アレクサンダーペイン。 アレクサンダー・ペイン

名匠アレクサンダー・ペイン、新作映画『ネブラスカ…』を語る|ニュース

アレクサンダーペイン

概要 [ ] 1961年にで系の両親のもと、3人兄弟の末っ子として生まれる。 ダンディー・ハッピー・ホロー歴史地区で育ち、近所にはがいた。 幼い頃から映画撮影に興味を示し、14歳の時には8mmカメラの扱いに慣れていた。 クレイトン・プレップ・スクールでは学内新聞のコラムを書き、卒業アルバムの編集員を務めた。 ではスペイン語と歴史を二重専攻し、学位のためスペインとコロンビアに滞在。 1990年にフィルムスクールで芸術修士を修めた。 ロサンゼルスでルームメイトになったとタッグを組み脚本を執筆。 テイラーとは時に2つのキーボードを1つのモニターに接続して共同執筆していた。 2004年の『』でをテイラーと共同受賞。 同映画に出ていた女優と2003年に結婚したが、2005年に別居状態であることが明らかになり、翌年離婚した。 2011年の『』で二度目のアカデミー脚色賞を受賞した。 2012年にはの審査員に選ばれ、翌年には『』がにノミネートされ、主演のがを受賞した。 特徴 [ ] アメリカ社会の家族・夫婦関係をテーマにし、風刺やブラック・ユーモアを混ぜる作風が特徴。 1970年代の映画や、サイレントコメディーに影響を受け、リアルな描写を重視し、脇役には本職の教師や警官など非俳優を使うこともある。 美術館やなど有名な観光名所を毎作取り入れ、電話モノローグを象徴的に使うことでも知られる。 フィルモグラフィー [ ]• Citizen Ruth 1996 監督・脚本• Election 1999 監督・脚本• Jurassic Park III 2001 脚本• About Schmidt 2002 監督・脚本• Sideways 2004 監督・脚本• The Assassination of Richard Nixon 2004 製作総指揮• King of California 2007 製作• The Savages 2007 製作総指揮• The Descendants 2011 監督・脚本・製作• Nebraska 2013 監督• Downsizing 2017 監督・脚本・製作 脚注 [ ].

次の

アレクサンダー・ペインの映画作品

アレクサンダーペイン

ペイン監督がボブ・ネルソンが執筆した脚本を手にしたのは2004年のこと。 そこには、「100万ドルをお支払い致します」と書かれたインチキな手紙を信じ、ネブラスカまで賞金をとりに行くと言ってきかない頑固者の父ウディと、しょうがなく父を車に乗せた息子デイビッドの旅が描かれていた。 ペイン監督は「ユーモラスで哀愁が漂っていて、まるで人生そのものだと思った」と振り返る。 しかしペイン監督はその時、中年男たちが極上のワインを求めて旅をするロード・ムービー『サイドウェイ』を撮りおえたばかりだった。 「続けてロードムービーを撮るつもりはなかったから、この脚本をしばらく預かることにしたんだ」。 やがて『ファミリー・ツリー』を完成させたペイン監督は再び、本作の脚本に目を向ける。 「9年の歳月が経っていたけれど、この脚本に対する僕の愛情は、決して消えることはなかった。 それに、非感傷的で成熟したこの物語を映画化するのは、むしろ今こそがベストなタイミングだと気付いたんだ」。 そこで監督は次回作を『ネブラスカ…』にすることを決め、主演探しを開始する。 頑固じいさんを演じられる老齢で、怒りや孤独、これまでの人生で味わってきた苦しみや喜びを繊細に演じることのできる俳優はどこにいるのか? ペイン監督は名優ブルース・ダーンとタッグを組むことを決めた。 「ブルースは僕が求めていた相反する資質の全てを、ウディに持ち込んでくれた。 ブルースは気難しいかと思うと、同時に軽妙さも表現できるんだ。 僕がブルースに何よりも感謝しているのは、彼が僕を信頼してくれたことだ。 どんな監督にとっても、それは驚くべき贈り物だ」。 これまでもジャック・ニコルソン、ポール・ジアマッティら演技派俳優とタッグを組んできたペイン監督は本作で、極悪人やクセのある人物を多く演じてきたダーンの新たな表情を引き出すことに成功している。 監督は「俳優としてどのようにウディにアプローチするかは、ブルース次第だった」とけんそんするが、ダーンは撮影を振り返って「アレクサンダーとの仕事では、毎日のように今まで一度もやったことがないことができるかもしれないと思える。 何日もの間、彼は奇跡を起こし続けるんだ」と述べる。 大事に脚本を温め続けた監督と、彼が全幅の信頼を寄せる名優がタッグを組んだ『ネブラスカ…』は、すでに公開された国々で多くの賞賛を集めている。 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』 2月28日 金 、TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー 【関連リンク】 【注目のニュース】.

次の

【FFRK】☆6魔石アレクサンダーを物理パで攻略!

アレクサンダーペイン

職業・肩書 映画監督,脚本家 国籍 米国 生年月日 1961年 出生地 ネブラスカ州オマハ 学歴 カリフォルニア大学ロサンゼルス校映画科修士課程修了 受賞 ミュンヘン映画祭最優秀賞〔1996年〕「Citizen Ruth」,ニューヨーク映画批評家協会賞脚本賞 第65回 〔1999年〕「ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ! 」,インディペンデント・スピリット賞監督賞 第15回・20回 〔2000年・2005年〕「ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ! 」「」,全米脚本家組合賞脚本賞〔2000年・2012年〕「ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ! 」「」,ゴールデン・グローブ賞脚本賞 第60回・62回,2002年度・2004年度 「アバウトシュミット」「サイドウェイ」,ロサンゼルス映画批評家協会賞作品賞・監督賞 第30回 〔2004年〕「サイドウェイ」,アカデミー賞脚本賞 第77回・84回 〔2005年・2012年〕「サイドウェイ」「ファミリー・ツリー」 経歴 カリフォルニア大学ロサンゼルス校映画科で修士号を取得し、卒業作品「The Passion of Martin」がサンダンス映画祭で上映されるなど注目を浴びる。 1996年長編映画「Citizen Ruth」で監督デビュー。 」が全米脚本家組合賞、ニューヨーク映画批評家協会賞の最優秀脚本賞を受賞。 2002年「アバウト・シュミット」はカンヌ国際映画祭のコンペティションでプレミア上映された。 2004年「サイドウェイ」が全米で大ヒットし、2005年アカデミー賞脚色賞を受賞。 2012年「ファミリー・ツリー」 2011年 はアカデミー賞主要5部門にノミネートされ、脚色賞を受賞した。 2014年には「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」 2013年 が作品賞、監督賞、主演男優賞などアカデミー賞6部門にノミネートされる。 出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」 現代外国人名録2016について.

次の