スローネ フィーア。 ガンダムスローネフィーア

ガンダムスローネとは (ガンダムスローネとは) [単語記事]

スローネ フィーア

概要 [ ] が開発させたの。 「ガンダムスローネ」シリーズの3号機で、動力として()が搭載されている。 また、スローネシリーズは素体が全機共通であり、それを基にして役割に合わせた装備がそれぞれ施されている。 本機はやの戦闘支援を想定して開発されており、機体各部には大容量のGNコンデンサーが内蔵されている。 その主な運用法は電子情報戦や通信・レーダーのかく乱、そしてスローネアインのGNランチャーのエネルギーパック的役割等である。 その為、戦闘能力は他の2機に比べると劣っているが非GNドライヴ搭載機を相手には十分な戦闘能力を持つ。 またコクピットにはと同様、が同乗する為の台座が用意されている。 登場作品と操縦者 [ ] (1stシーズン) はの末妹であるで、HAROが同乗している。 タクラマカン砂漠で行われた三大国家群による合同軍事演習に武力介入を行った所属のガンダム達の救援に現れ、ガンダム鹵獲作戦を失敗に終わらせている。 しかし、刹那らプトレマイオスのマイスター達と相容れなかった為に衝突し、敵対する事に。 その後、アレハンドロの依頼を受けたによって撃墜されそうになるが、のによって助けられる。 (2ndシーズン) の元でに偽装して使用されている。 後にネーナが留美に反旗を翻した際に偽装を排除して本機の姿となり、留美の乗る小型艇を撃墜。 その直後に本機ものによって撃破された。 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] GNステルスフィールド バックパックとシールドに内蔵されているGNコンデンサーからGN粒子を広域に最大散布し、レーダーなどを無効化する巨大なジャミングフィールドを形成する。 なお、この機能はあくまで広範囲に通信やレーダーを阻害するための装備であり、本来ならば攻撃用としては使用できないが、PS2のゲーム「機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスターズ」では全方位型の近接戦用武器としても使用可能であった。 合体 GNメガランチャー、あるいはGNメガランチャーを発射する為、スローネアインとドッキングする。 換装 リィアンに換装可能。 武装・必殺攻撃 [ ] GNハンドガン 右腕に1門装備されている小型の粒子ビーム兵器でと同一の装備だが、ステルスフィールドの使用を考慮して出力は抑えられている。 とのドッキング時にはエネルギー供給用のケーブルになる。 GNビームサーベル 両肩に1本ずつマウントされている近接戦用の武装。 構造は等の物とほぼ同じだが、より高出力のビーム刃を形成できる。 またGNコンデンサーを内蔵しており、本体からのGN粒子供給無しでも短時間ならばビーム刃を形成・維持する事が可能。 GNシールド 左肩に装備されている防御兵装。 GNコンデンサーを内蔵している。 GNシールドポッド 右肩に装備されている防御兵装。 ウェポンコンテナとしての役割も兼ねており、ミサイルやビームサーベルを搭載可能。 GNミサイル GNシールドポッドに搭載される実弾兵器。 GNロングライフル リィアンに装備されているビーム砲を、分離後にGNハンドガンとドッキングさせる事で使用可能。 設定のみの武装であり、本編では未使用。 対決・名場面 [ ] 結婚式場襲撃 名場面というより、悪夢に近い場面。 ミッションから帰還中にたまたま近辺で行われていた結婚式を発見したネーナは、マイスターとしての任務に振り回されるストレスをその結婚式場へと向けた。 のちには両親、親戚、自身の左腕を失ってしまう。 そして…。 対 対(サーシェス) 1stシーズンの終盤でミハエルとヨハンを殺害したサーシェスが搭乗したスローネツヴァイに撃墜されそうになるも、そこに現れた刹那のエクシアによって助けられる。 対 2ndシーズンの終盤でリボンズの手引きにより襲撃してきたレグナントと交戦。 しかし、既に旧式化しているスローネドライでは全く歯が立たず、圧倒的な機体性能の差によって瞬く間に無力化させられた後、復讐心に駆られたルイスによってコクピットを破壊され、ネーナの断末魔の叫びと共に爆発・四散する。 関連機体 [ ] 輸送機型の外装で本機を秘匿した姿。 スローネドライの発展機。 スローネシリーズの1号機。 スローネシリーズの2号機。 予備パーツから開発された4号機。 スローネシリーズをベースに開発された量産試作機。 GNステルスフィールドの前身となったGNフェザーを搭載している機体。 商品情報 [ ] [ ] フィギュア [ ] 資料リンク [ ]• リンク [ ]•

