サーフェス プロ 7 初期 設定。 【Surface Pro6】サーフェスペンの書き心地や設定方法をまとめみた

Surface Proを買ったらやること【実践編】

サーフェス プロ 7 初期 設定

iinaa. 一応、僕は(かなりの暴挙ですが^^;)メインパソコンとして使用してみるつもりなので、その手の用途での購入を考えておられる方の参考ぐらいにはなるかと思います。 ではさっそく製品レビューをはじめたいと思います。 じつは今回Surface Pro2を購入した理由は、WindowsXPのサポート期間が2014年4月9日で切れるとのことで、長年使っていたわが家のメインパソコンのLet's note Light CF-W5も買い替えの必要に迫られてのことだったりします^^; ただ、僕は最近はほとんどのことをAndroidタブレットとスマートフォンで済ましてしまって、もともとパソコンは年賀状の作成とサイトの更新以外にはほとんど使っていないので、今回思い切って10. 6インチサイズのSurface Pro2をメインパソコンにしてしまおうという暴挙に出た訳です ・。 ・; (って、まあ、Surface Pro2ではとてもメインパソコンとして使えないとなった場合は安物のノートパソコンを別に買い足すことも計算に入れての暴挙ですけどね…) そういうわけで、もし僕のようにSurface Pro2をメインパソコンに出来ないかとお考えの方は、参考にしてみてください。 さっそくSurface Pro2を開封^^ こんな感じでパッケージの端の白い部分をスライドして引きだします。 本体をよけると下にスタイラスペンと保証書などが入っています。 保証書の他には説明書やMicrosoftのいろいろなサービスの案内書が同封されています。 で、こちらがSurface Pro2の本体。 本体正面は普通にストレートタブレットなのでとくに感動とかはないかな^^; ただ、はじめて手にした時はかなり重く感じてしまいました。 僕はこのSurface Pro2をメインパソコンとして使用するという暴挙目的で購入したので問題はないですが、モバイルパソコン(タブレット)として持ち歩く目的で購入を検討される方にはちょっとおすすめは出来ないほどの重さかも。 液晶面の上部には内カメラが。 背面はこんな感じ。 一応、Surface Pro2はタブレットなので背面上部にもカメラがついています。 写真ではちょっと見えにくいですが、背面下のほうに「Surface」の文字が入っています。 本体上面は電源ボタンとスピーカーの小さな穴が。 本体下面は、別売りのキーボードカバーを接続する為のポートがあります。 (キーボードカバーはまた後ほど別のレビュー記事として紹介します^^) 本体右面には、microSDXCポート、電源コネクター、Mini Displayがポートあります。 本体左面にはイヤホンジャックコネクター、音量ボタン、USB3. 0ポートが。 あと、背面の下部分を手で開けると… Surface Pro2の特長のひとつであるキックスタンドが開きます。 スタンドを広げた中にはSurfaceの128GBモデルの記載が入っていました。 こんな感じでキックスタンドを使うとSurface Pro2を立てて使用することが出来ます。 また、このSurfacePro2にはスタイラスペンも付属しています。 まあ、僕はスタイラスは使用する予定はなかったりしますが… (いや、だって液晶が傷つきそうで嫌じゃないですか〜〜^^;) ちなみに、スタイラスペンは写真のような感じでSurface Pro2の充電用コネクター部分に磁石で取り付けることが出来ます。 これは収納時や持ち運び時に非常に便利ですね^^ こちらはACアダプター。 シックな感じの質感でけっこうかっこいいです。 アダプターのコネクター部分は磁石での接続になっています。 こんな感じでSurface Pro2と磁石で接続。 (案の定、初期の状態ではセットアップ時に大きな音が出る設定になっていました^^;) まずは地域と言語を選んで「次へ」をタップ。 ライセンス条項をよく読んで同意できるようなら「同意する」をタップ。 (もちろん同意しないとSurface Pro2は使えませんが…) つづいてパーソナル設定。 PC名を設定。 PC名は他のパソコンからLANなどで検出されるときに表示される名前なので、「自分の名前+PC」などで自分のパソコンだと分かりやすい名前を付けておきましょう。 ネットへの接続は僕は後で行うのでここではパスして「この手順をスキップする」をタップ。 簡単設定画面になるので「自分で設定する」をタップ。 (ここはみなさんはそれぞれの判断で進めてください^^) 「アカウントの設定」でユーザー名などを入力設定。 一応、パスワードの設定などは空欄にして後ほど設定から設定することも出来ます。 僕はここではユーザー名だけ設定しておきました。 「完了」をタップ。 以上でセットアップは終了。 Surface Pro2のOSは最新のWindows8. 1ですが、セットアップ自体はパソコンと言うよりもタブレットに近い感じでけっこう簡単に終わりました。 しばらく待つとSurface Pro2のスタート画面が表示されます。 こちらがSurface Pro2(Windows8. 1)のスタート画面。 各所で不評のWindows8. アプリケーション一覧。 ここからSurface Pro2の設定の変更も出来ました。 