ポケモンマスターズ進化。 【ポケマス】プレイしてて感じた不満点!運営さん、はよ改善して【ポケモンマスターズ】

【ポケマス】ヒトカゲの性能と評価【ポケモンマスターズ】

ポケモンマスターズ進化

概要 2019年5月にて開発が発表され、同年8月29日から世界同時でサービス開始。 株式会社との共同開発、公式の略称は。 これまで登場したに焦点を当てており、やなどに限らず、も固有名詞付きで登場する。 また、ポケモンシリーズでは初めてトレーナーに声が当てられている。 舞台は 人工島「PASIO パシオ 」。 人工島であるためか、野生のポケモンは生息していない模様。 プレイヤーはパシオにいるバディーズを仲間にしてパーティを作っていく。 バディーズの中には「マジコス」と呼ばれる別のコスチュームに衣替えする者もいる。 これは通常版とは別キャラ扱いとなり、使用するパートナーポケモンや使える技なども変わる。 ただし、通常版と別衣装版を同時にバトルに出すことは出来ない。 バディーズはメインストーリーを進めるか「バディーズサーチ」を使うとことで仲間にでき、仲間にしたバディーズは「バディーズエピソード」というストーリーの閲覧が可能になる。 そのキャラのパシオでの日常の過ごし方や駆け出し時代の思い出話等、内容は様々。 相棒ポケモンには、トレーナーを育成する事でできるものがいる。 本家の進化レベルに関わらず、1段階目の進化を行うにはLv30まで、2段階目の進化を行うためにはLv45まで強化する必要がある。 未進化形態だが進化不可能なポケモンがパートナーのキャラも少なくないが、内何人かはNPCとして進化後を使ってきたりPVで進化後の使用が確認されているため追々実装となる模様。 また、相棒ポケモンがメガシンカできるポケモンだった場合、バディーズわざを使用することでする者もいる。 また、モブトレーナー以外のトレーナーは本家の補完要素を兼ねており、上記「バディーズエピソード」やホーム画面での会話などから、個々のキャラのこれまで明かされなかった情報が出てくることも。 バトル プレイヤーキャラクターは自身の相棒となるポケモンに二組のバディーズを加えた、計3人のパーティを結成し、ライバル達とのポケモンバトルを勝ち抜いていく。 ……ちなみにこの手の作品の多くと違って主人公は固定メンバーではないので、ずっと蚊帳の外に置き続けることも可能である。 バトルでは時間が経過するごとに増加するわざゲージを消費する事でポケモンの技を発動できる。 基本的に範囲が広い、威力が高い技ほど消費ゲージ量は重くなる。 ポケモン一体につき「たたかう」コマンドが最大四つなのは本家同様だが、このコマンドには「トレーナーが使う掛け声等の支援スキル」や「道具の使用」も含まれているのが本家との大きな差異にして特徴。 これらの「トレーナーの行う行動」はポケモンの状態異常などに左右されず、わざゲージも消費しないで使える代わりに使用回数が設けられている。 また、天候変化に関する技(「あられ」や「すなあらし」など)も同様に回数制限が設けられている。 ストーリーモードなどで一度のクエスト内で連戦させられる場合、使用回数は次戦に持ち越されてしまうので要注意。 また、一戦闘中に自陣の行動した回数が一定の値に達すると、高威力の必殺攻撃 「バディーズわざ」が繰り出せるようになる。 一戦闘に付き一回等の制限はなく何度でも放てる。 ちなみに、PCが使うバディーズわざは単体攻撃だが、NPCの使うものはほぼ例外なく全体攻撃なので注意。 タイプ相性は各ポケモンに1タイプのみ弱点が設定されており 弱点自体は本家通り 、他のタイプは全て等倍として扱われ、本家のような相性による半減や無効が存在しない。 例としてキバゴの場合、ドラゴンタイプのみが弱点として設定されており、こおりやフェアリーで殴ってもこうかばつぐんにはならず、ほのおやみず、くさ、でんきで殴ってもダメージは減らない。 この仕様のため(特にシングルプレイの場合)相手に有利なタイプがおらずとも、雑魚散らしや壁役、バフ役デバフ役などの役割を吟味して突撃すれば案外何とかクリアできてしまったりする。 