親 の すね を かじる。 親のすねをかじるニートの6つの心理パターンと特徴

親のすねをかじらせてくれるなら、感謝しつつ全力でかじろう!

親 の すね を かじる

親の脛を齧る おやのすねをかじる : 子供が経済的に自立できずに、親に援助してもらうこと 「親の脛を齧る」の意味を詳しく 「親の脛を齧る」とは、 子どもが経済的に自立することができずに、親に援助してもらうこと、養ってもらうことを意味します。 「経済的に」とは簡単に言えば、「お金の面で」ということです。 また、ここで言う「子ども」は幼い子を指す「子ども」ではなく、親がもうけた子を指す「子ども」を指します。 つまり、40歳でも親にとっては「子ども」なのです。 子どもは、ある年齢までは、日本国民の三大義務の一つである「勤労の義務」は免除されていると考えられています。 つまり働かなくていいのです。 代わりに「勉強すること」を求められます。 一応、勉強することを求められる間、つまり学生の身分である間は、「親の脛を齧る」もそこまで悪い意味では使うことはありません。 高校生になるとアルバイトをすることはできますが、学業がありますし、校則で禁止する学校も数多くあります。 大学生は学生の中では一番アルバイトをするイメージですが、経済的に自立できるほど稼ぐのは難しいと言えます。 学生の間は、遊んでばかりいるような人に対しては皮肉を込めて、「親の脛を齧る」と言います。 しかし、そうでもなく普通に学生生活を送っている人に対しての「親の脛を齧る」は少し違います。 皮肉などは無く「親のおかげで生きている」というニュアンスを持ちます。 「親の脛を齧る」を、より皮肉を込めて使うのは、学生を終えた子どもに対してです。 学生を終えると、基本的には働きに出る人がほとんどです。 そこが一つの区切りとなり、経済的にも独立したり、実家に住んでいたとしてもお金を家計に入れたりするのが普通であると考えられています。 しかし、中には学生生活を終えたにもかかわらず、働かない者 就職先が見つからず、働けない者も含む はいます。 さらには、働いていたとしても経済的に自立せずに親に援助してもらって生活する人もいます。 そのような人たちに対して使う「親の脛を齧る」という言葉には、皮肉と非難の意味が込められている場合がほとんどです。 このように、「親の脛を齧る」は使う相手、場面によって、その言葉に込められる意味合いは変わることわざなのです。 子どもは、 親の脛を齧りながら成長する。 大学にまで行かしてもらい、私は 親の脛を齧って生きているのでいつか恩返しをしなければ。 私の兄は大学卒業後、働きもせず、 親の脛を齧って生きている。 親の脛を齧っていないで、早く彼には働けと言いたい。 実家で 親の脛を齧って4年。 念願の司法試験に合格し来年から弁護士になる。 しかし、夢のために実家で援助してもらいながら勉強をつづけたという状況ですので、皮肉や非難の意味はありません。 「親の脛を齧る」の由来 「親の脛を齧る」は、「脛」が、人が立つのを支える重要な部位であることに由来します。 人間が立つ際に重要な部位はもちろん数多くあります。 しかし、中でも「脛」は特に重要な働きをする部位なのです。 また、現在では座って行う仕事も多くありますが、昔は立ちながら働くことがほとんどでした。 そこから転じて、「脛」は「労働」の意味を持つようになりました。 一生懸命働くことを、「脛から火を出す」とも言うこともあります。 親が「脛」を使って働きながらも、子どもは稼いだお金を使ってしまいます。 すると、親はさらに「脛」をすり減らしながら働かなければいけません。 そのような状況を、「親の脛を齧る」といった言葉で表現し、ことわざとして使われるようになったと言われています。 まとめ 以上、この記事では「親の脛を齧る」について解説しました。 読み方 親の脛を齧る おやのすねをかじる 意味 子どもが経済的に自立することができずに、親に援助してもらうこと。 由来 脛が労働の意味を表すことから。 親にたかる。 「親の脛を齧る」の意味や使い方を理解することができたでしょうか。 子どもはある程度までは、親の脛を齧らざるを得ません。 しかし、学生を終えた後はできるだけ働き、親からは経済的に自立して生きていきたいものです。 学生も、親の脛を齧っているんだという自分の状況を認識しながら生活していけるといいですね。

次の

【脛を齧る】の意味と使い方の例文(慣用句)