あと、スタート画面で「デスクトップ」をタップすると… こんな感じで見慣れたWindowsパソコンのホーム画面が表示されます。 デスクトップ画面の左下にはウィンドウズアイコン インターネットエクスプローラーアイコン フォルダーアイコン があり、フォルダーアイコンをタップするとドキュメントフォルダーやピクチャーフォルダーなどにアクセス出来ます。 う〜〜ん、ドキュメントフォルダーなどにアクセスするだけでこれだけ迷わせてくれるとは、ほんとにちょっとあきれるようなOSですね^^; ちなみにソフトウェアーキーボードを使うには画面右下のキーボードアイコン をいちいちタップする必要があります。 まあ、Surface Pro2(というかWindows8. 1)は基本的にはパソコン(OS)で、オプションのカバーキーボード等を使う前程で設計でされているのでこれでいいのですが、自動でキーボードが表示されるAndroidタブレット等に慣れているとちょっと戸惑ってしまうかも。 デスクトップ画面の右下には音量アイコン などもあり、ここから音を消すことも出来ます。 (まあ、Surface Pro2の本体に音量ボタンがありますが^^;) また、デスクトップ画面右下の電波アイコン をタップするとWi-Fiなどにアクセス出来ます。 僕はアプリ一覧の設定から散々迷ったあげ句、ここでようやくWi-Fiに接続出来ました^^; なんとか無事にSurface Pro2でこのサイトにもアクセス出来ました。 ただ、ネットには接続できたのにメールの設定でまたまたトラブル^^; いろいろと調べてみたらWindows8. 1のスタート画面の「メール」アプリからはIMAP機能のメールしか使えないことが分ったので、あらたに別のメールアプリ(Windows Live Mail)をインストールしました。 Windows Live Mailのインストールは以下のサイトから。 リンク先のページで「Windows Essentials」の「今すぐダウンロード」をタップ。 「Windows Essentials」のインストールを開始(途中でランタイムのインストールを求められたら先にそちらをインストールしましょう。 )するとプログラムの選択画面になるので、ここで「メール」だけを選ぶと「Windows Live Mail」をインストール出来ます。 無事、「Windows Live Mail」がインストールされてアプリ一覧に表示されました。 Windows Live Mailもあまり使い易いメールアプリではありませんが、まあ、ないよりはマシです^^; これで一応、メールの送受信も出来るようになりました。 ついでに書いておくと、シャットダウンの方法もややこしくて、ネットで調べてようやくシャットダウン出来ました^^; シャットダウンにはいくつかの方法があるのですが、とりあえずデスクトップ画面のウィンドウズアイコン を長押しタップ(マウスで使う場合は右クリック)でメニューが表示されるので、そこからシャットダウン出来ます。 う〜〜ん、シャットダウンする方法すら直感では分らないとかどんだけ使いにくいOSなんですか^^; とまあ、こんな感じでなんとかパソコンとしての最低限のことは出来るようになりました。 とりあえず、Windows8. あと、購入前に僕が一番心配していた冷却ファンの騒音ですが、これは冷却ファンの存在を忘れてしまうほどに静かです(笑) Surface Pro2の上面の溝は冷却ファンの通気孔になっています。 1についてはほんとに使いにくいですが、ただ、唯一起動の早さだけは誉められると思います。 起動に掛かる時間は5秒ほど!で正直、ほんとにシャットダウンしてたのか疑問に思ってしまうほど早いです^^; Surface Pro2は重量が重いのでちょっとモバイルパソコン(タブレット)としてはあまり向いていないと思いますが、これだけ起動が早いならいま流行りの8インチのWindows8タブレットなどなら、今後充分タブレット市場でのWindowsの巻き返しも可能なんじゃないかとそんなふうにも思いました。 一応、オプション品であるSurface Pro2専用のタッチカバーキーボードも購入。 手持ちのマウスを接続してパソコンらしい姿に(笑) (タッチカバーについては別の記事として紹介しますね。 ) また、ホームページビルダーもインストールして、サイトの更新も可能な状態になりました。 上の写真のように別売りのオプション品であるタッチカバーキーボードも購入して一週間ほど使用していますが、僕の使い方ならメインパソコンとしての使用も充分可能かなと感じています^^ まあ、画面が小さいのでペイントソフトを使っての写真画像の修正など細かな作業は、以前のパソコン(Let's note Light)に比べてかなりストレスが溜まってしまいますが。 スポンサード リンク Microsoft Onlinestore Surface Pro2(サーフェス プロ2)徹底レビュー Surface Pro2(サーフェス プロ2)徹底レビュー1「Surface Pro2(サーフェス プロ2)の初期設定」 (トップページに戻る) 当サイトはリンクフリーです、どうぞご自由に。 Copyright c 2014 Yoshihiro Kuromichi plabotnoitanji yahoo. jp スポンサード リンク スポンサード リンク.

