バックアップ と 同期 と は。 iPhoneの機種変更で失敗しない! バックアップ・復元・初期設定マニュアル|TIME&SPACE by KDDI

Googleドライブの「バックアップと同期」とは?使い方や設定方法を解説!

バックアップ と 同期 と は

セットアップ Googleアカウントでログイン Googleアカウントのメールアドレスを入力して「次へ」をクリック。 パスワードを入力して「ログイン」をクリック。 バックアップするフォルダの選択 「OK」をクリック。 「マイパソコン」では「Googleドライブ」フォルダ以外に、 Googleドライブにアップロード・同期するフォルダ ドキュメント・パソコン・画像 を追加できます。 後から変更できますので、特になければチェックをはずします。 「フォルダの選択」からは任意にフォルダを指定することも出来ます。 こちらも後から設定できます。 「OK」をクリックします。 Googleドライブフォルダ マイドライブ の設定 「OK」をクリック。 同期される「Googleドライブフォルダ」は、標準でCドライブのUserフォルダ内に作成されます。 場所を変更したい場合は「変更」をクリックします。 セットアップ後は変更できないので注意してください。 「Googleドライブフォルダ」内の一部のフォルダをアップロード・同期したい場合は「これらのフォルダのみを同期」を選択してください。 「開始」をクリックするとセットアップ完了です。 「Googleドライブ」フォルダが開きます Googleドライブの容量 Googleドライブに保存できる容量は15Gですが、GメールとGoogleフォトの共有になるため、Googleドライブのみ15Gというわけではありません。 写真や動画をGoogleドライブに保存すると容量を消費しますが、「Googleフォト」では無制限で保存できます。 写真や動画を保存する場合は「Googleフォト」を利用するといいでしょう。 「Googleフォト」の利用方法はこちらの記事を参考にしてください。 ほかにも「Googleドキュメント」や「スプレッドシート」などGoogleのオフィスファイルの保存はGoogleドライブの容量を消費しません。 「バックアップと同期」の使い方 デスクトップに「Googleドライブ」フォルダが出来ています。 「Googleドライブ」フォルダにデータを保存するだけで、自動でクラウド上のGoogleドライブにアップロード・同期してくれます。 画面下のタスクバーに雲マークの「Googleドライブ」のアイコンが表示されています。 左から「Googleドライブ」フォルダ、「Googleドライブ」、「Googleフォト」、「設定」になります。 各アイコンをクリックすると、クラウド上のデータに表示することが出来ます。 アップロード・同期するフォルダの追加・変更 Googleドライブにアップロード・同期するフォルダを追加・変更したい場合は、「3点マーク」アイコンから「設定」から変更できます。 まとめ Googleの 「バックアップと同期」は、クラウド上のGoogleドライブを意識することなく楽にデータを保存できます。 Googleドライブをよく利用する方には便利なツールになります。

