ピタット プラン ステップ。 au「フラットプラン」と「ピタットプラン」の違いと選ぶポイント

auが2019年10月提供新料金プラン「新auピタットプランN」等を発表 旧2年縛りプランからの解除料無しで変更OK

ピタット プラン ステップ

各種割引サービスに加入しないと安くしてやらんぞ。 それに、1,980円で使えるのはたったの1年間だ! 2年目からは、どんなに頑張っても 月額 2,980円 に大幅値上げだ!フハハハハ! 月額 1,980円 で使える条件は「auピタットプラン(スーパーカケホ)」を 2年契約し、「auスマートバリュー」に加入したうえ「スマホ応援割」が適用される1年間のみです。 「auピタットプラン」は2年契約で、しかも 自動更新を適用しなければいけません。 「auスマートバリュー」は「auひかり」インターネットサービスなどとセットで契約することでスマホ料金を割引するサービス。 当然これらのサービスを利用していない人は割引の恩恵を受けることはできません。 「スマホ応援割」は機種変更または新規契約と同時に利用できる割引サービス。 スマホ購入から 1年間の限定割引です。 さらに、 1度でもスマホ応援割(またはビッグニュースキャンペーン)を適用したことがある人は二度と使えません。 最大限安くして欲しければ「2年間縛られろ」「auのインターネットサービスに加入しろ」それでも1年間限定だとのこと。 いや〜悪どいですね。 2 毎月の料金は「使ったぶんだけ」.

次の

【auピタットプラン】データ通信が次の段階に上がるタイミングで通知を受け取る方法〜デジラアプリ編〜

ピタット プラン ステップ

auが新プラン「auピタットプラン」「auフラットプラン」を発表 先日「これまでより1,500円前後安くなるプランが登場する」と報じられていたauですが、実際に以下の2つの新プランが発表されました。 auピタットプラン• auフラットプラン 果たしてどのようなプランなのかご紹介する前に、既存のプランとその料金を復習しておきましょう。 データ通信5GB、「誰でも割」のみ加入の場合の月額料金は以下。 1回5分以内の通話がかけ放題のプラン:スーパーカケホ(1,700円)+5GB(5,000円)= 税込7,560円• 時間制限なく通話がかけ放題のプラン:カケホ(2,700円)+5GB(5,000円)= 税込8,640円 では1つ目の新プラン「auピタットプラン」から見てみましょう。 auピタットプラン 「auピタットプラン」は使用したデータ利用量に合わせて 5段階の定額料金が自動的に適用されるプラン。 料金は通話のプランに合わせて、以下となっています。 これまでスーパーカケホで5GBの場合7,560円だったのに比べ、「auピタットプラン」なら同データ量で6,480円に。 1,080円安くなります。 毎月、利用するデータ量が異なる方やWi-Fiを主に使っている方にはお得なプランと言えそうですね。 auフラットプラン 「auフラットプラン」は大容量のデータ通信をおトクに利用できるプラン。 料金は 通話のプランに合わせて、以下となっています。 これまでスーパーカケホの場合5GBで7,560円でしたが、auフラットプランならそれより1,060円安く20GBも使えることに。 また、「auスマートバリュー」に加入しているユーザーは、さらに500〜1,000円が永年割引になるそうですよ。 「毎月割」の適用は不可 毎月割は最大24ヶ月の間月額料金が割り引かれるもので、例えばiPhone 7(32GB)を購入している場合は毎月2,850円の割引がされています。 現時点でまだ毎月割が適用されている方は、 毎月割の割引料金分が加算されてしまうのでご注意ください。 プランの変更が可能なのは 端末を購入した時のみとなるそうなので注意が必要ですよ。 iPhoneの購入を伴う新規契約もしくは機種変更は対象外 そしてこれが一番の落とし穴。 このプランに変更する際に一緒に新しいiPhoneを買いたい!というのは不可能です。 現在au(もしくは他社)でiPhoneを利用している方は、そのiPhoneをそのまま使うならプランの変更が可能なのですが…。 auのサポートに問い合わせてみたところ、例えば現在のiPhoneのまま「auピタットプラン」に変更することは可能なものの、 もし今年9月に次期iPhoneをauで購入した場合はauピタットプランの利用ができなくなるとのこと。 まとめ 大々的に発表したものの、実際フタを開いてみればiPhoneは「ほぼ対象外」と言ってもおかしくない新プラン(iPhoneを利用中でずっとそのiPhoneを使い続ける、買い換えないという方にとってお得なのは間違いないですが)。 横並びが大好きなキャリア3社、ドコモやソフトバンクも追随するだろうと考えられますが…ドコモはまだしもiPhoneで爆発的にユーザーを増やしたソフトバンクがどのようなプランを打ち出すのか、こちらにも注目ですね。