次の

【Surface Pro6】サーフェスペンの書き心地や設定方法をまとめみた

サーフェス プロ 7 初期 設定

カテゴリーから探す• スマートフォンケース• タブレットケース• スマートウォッチ• スマホ・タブレット・スマートウォッチ用アクセサリー 液晶保護フィルム 強化ガラス• iPhones・IPod 周辺機器• アクションカメラ・防犯カメラ• ノートパソコン関連商品• カメラ関連商品• スポーツ・アウトドア• ホビー• ゲーム周辺機器・アクセサリ• 健康器具• 生活雑貨• PC関連商品• オーディオ関連• カー用品• ゲーム• その他• お支払いについて お支払いは楽天Pay・amazon pay・クレジットカード・スマホ決済・コンビニ決済・代金引換・銀行振込の中からお選びください。 取り扱いカードは以下のとおりです。 返品・交換について 返品は未開封・未使用のもののみ到着後1週間以内にメールにて連絡いただいたもののみお受けいたします。 その際、受注番号を必ず記載してください。 返品の送料・手数料については、初期不良の場合は当社が、それ以外のお客様都合による返品につきましてはお客様にてご負担いただきます。 お客様都合の返品の場合 事務手数料として、一律2000円申し受けます。 また、ご注文確定後の注文キャンセルは受け付けません。 ご返品の場合は、別途記載のお客様ご都合の返品規定をご確認のうえご返品ください。 設定を解除もしくは番号の頭に「186」を付けて発信をお願い致します。 E-Mail: 営業時間について ネットでの注文は24時間受け付けております! 店舗へのお問合せにつきましては、下記の時間帯にお願いします。 携帯ドメイン指定について 受信アドレスを携帯アドレスにされます場合は、ドメイン指定を解除 登録ドメイン:koolriver. com してからご注文ください。 弊社からのメールが確認できない場合は、お手数をおかけいたしますが、下記お問い合わせ先までご連絡くださいませ。 プライバシーポリシー お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