次の

Hybrid Backup Sync を使用し、QNAP NAS のファイルをバックアップ / 復元 / 同期する

バックアップ と 同期 と は

Hybrid Backup Sync にはバックアップ、復元、同期の機能が統合されており、QNAP NAS のファイルをローカルストレージ、リモートストレージ、クラウドストレージに簡単にバックアップしたり、同期したりできます。 データバックアップや障害復旧を包括的に計画できます。 Hybrid Backup Sync を利用するには、QTS 4. 0 以降 をインストールする必要があります。 Hybrid Backup Sync をインストールする• Hybrid Backup Sync の使用を開始する• ローカルバックアップジョブを作成する• リモートバックアップジョブを作成する• クラウドバックアップジョブを作成する• 復元ジョブを作成します。 宛先から復元ジョブを作成する• ローカル NAS とファイルを同期する同期ジョブを作成する• 1 ローカルフォルダーとリモートフォルダーの間の一方向同期• 2 ローカルフォルダーとリモートフォルダーの間の双方向同期• クラウドとファイルを同期する同期ジョブを作成する• 1 ローカルフォルダーからクラウドにファイルを一方向同期する• 2 ローカルフォルダーとクラウドの間の双方向同期 Hybrid Backup Sync の使用方法• Hybrid Backup Sync をインストールする Hybrid Backup Sync を QNAP NAS にインストールするには、最初に管理者として NAS にログインし、インターネットに接続されていることを確認します。 Hybrid Backup Sync の使用を開始する インストールが完了したら、メインメニューまたはデスクトップのショートカットアイコンをクリックし、Hybrid Backup Sync を使用を開始します。 ストレージ領域を作成する ストレージ領域を前もって用意すると、ストレージ領域の管理が楽になり、バックアップジョブの作成時に時間が節約されます。 ストレージ領域を作成するには、メインページの [Storage Space ストレージ領域 ] に進み、作成ボタンをクリックしてウィンドウを開きます。 ウィンドウにはストレージ領域のさまざまなオプションが表示されます。 ストレージ領域を作成する場所を選択します。 ローカルストレージ領域の場合、フォルダーを選択して [OK] をクリックするだけでストレージ領域を設定できます。 リモートストレージ領域とクラウドストレージ領域の場合、ストレージ領域を設定する前にリモートプロファイルを作成する必要があります。 [New Profile 新しいプロファイル ] を選択し、[Settings 設定 ] をクリックし、リモートプロファイルを作成します。 接続できたら、[OK] をクリックしてそのリモートプロファイルを作成します。 リモートプロファイルを作成したら、それとフォルダーを選択し、[Apply 適用 ] をクリックしてリモートストレージ領域を設定します。 リモートアカウントを作成した後、別のフォルダーをストレージ領域として選択する場合、ドロップダウンリストでリモートアカウントを 1 つ選択し、フォルダーを選択し、リモートストレージ領域を設定することもできます。 注記: クラウドストレージ領域を作成するとき、フォルダーを選択する必要はありません。 バックアップジョブを作成するとき、バックアップ先として既存のフォルダーを選択するか、フォルダー名を付けてフォルダーを作成します。 QNAP NAS でファイルのバックアップジョブを作成する QNAP NAS でファイルをバックアップするには、[Backup バックアップ ] を選択し、ローカルバックアップ、リモートバックアップ、クラウドバックアップのいずれかを選択し、バックアップジョブの作成を開始します。 ローカルバックアップジョブを作成する NAS のファイルをローカルフォルダーまたは外付けデバイスにバックアップするには、[Local Backup ローカルバックアップ ] を選択します。 バックアップ元とバックアップ先を選択し、[Apply 適用 ] をクリックします。 バックアップジョブのストレージ領域を作成すると、それが [Backup Destination バックアップ先 ] ドロップダウンリストに表示されるはずです。 それをバックアップ先として選択できます。 ストレージ領域を作成していない場合、このページで作成できます。 [Select Local Storage ローカルストレージの選択 ] をクリックし、[Add Local Storage Space ローカルストレージ領域の追加 ] を選択し、[Create Local Storage Space ローカルストレージ領域の作成 ] ウィザードを開きます。 ストレージ領域にするフォルダーを選択し、[OK] をクリックします。 このページでは、ジョブを作成後に実行できます。 その場合、[Backup Now 今すぐバックアップする ] を選択し、そのマルチバージョンバックアップを有効にするオプションを選択します。 リモートバックアップジョブを作成する NAS のファイルをリモート NAS にバックアップするには、[Remote Backup リモートバックアップ ] を選択します。 