次の

【auピタットプラン】データ利用が次の段階に上がる時に通知を受け取る方法〜データチャージサイト編〜

ピタット プラン ステップ

シンプル• スーパーカケホ• カケホ シンプル auピタットプラン シンプル では、国内通話は掛けた分だけ支払うスタイルで、30秒で20円の通話料金がかかります。 スーパーカケホ 国内通話が1回5分間以内なら24時間かけ放題になるプランです。 5分間を超えた場合は30秒で20円の通話料金がかかるので注意が必要です。 カケホ 国内通話が24時間かけ放題になるプランです。 旧auピタットプランの最安値は? 旧auピタットプランの最安値ですが2,980円になります。 auピタットプランN(s)• VKプランS(N)• VKプランM(N)• ケータイシンプルプラン• ケータイカケホプラン• 4G LTE 新auピタットプランN でデータ容量を1GB未満に収めると、「家族割プラス」未加入の場合では月額料金は2,980円になりますが、「家族割プラス」に3人以上で加入している場合は1,000円割り引かれて月額料金は1,980円になります。 3人で1か月合計3,000円割引か! 4G LTE 新auピタットプランN では通話プランはオプション 4G LTE 新auピタットプランN の料金体系ですが、通話プランはオプション制になりました。 オプションを利用すると月額料金に700円~1,800円プラスする必要があります。 通話オプションをプラスしない場合ですが、30秒で20円の通話料金がかかります。 3段階なら分かりやすいですね。 そこで新旧プランのデータ容量別の月額料金を比較してみました。 icon-check-square-o 旧auピタットプラン シンプル と新auピタットプランN 通話オプション無し 比較 データ容量 auピタットプラン シンプル 4G LTE 新auピタットプランN ~1GB 2,980円 2,980円 ~2GB 3,980円 4,480円 ~3GB 4,980円 ~4GB 5,980円 ~5GB 5,980円 ~7GB 6,980円 ~20GB 1GB未満なら新旧プランでは同料金になりますが、その他の容量では微妙に違いがある事が分かりますね。 旧プランでは1GBを超えると1,000円アップになりますが、新プランでは一気に1,500円もアップします、この事は注意しておかなければいけないです。 スポンサーリンク データ容量1GB未満なら新旧どちらのプランがお得? データ容量を1GB未満に抑えた場合は新旧どちらのプランがお得なのかシュミレーションしてみました。 「スマホ応援割」が適用された場合は、「スーパーカケホ」の1,980円が最安値になります。 注意点として「スマホ応援割」は「シンプル」では適用外です。 「家族割プラス」未加入の場合の最安値は通話オプションなしの2,980円ですね。 1人の場合は新旧プラン共に最安値は2,980円になりました。 この場合、通話には30分20円の料金がかかるので注意が必要です。 スマートバリューが適用されている場合は、5分間のかけ放題が付いている旧プランの「スーパーカケホ」が2,980円でお得です。 シンプルプランでは新旧プランは同料金、通話オプションがあるプランでは新プランの方割高になっています。 なので、加入者が1人の場合は新auピタットプランNに変更してもメリットはありません。 家族2人で加入した場合 旧auピタットプランでは、1人で加入しても家族3人以上で加入しても割引サービスはありません。 旧プランでスマートバリューに加入していた場合は、スーパーカケホ・カケホ共に新プランの方が200~300円割高になります。 家族3人で加入した場合 家族3人で新auピタットプランNに加入した場合は、1人あたり月額1,000円の割引サービスが受けられます。 新プラン全てで旧プランよりもお得になりました。 特に通話オプションを付けない場合は、1,980円と破格の料金になりました。 通話オプションを利用した場合でも旧プランより200~300円割安になっています。 データ容量3GB未満でかけ放題の新旧プラン比較 次に、大部分のユーザーが利用しているであろうデータ容量3GB未満と通話かけ放題プランの新旧auピタットプランの月額料金を比べてみました。 データ容量も1GB多めに使用できるのも魅力です。 「スマートバリュー」を適用した場合は、反対に旧プランの方が200~300円お得になります。 但しデータ容量では新プランが1GB多いので新プランの方がお得と言えますね。 「家族割プラス」に加入した場合でも新プランの方が断然お得になります、最高で700~800円の差がつきました。 まとめ ここでは、新旧auピタットプランの月額料金の比較を行いました。 旧auピタットプランのユーザーが4G LTE 新auピタットプランN へプラン変更するのは、果たしてお得なのかどうかシュミレーションしてみました。 データ容量が1GB未満の場合では、新旧プラン共に最安値は2,980円になりました。 この場合、スマートバリューが適用中ならば、旧プランの「スーパーカケホ」が5分以内カケ放題で月額2,980円と最もお得なプランになります。 4G LTE 新auピタットプランN にプランを変更した方がお得なのは「家族割プラス」に3人以上に加入した場合です。 旧プランの「シンプル」よりも新プランの通話オプション無しの方が1,000円割安になりました。 また、「スーパーカケホ」「カケホ」よりも通話オプョンありの方が200円~300円安い設定になります。

次の