登場キャラクター 担当声優に関してだが、 誰がどのキャラを担当したのかは、公式からはスペシャルアニメーション(後述)などごく一部の動画で公表されたキャスト以外は発表されておらず、No. 74(サカキ)以降のキャストに至ってはスタッフクレジットにすら記載されていない。 以下、公式発表済み・本人から公表済みのキャストは 太字、推測のものは通常の文字で表記する。 プレイヤーの分身。 相棒のと共に、パシオでの冒険の旅に出る。 PVなどではに 、に という名前が付けられている。 人工島パシオの。 ポケモンとバディーズわざに必要となるバディストーンの関係について研究している。 (CV:) WPM出場を目指すトレーナーで、主人公のライバルポジション。 相棒は。 まっとうな正義感を持った優等生。 主人公より一足先にバッジを集めている。 (CV:) とある王国の王子。 WPM出場の主催者でもあり、パシオのオーナーでもある。 連れているポケモンはと。 かつて「」に敗れたことをきっかけに自分の弱さを克復するためにパシオを建造した。 よほどこっぴどく負けたのか、似たような帽子を被っているというだけで初対面の主人公を散々罵倒してくる。 まだ年若く、自分以外の人間は悉く見下す、ポケモンを「目的を達成するための道具」と称して憚らない等素行がよろしくないが、トレーナーとしての力量自体は一地方のチャンピオンにすら引けを取らない。 (CV:) ライヤーと同じチームの筋骨隆々な大男。 ライヤーの臣下として彼を支える。 連れているポケモンは。 どんな状況であれ基本的にライヤーを支持するが人間としての感性自体はそれなりにまともであり、ライヤーは評価する価値もない雑魚としか見なさない主人公の実力についても(ライヤーの目が無い所では)素直に認めている。 ライヤーと同じチームの気だるげな雰囲気の女性。 ストイックでひたむきなライヤーを尊敬している。 連れているポケモンは。 ライヤーが毛嫌いしている主人公の実力を素直に認めて、目的達成のために協力を仰ぐ、共闘した主人公との別れ際に激励の言葉をかけるなど、ライヤーへの普段の振る舞いの割には柔軟な側面をも併せ持つ。 パシオで活動しているバディーズからポケモンを強奪しようと日夜襲撃を重ねている、仮面をつけた怪しいトレーナー達。 何を目的として活動しているのかは不明。 仮面以外はモブトレーナーの流用であるので、ポケモンレンジャー(トレーナーの方)やビキニのお姉さん、かいパンやろう等が仮面を付けてバトルを挑んでくるという凄まじい絵面になる。 中には会話の途中で仮面を付けたり外したりするトレーナーも。 、 、 チーム、ぼうけん、ショップの受付を担当している、見た目がに似ている。 参戦バディーズ リメイク作品は元となった世代にまとめる。 設定は基本的に原作ゲーム準拠で、相棒ポケモンは彼らの手持ちの切り札から選出されているが、 ゲーム本編の切り札とは異なるポケモンが選出されている例もある。 また、原作では両立しないはずのと、とが別々に登場する、『ORAS』に登場していないはずのがいる等の矛盾点が散見されるが、これらには一応理由……というかがいる。 基本的に『ウルトラサン・ウルトラムーン』までの本家シリーズからの参戦になるようで、最新作の『』や、『』『』と言った本家と同じ世界観を舞台にした外伝からの参戦は今のところ未定(からの参戦扱いになっているトレーナーはいる)。 なお、(と)を除いたキャストはとも異なっている。 原作ではNPCとして登場しなかった、あるいはNPCとしては限定での登場だった主人公に関しては、本作で新たな性格付けがされている (『』では普通の女言葉だったが、本作では一貫して敬語で喋る、など)。 主人公(No. 第1世代 、、 トレーナーごとにデザインの出典元が異なるため、元となった作品も記述する。 第2世代 、 クリスを除き、いずれもデザインは『HGSS』準拠。 ただしアイリスのデザインは『ブラック・ホワイト』準拠。 41 3 42 3? 第6世代 No. 83 4 51 3 52 4 〃 ズミ 19シーズン 5 〃 53 4? トレーナー ポケモン 星 CV 54 4 55 4 56 3 57 5 61 4 58 3 59 4 63 5 87 5? 88 5? その他 No. イベントでは(CV:)と(CV:)も登場している。

