海外安全ホームページ。 香港「国家安全維持法」 親中派メディアが「香港2020福音宣言」を批判 2020年7月15日

在京ベルギー大使館ホームページの告示内容について(現在確認中)

海外安全ホームページ

この記事を読む前に一つ尋ねたいことがある… 「たび」の登録は済んでいるのか…… 概要 が開している、者や進出をするに向けたの()、およびの。 『』の(:)が がの外務大臣外務大臣から依頼を受け、に・に行っている人々にでの安全確保について南を行うという内容。 のが、はの開。 には際線ターミナルでの書籍版が配布された()。 時点では、着払いであればが書籍版を送付してくれるようだがは不明()。 でのによる邦人殺事件がきっかけとなり、安全を得る手段の周知のために、の出版社および、者のさたかを氏にをもらって作成することになった。 しかし本人は連載で多忙であったため、の江端康行氏がのから切り貼りして作成した部分が大半となっている ( )。 全13話。 5話ぐらいまでのの行動は基本的にが中心 で、のを紹介してくれるただのな強面になってしまっているのだが、6話ではを体術で撃退し、7話からは本業のも登場するようになった。 設備の増強など向けの内容が多いが、中にはとしてに出かけるも参考にできる項もある。 特に、・・・がの際の行動としては参考になる。 あらすじ これまで・北で発生することが多かったは、最近、欧やにしている。 の対も軍や当局だけでなくが増え、実行犯は、ウンやと呼ばれる組織をにしない個人や小が増加している。 このような中、は、に展開している、特に脆弱とされる・の安全対策を南するために()を各にすることにしたのである。 (から抜) 用語集 がする、在留届を出さない短期者向けにされる安全。 先において、「周辺地域でが起きる恐れがある」などの安全をしてくれる。 に対して、はまず最初に「たび」に登録しているかを尋ねることが多い。 詳しくはを参照。 (海外安全情報) が開している、安全をまとめた。 各の危険度をはじめ、感染症のやの活動に加え、危険な日時や施設名などが掲載されており、まさにの宝庫とも言える状態。 「長い」という意見もあるが、言い換えればの具体性こそがである。 最近では要約したも開されるようになった。 詳しくはを参照。 Gマニュアル 8話で共同物産のに依頼され、が作成した海外安全対策マニュアル。 はなく、1部しか作成されていない。 …はずなのだが、10話でなぜかので流行していることが判明した。 13話ではのだけが持っている機密という扱いになっている。 なお、は「G」という自分のが勝手に使われていることに不だったが、それを言われた際にの使いであるは「 ムのGです」と言い返している。 各話リスト ・解説はへの。 についてはから。 の版についても同を参照のこと。 解説 な (名) な [] 1話 最近の情勢と安全対策 () 外務大臣 [:] 2話 「たび」 カラチ () [:] [:] [:] 3話 安全 () 相孝一 [:哲] 4話 収集 ュッ () 俊郎 [:] 5話 ・ 安全対策 () () () 二村 [:] [:剛史] 岩 [:臼木健士朗] 6話 の基本的心得 シ () セニョリータ・ノダ [:ち] 7話 安全のための則 ミンオ () [:] 8話 の安全対策 () [:] 9話 の心構え ナイロビ () () [:] [:臼木健士朗] [:] 10話 時の カラ () 所長 [:] [:] [:征之] 11話 有事への備え () () ・マッニー [:こうしん] [:] 江端席 [:江端康行] [:] 12話 有事への対応 [:] [:] [:] 13話 まとめ () 周辺の 某 サム・O・ヨー [:] [:ち]. [:哲] 艦長 [:] 関連項目•

次の

ゴルゴ13×外務省 海外安全対策マニュアルとは (ゴルゴサーティーンカケルガイムショウカイガイアンゼンタイサクマニュアルとは) [単語記事]

