高山 清司 出所。 山口組ナンバー2の高山清司若頭ついに出所

【山口組ナンバー2出所】山口組組長と面会へ 高山若頭、名古屋駅で下車

高山 清司 出所

多数派工作 あるいは読者は不思議に思うかもしれない。 仮にも組長である司忍自身が模索している改革案に対して、直参たちが反対を唱えることは許されるのか、と。 その通り、親子の盃のときには、「親が黒いものを白いと言っても、子分はそれに従う」といった口上がある。 それは事実だが、現代ヤクザ世界では、だいたいは親子の力関係で決まる。 誰が見ても黒いものを白いと言い張るのは難事である。 六代目山口組の場合、買われているのは高山若頭の力量であって、司組長の力量ではない。 出身母体である弘道会の中にも「司組長はどうでもいい。 わしが孝行を尽くさなければならない相手は高山若頭だ」と広言する幹部は少なくない。 「若いころ、高山若頭の世話になった」と思う者は、高山若頭に対してつねに忠節を尽くしたいと願う。 だから、司組長が山口組改革をしたいと思うなら、親子盃の重みだけを頼りにすることはできない。 いまだに高山若頭を信奉している者たちを孤立化させ、司派を多数化していく工作がどうしても必要である。 言うまでもなく、これは危険を伴う行為になる。 失敗すれば、司6代目体制は瓦解しかねない。 しかし考えてみれば、来年10月、高山若頭が府中刑務所を出所すれば、嫌も応もなく「司組長引退。 次の7代目組長は高山清司に」という機運が盛り上がってくるのは間違いないとみられる。 問題は司組長自身がこうした交代は正しく、適切なことなのかと疑っている点である。 司組長は76歳、健康オタクといっていいほど健康である。 対して高山若頭は71歳、脊椎が悪く、自立歩行が覚束ないほど健康に不安がある。 どちらの余命が長いかといえば、おそらく司組長の方だろうが、それでも高山若頭は7代目組長に就きたいと願っている。 そのために4000万円恐喝事件で最高裁に上告しながら、わざわざ上告を取り下げ、2014年12月に府中刑務所に下獄した。 身体で払うべき懲役はさっさっと済まし、出所後は晴れて7代目組長に座ると思った故の決断だったろう。 一度は高山若頭のこうした計画に司組長も賛意を示し、出所後、7代目へと禅譲することを快く承諾したはずである。 しかし、高山若頭の服役後、山口組は分裂してしまった。 遠因が高山若頭の恐怖政治にあったことは確かだが、高山の留守中に分裂が起き、自分の在位中に分裂を収拾できないのなら、自分は暗愚な組長として「山口組史」に大きく汚点を残すことになる。 なんとしても自分の手で分裂を収拾したい。 出所する高山若頭の手を煩わせたくない。

次の

再統合を目指す六代目山口組でくすぶり出した司派と高山派の暗闘(溝口 敦)