バックアップ元とバックアップ先を選択し、[Apply 適用 ] をクリックします。 バックアップジョブのストレージ領域を作成すると、それが バックアップ先ドロップダウンリストに表示されるはずです。 それをバックアップ先として選択できます。 ストレージ領域を作成していない場合、このページで作成できます。 [Select Remote Storage リモートストレージの選択 ] をクリックし、[Add Remote Storage Space リモートストレージ領域の追加 ] を選択し、[Create Remote Storage Space リモートストレージ領域の作成 ] ウィザードを開きます。 詳しくは、「Create a storage space ストレージ領域を作成する 」をご覧ください。 このページでは、ジョブを作成後に実行できます。 その場合、[Backup Now 今すぐバックアップする ] を選択し、そのマルチバージョンバックアップを有効にするオプションを選択します。 注記: リモート NAS に Hybrid Backup Sync をインストールし、マルチバージョンバックアップを有効にする必要があります。 クラウドバックアップジョブを作成する NAS のファイルをクラウドストレージにバックアップするには、[Cloud Backup クラウドバックアップ ] を選択します。 バックアップ元を選択します。 バックアップ先には、クラウドストレージを選択し、フォルダー名を付けるか、既存のフォルダーを選択してください。 それから [Apply 適用 ] をクリックします。 バックアップジョブのストレージ領域を作成すると、それがバックアップ先ドロップダウンリストに表示されるはずです。 それをバックアップ先として選択できます。 ストレージ領域を作成していない場合、このページでも作成できます。 [Select Cloud Storage クラウドストレージの選択 ] をクリックし、[Add Cloud Storage Space クラウドストレージ領域の追加 ] を選択し、ウィンドウを開きます。 ウィンドウにはクラウドサービスオプションが表示されます。 詳しくは、「Create a storage space ストレージ領域を作成する 」をご覧ください。 ファイルを QNAP NAS に復元する復元ジョブを作成する QNAP NAS にファイルを復元するには、[Restore 復元 ] を選択し、ローカル NAS、リモート NAS、クラウドのいずれかからの復元を選択します。 復元ジョブを作成します。 ファイルをローカル NAS に復元するには、バックアップジョブの場所 ローカル NAS、リモート NAS、クラウド を選択し、[Backup Jobs バックアップジョブ ] を選択し、復元ジョブを作成するバックアップジョブを選択します。 [Next 次へ ] をクリックし、復元ジョブの作成を開始します。 最初に復旧元を選択します。 マルチバージョンバックアップが有効になっている場合、復元するバージョンを選択できます。 次に、[Restore to original folders 元のフォルダーに復元する ] を選択するか、ファイルを別の復旧先に復元します。 [Apply 適用 ] をクリックします。 サブフォルダーを追加し、復旧先として選択することもできます。 フォルダー名を入力し、追加ボタンをクリックしてサブフォルダーを追加します。 既定の設定の [Restore Now 今すぐ復元する ] が選択されていることに注意してください。 復元ジョブをすぐに実行しないのであれば、この選択を外してください。 競合ポリシーとして、「Rename 名前変更 」、「Overwrite 上書き 」、「Skip スキップ 」のいずれかを競合時の処理として選択します。 宛先から復元ジョブを作成する ファイルをバックアップ先からローカル NAS に復元するには、ファイルの場所 ローカル NAS、リモート NAS、クラウド を選択し、[Destination バックアップ先 ] を選択し、復元ジョブを作成します。 ローカル NAS からファイルを復元する場合、最初に [Local NAS ローカル NAS ] を選択し、[Next 次へ ] をクリックします。 復旧元を選択し、復元するフォルダーを選択し、[Restore to original folders 元のフォルダーに復元する ] を選択するか、他のフォルダーにファイルを復元します。 [Apply 適用 ] をクリックします。 サブフォルダーを追加し、復旧先として選択することもできます。 フォルダー名を入力し、追加ボタンをクリックしてサブフォルダーを追加します。 既定の設定の [Restore Now 今すぐ復元する ] が選択されていることに注意してください。 復元ジョブをすぐに実行しないのであれば、この選択を外してください。 リモート NAS からファイルを復元する場合、最初にリモートサーバーを選択し、[Next 次へ ] をクリックし、ジョブを作成する必要があります。 このページで復元ジョブのリモートプロファイルを作成できます。 ドロップダウンリストから [New Profile 新しいプロファイル ] を選択します。 残りの設定はリモートプロファイル作成時と同じです。 クラウドからファイルを復元する場合、最初にクラウドストレージ領域を選択し、[Next 次へ ] をクリックし、ジョブの作成を開始します。 