コーンスターチ 小麦粉。 とうもろこし粉とコーンスターチの違いとは?カロリーや作り方もご紹介!

天ぷらの衣をサクサクするコツ・レシピ

コーンスターチ 小麦粉

コーンスターチは片栗粉で代用できる? お菓子作りで「コーンスターチ」と書かれているレシピをたまに目にしますよね。 でも、コーンスターチを常備しているお宅というのはあまりないのでは? では、同じような見た目の「片栗粉」で代用することはできるのかな? そんな疑問を検証してみたいと思います。 コーンスターチと片栗粉 コーンスターチも片栗粉も同じ「でんぷん」。 見た目や触り心地は似ていますが、原料や用途が異なります。 コーンスターチ とうもろこしを原料とするでんぷん。 コーンスターチは小麦粉のようにグルテンを形成しないため、パンケーキやクッキーなどの小麦粉の一部をコーンスターチに置き換えると、サクッと軽い食感になります。 また、とろみをつける効果があるため、カスタードクリームを作るときに使用されます。 片栗粉 じゃがいもを原料とするでんぷん。 バレイショでんぷんとも呼ばれています。 昔は「カタクリ」というユリ科の植物の根茎が原料でしたが、原料不足のため現在ではじゃがいもで作られてます。 片栗粉は加熱した際、コーンスターチよりとろみがつきやすく、透明になるので料理に使われやすいです。 唐揚げなど揚げ物の衣に使われることもあります。 カスタードクリームで検証 実際にカスタードクリームを作る時に、片栗粉を使用するとどうなるのでしょうか? 今回は比較のために薄力粉のカスタードも作り、コーンスターチのカスタード、片栗粉のカスタードと3種類を比べてみました。 卵黄…1個 20g• グラニュー糖…25g• 薄力粉またはコーンスターチまたは片栗粉…10g• 牛乳…100ml *比較のため、薄力粉とコーンスターチと片栗粉は同じ分量にしました。 *カスタードクリームはしっかり冷やした後、なめらかに混ぜ合わせたものを比較しました。 薄力粉のカスタード• 見た目:とろっとしていてなめらか。 味・食感:まったりとしていている。 少し濃厚な味わい。 コクがある。 コーンスターチのカスタード• 見た目:形を保ちやすい。 味・食感:粘度はあるけれども歯切れがよい。 薄力粉のカスタードよりあっさり。 片栗粉のカスタード• 見た目:ぼてっとした感じ。 味・食感:弾力がありモチモチとしている。 粘りがあって、クリームのようにやわらかくない。 結論 粘りの順番は、小麦粉<コーンスターチ<片栗粉。 カスタードクリームを作る場合、コーンスターチの代わりに片栗粉での代用はできません。 作れることには作れますが、弾力が出すぎてカスタードクリームのなめらかな食感にはなりません。 コーンスターチがなければ、薄力粉でカスタードを作る方がいいと思います。 カスタードクリームには薄力粉で作るレシピとコーンスターチで作るレシピがあり、コクがありなめらかなカスタードがいいなら薄力粉、あっさりとした味で形を保ちたいのならばコーンスターチと、味の好みや作るお菓子によって違うようです。 今回、比較のために薄力粉とコーンスターチを同量にしたので、少しかためのカスタードができましたが、コーンスターチの割合を減らすと、もう少しやわらかいカスタードができます。 また、薄力粉とコーンスターチを合わせて作るレシピもあります。 パンケーキで検証 では、パンケーキにコーンスターチを入れるレシピを片栗粉で作ってみたらどうでしょう。 今回は、薄力粉とコーンスターチ または片栗粉 の割合を10:1で作ってみました。 見た目はあまり変わりません。 食べ比べてみたところ、味や食感もほとんど変わりませんでした。 どちらも薄力粉だけで作るよりも、ふわっと軽い食感になります。 結論 コーンスターチや片栗粉の分量を増やしてしまうと差が出てきてしまうと思いますが、少量加える分にはあまり変わらないようです。 コーンスターチも片栗粉もグルテンが含まれていないので、少量加えることで生地の粘りを押さえて、ふんわりとした食感がでるのです。 まとめ コーンスターチと片栗粉。 似ていますが性質が異なります。 カスタードクリームはコーンスターチを片栗粉で代用することはできませんが、パンケーキのような焼き菓子で少量加える分には代用できるようです。 お菓子作りをしていて「コーンスターチ」とレシピにあるとき、薄力粉で代用した方がいい場合と片栗粉でも代用できる場合があるので気をつけてくださいね。

次の

【コーンスターチの代用品 5選】米粉・片栗粉・小麦粉など代わりになるものを紹介!