次の

OO NAVI :: 関連用語

スローネ フィーア

戦闘開始前……反乱軍と合流した後の事。 MSの配備、装備の事で話し合っていた。 だが、大部分はイナクト等旧型機だ」 「ヨハン、そちらはMSや武装はどの程度ある?」 「リオンシリーズなら、恐らく、そっちの者も扱えるだろう」 太陽炉とテスラ・ドライヴ搭載型リオン。 ガーリオンである。 胸部にミサイルを搭載。 GNブレードとGNメガランチャーを装備している。 原作で、アニューが使っていた、ガシリーズに近いだろう。 その他、バレリオンを母艦護衛のために提供。 さすがに、GNアームズの技術で発展させた、ベガリオンとアルテリオンを使用する訳にはいかない。 そんな、ガーリオンとバレリオンの資料を見せる。 「これ程の装備を…」 「セルゲイ、お前の知り合いは凄まじいな。 これ程の規模…世界征服ができるな」 「笑えませんよ、司令…」 そう、使い方を間違えれば。 ハーキュリーの言葉どおりにする事もできる。 「我々は、そんな事をするつもりはありませんよ」 「そうか…、こちらも君たちと事を構えるのは厳しい」 「ヨハン、指揮官用の機体はどうする」 カティが、現場の指揮官級。 つまり、腕の良いパイロットのMSの事はどうした?と言ってきた。 継続戦闘能力を考慮した機体、それをビアンと開発した…まぁ5機しか作れなかったが。 「これを見てくれ」 俺は、モニターに ベースモデルをジ・Oとした、スローネアイン・ツヴァイの技術をつけた機体。 背部のランドセル部分にはアインのGNメガランチャーを装備。 ツヴァイの大剣型、実体剣を発展させ、切っ先からGNビームライフルを放てる様にしてある。 スラスター等は勿論、ジ・O同様ではある。 頭部はジンクスお馴染、四ツ目。 GNフィールド。 機体各部にはコンデンサー・タンク等、ジンクスをムキムキにした感じである。 「 我々が独自に発展させた、GN-Xだ 」 「おお!すっげぇな!一番乗りは、この俺パトリック・コー…」 「 やかましい!乗るなら乗ってこい! 」 「わ、わかったよ」 ビアンに怒られ、炭酸はコクピットに向かう。 話が漸く、進むので何よりである。 もはや、セルゲイ達も何も言わない。 「ふむ、わかった。 これは、セルゲイと私…それと二人だな」 「わかった。 それにしても、ホリー達のいるここの設備…明らかに技術が違う… 」 そう、セルゲイの思う通り、ヨハン達の持つ戦力は、群を抜いている。 アロウズですら、知らない技術があるのだから。 アロウズは、ジンクスとアヘッドで固められた部隊構成だ。 両軍のMSによる、ビームが飛び交う中を…ヨハン・ミハエル・グラハム達は掻い潜り、戦線を押し上げる。 「ははは!兄貴の攻撃に比べればチョロいぜ!」 「これ程のガンダムタイプ…。 私も心が躍るという物だ!」 ミハエルとグラハムは、その機動性を生かし、指揮官タイプであるアヘッドをメインに落す。 アロウズも、黙ってやられる訳ではない。 「司令!敵の勢いが!」 「まだです、艦隊はミサイル攻撃を。 MS隊にも伝えなさい」 リントは、まだ粒子撹乱膜が効果的に機能する程、相手のMSはバラけていないと思っていた。 アロウズからの艦隊ミサイル攻撃により、反乱軍も多数撃墜される。 だが、中央の軍に向けて放たれたミサイルは… 「圧縮粒子、解放!GNツインバスターハンドガン、発射!」 リンドヴルムの、両の手を前へ構え、両の手の掌から、別世界でコロニーを落とせるレベルと言われた 威力の粒子ビームが放たれる。 射線にいた敵MSと、ミサイルは消えてなくなり。 そこだけポッカリと、空白が生まれていた。 アロウズは事前情報で、ヨハンの機体を知っている。 だが、停止したリンドヴルムを撃墜するチャンスだと思い、突撃した者が愚かだっただけである。 発射が終わった、リンドヴルムは空白地帯を恐ろしい速度で突っ切り、アロウズの母艦3隻落とす。 「ね~、ヨハ兄。 あたしの出番まだ?」 リンドヴルムの通信画面には、ネーナが出番の催促をしてきていた。 「お前と、ニールは貴重な遠距離要員だからな。 恐らく、そろそろだろう」 「やった!あ、ヨハ兄の言った通りだ!」 会話をしている間に、CBに特攻する形だった母艦4隻から。 粒子撹乱が出てくる。 それを、目視で確認していた、アヘッド達も粒子撹乱ミサイルを多量に放ち、こちらを抑えようとする。 ソレスタルビーイング、ブリッジ。 スメラギから、刹那へ、ライザーソードで母艦の切り裂き要請がでて、粒子撹乱が展開された、宙域真っ只中にいた。 「フィールドが!…彼らは!」 「ティエリア!ぐあっ、ミサイルの数が!」 ケルディムのシールドビットも、防げる限界はある。 