アデリーペンギン。 アデリーペンギンの生態!かわいいけど性格は怖い!?ヒナの特徴は?

アデリーペンギンのいる水族館は?アデリーペンギンのいる動物園は?

アデリーペンギン

ペンギンにビデオカメラをつけて海中のエサ取りを観察 ペンギンにビデオカメラをつけて海中のエサ取りを観察 2013年1月22日 情報・システム研究機構国立極地研究所(所長:白石和行)は、南極のアデリーペンギンに小型ビデオカメラをとりつけることにより、ペンギンが海中でエサをとる様子をペンギンの視点から観察することに成功しました。 ビデオカメラで観察したエサ取りのタイミングを、同時に記録したペンギンの頭の動きと照合することにより、頭の動きだけからエサ取りの行動を検出できることがわかりました。 長時間にわたって記録した頭の動きを分析することより、ペンギンがいつ、どこで、どのようなエサを捕えていたかを初めて把握することができました。 研究の背景 動物の生態をよりよく理解するためには、どんなエサをいつ、どこで、どのくらい食べたかを調べる必要があります。 獲得したエサの質や量によって動物の健康状態あるいは生死が決まるからです。 そのため、野生動物がエサをとったタイミングやエサの種類を長時間にわたって記録する手法が今までにいろいろと試されてきましたが、なかなかうまくいきませんでした。 たとえばもっとも直接的な方法として、動物の背中にビデオカメラをとりつけ、動物の視点からエサ取りを観察するやり方が試されました。 しかし、ビデオカメラはメモリーや電力の消費量が大きいため、動物の背中につけられるくらいまで小型化すると、たった数時間しか記録できませんでした。 あるいは別の方法として、動物の頭の動きや胃の中の温度など、エサをとったタイミングに合わせて変動するデータを記録するやりかたが試されました。 この手法ならビデオと違って長時間の記録が可能でしたが、データが本当にエサ取りのタイミングに対応しているのかどうか、疑問が残りました。 そこで本研究では、最新のバイオロギング技術を使い、小型ビデオカメラと頭の動きの記録計の両方をアデリーペンギンにとりつけました。 一目瞭然だけど短時間しかもたないビデオカメラと、長時間もつけれど間接的でしかない記録計が、お互いの短所を補うかたちで機能するようにしました。 研究の内容 第52次日本南極地域観測隊において、2010年12月から2011年2月にかけ、昭和基地の近くにある袋浦と呼ばれるアデリーペンギンの営巣地で調査を実施しました。 14羽のペンギンに防水テープを使って小型ビデオカメラを背中に、頭の動きの記録計を頭にそれぞれとりつけ、数日後に回収してデータを集めました。 まず、ビデオ映像を確認したところ、オキアミや魚を捕えるシーンが多数映っていました(図1、2、3)。 魚はほとんどがボウズハゲギスという種類でした。 この魚はいつも海氷のすぐ下を泳いでいる変わった生態の持ち主です。 ペンギンは約85分の記録時間の間にオキアミを244匹、あるいは氷の下のボウズハゲギスを33匹も食べていました。 オキアミの群れに遭遇したときは目にもとまらない速さで1秒あたり2匹も捕えていました。 次に、ビデオ映像で確認したエサ取りのタイミングを頭の動きのデータと照合したところ、両者はよく一致しました(図4)。 ペンギンがエサを捕まえるときは必ず頭を強く振るので、そのシグナルが記録されていたわけです。 ビデオがなくても頭の動きだけからエサ取りの行動を検出できることがわかりました。 そして最後に、数日間にわたるデータ全体からエサ取りの行動を検出することにより、ペンギンがいつ、なにを、どのくらい捕えていたかを把握することができました。 一回の潜水中に捕獲したオキアミの数はばらつきがとても大きく、べき乗分布と呼ばれる統計モデルで表されました(図5)。 これはペンギンにとってオキアミは当たり外れの大きい、予測の難しいエサであることを示しています。 いっぽう氷の下のボウズハゲギスは、一回の潜水中に捕えた数のばらつきが少なく、安定したエサ資源であることがわかりました。 このようにビデオカメラと行動記録計の両方をペンギンにとりつけ、(1)ビデオで観察し、(2)ビデオと行動記録を照合し、(3)行動記録の全体からエサ取りを検出する、という3段階を踏むことによって、ペンギンがいつ、なにを、どのくらい食べていたのかを初めて明らかにすることができました。 今後の展望 南極のアデリーペンギンにとって、ボウズハゲギスはオキアミと違っていつも安定して捕えることのできる貴重なエサ資源であることがわかりました。 近い将来、気候変動とともに海氷の張り出し具合が変化すれば、そのすぐ下に居つくボウズハゲギスの分布も変化し、それはそのままアデリーペンギンの生存率にも影響を与えかねません。 今回のような調査を長期間にわたって継続することで、ペンギンと環境との関わりを明らかにし、将来の変化を予測することが可能になると期待されます。 また、ビデオカメラと行動記録計とを組み合わせる本研究の手法は、ペンギンに限らずいろいろな動物に応用が可能です。 野生動物がどのような環境のもと、どんなエサをどれくらい食べていたかを調べることで、動物の生態をよりよく理解するだけでなく、動物が環境に与える影響をも評価することができると考えられます。 発表論文 この成果は米国科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載されました。 論文タイトル Linking animal-borne video to accelerometers reveals prey capture variability 著者 Yuuki Y. Watanabe 1 and Akinori Takahashi 1 1 National Institute of Polar Research.

