毒の昆虫になっていることを、鮮やかな色合いによって捕食者に警告しているのだ。 孤独相のときにこんな色だったら、捕食者に見つけられてしまっただろう。 だが、数十億匹も群れをなすようになれば、もはや目立たないようにしている必要はない。 あまりに数が多いので安全だからだ。 前例のない大雨がきっかけに 今回のバッタの大発生は、2018年5月と10月の2度のサイクロン(温帯性低気圧)による大雨が、アラビア半島南部を襲ったときに始まった。 この大雨によってサバクトビバッタが大発生し、2世代が繁殖した。 各世代は前の世代より20倍のペースで増えるのだ。 「最大の問題は、数多くの不安定な状況や戦争などがある地域でこうした前例のない大雨が発生したことです。 そのせいでバッタが爆発的に急増し始めた最初の段階を見過ごしてしまったのです」と、CIRAD元所長の昆虫学者ミシェル・ルコックは説明する。 バッタの大発生を初期段階で検知できなかったという失敗は、FAOの最善の努力にもかかわらず、深刻化した。 従来からFAOでは、群れをなして移動を始める前のバッタを早期に発見するため、バッタに関する情報収集担当者の複雑なネットワークを調整していた。 担当者はアフリカ東部からインドまで、バッタの被害に遭っている最前線の20数カ国と連携し、現地の人々とともにトラックでパトロールし、害虫を監視する。 そして、地上で得た情報を植生の状態を示す衛星データと組み合わせる。 空腹のバッタは植物を追いかけていく可能性が高いので、植生はバッタの行動を予測する指標のひとつになる。 拡大したあとに食い止める術はない ところが運悪く、2018年のバッタの大発生は、オマーンの人里離れた砂漠で始まった。 その辺りには人が誰もおらず、バッタが発生したという警告は発せられなかったのだ。 「わたしたちはよりよいモデルをつくったり、よりよい予測を立てたりすることはできます」と、ピウは話す。 「しかし、誰も現地にいなかったら、人間がひとりもいなかったら、モデルや予測だけでは意味がありません。 現地にいる人々を人工衛星とすげかえるわけにはいかないのです」 恐ろしいのは、バッタの大発生は最初のうちに食い止めない限り、その拡大を止めるためにできることはほとんどないという現実である。 バッタは国境など構うことなく穀物を食い荒らす。 バッタの大群がやって来たとき、最も優れた当局者にできることは、穀物の破壊を減らすための殺虫剤の散布である。 だが、この方法も人手が必要で、しかもそのための人員は殺虫剤の散布について特別に訓練を積んでいなければならない。 農民に大量の殺虫剤を渡しておいて、病人をひとりも出さずに済むはずがないだろう。 国家的なバッタ対策がない地域の懸念 幸運なことに、ケニアやエチオピアなど最近バッタに襲来された国々には、殺虫剤の散布法に詳しい専門家がすでに数多くいる。 そこで今後の懸念は、南スーダンやウガンダといった数十年もバッタの大発生が起きていない国々にバッタの大群が飛来するかどうかである。 「そうした国々では農業関係の省庁において、国家的なバッタ対策がまったく用意されていないのです」と、FAOのクレスマンは言う。 「物理的な資材もなければ、バッタの制御全般に関する専門家も訓練を積んだスタッフもいません」 旅行制限が実施されていることから、専門家は現地に行って地元の人々を訓練することができない。 たとえ現地に行けたとしても、ソーシャル・ディスタンシング(社会的な距離の確保)を守らなければならないので、満員の会場でバッタの制御について講義するわけにもいかない。 こうした状況のなかでも朗報がある。 現在の流通全体のサプライチェーンの遅れを受けて、本来なら殺虫剤と噴霧器のアフリカへの出荷も遅れていた可能性があった。 ところが、この2点のサプライチェーンは全世界で機能していることだ。 「殺虫剤と噴霧器が世界各地から届いています」と、クレスマンは言う。 「供給をひとつの地域に頼るとかなり危険が高くなりかねないので、そういう方法はとっていません。 もしその地域が封鎖されたら、安定した供給を保てなくなるからです」 バッタを再び繁殖させないために とはいえ、タイミングは最悪だ。 新型コロナウイルスが大流行しているときにバッタが大発生しており、今後6月後半から7月前半にかけて収穫期が始まるのだ。 「困ったことに、この収穫期とまったく同じ時期に次の世代のバッタの大群が発生するでしょう」と、クレスマンは指摘する。 世界各国が新型コロナウイルスのパンデミックとの闘いに全力を尽くしている間は、急増するバッタの脅威や、その脅威に対抗するために必要な人道支援は注目されないかもしれない。 クレスマンいわく、バッタの大発生は森林火災によく似ているという。 早いうちに駆除すればうまくいく。 しかし、駆除が遅れると、バッタの大群は広まるだけ広まって、エネルギー源となる食糧、すなわちアフリカ中の自給自足で暮らす農民の生存を左右する穀物を食べ尽くしてしまう。 幸いにも、アフリカ北部と西部にはバッタの大群はまだ広まっていない。 厄介なのは、今回の大発生は75年前にアフリカ大陸を襲った壊滅的な大発生に匹敵する規模であることだ。 1948年に始まったバッタの大発生は、アフリカで制御不能となり、1963年まで収束しなかった。 「ですから、いまここで対策をやめたら」と、ピウは言う。 「国から国へとバッタの大群が飛んでいくことになるのです」 そのような事態を阻止すべく、ピウはバッタが発生している一帯の国々と連携し、バッタがこれから上陸しそうな場所を予測している。 「バッタ対策として試みていることは、バッタが飛来したらすぐ対処できるように準備しておくことです」と、ピウは言う。 「そして問題にすぐに対処し、バッタを再び繁殖させないように、再び爆発的に増加させないようにすることなのです」.