海外安全ホームページ

海外へ渡航する際には、安全で楽しい旅行・滞在を確保するため、事前に、「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、十分な安全対策を講じてください。 そのためには、渡航先の治安状況や、多発している犯罪の手口・傾向、法制度の違い、衛生状況等を、渡航先の日本大使館・総領事館ホームページ、あるいは外務省「海外安全相談センター」(電話:03-3580-3311 内線2902,2903)を通じて収集し、危険の回避等予防に努めてください。 なお、万一、事件・事故等に巻き込まれた場合に備え、渡航先の在外公館(日本大使館又は総領事館)、警察、病院等の連絡先を控えておくことも大切です。 また、旅行日程や宿泊先等を家族や留守宅に残すとともに、旅先から定期的に連絡するようにしてください。 さらに、海外における医療費は高額な場合が多いので、海外旅行保険に加入することをお勧めします。 特に医療事情の悪い国や地域に長期滞在する場合、出発前に滞在予定の国の医療事情に関する情報を集めることは重要です。 外務省では世界の78カ国84公館に派遣している医務官が、現地で集めた医療情報(現地の一般的な医療・衛生事情や予防接種、医療機関など)をホームページに掲載していますのでご覧ください。 また、外務省海外安全ホームページにも国や地域別に「安全対策基礎データ」の中でその国の風俗や習慣、健康に関する情報を掲載しています。 外務省以外の各ホームページにおいても情報を提供していますのでご参照ください。 世界各地で発生・流行している感染症については、外務省海外安全ホームページの「感染症関連情報」でも随時情報提供しています。 特に注意が必要な場合は感染症スポット情報、広域情報等を発出していますので、渡航予定の国・地域で感染症が発生・流行していないか、出発前にチェックしてください。 その他、厚生労働省検疫所や世界保健機関(WHO)、米国疾病予防管理センター(CDC)などのホームページにも世界各地で発生している感染症情報等が掲載されていますのでご参照ください。 感染経路や症状、予防方法等について知ることも重要です。 以下の各ホームページには感染症に関する情報が掲載されていますので、病気の性質を知り、自分でできる予防方法等を調べてみましょう。 外務省では医療事情の悪い地域に滞在する日本人の方々の健康管理に役立つようにと、巡回医師団を一部地域に派遣して各種の健康相談を行っています。 巡回医師団の派遣地域や派遣日程については、派遣地域の日本大使館・総領事館より在留邦人の方々にメールやFAX等を通じて広報しています。 滞在国・地域にこれらの医師団が派遣されている場合は、日頃不安に感じている健康問題について日本人医師に相談できるチャンスです。 是非、お越しください。 (注)派遣されている日本人医師は、派遣国の医師免許を持っていないので「医療行為・診療行為」はできません。 その他、世界各国・地域の日本大使館・総領事館に配属されている医務官は、巡回医師団と同様、配置された国の法律等による制約から直接医療行為・診療行為はできませんが、日本人の方々に対し「保健相談」を行える場合があります。 詳しくは日本大使館にお問い合わせ下さい。

次の

海外安全対策|外務省

海外安全ホームページ

この記事を読む前に一つ尋ねたいことがある… 「たび」の登録は済んでいるのか…… 概要 が開している、者や進出をするに向けたの()、およびの。 『』の(:)が がの外務大臣外務大臣から依頼を受け、に・に行っている人々にでの安全確保について南を行うという内容。 のが、はの開。 には際線ターミナルでの書籍版が配布された()。 時点では、着払いであればが書籍版を送付してくれるようだがは不明()。 でのによる邦人殺事件がきっかけとなり、安全を得る手段の周知のために、の出版社および、者のさたかを氏にをもらって作成することになった。 しかし本人は連載で多忙であったため、の江端康行氏がのから切り貼りして作成した部分が大半となっている ( )。 全13話。 5話ぐらいまでのの行動は基本的にが中心 で、のを紹介してくれるただのな強面になってしまっているのだが、6話ではを体術で撃退し、7話からは本業のも登場するようになった。 設備の増強など向けの内容が多いが、中にはとしてに出かけるも参考にできる項もある。 特に、・・・がの際の行動としては参考になる。 あらすじ これまで・北で発生することが多かったは、最近、欧やにしている。 の対も軍や当局だけでなくが増え、実行犯は、ウンやと呼ばれる組織をにしない個人や小が増加している。 このような中、は、に展開している、特に脆弱とされる・の安全対策を南するために()を各にすることにしたのである。 (から抜) 用語集 がする、在留届を出さない短期者向けにされる安全。 先において、「周辺地域でが起きる恐れがある」などの安全をしてくれる。 に対して、はまず最初に「たび」に登録しているかを尋ねることが多い。 詳しくはを参照。 (海外安全情報) が開している、安全をまとめた。 各の危険度をはじめ、感染症のやの活動に加え、危険な日時や施設名などが掲載されており、まさにの宝庫とも言える状態。 「長い」という意見もあるが、言い換えればの具体性こそがである。 最近では要約したも開されるようになった。 詳しくはを参照。 Gマニュアル 8話で共同物産のに依頼され、が作成した海外安全対策マニュアル。 はなく、1部しか作成されていない。 …はずなのだが、10話でなぜかので流行していることが判明した。 13話ではのだけが持っている機密という扱いになっている。 なお、は「G」という自分のが勝手に使われていることに不だったが、それを言われた際にの使いであるは「 ムのGです」と言い返している。 各話リスト ・解説はへの。 についてはから。 の版についても同を参照のこと。 解説 な (名) な [] 1話 最近の情勢と安全対策 () 外務大臣 [:] 2話 「たび」 カラチ () [:] [:] [:] 3話 安全 () 相孝一 [:哲] 4話 収集 ュッ () 俊郎 [:] 5話 ・ 安全対策 () () () 二村 [:] [:剛史] 岩 [:臼木健士朗] 6話 の基本的心得 シ () セニョリータ・ノダ [:ち] 7話 安全のための則 ミンオ () [:] 8話 の安全対策 () [:] 9話 の心構え ナイロビ () () [:] [:臼木健士朗] [:] 10話 時の カラ () 所長 [:] [:] [:征之] 11話 有事への備え () () ・マッニー [:こうしん] [:] 江端席 [:江端康行] [:] 12話 有事への対応 [:] [:] [:] 13話 まとめ () 周辺の 某 サム・O・ヨー [:] [:ち]. [:哲] 艦長 [:] 関連項目•

次の