お体にはお気をつけください。 「くれぐれも」の意味と使い方・例文・目上の人への使い方|ご自愛

「お体に気をつけて」のビジネスでの使い方。例文や言い換え、返事の仕方も紹介|MINE(マイン)

お体にはお気をつけください

気になる項目をクリック• 1.「お体に気をつけて」の意味と使い方 「お体に気をつけて」は「健康に注意して、健やかにお過ごしください」という意味を込めて、相手の体や健康を気遣うための言葉です。 日本語として正しい表現ですが、念のため「お体に気をつけて」を分解してみますと、 接頭語「お」+名詞「体」+助詞「に」+動詞「気をつける」+助詞の「て」 という構造になっています。 「気をつける」の意味は、注意する、する、用心する、などが挙げられます。 直訳すると「お体に注意して」「お体に用心して」となってしまうため、 日本語として違和感を感じてしまう人もいるようですが、正しい日本語ですのでご安心ください。 1-1.「お体に気をつけて」の使い方 口頭であれば別れ際や送別会などの挨拶として、文章(メール、手紙、年賀状、お見舞い状など)であれば文末の結びの挨拶として使われています。 家族や友人との別れ際に「元気でね」という言葉をかけられる方は多いと思います。 そのビジネス版が、「お体に気をつけて」だと考えていただけるといいでしょう。• 1-2.「お体」と「お身体」どちらを使う? 結論から言いまして、どちらを使っても間違いではありません。 ただし、心身ともに健康でいてほしいという思いから、文章で書くときには「お身体」を使う人が多いようです。 理由は、「体」は頭から足の先までの体のことを表し、「身体」は体に加えて心を表すとされているからです。 特に、改まった場であるビジネスシーンでは「お身体」が使われることが多いです。 1-3. 「お体に気をつけて」と「ご体調に気をつけて」の使い分け 「ご体調に気をつけて」と「お体に気をつけて」は、同じ意味で使うことができます。 「体調」とは、体の調子やコンディションという意味ですので、「お体」と「体調」という言葉に大きな違いはありません。 ただし、「体調」を丁寧に言う場合、「ご体調」となり、「ご体調に気をつけて」は発音しにくいことから、耳にすることは少ないかもしれません。• どの言葉も相手の健康を気遣う言葉です。 ただし、 使う場面によっては言い換え表現の方がより適していることもありますので、覚えておくと良いでしょう。 4-1.「ご自愛ください」 「あなたご自身のこと(心・体・体調すべて)を大切してください」という意味を持ち、相手の健康を気遣う敬語表現です。 「自愛」は、自分を大切にするという意味です。 「ご自愛くださいませ」と 最後に「〜ませ」をつけるとより丁寧な印象になります。 また、手紙やメールなどの最後、結びの言葉としてよく使われます。 あわせて使いこなせるようになりますととても便利です。 4-2.「お体を大切になさってください」 文字の通り、「あなたの体を大切してください」という意味を持ち、相手の健康を気遣う敬語表現です。 4-3.「お大事になさってください」 「病気や怪我が早く治るように、あなたの体を大切してください」「病気や怪我が早く治るように、回復をお祈りしています」という2つの意味を持ち、体調を崩している相手の健康を気遣う敬語表現です。 上記の類似表現と似ていますが、 使う相手が「病気もしくは怪我をされている方」に限られますので注意が必要です。 4-4.「お体に気をつけて」と言われた時の答え方 「ありがとうございます」と答えるのが一般的です。 「お体に気をつけて」は、相手の健康を気遣うための言葉です。 そのため、もし声が出ないなど「なさってください」と言われるような状況であれば会釈だけでも良いとされています。 大切なのは気遣ってくれた相手に対する感謝の気持ちを示すことです。 まとめ 日本語を正しく使うことは難しい、と思われたかもしれません。 しかし、 難しいからこそきちんと使いこなすことで、社内外の方からの信頼を積み重ねることができます。 特に、相手を気遣う言葉がとっさに出てくるということは、一流のビジネスパーソンであればのスキルです。 学びは実践してこそ力になります。 お身体に気をつけて、今日も元気に頑張りましょう!.