次の

サバクトビバッタ

バッタ の 大群

もくじ• 2019年末に第一波が襲いましたが、その第一波が生んだ卵が孵化し、20倍にもなった大二波の大群が農作物を食い荒らし、えさを求めて大陸を移動し続けています。 1キロ四方あたり4000~8000万匹がいるとされ、この1キロ四方あたりでバッタが食べる量は、人間なら3万5000人が食べる量と同じなんだとか。 ということは、(単純に考えると)1キロ四方に住む人間の食事をバッタが全部食い荒らしてしまうということ… 今世界はコロナ問題が大きく取りあげられていますが、実はバッタの大群の被害にあっている地域では、コロナ以上に深刻な問題になっているのです。 バッタの大群の現在位置はどこ?大量発生する動画が怖い! 2020年6月1日現在、インドの広い範囲でバッタの大群による被害が出ているようです。 インド政府は駆除作業に追われていますが、その被害は過去26年間で最悪の規模なんだとか。 インドでは新型コロナウィルスによるロックダウン中にも関わらず、バッタの大群が押し寄せたことで農家に打撃を与えています。 バッタの大群が日本に来る可能性はある? 現在インドやお隣の国・パキスタンあたりにいるバッタの大群ですが、中国大陸を経て日本に到達する可能性はあるのでしょうか? 改めて世界地図を確認して見ると、パキスタンやインドと中国はお隣の国ということが分かります。 一応中国との国境にはヒマラヤ山脈がありますので、高度的に越えることはムリなのではないかと言われていますが… 中国政府も6月中には中国にも到達するのではと睨んでおり、バッタの襲来に備えて大量のアヒルやガチョウを準備しているとのこと。 なかなか衝撃的な映像ですよね… 本当にアヒルがバッタ4000億匹と戦うことができるのでしょうか… その様子も怖いモノ見たさでちょっと気になりますけどね。 仮に進行した場合、その前には大国である中国の食糧を食い荒らしているということなので、 世界中にコロナ以上の甚大な被害を及ぼすのは確実です。 日本も大量の食糧を輸入していますし、中国製品の数々も、中国の方たちが働けなくなったら手に入らなくなってしまいますよね。 おそらく中国東部の大都市にまで到達することはないのではないでしょうか。 コロナの影であんまり目立ってないけど サバクトビバッタの大群4000億匹がインドからヒマラヤ山脈越えて中国へって予想がどうやら中東やアフリカに引き返してるらしい バッタの群れの大きさは神奈川県より大きいみたいヒィィィィィ ゚ロ゚;ノ ノ — KOYOMIX. R KSaikouji 引き返しているという情報もありますよね。 しかし第二派も来ているので、もう中国大陸へ来ないとは安心できなさそうです。 バッタの大群は日本に来るのか…不安の声相次ぐ バッタの大群のニュースが話題になるたびに、ネット上でも日本に来るのか来ないのか、現実的に不安視する声が広がっています。 — 涼火 suzusibi ガラスにバチバチバチーッて当たってて…😢 バッタの大群怖いっすね… — おせきはん。 