コーンスターチ 小麦粉

コーンスターチとは?特徴や用途について コーンスターチはその名の通り、 とうもろこしの種実を原料としたでんぷん粉です。 粒子が非常に細かく、ケーキのスポンジに入れればフワフワに。 そして、クッキー生地に入れればさっくりと、カスタードクリームに入れればダマになりにくくなめらかな食感に出来上がります。 また、お菓子作りで使われるイメージの強いコーンスターチですが、普段のお料理でも使えます。 冒頭でお話ししたように、コーンスターチはでんぷんですから、片栗粉と同様にソースやスープなどの トロミをつけることができます。 コーンスターチは粒子が細かく、片栗粉よりも粘り気は弱いので、 さらっとなめらかな食感になります。 コーンスターチの代用品はこの3つがおすすめ! 上記でチーズケーキにコーンスターチが使われるワケを説明しました。 片栗粉は料理でよく使われるので、とても身近な代用品ですよね。 コーンスターチはないけど、片栗粉なら家にある!という方も多いのではないでしょうか。 コーンスターチも片栗粉も原料は違えども、同じでんぷん粉ですから、代用品として使用できます。 久しぶりにチーズケーキ焼いた!…って、多分これはチーズスフレ。 シュワっとしててなかなかいい出来かな?だけど、レシピにはコーンスターチ、ってあったのをワザワザ買うのもなぁ、、って片栗粉で代用したのは内緒。 まぁ、ほとんど私が食べるけどw — 小波 低浮上 wavelet573 片栗粉はコーンスターチより強い粘り気があり、チーズケーキの生地に使用すると、もちっとした食感になります。 注意したいのは大量に使うと粉っぽさが出たり、じゃがいも特有の香りが気になる点。 コーンスターチを少量使うレシピであれば、問題なく使用できますが、片栗粉はコーンスターチの 2倍程の粘り気があります。 レシピを確認して、心配なようなら 小麦粉とブレンドして使いましょう。 でんぷん質を多く含みますが、片栗粉と比べれば粘り気は少なく、多くのお菓子のレシピでコーンスターチの代用として使われます。 もちろんチーズケーキのコーンスターチの代用品としても使用できます。 コーンスターチを使用したときよりも、仕上がりはずっしり重たい感じになります。 ベイクドチーズケーキなどの どっしりした仕上がりが好みの方は小麦粉をオススメします。 コーンスターチの代用として使用できないもの コーンスターチの代用品をご紹介しましたが、 注意しておきたい代用品として使えないものもご紹介します。 生地をふわっと軽くさせるという点ではコーンスターチと同じですが、ベーキングパウダーにはコーンスターチのような粘り気は出ないため代用できません。 穀粉には粘り気がないため、コーンスターチの代用はできません。 結果として生地をふんわり軽い食感にしてくれる。 以上、コーンスターチの代用品をご紹介しました。 代用品を使う場合には、 利点と欠点をよく理解しておく必要があります。 しかしちょっとしたコツを知ってしまえば、コーンスターチをわざわざ買わなくても、おいしいチーズケーキが作れます。 どの代用品を使うかによって仕上がりや食感、味に個性が出るので、ぜひお気に入りの代用品を見つけてみてくださいね。