このページでは、復元ジョブのクラウドストレージ領域を作成することもできます。 [Add Cloud Storage Space クラウドストレージ領域の追加 ] を選択し、クラウドストレージ領域を作成します。 残りの設定については、「ストレージ領域を作成する」をご覧ください。 クラウドからファイルを復元するための復旧元の設定は、ローカル NAS やリモートサーバーからファイルを復元する場合の設定と少しだけ異なります。 フォルダーがクラウドストレージ領域にある場合、復元するフォルダーを選択し、復元されるコンテンツを選択します メタデータとデータかメタデータのみ。 フォルダーがクラウドストレージ領域にない場合、復元されるコンテンツのみを選択します。 次に、[Restore to original folders 元のフォルダーに復元する ] を選択するか、ファイルを別の復旧先に復元することを選択し、[Apply 適用 ] をクリックします。 QNAP NAS でファイルの同期ジョブを作成する QNAP NAS からファイルを同期するには、[Sync 同期 ] を選択し、ローカル NAS、リモートサーバー、クラウドのいずれかとファイルを同期します。 ローカル NAS とファイルを同期する同期ジョブを作成する ローカルフォルダーから別のローカルフォルダーまたは外付けデバイスにファイルを同期するには、[Sync with local NAS ローカル NAS と同期する ] を選択します。 同期元と同期先のフォルダーを選択します。 [Add 追加 ] をクリックし、フォルダーペアを追加します。 同期ジョブにフォルダーのペアを追加したら、[Apply 適用 ] をクリックして同期ジョブを作成します。 同期ジョブに追加しない場合、フォルダーペアを削除することもできます。 その場合、削除ボタンをクリックしてください。 サブフォルダーを追加し、同期先または同期元のフォルダーとして選択することもできます。 その場合、フォルダー名を入力し、追加ボタンをクリックします。 ローカルフォルダーとリモートフォルダーの間の一方向同期 [One-way Sync 一方向同期 ] を選択し、[Sync with remote server リモートサーバーと同期する ] をクリックします。 [One-way Sync 一方向同期 ] を選択し、[Sync with remote server リモートサーバーと同期する ] をクリックします。 ローカルからリモートに同期する場合、ネットワークプロトコルの 1 つを選択し、[Next 次へ ] をクリックします。 リモートからローカルに同期する場合、ネットワークプロトコルの 1 つを選択し、[Next 次へ ] をクリックします。 同期先としてリモートプロファイルを選択します。 リモートプロファイルを作成している場合、それはリモートサーバードロップダウンリストに表示されるはずです。 それを同期先として選択できます。 リモートプロファイルを作成していない場合、このページで作成できます。 リモートサーバードロップダウンリストをクリックして [New Profile 新しいプロファイル ] を選択し、[Add remote connection リモート接続の追加 ] ウィザードを開きます。 接続できたら、[OK] をクリックしてそのリモートプロファイルを作成します。 残りの設定はローカル同期ジョブの作成と同じです。 ローカルフォルダーとリモートフォルダーの間の双方向同期 [Two-way Sync 双方向同期 ] を選択し、[Sync with remote server リモートサーバーと同期する ] をクリックします。 残りの設定は一方向リモート同期ジョブの作成と同じです。 注記: 双方向同期の場合、両方のホストで GMT 時間形式をサポートし、時間設定を同じにする必要があります。 この設定は NTP サーバー設定で構成できます。 クラウドとファイルを同期する同期ジョブを作成する ローカルフォルダーからクラウドにファイルを同期するとき、一方向または双方向を選択できます。 ローカルフォルダーからクラウドにファイルを一方向同期する [One-way Sync 一方向同期 ] を選択し、[Sync with the cloud クラウドと同期する ] をクリックします。 ローカルフォルダーからリモートフォルダーにファイルを同期するか、リモートフォルダーからローカルフォルダーにファイルを同期できます。 非同期方向を選択し、クラウド同期ジョブを作成します。 同期先としてクラウドプロファイルを選択します。 クラウドプロファイルを作成している場合、それはアカウントリストに表示されるはずです。 それを同期先として選択できます。 クラウドプロファイルを作成していない場合、このページでも作成できます。 クラウドサービスの 1 つを選択し、クラウドアカウントを認証します。 クラウドプロファイルを選択したら、[Next 次へ ] をクリックしてクラウド同期ジョブの作成を開始します。 残りの設定はローカル同期ジョブの作成と同じです。 ローカルフォルダーとクラウドの間の双方向同期 [Two-way Sync 双方向同期 ] を選択し、[Sync with the cloud クラウドと同期する ] をクリックします。 残りの設定は一方向クラウド同期ジョブの作成と同じです。