高山 清司 出所

過去の事をたくさん記事にしているこのサイトですが、未来の事も少し書いてみたいと思います。 未来の事で一番気になる事と言えば、やはり山口組の七代目組長に誰が就くのかという事ではないでしょうか。 司忍組長が君臨する六代目山口組の最後はどうなるのか興味深いところです。 亡くなるまで終身組長であり続けるのか、引退という形で七代目を指名するのか分りませんが、司組長も70歳を超えていますので、やはり生きているうちに指名しておく方が、一番すんなり行くのではないかと思います。 急死した場合、親分の遺志はどうあったのか、遺言状はあるのかなど跡目を巡って一波乱起こります。 高山清司七代目への可能性 順当な跡目として若頭の高山清司がいますが、2014年から現在も服役中で健康問題も抱えており、出所予定は2019年で出所時には70歳を越えます。 年齢的な取り決めはありませんが、現実的問題として出所後の襲名は難しいと考えます。 出所してすぐに代替りするとしても、77歳になっている司組長から72歳の高山清司への継承は、その後を考えると何年持つのでしょうか。 今、明日にでも司組長が引退をしたら、この場合は獄中襲名があるかもしれません。 五代目体制時に自ら若頭に就き、高山に弘道会を譲った時のように、何か前例のない事をやる可能性を感じます。 ただ高山自身が自分は司忍の若頭なんだという意識が強ければ、七代目への意欲は薄いでしょう。 高山が若頭としてやってきた事を見ると、親分のことを考えて自ら嫌われ役を買って出ているようにも見えます。 七代目体制では、別のポストに就くかもしれません。 山口組に総裁というポストが誕生するかもしれません。 高山に意欲なしと考えていますが、司組長の強い意向が働けば高山自身は断る事は出来ないでしょう。 それでも一つ言える事は、高山は引退はしないという事です。 死ぬまでヤクザを通すと思います。 その理由は、かなり恨みを買っている事を自分でも分っているはずです。 司組長服役中の大量処分や、他の直参への執行部の対応など、かなり反感を買っていると思います。 直参に限らず山口組全体を見ても、現執行部へ反感を持つ者は多いのが事実です。 たとえ逆恨みであったとしても、恨みを持つ本人にしてはそれが事実だと思います。 万が一高山が堅気になっても、行動に移す者はいないと思いますが、いないとは言い切れません。 自分は満期まで行った場合、高山七代目はないと思います。 それと高山引退もないと考えています。 それよりも無事満期まで務める事が出来るのか、どうかが気になります。 山本健一や桑田兼吉のように刑務所で病状を悪化させるケースは非常に多いのです。 高山若頭の年齢を考えると持病を持っての服役は、非常に危険だと思うのです。 誰に可能性があるのか 統括委員長で極心連合会々長の橋本弘文が、高山若頭不在の執行部を仕切っているようです。 このことから高山に次いで、山口組のナンバー3などと言われているようです。 高山若頭と同年齢ですが、橋本統括委員長は見た目にも健康そうで年齢よりも若く見えます。 この人物も七代目候補と見られていますが、自分は無いと考えています。 理由は新たに作られた統括委員長に就いたからです。 その前から筆頭若頭補佐と言われ、やはりナンバー3でしたが高山の収監に合わせて作られた統括委員長に就いた事で、目が無くなった感じがしてしまうのです。 普通に考えて高山の権限や役割を代行するなら、若頭代行がしっくり来るのですが、あえて若頭代行という役付けにしなかった所に引っかかってしまいます。 外された感があります。 つまり司、高山ラインの先に別人が居る気がしてしまうのです。 もちろん橋本弘文の可能性はゼロではないと思います。 ただ橋本の場合、向こうから座布団が回って来る事は無いと思うのです。 これに引き換え座布団が回って来そうなのが、三代目弘道会々長の竹内照明です。 司、高山ラインの先が竹内です。 実質弘道会は強引とも言える手段で、高山と竹内の二人の直参を誕生させました。 過去の概念では、直系組織の代替りは引退か死去しかありませんが、弘道会だけは高山が本家の若頭に就いたまま組織を代替りさせています。 この裏技的分身の術で、竹内を前倒しで直参に引き上げています。 それに引き換え極心連合会は、内部昇格の形で極粋会を直参に上げ、極心連合会本体は数を減らしました。 橋本弘文が七代目を取るためには、かなり強い意志で臨まなければならないのに対して、分があるのが竹内という事になるんですが、本家でもすでに幹部に昇格させていて、ここまで持ってくるのに十分強引な印象もあります。 人物の比較で言えば、やはり橋本の方が格は上になります。 それでも跡目を決める権限は誰にあるのかを考えると、座布団に近いのは竹内でしょう。 つまり七代目に「就けたい人物」が三代目弘道会々長の竹内照明ではないかと思うのです。 それと万が一いったん高山に七代目が回ると、八代目は確実に竹内になると思います。 代を取るという事を考えると、いったん高山に取ってもらいたいと言うところでしょう。 もう一人ダークホースになるのが、四代目山健組々長・井上邦雄です。 勝手な見解を言わせてもらうと、選挙で投票すればこの人物に決まるのではないかと思うのです。 司組長も井上の功績を十分に認めていると思いますし、ジギリを評価しても七代目への資格ありと思います。 弘道会と比較して六代目体制で山健組は弱体化したように言われますが、井上邦雄に対する人物評価は高いです。 ただ三代目山健組時代の関係性から、橋本弘文が七代目に意欲を見せれば、井上は引くのではないかと思われます。 舎弟頭の二代目宅見組々長・入江禎は、司組長より僅か2歳下という事もあり、現実的に考えても上に挙げた人物らより更に可能性は低いと思います。 おそらく最高顧問などに就くはずです。 それから七代目へと代替わりする時には、引退する直系組長がかなり出ると思います。 現時点でも引退したくてもさせてもらえない直参がかなりいると聞きます。 執行部が引退を認めないという噂です。 六代目体制が終わると言う事は、盃も水になりますから本来は自由意志で決められるはずです。 代替りの時ですら進退を自分の意志で決めさせてもらえないようでは、どうかと思いますね。 山口組内の主権争いの果てに七代目襲名があるのか、相応しい人物としての七代目襲名があるのか。 いずれにしても山口組本家の代替りというのは、日本のアウトロー社会に大きな影響を与え、その情勢が大きく動く時でもあります。 補佐の中では末席ではありますが、これで六代目山口組を弘道会で固め切ったという印象があります。 もちろんこれらは六代目体制に限らず七代目八代目の山口組を見据えた体制であり、山口組の組織固めというよりも山口組における弘道会の覇権固めという感じがします。