次の

進化の方法と秘訣【ポケモンマスターズ攻略】

ポケモンマスターズ進化

MEMOアプデで一応改善されました これが地味に鬱陶しいんですけど、 どうぐ交換が1個ずつしか出来ないのがクソ過ぎるんですよね。 例えば 「とっくんマシン」を交換するとき、 僕の所持してるコインは約35,000コインなので、 3,000コインのどうぐを11個は交換できるわけです。 換金アイテムの 「しんじゅ」に関しては10個単位でも交換できるんですが、 だったら他のアイテムも10個単位で交換できるようにしろよ!って思います。 いや、そもそも10個単位で交換も意味不明ですけどね。 フツーに個数はこちらで選択させて欲しいです。 進化石のかたまりが高すぎる ポケマスには 「進化石のかけら」「進化石のかたまり」っていうアイテムがあります。 これの使い道は、名前の通り ポケモンが進化する際に必要になってくるんですけど、それを 交換する際に求められるコインが高すぎるんですよね!! 「進化石のかけら」は1段階目の進化に必要で1回につき5個。 「進化石のかたまり」は2段階目の進化に必要で1回につき3個消費します。 現在2段階目の進化が出来るポケモンは• ツタージャ• ポッチャマ• 進化石はどうぐ交換でコインとのトレードなんですが、コインのレートはこんな感じになってます。 つまり、 90万コインを集めないと2段階目の進化が出来ないわけですわ!! ただでさえコインを集めるのが大変なのに、90万コインなんて集めるまでどれくらい時間がかかるのか想像もしたくないです。 この良心設計が毎月リセットされるなら若干は許せますが、そうじゃなかったら一生進化できない気がします。 このレートはどうにかして欲しいです。 オート機能がポンコツAI過ぎる ポケマスの戦闘は自動操作(オート機能)で勝手に戦闘をしてくれる機能があります。 片手間で周回するときとかには便利なんですが、その オート機能のAIがポンコツ過ぎるんですよね。 僕がオートで遊んだ上での予想ですが、 オーバーキルにも程がある 例えば「ハウ&ライチュウ」なんかは、攻撃技が「でんきショック(ゲージ1)」「ほうでん(ゲージ3)」って感じで、軽い技と重い技でちゃんと分かれてるんですよ。 相手のHPが1ミリなら「でんきショック」で葬れそうなのに、わざわざゲージ3まで溜めて「ほうでん」を撃つんですよね。 完全に時間のムダです。 いくら片手間でやっているとはいえ、もうちょっと臨機応変に対応して欲しいなと思いますね。 マルチのテンポが悪すぎる 僕は基本的にソロモードでは バトルスピードを超高速、オートスキップをONの状態でプレイしているので、結構テンポ良く遊んでます。 ただ、 マルチモードはバトルスピードが弄れないので通常速度でプレイすることになるんですよね。 そのスピードが遅すぎて、マジでテンポが悪いです。 それに加えて、 マルチ自体の動作が若干重いので、拍車をかけてテンポが悪くなってます。 ストーリーを一通りクリアしたらマルチに移行することになるので、ここら辺のテンポはもうちょい何とかして欲しいですね。 バトルスピードは等倍でもいいですが、 せめてマルチのもっさり感は直して欲しいです。 アカネちゃんのテキストを修正してしまう 度々アレな発言が多かったアカネちゃんですが、 紹介テキストがとんでもなかったのはご存知でしょうか? こちらは修正前のアカネちゃんテキスト。 そしてこちらが修正後のアカネちゃんテキスト。 あとは… わかるね? まとめ:アプデに期待! まぁ~リリースしてからまだ数日しか経ってないので、 多少の不満点は仕方ないかなと思っています。 これからどんどん改善していくことを期待って感じですね。 特にアカネちゃんのテキスト FEHとかポケ森があるんで多少は学んで欲しかった部分もありますが、とりあえず応援しています。 おまけ:iTunes、Google Playカードの課金は楽天経由がおすすめ! iTunesカードやGoogle Playカードを購入する際は 楽天経由での購入がオススメです。 楽天経由だと 楽天ポイントが貯まる上に、購入の際にポイントの利用も出来ます。 いちいちコンビニでカードを買わずとも、 コードのみがメールで送られてくるのでスグに使えるのも便利! もし課金をする場合は楽天での購入がお得でオススメです。 iTunesは1,500円から、Google Playは500円から金額を指定できます。

次の

【ポケマス】待望のキモリ進化が決定!ピックアップでユウキ獲得のチャンス!【ポケモンマスターズ】

ポケモンマスターズ進化

ポケモンマスターズには、バディーズを育成する過程で、ポケモンを進化させることができます。 また、進化させずにそのままのポケモンを使い続けることも可能です。 今回は、ポケモンマスターズの進化についてまとめていきます。 ポケモンマスターズの進化とは 進化は、現在のポケモンから上位ポケモンへ変化させられるシステムです。 ポケモンのレベルが一定条件に達することで、進化させることができる、ポケモンシリーズではお馴染みな機能です。 ちなみに、ポケモンマスターズのポケモンは、一部の種類のみ「進化」させることが可能です。 ただ、従来のポケモンシリーズとポケモンマスターズは異なる点があり、「進化画面でBボタンを押せば進化が中断される」という方法は通用しないのがポケモンマスターズです。 ポケモンマスターズの進化方法 ポケモンを進化させるには、育成中のポケモンが一定レベルに達する必要があります。 一定レベルに達したポケモンは成長が止まり、進化用のクエストがもらえます。 そのため、ポケモンを進化されるためには、進化用クエストをクリアする被強があります。 ポケモンを進化させない方法 反対に、進化前のポケモンのまま使い続けたいことがあるかと思います。 この場合は、進化用クエストに挑戦しない限り、進化前のポケモンを使い続けることができます。 強さを求める場合は進化が必要となりますが、見た目重視だったりする場合はそのままの状態で遊べる仕様になっているので、プレイヤー好みの遊び方が可能です。

次の