次の

【パソコン】おすすめの外付けHDD(ハードディスク)で同期してバックアップ

バックアップ と 同期 と は

Googleは2017年7月12日 現地時間 に、新たなバックアップツールである「 バックアップと同期 Backup and Sync 」をWindowsとMac向けにリリースした。 Googleのバックアップツールと言えばGoogleドライブというイメージだが、 「バックアップと同期」ツールは、GoogleドライブとGoogleフォトを統合したものであると考えるとイメージしやすい。 実際にインストールして使ってみると、Googleドライブの機能であるローカルフォルダーやファイルの同期、そしてGoogleフォトの機能である写真や動画のアップロード、Googleフォト特有の縮小してアップロードも使用が可能となっている。 さらに、これまでのGoogleドライブではGoogleドライブフォルダーが作成され、そのフォルダーが同期される仕組みになっていたが、バックアップと同期では、それに加えてローカルのフォルダーを自由に選択してGoogleドライブにアップロードしバックアップ・同期してくれるのだ。 Googleドライブを今まで使っていたユーザーもそうでないユーザーも簡単な点順で導入できる。 ここでは、新しくリリースされた「バックアップと同期 Backup and Sync 」のダウンロード・インストール方法と使い方を簡単に説明する。 初めてバックアップと同期をインストールした場合は、アラートメッセージ内から「 設定を開く」をクリックして設定を開くことができる。 初めてではない場合もしくはアラートメッセージが表示されていない場合は、タスクバー Macはメニューバー 上に表示されている バックアップと同期アイコンを右クリックし、「 ︙」アイコンから設定を開くことができる。 これまでのGoogleドライブでは、PC上に作成されたGoogleドライブフォルダー内を同期してバックアップしていたが、「バックアップと同期」では、作成されたGoogleドライブフォルダー以外のフォルダーも指定して同期することができる。 そのフォルダーを指定するのがこのマイパソコンでの設定となる。 左側のパネルのマイパソコンタブが選択されていることを確認し、右側パネルのマイパソコンで Googleドライブに同期・バックアップしたいフォルダーを選択する。 左側のパネルのマイパソコンタブの「接続済みのフォルダ」が0になっている場合は、Googleドライブフォルダー以外は同期またはバックアップされていないという意味である。 Googleドライブタブでは、PC上に作成されているGoogleドライブフォルダーをまるごと同期するか、もしくは、Googleドライブフォルダーの中の一部を選択して同期するかの設定を行える。 Googleドライブフォルダーのすべてを同期したくない場合は「マイドライブをこのパソコンに同期」のチェックボックスを外す。 Googleドライブフォルダーのすべてを同期したい場合は「マイドライブをこのパソコンに同期」のチェックボックスにチェックを入れ、下の「マイドライブ内のすべてを同期」にチェックを入れる。 Googleドライブフォルダーの一部だけを同期したくない場合は「マイドライブをこのパソコンに同期」のチェックボックスにチェックを入れ、下の「これらのフォルダのみ同期」にチェックを入れ、同期するフォルダーにチェックを入れて選択する。

次の