次の

「お体に気をつけて」は目上の人にも使える?正しい敬語と文例は?上司/先生

お体にはお気をつけください

「気をつけて」の意味は、日本語表現辞典weblio辞書によると「気をつける」に助詞の「て」の付いた形となっていて、動作を形容して「注意、用心してことに当たる」といった意味となるか、「注意、用心をするように」と相手に呼びかける場合などに用いる表現、とあります。 したがって、「お体に気をつけて」の意味は、「体調に注意してことに当たるように」、「体に注意、用心をするように」という意味になります。 相手に対し注意喚起や注意を促す。 友達などの親しい仲や後輩、部下に対してなら注意を促す言葉をかけることは間違いではありません。 しかし、目上の人に向けて「お体に気をつけて」と注意喚起をするのはいかがなものでしょうか。 相手の体調を気づかうつもりで書いた「お体に気をつけて」の言葉が、目上の方に対しては上から物を言っている、偉そうで失礼な表現になってしまいます。 「気をつける」に助詞「て」の付いた形。 動作を形容して「注意、用心して事に当る」といった意味となるか、「注意、用心をするように」と相手に呼びかける場合などに用いる表現。 「気をつけて」の使い方 「身体」と書くときは、一般的には肉体のことだけではなく心を含めた「からだ」のことを指し、人間に対してだけ使われる漢字です。 しかし、常用漢字では「身体」はしんたいと読み、からだとは読みません。 そのため新聞や公的な文章では「お身体に気をつけて」と表現することは間違いになります。 手紙やメールで「おからだに気をつけて」と書くときには、肉体そのものだけでなく心身ともに健康であることを願っているという意味で使うため「身体」と書くのが一般的です。 また、手紙やメールでは「お体」と書くよりも「お身体」と書く方が、より丁寧で改まった表現とされています。 常用漢字では「からだ」と読むことはなく、一般常識としては「お身体」の方が正しい使い方とされる、たいへんややこしい話です。 Web電話帳を導入しませんか? 目上の人に「お体に気をつけて」と言うことがなぜ失礼にあたるのでしょうか。 相手の健康や無事を願っての言葉ですから、本来なら「気にかけてくれてありがとう」と感謝されることはあっても、相手に不快な印象を与えることはないはずです。 しかし、一見問題のないように見えるこの「お体に気をつけて」という言葉は、先に紹介したように相手に注意喚起を促す言葉であり、「お」が付いていても正しい敬語とは言えません。 敬語とは、話し相手や手紙の相手に対して敬意を表す言語表現のことをいいます。 さらに敬語には相手に対して敬意を表現する尊敬語、自分をへりくだって表現する謙譲語、丁寧に表現する丁寧語の3つに分類されます。 「お体に気をつけて」を目上の人に使う時 今回は「お体に気をつけて」の正しい使い方と言葉の意味、敬語表現やシーンに合わせた例文などを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 親しい仲や面と向かって直接伝える場合は、そのまま「お体に気をつけて」と伝えてもニュアンスや言葉の温度で十分に気持ちは伝わりますし、失礼だと感じる人は少ないでしょう。 しかし、手紙やメールでは相手の健康を気づかって掛けた「お体に気をつけて」の言葉でモヤモヤとした気持ちにさせてしまうこともあります。 敬語はとてもややこしく、面倒だと感じる人もいるでしょう。 しかし、ビジネスのシーンでは間違った敬語を使う相手に対して、「常識のない人だな」、「この会社は新人の教育もできないのか」とマイナスの評価をされることも少なくありません。 「お体に気をつけて」という言葉はさまざまな場面で使えるとても便利な言葉ですので、正しい使い方をマスターして相手を思いやるその気持ちを正しく伝えましょう。

次の

「お体に気をつけて」の敬語は?体調を気遣う年賀状やメールも

お体にはお気をつけください

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 2• Weblio Email例文集 7• 浜島書店 Catch a Wave 3• Eゲイト英和辞典 1• 専門的な情報源• 日本語WordNet 1• Tanaka Corpus 3• 日本法令外国語訳データベースシステム 2• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 4• 京大-NICT 日英中基本文データ 1• 官公庁発表資料• 金融庁 4• 財務省 1• 特許庁 1• 特許庁 3739• 経済産業省 4• 厚生労働省 2• 書籍・作品• Thorstein Veblen『ワークマンシップの本能と労働の煩わしさ』 1• Thomas a Kempis『キリストにならいて』 1• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 1• Thorstein Veblen『所有権の起源』 1• Michael Faraday『ロウソクの科学』 7.

次の