コロナ 喫煙者 回復。 喫煙者の重症化リスク高い新型コロナ、今から禁煙でも効果はある?

世界中で日本だけ「コロナ感染のグラフがおかしい」という不気味 絶対的な死者数は少ないのだが…

コロナ 喫煙者 回復

当初、中国当局は「人から人への感染の証拠はない」とし、日本の厚生労働省も「通常の生活をしている人が感染するリスクは極めて低い」と高を括っていた。 しかし、感染者が武漢市以外の北京、広東省、上海など中国のほかの地域や、韓国、台湾、日本、タイ、米国、フランス、オーストラリアなどでも確認され、世界の「新型肺炎」に対する認識が変わってきた。 27日までの「新型肺炎」の発症者は中国全土で2700人以上、死者は80人になった。 「人から人へ感染している可能性が非常に強い」(1月20日:北京大学・王月丹教授) 「空港などでの水際対策をしっかりとる」(1月21日:国土交通省) 「中国からの入国時の検疫体制を強化する」(1月21日:加藤勝信厚生労働大臣) 新型肺炎の病原体は「 コロナウイルス」とされている。 人に感染症を起こすコロナウイルスは数種類確認されているが、感染しても風邪などの軽い症状を起こす者がほとんどだ。 しかし、コロナウイルスのなかには、2002~03年に中国で流行した「SARS(重症急性呼吸器症候群)」や中東地域で今も発生している「MERS(中東呼吸器症候群)」のように重篤化するものもある。 SARSは罹患者8069人、死亡者775人で致死率は9. MERSは罹患者2494人、死亡者858人で死亡率は34. 4%と、一般の肺炎の致死率の数倍にもなる。 新型肺炎の病原体のコロナウイルスがSARSのそれと遺伝子構造が似ており、事は穏やかではない。 03年当時、SARSは春節(中国の旧正月)の帰省ラッシュで莫大な数の旅行者が移動したため急速に感染が拡大したとされている。 今年の春節は1月24~30日で、その前後も合わせると約30億人の中国人が移動するという。 日本にも毎年1月、2月には月間約70万人の中国人観光客が訪れるので、 新型肺炎の日本での流行も心配になってくる。 検疫の効果も限定的である。 肺炎の潜伏期に入国されたら、「発熱」などによるチェックができない。 とにかく体を冷やさない コロナウイルスは咳などを通じて飛沫感染しやすい。 ウイルスは咳により、鼻や口、呼吸器に侵入していくし、飛沫したウイルスが電車のつり革、パソコンやエレベーター、便座のボタン、ドアノブ、受話器、手すりなどに付着し、そうしたウイルスに手を触れ、口や鼻から体内へと入っていく。 よって、新型肺炎の予防法も一般の風邪やインフルエンザと同じでよい。

次の

タバコ長年喫煙者は今更禁煙無意味は間違い!新型コロナ感染リスク!

コロナ 喫煙者 回復

志村けんが亡くなりました。 新型コロナ感染で亡くなった有名人は初めてで世界中で報道されました。 ここで今一度喫煙について考える機会になるかもしれません。 志村けんさんは人工心肺ECMOをする際、恒例の他に長年のヘビースモーカーで肺と血管が弱っている状態だったため「普通の医者なら絶対に人工心肺ECMOはさせないし、しない」と言われる危険な行為であることは周知の事実でした。 そのため「 志村けんはたばこに殺された」という声も挙がっているほど。 実は新型コロナウイルスは喫煙で重症化と死亡率が上がる事 は中国で蔓延していた直後の早い段階で警告されていたこと。 最近では「WHOがタバコを吸わないで」と異例の発表をしていることをご存知でしょうか? 台北で行われた新型コロナセミナーで肺疾患の専門の医師が中国の感染報告をもとに分析し、喫煙率が高い人ほど重篤症状が起きやすく致死率が高いと報告。 危険な銘柄とは? 新型コロナ「タバコで重症化&致死率上昇」か?危険な銘柄とは? PR 医師は2月から警告。 喫煙者の肺は免疫力がゼロ 2020年2月時点でWHOの緊急対応責任者のマイク・ライアン氏は「タバコがあらゆる呼吸器感染症を悪化させる要因」 「 喫煙率が高いために重症化するケースが高い件についてはまだ証明されてはいないが大きな関心がある」としている。 さらに、そして、台北退役軍人総合病院の陽光耀医師は 「 性別や喫煙が感染の可能性に影響を与えることはないが、喫煙者がウイルスに感染すると症状がより深刻になりやすい」と報告。 WHO禁煙で死亡率が上がると警告 そして2020年3月東京都医師会とが 「馬場子は重症化するリスクが上がります。 新型コロナ 感染拡大を防ぐ為にタバコを吸わないでください」と発表。 更に喫煙者は 重症化する率が2.2倍 死亡率が3.3倍に増加すると発表。 イギリスのにも「タバコの煙でウイルス感染しやすくなる。 重症化のリスクが上がる。 喫煙者は感染率も上がる。 」と指摘されています。 今後日本でもこの報道が広まれば喫煙者が減る可能性がありますね。 PR 禁煙3日で効果が出る。 すぐに禁煙を 少なくともコロナの終息宣言されるまでタバコを吸うべきではないと匿名掲示板に現れた内科医は言います。 詳しくは 禁煙して3日で肺の気管が広がり呼吸が正常に戻ります。 もちろん副流煙も同じ害があるので家族を守りたいなら・・・分かりますね。 致死率上昇危険な銘柄とは? どの記事も喫煙の危険性は語られていても、銘柄については表記されていません。 ただし言われているのは タール量やミリ数で危険度が変わるわけではないこと。 タバコは全て危険である。 その認識だけで良さそうです。 以上です。

