クロネコ ヤマト 追跡 サービス。 クロネコヤマト[ヤマト運輸]追跡サービスは料金がかかる?追跡で配送の料金がわかる?

クロネコヤマト[ヤマト運輸]追跡サービスで「調査中」ってどんな状況?荷物が来ない時の対応と注意点

クロネコ ヤマト 追跡 サービス

クロネコヤマトの追跡サービスについて 今の時代はインターネットが盛んになりインターネットで買い物をする人も増えてきています。 クロネコヤマトの宅急便では、荷物を自宅に配達してもその人が自宅にいなかった場合にはポストに不在表をいれて、再配達をしないといけません。 仕事や外出で留守にしている場合、電話をし、問い合わせをすると、問い合わせ番号と時間や日にちを言ったらまた配達に来てくれます。 忙しい現代社会の世の中にはこのような再配達があってとてもありがたいです。 自分が送った荷物が相手に届いているか「追跡番号」を使えばネットで簡単に調査できます。 楽天市場やアマゾンなどネット通販で商品を購入し、追跡サービスを利用する場合などに役立ちますね。 毎回その商品を配送している宅配業車さんの追跡ページを探す必要が無くなるのでオススメします。 宅急便(宅配便)の追跡方法 クロネコヤマトの宅配便は、配達の途中でも今どこにあるのか追跡番号から調査するすることができます。 クロネコヤマトの 「荷物お問い合わせシステム」から行うことになります。 kuronekoyamato. 荷物を発送してもらった人から教えてもらった お問い合わせ番号をクロネコヤマトの荷物問い合わせシステムに入力するだけです。 お問い合わせシステムの利用方法 荷物お問い合わせシステムの「お問い合わせ伝票番号」1件目に、調べたい荷物の番号を入力。 お問い合わせ開始のボタンが出てくるのでボタンをクリックするだけです。 お問い合わせ開始ボタンをクリックすると発送や完了といった結果が表示されます。 宅急便で配達中の荷物の状態が表示されるのです。 追跡したい荷物がいくつかある場合には、2件目、3件目と追跡番号を入力すると複数でもできるのです。 最大で10件の荷物の同時追跡が可能、一度に複数のチェックができてとても便利です。 クロネコDM便の追跡方法 クロネコヤマトでは、宅配便の他に「クロネコDM便」がより利用されています。 クロネコDM便も荷物お問い合わせシステムで追跡が可能です。 追跡方法は、荷物の差出人から届いたメールで通知されている12桁の問い合わせ番号を入ロクします。 1件目の欄に入力してお問い合わせ番号をクリックするだけになります。 また、おみくじ追跡サービスというものがあって、クロネコDM便での追跡をページ一つで行うことができます。 ちなみに、DM便はかつても「クロネコメール便」を廃止して、その代わりにできたサービスで2015年の4月からスタートしています。 今ではその名前もよく知られるようになってきています。 クロネコヤマトその他のサービスの追跡方法 ヤマトの宅配便やDM便の他に、クロネコヤマトの荷物には 「クール宅急便」「ゴルフ宅急便」「スキー宅急便」「空港宅急便」などの種類があります。 いずれのサービスも、宅急便と同じ荷物問い合わせシステムで追跡調査ができます。 また、小さな荷物で 「 ネコポス」というサービスがあります。 「ネコポス」も追跡可能 ネコポスは通常個人の方は利用できなくて、個人事業主、法人限定の送り方ですがiPhoneや、スマートフォンなどでは誰でも利用することができます。 追跡方法はネコポスを含むヤマト運輸のサービスの問い合わせはクロネコヤマトの荷物問い合わせシステムから行います。 これも荷物の受け取り人が、差出人からメールで通知された12桁の場合を入力するだけです。 さらに、 ヤマトエクスプレス(航空便)でも追跡方法は同じですので必要な時は、クロネコヤマトの公式ページにアクセスして調査してください。 問い合わせできる期間・日数 クロネコヤマトの荷物の問合わせの可能期間は荷物の出荷日により90日間になります。 荷物の受け取り日時、場所の変更をする場合には変更内容の情報の更新は多少の時間がかかるようなのでなるべく早めにするようにしましょう。 また、コンビニにより、クロネコヤマトの宅急便を送ることができます。 送り状の伝票も、取り扱いのあるコンビニで入手可能。 送り状の置いてある場所はレジの裏かレジの横などにあります。 送りたい荷物を持っていけば、その場で発送の手続きをすることができます。 クロネコヤマトの営業所や、ヤマト運輸を取り扱うコンビニはこちら。 人気記事ランキング!• 5,602件のビュー• 1,056件のビュー• 605件のビュー• 391件のビュー• 332件のビュー 最近の投稿• 最近のコメント• に さ より• に 鎚球人 より アーカイブ• カテゴリー• サイト情報.