撹乱状況の中、GNフィールドは効力が低下する。 セラヴィーにとっては、かなりの痛手である。 だが、そのアロウズの舞台の横っ腹をド突く形で、反乱軍はセルゲイとハーキュリー達の部隊で攻撃を開始する。 「スミルノフ夫妻、ハーキュリー大佐。 それぞれの部隊に攻撃開始命令を!」 「は!対・粒子撹乱部隊、攻撃を開始されたし!」 「各機、フォーメションを崩すな。 我々はバレリオン部隊の護衛だ」 「有り難い事に、我々を荒熊夫妻が護衛してくれる。 ソレスタルビーイングの母艦を落とさせるな!」 「「了解!!」」 バレリオンの両腕にある、ミサイルランチャーパック。 そしてレールガン。 それらの一斉射撃による猛攻。 さしもの、アロウズ部隊も完全に坂手に取られては、厳しいと言える。 疑似太陽炉の強みが生かせない、状況下。 奇策が裏目に出てしまったと言えるだろう。 FFも、ネーナを中央軍に配置していた。 ネーナのガンダム ヘビーアームズドライのフルバーストの餌食になる。 「あっはは!この大火力の餌食になっちゃいなさい!」 ニールはと、言うと。 「ひゅー、やっぱあの兄弟半端ねぇな」 「ロックオンハ?ロックオンハ?ヒャッハー?」 「相棒、どこで覚えたんだ。 俺は援護射撃だ、よ!」 アロウズ旗艦。 ブリッジ 「奇襲部隊が、反乱軍の猛攻を受けている模様!」 「被害の拡大、止まりません!」 「司令!」 「ど、どうしたんですか!」 リントの計算では、粒子撹乱の中。 ミサイルコンテナを持った部隊で。 次々撃破していくプランだった。 それが、これである。 直接装備していないジンクス達では、ミサイルを積んだコンテナが消失すれば、GNランスぐらいしかない。 「粒子撹乱膜の宙域から、次々と敵部隊が!」 「なぁ?!そんな!」 目の前には、宙域を抜け出した艦隊。 勿論プトレマイオス2もである。 そして、MSが次々迫ってくる。 半数をつぎ込んだ奇襲部隊も……。 FFの主力メンバーたちによる近接戦闘や、反乱軍のカウンターアタック。 挙句、艦隊攻撃のために前面に出ていた母艦も、ヨハンや刹那等、機動力と近接に優れた機体により落とされている。 「掃射、開始」 超大型砲が戦場に放たれる。 それをいち早く、察知していたのは… 純粋種として覚醒した刹那、そしてFFメンバーである者達。 自陣のメンバーに向け、回線を開き。 「各機、中央へ集まれ!大規模攻撃が来る!」 GNバンガードから、GNフィールドを発生させる防御のみのリオン。 勿論、武装等つけず、GNフィールド発生装置だけ積んだリオンである。 これが大量に、中央前方、ヨハンの前に密集していく。 巨大なGNフィールドを発生させて、受け流す狙いだ。 原作のように、少数ならいいが、大部隊である今回……避けようとすれば、背後の艦隊が大多数落ちてしまう。 その様子を見て、いち早く炭酸・荒熊夫妻・ハーキュリー等、フィールド発生可能な機体が加わる。 放たれた、大出力の主砲はアロウズ旗艦であるリントの艦諸共破壊。 GNフィールド搭載、アーマリオン達の張る、多重GNフィールドに当たる。 アーマリオンが次々に、限界以上の稼働で爆散していく。 「俺の、スローネフィーア気張れえええ!」 「ぬぅうう、セルゲイこのままでは!」 「わかっている!」 「でも、後ろにはみんなが!」 そんな状況下、ソレスタルビーイングが 「トランザム!僕にもGNフィールドは使える!」 「刹那!このままじゃ!」 「わかっている、トランザム!」 セラヴィー、ダブルオーライザーもトランザムを発動させ、守りに加わる。 しかし、敵から見れば好機であるこの状況。 リボンズの命令の元。 特攻兵器、ガガ。 アルケーガンダム。 ガッデス・ガデッサ等続々迫る。 このままでは、まずい…ビアン! 仕方あるまい、解放するぞ! ヨハンの眼帯が取れ、左目が露わになる。 左目が露出した瞬間、リンドヴルムの太陽炉もオリジナルにある、トランザムに近い状態になる。 速度の違う状態にいる、ヨハンとビアン。 心の壁と言われる、ATフィールドをも構成した二人の力により、主砲は受け流されていった。 純度を増したGN粒子。 その光は、宇宙に上がり様子を見ていた、シーリンとマリナの目に映っていた。 「この、温かな光は…」 「刹那達の光…」 他人の声が聞こえる。 その不思議な環境に驚く兵士たち。 沙慈、そしてスミルノフ夫妻は、アンドレイとルイスを発見する。 レグナントに乗る、ルイス。 アヘッドに乗るアンドレイ。 「ガンダム…ママの敵!」 「くっ、この感覚は!」 刹那はルイスの以上を感じ取っていた。 相手を止めるため戦闘になる。 「これは…母さん?!」 「アンドレイ、何やってるの!ちょっと、来なさい!」 