絶対い一歩も外に出ない 2週間は引き籠もれるように買い溜めする 窓も開けたくない もう世界の終わりのように思えるバッタの大群 日本は島国でよかった 陸続きだったら日本にも来てた可能性がある・・・ — たか 憤怒のリモワSE taka29009 日本でも起こった蝗害はトノサマバッタの大群ですよ。 でも日本では蝗害が起こる数はそこまでだったんで、毎年稲に集って収穫に被害を出すイナゴに蝗の字を当てたんですよ。 元々の蝗はトノサマバッタの漢字だったらしいです。 日本でも【トノサマ】バッタとやっぱり恐れられてましたけど — あけましてお👀でとう aaaiiikkk1010 しかし日本でかつては定期的に蝗害は起きていました。 イナゴを食べる習慣もあったくらいですからね。 (現在も一部地域では食べられています) 近年では2007年に関空近辺で発生しています。 それにしても今回のアフリカから押し寄せる砂漠の大群は、日本では体験したことのないスケールです。 バッタの大群はなぜ巨大化した?大きさはどのくらい? 気候変動とサイクロンの影響により、2019年末に大量の雨が降りました。 ナイル川周辺地域では、雨量が増えたことにより湿度も上がり、バッタが大量発生する好条件を生んでしまったようです。 バッタの大群は普段私たちが日本で目にするバッタとは比べ物にならないほどの大きさです。 その大きさは、1体あたり• オスの成虫は60~75mm• メスの成虫は70~90mm にもなっていると言われています。 5倍になっています… めっちゃ大きくなっていますね(泣) そもそもなぜ巨大化したのかというと、 個体の量が多くなると、どんどん卵を産んでさらに増えていき、 生きていく環境も孤独相から群生相へ変化し、生体も攻撃的になってきます。 大量の仲間たちと一緒に飛ぶと、身体がぶつかり合うので、強靭な身体が必要になってくるのですね。 さらに1日に100kmも移動するようになってくるので、体力も必要になります。 バッタの中でも強いものが残っていくので、世代交代をするたびに強く大きいバッタへと変異していくようです。 (死んだ弱いバッタの死骸を食べることもあるようです…) そうして長さも羽の大きさも、従来ものもとは全く違う姿のバッタに変化していったそう… バッタの大群で飛行機に影響が出るって本当? インドの民間航空省は、バッタの大群は今やあまりに巨大化し、「航空機の運航にとって極めて重要な離着陸の際、機体に脅威を及ぼし得る」と懸念を示し、「個々のバッタは小さいが、無数のバッタがフロントガラスを覆えば、操縦士の視界に影響を与えることは明白だ」と話した。 — AFPBB News afpbbcom さらに、ニュースでもバッタの大群が旅客機の運航に深刻な影響を及ぼす可能性が高いとして、問題視されています。 世界中の航空会社が運営上苦境に立たされている中、なんとか原状復帰していこうとしているのにもかかわらず、 バッタの大群に運航を邪魔されてしまっては、たまったもんじゃないですよね… 中国・インド周辺の上空を飛ぶ飛行機はかなり大きので、 航空業界にも甚大な影響が出そうです。 【バッタの大群が日本に来るのか・現在地】まとめ 現在アフリカからインドにかけて大量発生しているサバクトビバッタの大群。 日本人が一番気になる【バッタの大群は日本に来るのか問題】についてまとめてみました。

次の