次の

七代目は誰が継ぐのか

高山 清司 出所

来歴 [ ] 愛知県のに出生。 20歳で弘道会の前身である弘田組傘下の佐々木組の組員となる。 弘田組時代のにと出会い、それからというもの常に司とともにあった。 やがてにおける司を首領に据えたの発足と同時に、の以来空席となっていたの役に就任。 に至り「子分中の子分」と言われるを弘道会の三代目会長に就任させると同時に、弘道会のに就任。 私生活 [ ] 六代目山口組の発足に伴い若頭の役に就いて以降は、内の私邸に居住し、平日は午前から夕方頃まで山口組の総本部へ詰め、週末だけ名古屋に帰省するという生活様式となっている。 なお、現在はにも自宅がある。 ウィキクォートにがあります。 背中が曲がるの持病を抱えており、歩行も困難であると報じられている。 2012年11月にに出廷した際には、首にを装着して杖をつく状態であった。 また、2019年10月18日に出所し、東海道新幹線に乗り込むためにに現れた際にも首にコルセットを装着する姿が目撃されている 逮捕(2010年) [ ] 2010年11月18日 、に従事するの男性に対して行為を行ったとする容疑をもって逮捕された。 司忍が服役していた最中の逮捕、山口組の「事実上の指導者」の歴史的逮捕であった。 逮捕後の経過 [ ] 逮捕後は京都拘置所に勾留されていたものの、病気を理由に2012年の1月20日から同年2月20日まで勾留停止となる。 同年6月には京都地裁の決定に基づき保釈となった。 は15億円。 異例の高額であった。 2013年3月にでで有罪となり懲役6年の判決が言い渡された。 服役 [ ] 2014年6月に実刑が確定し、同年12月に収監された。 2019年10月18日に出所。 金融制裁指定 [ ] に、のナンバー2にあたる人物として、のの号令による金融制裁(・13581号 )の対象人物となった。 この金融制裁措置は同時に、山口組のトップにあたるをはじめ、「」()、「」(イタリア)、ならびに「」(メキシコ)、以上3種の国際的な犯罪組織の関係者らを対象としたものであった。 先代: 会長 二代目: 2005年 - 2013年 次代: 出典 [ ] []• 『』 p. 2 (英語)• 『』 2012年11月12日• 『』 2010年12月17日• 『』 2010年11月18日 (英語)• 『』 2011年1月23日 (英語)• 230 2008年• NEWSポストセブン2019. 13 2019. 13access• 『』 2010年07月1日• 『』 2008年9月10日 中央ジャーナル• 『』 2014年6月20日• 176-179 2009年• 『』、2018年8月7日、• 現代ビジネス 2015年9月26日. 2019年10月18日閲覧。 zakzak. 2019年10月18日閲覧。 『』 2010年11月18日 (オランダ語)• 『』 2010年11月18日 (英語)• 『』 2010年12月1日 (英語)• 『』 2012年1月20日• 『』 2012年6月12日• 『』 2019年10月18日、• アメリカ合衆国財務省• 『』 2012年2月24日 (英語)• 『』 2012年2月23日 (英語).

次の