「アンドレイ…、大人しく説教を受けとけ」 アンドレイは、母ホリーにドナドナされてしまった。 ルイスとは違い、コメディの様な空気を感じてしまう。 多数のエンプラスとガシリーズの猛攻。 だが、純度を増した、GN粒子。 それに包まれている、ソレスタルビーイング号に搭載されている… ヴェーダの支配権が取られつつある。 「小癪な、このボクから権限を奪おう等!」 イオリア率いる、タチハロ部隊。 電子戦攻撃で、リボンズを引きはがそうとしていた。 「 さすが、EA・レイの遺伝子というべきかな 」 「そんな事、言ってないで今のうちに!」 「ムム!相手が手ごわいな~」 「僕たちだけじゃ、直接つながってる人をはがせないよ~」 そんな中、彼らの見ている電脳世界に援護する存在がいた。 「あれ、この人って」 「君たちを援護するよ、それと初めましてイオリア・シュヘンベルク」 ヨハンがきっかけとなる、鍵を渡した相手。 リジェネ・レジェッタである。 「!、リジェネ・レジェッタ…やってくれたね」 ヴェーダはリボンズからの命令を拒否。 ヴェーダは、ソレスタルビーイングに復帰した旨を報告した。 曲がるビームの攻撃。 そしてファング10基の攻撃に対し、刹那は凄まじい動きで、回避と攻撃を繰り返す。 ファングがなくなった、レグナントの近接攻撃を受け止める、ダブルオーライザー。 「お前たちは…世界を乱す悪だ!お前たちさえ、居なくなれば!」 「それは違うよ!」 その沙慈の声に、固まるルイス。 「僕たちは、問題から目を背けていたんだよ!」 「そういった事に対して、分かり合って未来を築くんだ!」 「その未来を奪ったのも、世界を歪めたのも!」 レグナントの腕から、ミサイルが放出される。 それを上昇して回避するが、電気を流すワイヤーに捕らわれてしまう。 「何やってんだ、刹那。 助けるんだろ、その嬢ちゃんを」 「ニール・ディランディ!」 ニールのドーバー砲により、ワイヤーを射出していた腕が消飛ばされる。 「う、うあぁああ!」 腕が爆破した衝撃により、ルイスは気を失う。 ルイスと沙慈、この二人はニールに預けられた。 刹那は敵の首魁を探しに行った。 「アロウズ部隊、撤退を開始している模様」 「わかった、カタロンへ報告を。 それとCBへ回線をつなげ」 カティの命令により、プトレマイオス2と通信が繋がる。 「クジョウ、目の前のあれは?」 「アロウズの裏の首魁の母艦よ。 あそこには、高処理演算システムヴェーダがあるんだけど、それは奪還したわ」 「わかった。 ならこちらは、敵母艦を無力かすればいいと言う事だな」 「さすがね、その通りよ」 カティはすぐさま、MS隊に連絡を飛ばす。 GNメガランチャーでガガを大量に落すが、まるでGの様にワラワラでてくる。 「どんだけ出てくんだよ!ソレスタルビーイングはまだか!」 そして画面に、敵母艦に攻撃をしていくガンダム達を発見。 「遅いんだよ!ガンダムゥ!」 「ふん、ヴェーダのバックアップが無くたって…人間なんかに!」 「ブリングは…どこだぁ!」 リヴァイヴとブリングは… 「いや~、クラシックを聞きながら紅茶…最高だね」 「…ぬぅー、強いなお前」 GNバンガードの一室で、リヴァイヴは優雅なティータイム。 ブリングはタチハロとオセロをやっていた。 戦場では、ヒリングが超兵スカット行こうぜ!されており。 デヴァインは 「撃つというのか!同胞を!」 「俺はイノベイドでは、ないんでね!」 「 ヨハンは、既にそんな次元にはおらぬわ! 」 GNフィールドを発生させていた、エンプラスを刀による牙突を喰らい、機体が真っ二つにされ消えた。 ライルとティエリアは、母艦の護衛と…反乱軍のサポートに徹していた。 ヒリングは、アレハレコンビに 「てめぇの動きなんざ、ぬるすぎんだよぉ!」 アレルヤを通して、ヨハン達の動きを見ていたハレルヤ。 彼からすれば、バックアップが在ろうと彼らと比べ遅いのだ。 脱出装置を破壊し、逃げ場のない状態から、撃墜されてしまう。 アルケーに乗っている、サーシェス。 「逝けよ!ファングゥ!」 「残念、ミハ兄に届かないわよ!フルバースト!」 「くそったれ!どうなってやがる!」 まるで、動きが知られているように、ファングは落とされ。 自分の攻撃がかわされる。 「ハハハ!!何年トレーニングしたと思ってんだよぉ!」 「そうよ!全てはこの時のためなんだから!」 「ざけんなよ…ざっけんじゃねえぇえ!」 目の前に迫る、デスサイズヘルズのビームシザーズを見ても、彼は認められなかった。 自分が強者ではなくなっていた事を。 そして、ダブルオーライザーに向けられた砲撃。 それによりリボンズを察知した刹那。 「やってくれたね、刹那・F・セイエイ。 それにヨハン・トリニティ」.