次の

片栗粉だけじゃない!小麦粉の代用ができる粉類アレンジまとめ

コーンスターチ 小麦粉

コーンスターチは片栗粉で代用できる? お菓子作りで「コーンスターチ」と書かれているレシピをたまに目にしますよね。 でも、コーンスターチを常備しているお宅というのはあまりないのでは? では、同じような見た目の「片栗粉」で代用することはできるのかな? そんな疑問を検証してみたいと思います。 コーンスターチと片栗粉 コーンスターチも片栗粉も同じ「でんぷん」。 見た目や触り心地は似ていますが、原料や用途が異なります。 コーンスターチ とうもろこしを原料とするでんぷん。 コーンスターチは小麦粉のようにグルテンを形成しないため、パンケーキやクッキーなどの小麦粉の一部をコーンスターチに置き換えると、サクッと軽い食感になります。 また、とろみをつける効果があるため、カスタードクリームを作るときに使用されます。 片栗粉 じゃがいもを原料とするでんぷん。 バレイショでんぷんとも呼ばれています。 昔は「カタクリ」というユリ科の植物の根茎が原料でしたが、原料不足のため現在ではじゃがいもで作られてます。 片栗粉は加熱した際、コーンスターチよりとろみがつきやすく、透明になるので料理に使われやすいです。 唐揚げなど揚げ物の衣に使われることもあります。 カスタードクリームで検証 実際にカスタードクリームを作る時に、片栗粉を使用するとどうなるのでしょうか? 今回は比較のために薄力粉のカスタードも作り、コーンスターチのカスタード、片栗粉のカスタードと3種類を比べてみました。 卵黄…1個 20g• グラニュー糖…25g• 薄力粉またはコーンスターチまたは片栗粉…10g• 牛乳…100ml *比較のため、薄力粉とコーンスターチと片栗粉は同じ分量にしました。 *カスタードクリームはしっかり冷やした後、なめらかに混ぜ合わせたものを比較しました。 薄力粉のカスタード• 見た目:とろっとしていてなめらか。 味・食感:まったりとしていている。 少し濃厚な味わい。 コクがある。 コーンスターチのカスタード• 見た目:形を保ちやすい。 味・食感:粘度はあるけれども歯切れがよい。 薄力粉のカスタードよりあっさり。 片栗粉のカスタード• 見た目:ぼてっとした感じ。 味・食感:弾力がありモチモチとしている。 粘りがあって、クリームのようにやわらかくない。 結論 粘りの順番は、小麦粉<コーンスターチ<片栗粉。 カスタードクリームを作る場合、コーンスターチの代わりに片栗粉での代用はできません。 作れることには作れますが、弾力が出すぎてカスタードクリームのなめらかな食感にはなりません。 コーンスターチがなければ、薄力粉でカスタードを作る方がいいと思います。 カスタードクリームには薄力粉で作るレシピとコーンスターチで作るレシピがあり、コクがありなめらかなカスタードがいいなら薄力粉、あっさりとした味で形を保ちたいのならばコーンスターチと、味の好みや作るお菓子によって違うようです。 今回、比較のために薄力粉とコーンスターチを同量にしたので、少しかためのカスタードができましたが、コーンスターチの割合を減らすと、もう少しやわらかいカスタードができます。 また、薄力粉とコーンスターチを合わせて作るレシピもあります。 パンケーキで検証 では、パンケーキにコーンスターチを入れるレシピを片栗粉で作ってみたらどうでしょう。 今回は、薄力粉とコーンスターチ または片栗粉 の割合を10:1で作ってみました。 見た目はあまり変わりません。 食べ比べてみたところ、味や食感もほとんど変わりませんでした。 どちらも薄力粉だけで作るよりも、ふわっと軽い食感になります。 結論 コーンスターチや片栗粉の分量を増やしてしまうと差が出てきてしまうと思いますが、少量加える分にはあまり変わらないようです。 コーンスターチも片栗粉もグルテンが含まれていないので、少量加えることで生地の粘りを押さえて、ふんわりとした食感がでるのです。 まとめ コーンスターチと片栗粉。 似ていますが性質が異なります。 カスタードクリームはコーンスターチを片栗粉で代用することはできませんが、パンケーキのような焼き菓子で少量加える分には代用できるようです。 お菓子作りをしていて「コーンスターチ」とレシピにあるとき、薄力粉で代用した方がいい場合と片栗粉でも代用できる場合があるので気をつけてくださいね。

次の