次の

アデリーペンギン、海氷減少で子育てしやすく

アデリーペンギン

コウテイペンギンが大きすぎるんだね! アデリーペンギンの特徴として、くちばしが短く見えるというのがあります。 南極の寒くて厳しい環境にも耐えるため、彼らの羽はくちばしの根元を埋めるように生えています。 くちばしを開くと根元の羽も一緒に開くため、意外にくちばしが長いのが分かりますね。 アデリーペンギンは目が怖い!? かわいい!? アデリーペンギンの1番の特徴はかわいらしい目ですよね。 目の周りにアイリングという白い縁取りが入るため、瞳がとっても大きく見えます。 あくまで模様なため本当の瞳は意外とつぶらで、目を動かすと本物の白目がちらちら見えることがあります。 見ようによっては感情の無い目に見えるかもしれません。 無機質な目が怖いと感じる人もいるみたいですよ、、、 ちなみにアデリーペンギンはこのキュートな見た目から、マスコット的なキャラクターにされることもあります。 『Suica』や製氷機メーカー『ホシザキ』のマークのペンギンはアデリーペンギンなんだよ! 絵にしてもかわいいよね〜! アデリーペンギンの生息地は南極のどの辺? ペンギンは地球上に18種類が存在しています。 ペンギンと言えば南極のイメージですが、実は南極大陸を住処としているペンギンは2種類しかいません。 それがコウテイペンギンと今回紹介しているアデリーペンギンです。 アデリーペンギンは南極大陸の沿岸部分で生活し、繁殖も海に近い場所で行います。 生息地域はアデリーランドと呼ばれますが、これは この地域を発見したフランス人探検家の奥さんの名前が由来です。 アデリーペンギンという名前も同じ由来で付けられました。 全ては子孫を残すため! アデリーペンギンが過酷な環境で生き残るためには、たくましく生きなくてはいけないんだよ! メスは1個の卵を産みます。 無事に産卵すると最初はオスが温め、その間にメスは海にエサを食べに行きます。 卵が孵るまでは35日ほど。 その間1度だけ、オスとメスが交代します。 ヒナが孵ると両親は交互にエサを捕りに行き、胃に入れたエサを吐き戻して与えます。 食べたエサの一部が消化されずに残ることで、鮮度の良いエサをヒナに与えられるんです。 天然の貯蔵庫ですね。 3〜4週間ほど巣で育てられたヒナは、その後『クレイシ』という集団でヒナを育てる保育園のようなところに預けられます。 両親はヒナをクレイシに預けている間にエサを捕まえに行き、クレイシに戻ると、 声で自分のヒナを判別してエサを与えます。 クレイシの期間も3〜4週間ほど続きます。 アデリーペンギンのヒナは生まれてからしばらくの間、ふわふわの羽に覆われています。 クレイシの期間が終わる頃、ヒナの羽は大人の羽に換毛します。 これがアデリーペンギンの巣立ちです。 中にはあかちゃんが産まれているところ、コウテイペンギンと一緒に飼育しているところもあるよ! もし近くにアデリーペンギンがいる施設があったら行ってみてね! まとめ アデリーペンギンは南極を代表するペンギンです。 「ペンギン=南極」っていうイメージがあるため、ペンギンを代表するのもアデリーペンギンかもしれませんね。 白いアイリングが目を大きく見せているのが本当にかわいいです! 天敵や他のオスとの争いが絶えない彼らは、 ペンギン界No. 1の攻撃性を持ってしまったんですね。 かわいい顔して性格が荒いとは、、、 ギャップに惹かれそうになるのはわたしだけでしょうか? もしこのかわいいペンギンに興味がある方は、近くの水族館に足を運んでみてください。