次の

バンダイ HG 1/144 ガンダムスローネアイン

スローネ フィーア

が搭乗する。 もともと3機でチームを組んで戦うことを前提に設計された機体で、が保有する、、、 と同型機。 と同様のパイロットパーソナルデータ認証システムが搭載されており、を胴体パーツの一つとした事で機体の軽量化が図られている。 また、機体本体のパーツの殆どが共用化した事で整備性も向上している。 これは量産機の開発にも考慮を入れており、その3機の戦闘データを元に量産試作機であるヴァラヌスが製作され、その量産型としてが開発された。 但し搭載されているは擬似型で、ヴ炉心部にTD ブランケットモジュールを使用していない為、活動時間が制限される。 詳細は参照 の技術についてはしか知り得ないため、何者かによるへのハッキング疑惑が浮上している。 関連 データ追加• GNX-509T『 スローネヴァラヌス』というの試作機が存在 -- ゲスト 2008-05-22 木 22:17:11• スローネヴァラヌスは開発系統上、「 スローネフィーア 第4のという意味 」となる。 そうなればGNーXは「 スローネフュンフ 第5の意 」になる? -- ゲスト 2008-06-16 月 21:41:46• スローネには缶詰が満載されている。 -- ゲスト 2008-06-21 土 20:50:35• -- ゲスト 2008-06-21 土 22:16:55• 名前の意味は、天使の階位の第3位「ソロネ 座天使 」 -- ゲスト 2008-07-08 火 22:49:51• 第3世代型等に見られるGNコードが スローネに見られないのは、装甲内部にあるエネルギー経路に直接を流しているからである。 その為、装甲表面のコーティングを剥がすと、が光って見える。 -- メンバー 2008-11-08 土 15:00:27• の影響を受けた事から、のバックアップを受けていると予想される。 -- メンバー 2009-08-13 木 13:24:53• セカンドシーズンの第一話の最後、も新型?で参戦している様子が描かれている。 -- メンバー 2008-10-12 日 07:23:03• はっきり言ってOO版ゲテモノ -- メンバー 2008-10-20 月 11:06:08• 名前の由来ですが,のスペルはthroneですよね?確かこれは,英語でスロウンと読む「王座」って単語でしたけど -- メンバー 2008-10-21 火 23:19:41• なお、ソロネは物質の体を持つ 要は実体を持つ 天使の中では最上級の位置にいる為、「王の座に君臨する天使」を意味する「座天使」の異名を持っているのです。 ちなみに、ソロネの複数形は「スロウンズ」です -- メンバー 2008-12-07 日 17:17:37• どうせならGNトンファー、GNバスターライフル等装備したGNW-004フィーアを登場してほしかった -- バスターランチャー 2011-05-14 土 19:30:41• (とてもバランス型とは言えない) -- 2011-05-15 日 01:48:11• 当初はは、はの搭乗機だと思った。 -- 蘇芳・パブリチェンコ 2011-05-19 木 18:20:38•

次の