ロールキャベツ レシピ。 【絶品&簡単】ロールキャベツの人気レシピ10選!つくれぽ1000以上の殿堂1位は?

「ロールキャベツのレシピ」

ロールキャベツ レシピ

Sponsored Link おかずのクッキング きつねロールキャベツの材料• キャベツ 約600g• 塩 少々• 油揚げ 2枚• しょうが 30g• 水 3カップ• 醤油 大さじ3• 砂糖 大さじ2 肉だねの材料• 牛ひき肉 250g• 玉ねぎ 200g• 卵 1個• 小麦粉 大さじ2• こしょう 適量 おかずのクッキング きつねロールキャベツの作り方• キャベツの芯をくり抜き、葉と葉の間に水を入れながら葉を1枚ずつ はがします。 (葉は、敗れても問題ありません。 1枚ずつにばらした葉を熱湯で しんなりするまで茹でる。 しんなりしたらザルに取り出し、熱い内に薄く塩を振る。 タマネギは、粗みじん切りにする。 肉ダネを作る。 塩を振ったキャベツの芯を肉叩きなどで叩いて潰し、肉ダネを芯側の中央に適量のせ包みます。 (鍋に敷き詰めるくらいの数を作る。 大きさは ばらつきがあってもOK! 8~10個くらい作る。 包んだロールキャベツの巻き終わりを下にして鍋底にぎっしりと詰める。 生姜を叩き、適当な大きさに切り鍋に加える。 煮立ってきたらアクを取り、砂糖 大さじ2を加え落としブタをして、徐々に火を弱め30分ほど煮込む。 30分後、醤油 大さじ3を加え落としブタをして更に30分ほど煮込む。 合計1時間ほど煮込んだら完成。

次の

ロールキャベツの献立・付け合わせ33選!アレンジレシピも紹介!

ロールキャベツ レシピ

ロールキャベツの巻き方(はじめ) このページでは 爪楊枝を使わない、ロールキャベツのきれいな巻き方、肉だねが飛び出ない巻き方を紹介しています。 茎の部分もやわらかくしたキャベツの葉をまな板に広げ、中央より手前側に肉だねを置きます。 キャベツを肉だねに密着させるように、手前のキャベツの茎側を起こして巻き付けます。 キャベツが肉だねに1周きれいに巻き付いたら、キャベツの左右の葉を確認し、 切れ目のないきれいな葉の方を外から内に折り込みます。 折り込んだキャベツの葉を抑えるように肉だね部分を倒して巻き込みます。 ここで 反対側の広がった葉の方をゆるく折り込みます(2枚目の写真のように、折り込んだ後の長さが肉だねから2~3㎝くらい出る長さで)。 あとは最後までくるくると巻きます。 ロールキャベツの巻き方(巻き終わり) キャベツが飛び出た側を上にして、まな板の上に立てて手で持ちます。 巻いてある内側(中央に近い部分)のほうがから、飛び出たキャベツを指で押し込みます。 上の工程で軽く折り込んであるので、はじめにその部分を押し込むようなイメージです。 指で押し込んだら、少し回転させ、同じように出ているキャベツを指で押し込みます。 片方はキャベツが1枚なので薄っすら肉だねが見える状態で、もう片方はキャベツを押し込んでいるので穴のある状態になります。

次の

「ロールキャベツのレシピ」

ロールキャベツ レシピ

ロールキャベツで一番オーソドックスな味付けは コンソメスープです。 材料はシンプルにコンソメ、ブイヨン、塩、胡椒です。 味付けはあっさりしているので、中には、ロールキャベツの上にケチャップをかける人もいます。 次に トマトスープは子供にも人気があります。 トマト缶を使えば簡単にできるし、トマトの味がひき肉にピッタリです。 そして、トマトソースと同じく クリームソースも人気があります。 シチュー感覚で食べられるので、付け合わせに温野菜などを入れる人もいます。 また日本独特の味として、 和風だしを使ったロールキャベツもあります。 おでんの具材としてロールキャベツを入れるお店もあるので、ボリュームたっぷりでこちらもおすすめです。 ロールキャベツは、上手くタネを巻くことが見た目の完成度を左右します。 子供がいれば、出来るだけ楊枝も使いたくないと思います。 キャベツの葉だけで巻くポイントは二つです。 ひとつ目は、大きいキャベツの葉を使う場合は、 芯をそぎ落としてなるべく平らにして巻くことです。 ふたつ目は、 小さいキャベツを何枚も重ねて隙間をなくすことです。 最後に、キャベツを巻いた後は、両端をキャベツを破らないように 指で押し込んでしまえば完成です。 鍋にはロールキャベツ同士隙間が出来ないように入れれば煮崩れしません。 また、そぎ落とした芯は、千切りにしてロールキャベツのタネの材料にしてしまえばキャベツを余すことなく使い切ります。 その他にちくわとごま油で炒めればもう1品できます。 万能な野菜なので、捨てずに活用してください。 ロールキャベツの簡単アレンジレシピで最も人気が高いのが 「巻かないロールキャベツ」です。 その名の通り、タネをキャベツに巻かないで、トマト缶を使ったソースと絡めるだけの時短レシピになります。 紹介したのは、炊飯器を使って作る巻かないロールキャベツですが、お鍋やフライパンを使っても出来ます。 お鍋やフライパンを使うときは、くりぬいたキャベツにタネを入れ、トマトソースの中に タネが見える方を下にして煮込みます。 取り出すときにフライ返しなどを使って崩れないようにお皿に盛りつけるのが難しいかもしれませんが、見た目のボリュームは満点です。 その他に、 ミルフィーユのように作る巻かないロールキャベツもあります。 キャベツの葉に小麦粉をまぶし、その上にタネを平らに伸ばすようにのせます。 それを何枚か重ねて行い、お鍋やフライパンに隙間なく敷き詰め、お好みのトマトソースを作れば完成です。 「スコップ」というのは、 一つの大皿料理をみんなでつついたりすくって食べる料理のことを言います。 ロールキャベツもスコップレシピがあり、こちらもキャベツを巻かずにグラタン風に仕上げているトマトを使ったスコップ料理になります。 ちょっとした自宅での 持ち寄りパーティーやキャンプなどでも大活躍できるレシピです。 超コスパのレシピにするなら、 トマト缶ではなくトマトジュースを使ったり、ヘルシー志向にしたいのなら、 合いびき肉を鶏肉に変えるなど、アレンジは沢山あります。 他のロールキャベツのレシピより失敗が少ないので、初めておもてなしをするなら、トマト缶を使ったスコップロールキャベツレシピを覚えておくとお得だと思います。

次の