次の

Surface(サーフェス)のデスクトップ壁紙設定を変更してなるべくパフォーマンスアップするには

サーフェス プロ 7 初期 設定

0 USB3. 1 ー USB3. 0 1 USB2. と言っても付属品はそれほど多くなく、本体と電源アダプター、保証書類などだけです。 Power PointやExcel、Wordなどを利用可能です デザインは旧モデルと同じ ここ最近のSurface Proは、デザインがほとんど変わっていません。 Surface Pro 第5世代 から本体サイズは変わらず、Surface Pro 4とは0. 1ミリ単位で異なるだけでなのでほぼ同じ。 重さや細部は微妙に変わっていますが、見た目は4年前からずっと同じです。 良く言えば、それだけ完成されたデザインというところでしょうか。 5mm 775~790g 770~784g 768g モバイルバッテリー 45W からの充電も可能 ただしSurface Pro 7の電源アダプターは65Wであるため、それなりに出力の高い充電器のほうがいいかもしれません。 実際Surface Goの24Wアダプター Surface Connect で充電を行なったところ、65Wアダプターよりも充電に時間がかかりました。 動作確認を行なっていないため、メーカーとしてはSurface Connectからの充電を推奨しています。 USB PDを含むUSBポートからの充電について、一部対応しているモデルもあるかと思いますが動作の確認が取れていないんです💦安全にお使いいただくためにも、同梱または純正の電源アダプタを推奨しています🔌 — Surface Japan SurfaceJP セキュリティー機能としては、顔認証用の赤外線カメラが用意されています。 あらかじめ顔を登録しておけば、画面をチラッと見るだけでサインインできるので便利です。 背面のリアカメラは800万画素 ベンチマーク結果 続いて、Surface Pro 7のベンチマーク 性能テスト 結果を紹介します。 テストに使った機種のスペックは以下の表のとおり。 なおベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります。 またCore i5-1035G4については、前世代のCore i7-8565Uを上回っています。 ファンの回転音や排気口からの風切り音がまったく聞こえません。 Core i7には空冷ファンが搭載されていますが、排気音がうるさく感じるほどではありませんでした。 ちなみに旧モデルとの比較結果は以下のグラフのとおり。 同じCore i5モデルでも2018年発売のSurface Pro 6の約1. 23倍、2017年発売の第5世代Surface Proの約2. 14倍です。 第5世代以前のSurface Proを持っているなら、買い換えることをおすすめします。 ただmicroSDカードをストレージとして使えるので、個人的には128GB SSDでも問題ないかなと思っています。 しかし後々に売却することを考えるなら、需要の高い256GB SSDを選んでおいたほうがいいかもしれません。 起動時間は10秒程度 ウィンドウズの起動時間は平均10. 44秒でした。 一般的なノートPCではSSD搭載機種が17秒程度、HDD搭載機種が30秒~1分程度 筆者調べ なので、10秒台はなかなか優秀です。 さらにSurface Pro 7はスリープ時のネット接続&高速復帰のモダンスタンバイ コネクテッドスタンバイ に対応しています。 タイプカバーを開いたり、スリープ状態から電源ボタンを押せばスグに復帰します。 起動時間の計測結果(手動計測) 1回目 10. 5秒 2回目 10. 6秒 3回目 10. 4秒 4回目 10. 2秒 5回目 10. 5秒 平均 10. 44秒 3D性能はCPU内蔵タイプとしては高め グラフィックス機能としては、CPU内蔵のIris Plus Graphicsが使われます。 3D性能を計測するベンチマークテストを試したところ、前世代のUHD Graphics 620と比べて1. 8~2. 3倍ものスコアとなりました。 CPU内蔵のグラフィックス機能としては優秀です。 ただし外付けGPUほど性能が高いわけではありません。 ゲームでは従来のUHD Graphicsに比べて多少有利で、クリエイター向けソフトでも操作感の向上を期待できるでしょう。 GPUの性能比較 GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア GTX 1650 テストにはPCMark 10 Professional Editionを利用しています 最大パフォーマンスが出るもっともバッテリー消費の大きい状態で、ビジネス作業 文書作成やWeb閲覧、ビデオチャットなど のテストを行なったところ、8時間57分という結果でした。 通常利用でも9時間ちょっとというところだと思います。 ガッツリ使って約9時間という結果はモバイルPCとしては長いわけではありません。 しかし連続使用でこれくらいであれば、丸1日は問題なく利用できるでしょう。 本体カラーとしてはプラチナとブラックの2色が用意されていますが、ブラックのモデルは3パータンしかない点に注意してください。 個人的に驚いたのは、CPUのパフォーマンスが大きくアップしている点です。 Core i5でも従来のCore i7を上回る性能を出せるなら、中位モデルでもより高度な処理をより快適に行なえるでしょう。 上位のCore i7については、従来のCore i7よりも快適に使えるはずです。 また、ついにUSB Type-Cに対応した点も大きなポイントです。 モバイルバッテリーなどから充電が可能となり、さらにType-C対応の周辺機器も利用できるようになったことで使い勝手や拡張性が大幅にアップしました。 外観は4年前から変わらないもののSurface Pro 7は確実にパワーアップしており、その価値も大きく向上しています。 第5世代以前のSurface Proを使っているなら、買い替えがおすすめ。 また初心者が使うはじめてのPCとして、あるいは上級者向けの高性能PCとしてもアリです。 記事カテゴリー• 279• 133• 614• 363• 144• 120•

次の