親 の すね を かじる

(前回からの続きです) 世代間にて年金のもらい得、払い損の格差があるのなら、その格差を埋めるべく子供達に対して、親のスネをかじりましょうとエールを送ってみました。 しかしそのためには親の資産を把握することが必要です。 かじることができるスネがどれくらい太いのか。 その太さによってかじり方が変わってくるでしょう。 また親の資産を把握する目的としては、スネかじりだけでなく、次の目的もまたあります。 とくに認知症にかかったり、特養や老人介護施設に入所するとなったらそのケアにかかる負担は大きいです。 そのような時には親の資産を適切に取り崩して活用していくことが必要であり、そのためには親の資産について事前にどこに何がどれだけあるのか把握が必要です。 もしスネをかじりつくしたあとに、親が老後の暮らしにて支出が嵩むことがあれば、そんな時こそ子供の出番です。 余計にかじってきたスネの一部でも、今度は子供から出してあげることです。 親がこれまで長期間に渡りどのような家計や経済行動でもって暮らしてきたのか。 そのストーリーを知ることは子供にとって自身の将来の家計や経済行動にとって参考になるのではないでしょうか。 通常であれば子供は幼少期から長年、親と子供は同じ生計の下に一緒にくらしてきたわけですから、子供は親の家計や経済行動ひいては消費における価値観を受け継ぐケースが多いのではないでしょうか。 (例えば母親が倹約タイプの場合、その娘もまた母親の気質を受け継いで同じ倹約タイプになるとか。 ) となれば子供は親がとってきた家計や経済行動と似た道をたどる可能性も低くはないのかもしれません。 親の家計や経済行動は、自分(子供)にとって先行実践型の記録として活かせるやもしれません。 これらを目的として親の資産を把握する必要があります。 Let's Try!! (あとがきにかえて) そんなことを言ったところで、子供からは、ピンシャン元気な親に対して露骨に「いくら持っているの?」とは聞けないことは百も承知です。 実はこれは子供が親の資産を把握しやすくさせるために、今の親世代にこっそりと、そしてしっかりと読ませたい記事なのです。 親の世代よりも子供の世代の方が社会保障給付は乏しくなることは避けられないです。 親がいざという時には子供の世話になる場面もたくさん出てきます。 親の家計を維持してきた姿を見せることで子供にも少しでも役にたててもらいたいです。 子供から親の資産について問われたら、喜んで資産の目録を開示しましょう。 かつての大家族世代のように、親世代と子供世代が補完し合って家計を営むことが世知辛くなってくる社会を生き抜く処方箋のひとつではないでしょうか。 本業は不動産屋ですが、サイドビジネスとして株投資と不良債権を購入して弁護士に回収してもらっています。 正直株よりも債権回収の方が儲かっています。 5年前に買った債券はどれも3年で元本が返って来て、それ以降2年以上はすべてが利益になっています。 そして、その弁護士法人が投資家から集めた資金でファンドを組んで債権を買い取り、投資家に配当を出すファンドを2月から日本で初めて稼働させるので、弊社で投資の募集を募る事になりました。 1口2500万円からです。 詳しくは弊社のホームページをご覧下さい。 サイズ・コーポレーション 投稿:.

次の

「脛齧り(すねかじり)」 の由来と語源

親 の すね を かじる

この日、集まったのはやなどの学歴を持つとされる若者たち。 林は彼らの前に立つと開口一番、「他人に迷惑をかけていなければ、僕ははダメだとは思っていない」と意外な言葉を発した。 そして、「特に上位のの生徒には、『親のスネはかじれるならかじれ』と言っている」、「君と君のご両親が納得しているならスネをかじっても何の問題もない」と続ける林。 この言葉に同意するたちに、「僕も1人子供がいます。 まだ小さいんですが、これから大きくなっていく中で、どれだけ僕のスネをかじるか楽しみなんですよ。 ちょっとやそっとれたくらいじゃ、倒れないくらい僕も準備をしてきたので、かじれよ、と思っている」と自分の気持ちも述べる。 さらに、「人の親になって分かるけど、親は子供に『差別しちゃいけない、人は平等だよ』と口では教えるんです。 一方で、自分の子供がものすごく有利になるように、とことん頑張るんです」と、子を持つ親としての心情を赤裸々に吐露。 「親として自分の子供が他人に迷惑をかけられると困るんですよ。 また、「について悪いとは思っていない。 ただ、見切りをつける時期はあると思う」ともした。 「親のスネはかじるべき」と断言! 子供に「差別しちゃいけない、人は平等だよ」と口では教える一方で…… 関連ニュース•

次の