次の

南極のペンギン、異なる温暖化への適応

アデリーペンギン

分布 [ ] 周辺 や・・・アデア岬・クロージア岬・ロイズ岬・(、、)・などで繁殖し、やなどでも繁殖する。 ペンギン類で南極半島より南で繁殖する種は本種(最南でロイズ岬の南緯77度)とに限られ、コウテイペンギンのみ本種よりも南方でも繁殖する。 形態 [ ] 眼の周囲は白い。 虹彩は褐色。 嘴は黒く、基部は橙色。 後肢は白やピンク色で、足裏は黒い。 60-70cm、5kgほど。 羽毛は腹側が白く、頭部と背中側が黒いが、目の周りには白いアイリングがある。 足はピンク色をしている。 の根元から先端近くまで羽毛でおおわれているのも特徴で、くちばしが短いように見えるが、口を開けると目の前まで開く。 これは南極の厳しい寒さに適応した結果羽毛が無い部分が少なくなったと考えられる。 また、他のペンギンに比べて尾羽が長いが、これは、にも共通する特徴である。 ペンギンの分類ではこの3種類をまとめてアデリーペンギン属( Pygoscelis属)として扱う。 生態 [ ] オキアミ類、魚類などを食べる。 食性は地域・年・性別などによって変動があることもある。 一例としてメスはオキアミ類を主に食べ、オスはメスと比較すると魚類の比率が大きいとする複数の報告例もある。 成鳥や巣立ち後の雛の捕食者として、卵や雛の捕食者としてやミズナギドリ類が挙げられる。 非繁殖期はの周辺海域で群れを作って生活し、などのやを捕食する。 でのはや などである。 近年のの影響を受け、生息数が減少傾向にある。 南極大陸の海岸部および周辺の島々に、大きなを形成する。 なお南極大陸内におもな繁殖地をもつペンギンは、アデリーペンギンとコウテイペンギンのみである [ ]。 繁殖地は海岸にほど近い岩場で、夏になると雪が解けて岩石が露出する場所に限られる。 探検隊が越冬したには約50万羽からなる巨大なコロニーが存在する他、の付近にも営巣地がある。 南極の初夏にあたる10月になるとアデリーペンギンが繁殖地に集まり、小石を積み重ねてのような形の巣を作る。 南極では夏といえども冷たい雨や雪が降り、卵が冷たい雪解け水に浸ると死んでしまう。 このため親鳥たちはできるだけ高い巣を作る必要がある。 しかし岩が露出する場所は少なく、巣材の小石は貴重品である。 よって巣作りの頃には繁殖地のいたる所で小石の奪い合いが発生する。 メスが産卵するとまずはオスが抱卵し、メスは海へ採餌に向かう。 ヒナがするまでは約35日間かかるが、途中で一度だけオスとメスが交代する。 ヒナは茶色い産毛に包まれ、3週間から4週間ほどは巣にとどまって両親から給餌を受ける。 なお、卵やヒナの天敵は寒さの他にもや、などがいる。 これらの鳥も繁殖期を迎えるため、繁殖地では卵やヒナをめぐる必死の攻防が繰り広げられることとなる。 ヒナが成長すると、ヒナ同士が集まる「」が形成され、親鳥はオスメスとも海へ採餌に向かうようになる。 クレイシュにやってきた親鳥は、鳴き声で自分のヒナを判別し給餌を行う。 クレイシュは3週間から4週間ほど続く。 ヒナが換羽し、成鳥と共に海に入るのは夏の終わりの頃である。 人間との関係 [ ] 地球温暖化による影響、観光や研究による攪乱、漁業による餌資源の競合などによる影響が懸念されている。 ロス海やロイズ岬・テルアデリーでは研究用の基地を設置したことにより一時的に生息数が減少した例がある。 2016年現在は生息数は増加傾向にあるとされるが、これは未確認だった繁殖地が発見されたことによる影響が大きい。 1990年代半ばにおける生息数は2,370,000ペア・4,740,000羽と考えられていた。 2014年には2006年・2011年の人工衛星による調査から3,790,000ペア(3,520,000 - 4,100,000ペア)・7,580,000羽という推定値が報告されている。 日本国内の飼育 [ ] 、でを行っていた第二天洋丸が、仕留めたの上に乗っていたアデリーペンギン1羽を捕獲。 そのまま船内ので飼育して日本に持ち込んだ。 この個体は、にに寄贈されて飼育された。 にサウス・シェトランド諸島からへ60個の卵が輸入され、このうち54個の孵化に成功した。 孵化した個体は、1992年にに分譲された。 に日本では名古屋港水族館が初めて飼育下繁殖に成功した。 1996年現在は日本国内でアドベンチャーワールドと名古屋港水族館の2施設で52羽の飼育例がある。 画像 [ ]• 2016. Pygoscelis adeliae. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e. T22697758A93637835. :, Downloaded on 03 March 2018. Williams 「アデリーペンギン」佐渡友陽一訳『ペンギン大百科』、、、293-305頁。 「氷の海から礼服の珍客」『朝日新聞』昭和26年4月18日• 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、に関するメディアがあります。 ウィキスピーシーズには、 に関する情報があります。

次の