次の

クロネコヤマトの追跡システムで「宅急便いまどこ?」を一発検索!

クロネコ ヤマト 追跡 サービス

この記事の目次• クロネコヤマト DM便の追跡方法 DM便の追跡方法ですが、受取りする方はDM便の伝票番号をわからない方が多いと思います。 まずは発送主(送り主)にDM便の伝票番号を聞いて下さい。 通販サイトで購入しクロネコDM便で発送された場合は発送完了時にメールで追跡番号が送られてきます。 発送した地域から400キロ圏内であれば3日以降にポストに投函になります。 それ以上の地域は4日目以降の投函です。 DM便の追跡表示について 荷物のお問い合わせ(追跡)にDM便伝票番号を入れます。 発送後は「発送」と表示されますが、まだクロネコヤマトがDM便を荷受けしていない場合は「伝票番号未登録」や、「伝票番号誤り」と表示されます。 その場合は、何時間か時間を置いてから再度DM便伝票番号を記載してみて下さい。 ポストに投函後は「投函完了」の表示が記載されます。 DM便の追跡が発送のまま動かない どうすればいい? DM便は発送先から400キロ圏内であれば3日目に投函。 それ以上のキロ数だと4日目の投函になります。 それ以上届かない場合はクロネコヤマトサービスセンターに電話してDM便番号を伝えて荷物状況を調べてもらって下さい。 予定の投函日までに届かない場合の対処法 DM便が投函予定が過ぎても投函されない場合は、クロネコヤマトサービスセンターに電話して下さい。 オペレーターがDM便の状況等を確認して、投函がいつになるかなどを調べて折り返しの電話をくれます。 スポンサードリンク DM便は企業だけの理由 DM便は平成27年3月31日をもって個人での発送が廃止になりました。 その理由として「知識不足からくるDM便を利用した信書の送付」を防ぐためです。 信書を決められた方法以外(ヤマトのDM便も含む)で送るのは法律で禁止されております。 信書を送付する時は法律で認められている方法で送付しなければなりません。 信書をDM便で送られてしまうと、冊子や書類との区別が曖昧なため、認識のない方は誤って発送してしまうかもしれません。 それを防ぐためにクロネコヤマトでは個人でのDM便利用を廃止にしております。 DM便は一般企業、個人事業主、団体、法人のみで新たにDM便の契約をし、書類内容など契約時に決められた書類のみ発送することが決められました。 信書についてはこちらの記事で詳しく説明しております。

次の

クロネコヤマトの追跡システムで「宅急便いまどこ?」を一発検索!

クロネコ ヤマト 追跡 サービス

この記事の目次• クロネコヤマト DM便の追跡方法 DM便の追跡方法ですが、受取りする方はDM便の伝票番号をわからない方が多いと思います。 まずは発送主(送り主)にDM便の伝票番号を聞いて下さい。 通販サイトで購入しクロネコDM便で発送された場合は発送完了時にメールで追跡番号が送られてきます。 発送した地域から400キロ圏内であれば3日以降にポストに投函になります。 それ以上の地域は4日目以降の投函です。 DM便の追跡表示について 荷物のお問い合わせ(追跡)にDM便伝票番号を入れます。 発送後は「発送」と表示されますが、まだクロネコヤマトがDM便を荷受けしていない場合は「伝票番号未登録」や、「伝票番号誤り」と表示されます。 その場合は、何時間か時間を置いてから再度DM便伝票番号を記載してみて下さい。 ポストに投函後は「投函完了」の表示が記載されます。 DM便の追跡が発送のまま動かない どうすればいい? DM便は発送先から400キロ圏内であれば3日目に投函。 それ以上のキロ数だと4日目の投函になります。 それ以上届かない場合はクロネコヤマトサービスセンターに電話してDM便番号を伝えて荷物状況を調べてもらって下さい。 予定の投函日までに届かない場合の対処法 DM便が投函予定が過ぎても投函されない場合は、クロネコヤマトサービスセンターに電話して下さい。 オペレーターがDM便の状況等を確認して、投函がいつになるかなどを調べて折り返しの電話をくれます。 スポンサードリンク DM便は企業だけの理由 DM便は平成27年3月31日をもって個人での発送が廃止になりました。 その理由として「知識不足からくるDM便を利用した信書の送付」を防ぐためです。 信書を決められた方法以外(ヤマトのDM便も含む)で送るのは法律で禁止されております。 信書を送付する時は法律で認められている方法で送付しなければなりません。 信書をDM便で送られてしまうと、冊子や書類との区別が曖昧なため、認識のない方は誤って発送してしまうかもしれません。 それを防ぐためにクロネコヤマトでは個人でのDM便利用を廃止にしております。 DM便は一般企業、個人事業主、団体、法人のみで新たにDM便の契約をし、書類内容など契約時に決められた書類のみ発送することが決められました。 信書についてはこちらの記事で詳しく説明しております。

次の