次の

神戸新聞NEXT|総合|コロナ重症化「喫煙歴が要因」指摘も 受動喫煙防止4月から法改正

コロナ 喫煙者 回復

「収束のための1カ月」と安倍首相が語った5月が終わり、ついに、東京を含むすべての都道府県で緊急事態宣言が解除された「」。 5月7日にはエボラ出血熱の治療薬だった「レムデシビル」が新型コロナウイルスの治療薬として国内初の薬事承認を受け、中旬からは機関での使用が認められた。 また、新型インフルエンザの治療薬として開発された「アビガン」も承認こそ遅れているものの、その存在は早くから注目を集めており、すでに国内でも3,000例近く投与されているという。 これらの薬に共通していえることは「ウイルスの増殖を抑え、症状を改善する」こと。 5月半ばには抗原検査キットが国内初承認を受け、PCR検査を補完する存在として期待されているが、こうした医療品が続々と承認・使用されるようになっていけば、ウイルスへの向き合い方も、おのずと新しい段階に入っていくことになるだろう。 つまり、今後は、引き続き感染予防には注意を払いながらも、「もしも感染した場合は、重症化や最悪の事態を免れるための対策をとる覚悟」を持つ必要があるのだ。 免疫に詳しい、順天堂大学大学院医学研究科の竹田和由先生は次のように語る。 「ワクチンが開発され、一般化するのはもう少し先のことでしょう。 また、一般的にウイルスは、人口の大多数であるおよそ7割が感染して免疫を獲得する『集団免疫』ができあがることで収束に向かっていくものですが、この獲得にもまだまだ時間がかかるはず。 新型コロナウイルスが世界中でここまで感染が拡大した以上、『自分も感染している、または感染する可能性がある』と考えたうえで、重症化しないよう自衛する工夫が必要といえるでしょう」 現在、働き方や、人とのコミュニケーションの取り方において模索されているのが「WITH コロナ」という考え方。 ウイルスの根絶を目指すのではなく、共に生きることを前提とするものだ。 そのためのポイントは2つ。 ウイルス感染と深く関わる「免疫力」と、新型コロナウイルスによるもっとも代表的な病気である「肺炎」に関わる「肺機能」だ。 万が一、新型コロナウイルスに感染した場合に備えて、免疫力も肺機能も日々、強化しておくことが重症化を防ぐカギ。 では、その「万が一」の際、重症化を防ぐために私たちができることとはなんだろう? そこで、竹田先生と日本赤十字社医療センター呼吸器内科医の生島壮一郎先生が、免疫力と肺機能向上のための日々の習慣を紹介。 また、大笑いに限らず、感動して大泣きした際にも同様の効果が得られるはずです。 免疫力の向上だけでなく、「コロナうつ」の撃退にもきっと役に立つはずだ。 「ただし、かえって落ち込んでしまうような泣き方は逆効果。 それというのも、長年喫煙している人は肺や気管支に傷が集積して、気道クリアランス(大気中に無数に存在する細菌やカビ、ウイルスを排除するべく体に備わっている防御機構のひとつ)の機能が低下しているからです。 実際に気管支の粘膜を顕微鏡で見てみると、線毛(異物が入ってくると上へ上へと動いて、その異物を押し出そうとしてくれる)の働きが低下していたり、ときには上皮ごと脱落してしまったりしていることもあるのです。 喫煙者が肺炎にかかるリスクは、非喫煙者の2倍ともいわれています」 仮に自分が吸わなくとも、夫や家族に喫煙者がいる場合はくれぐれも要注意。 「たばこの煙から立ち上る副流煙は、喫煙者本人が吸い込む主流煙よりも有害物質を多く含むとされているからです。 「鼻毛が異物を吸着してくれるだけではなく、1日1リットル近く分泌される鼻水は吸気も加湿。 さらに、鼻の粘膜では大量の一酸化窒素(NO)も作られています。 NOには筋肉を弛緩させて血管を拡張させる働きがあります。 肺は安静時に血流が落ちるため、肺胞に少量の空気しか含まず休眠状態になる部分もありますが、鼻呼吸をすると大量のNOが肺胞に届きます。 これによって、休んでいる肺の毛細血管を拡張するように働くと考えられているのです」 血流が増加することで、肺はより効率的なガス交換が可能に。 つまり肺の予備力をよりよく活用できるようになるのだ。 「ちなみに口呼吸の場合の呼気に含まれるNOの量は鼻呼吸の数百分の一。 鼻腔の鼻水も介さないため加湿の作用も弱く、気道が乾燥し感染にも弱くなります」(生島先生) 感染予防と肺の予備力を高める2つの意味で重要なカギとなるのが「鼻呼吸」だといえる。 花粉症を含むアレルギー性鼻炎など、鼻で呼吸しづらくなる病気をしっかり治療することも、今後はより重視されていくだろう。 「免疫力向上」と「気道クリアランスの維持」に努め、「WITH コロナ」の時代を生き抜こう。 「女性自身」2020年6月16日号 掲載 外部サイト.

次の