福岡 大阪 新幹線 往復。 《福岡・博多ー京都7,960円〜》新幹線の格安 料金まとめー往復

【最安6,300円~】大阪⇔福岡の格安新幹線「バリ得こだま」予約・購入ガイド

福岡 大阪 新幹線 往復

「バリ得こだま」の詳細を知りたい方は以下でまとめていますので参考にしてください。 Web予約で直前まで購入可能(3日前)• 片道・往復購入可、指定席乗車• +500円でひかりグリーン車利用可能• 上り(新大阪発)、下り(博多・小倉発)ともに利用可• こだま:約4時間半 ひかり:約2時間半• お得な200円クーポン付き• コンビニや郵便局でチケット受け取り可能 バリ得こだま・ひかりはとにかく料金の安さがウリです。 バリ得こだま・ひかりは上りも下りも使えるので、週末にフラっと九州方面または関西方面に観光したくなったときに気軽に使えます。 バリ得こだま・ひかりのチケットは以下より予約できます。 最安値が姫路ー小倉の6,400円です。 予約・料金 往復割引はありますか? 現在、期間限定キャンペーンで「バリ得こだま」の往復割引チケットが販売されています。 大人と子供の区分はJRのホームページに記載があります。 正確には窓口やカスタマーセンターなどで確認して下さい。 関連 福岡(博多・小倉)から大阪への上り新幹線に乗車できますか? できます。 バリ得こだまは上り(福岡から大阪 方面)・下り(大阪から福岡 方面)ともに利用できます。 予約・料金 バリ得こだまの時刻表を教えてください。 バリ得こだまで乗車可能な新幹線こだま・ひかりの時刻表は以下の通りです。 予約・料金 バリ得こだまは、実際どれくらいお得ですか?(大阪-福岡 料金比較) バリ得こだまは、 通常の新幹線乗車料金の半額くらいです。 新大阪-博多間を他の手段で新幹線乗車した場合の料金をまとめておきます。 以下は、新大阪-博多(片道・指定席)の乗車券+特急券の値段です。 バリ得こだまが圧倒的に格安なのがわかります。 新大阪、新神戸、新明石、姫路、小倉、博多 こだまなので山陽新幹線の全駅に停車するわけですが、バリ得こだま・ひかりのチケットでは、途中の広島や岡山などその他の駅で乗り降りすることはできません。 新幹線の通常料金よりはるかに格安なので、途中で前途放棄した方がお得な人もいると思いますが、実行した場合は、別途その区間の乗車料金を請求される可能性が高いでしょう。 以下の駅で乗降が可能です。 博多・小倉ー岡山・新倉敷・福山・新尾道・三原・東広島・広島・新岩国・徳山・新山口・厚狭 バリ得こだま山陽版は以下で詳しく書いています。 参考 『バリ得こだま山陽版』の予約・購入は以下よりできます。 500円クーポンが付くので実質7,000円です。 以下の駅で乗降が可能です。 新大阪・新神戸 ー 岡山・新倉敷・福山・新尾道・三原・東広島・広島・新岩国・徳山・新山口 バリ得こだま山陽版は以下で詳しく書いています。 参考 『バリ得こだま山陽版(京阪神)』の予約・購入は以下よりできます。 Web予約・料金 ひかりにも乗れると聞いたのですが バリ得こだまでも ひかり号に乗車可能です。 (正式には『バリ得こだま・ひかり』という名称ですので。 ) ひかり乗車の場合は、新大阪-博多間が最短約2時間30分程度なので、こだまより2時間以上も短縮できます。 ただし、ひかりの便数は少なく乗車時刻が限定されますので、出発時刻に気をつけて下さい。 予約は早めにした方がいいですよ。 ひかりの出発時刻は以下の通りです。 博多発 :442(6:14発)、444号(20:51発)• 新大阪発:441号(6:03発)、491号(7:35発) グリーン車にも乗れると聞いたのですが グリーン車にも乗車可能です。 ひかり限定ですが、+500円でより快適なグリーン車を体験できるので、ぜひ利用したいところです。 当日のチケットの使い方が知りたいです 送付されたチケットを自動改札機に通すだけです。 特に手続き等はいりません。 在来線から(在来線に)乗り継ぐ場合はどうすればいいですか? 在来線の乗り継ぎ切符を購入する場合、窓口を利用してバリ得こだまのチケットを見せた方がいいでしょう。 (少し安くなるかもしれません) 例えば大阪なら、バリ得こだまの乗車券は大阪市内は有効ですので、市の境界駅から/までの乗車券を購入すればOKです。 ゴールデンウィークやお盆・年末年始も使えますか? ゴールデンウィークやお盆・年末年始にも使えますが、少し料金は高めになります。 2019年も同程度となるでしょう。 混雑期ですのでご予約は早めに。 最新の情報は公式サイトで確認して下さい。 予約・料金 「バリ得こだま」の予約・購入 バリ得こだまはどこで買えますか? Webから予約・購入することができます。 予約・料金 予約・購入の手順は以下に詳しく解説していますので参考にしてください。 クレジットカード払いできますか? できます。 Web予約・購入はクレジットカード払いのみで、現金払いや銀行振込は不可です。 九州(博多・小倉)の人でも買えますか? 買えます。 博多発または小倉発の新幹線に乗車することができます。 Webから予約・購入するとチケットが送付されてきます。 予約後即発行され、2日後には到着します。 出発直前ですが今から予約できますか? 出発の3日前までWebから予約・購入することができます。 予約・料金 Web・インターネットからの購入方法がよくわかりません Web・インターネットからの予約・購入方法を下の記事で詳しく説明しています。 実際の予約画面とともに手順を追って、わかりやすく解説していますので参考にして下さい。 できます。 日本旅行のWeb予約システムに以下のように表記があります。 ご要望はお申込み完了後に表示される「取扱店舗へのご連絡事項」へご記入ください。 Web予約の最後で「取扱店舗へのご連絡事項」に希望座席を入力すればOKです。 窓側/通路側はじめ、最前列、コンセントのある座席、車両指定、多目的室の近くなど、座席希望が可能です。 ただし、あくまで希望です。 2名の予約等は隣同士で配慮してもらえますが、基本的に座席の保証はされていません。 混雑具合によってはバラバラになる可能性もあります。 心配な方は、Web予約した後に予約センターに確認の電話をいれるといいです。 座席の空席状況は予約前にでチェックしておきましょう。 インターネットでチケット購入後の手順を教えてください 以下の流れになります。 Webから予約・購入申込み• 予約確定のメールが届く• バリ得こだまの乗車チケットが郵送されてくる• 受け取り、中身を確認(コンビニ、郵便局で受け取り可)• 当日乗車 空席がない場合、または希望した席がない場合は、担当者より電話連絡が来ます。 申し込みに問題がなければ、チケットはすぐに郵送されてきます。 日本旅行のチケットはコンビニや郵便局で受け取れますので、「早く受け取りたいけど忙しくて自宅にいない」という人も大丈夫です。 乗車当日は、チケットをもって新幹線に乗るだけです。 購入したチケットをキャンセルできますか? できます。 ただし、出発の10日前からキャンセル料金がかかります。 バリ得こだまのキャンセル料金は以下の通りです。 以下の手順で行います。 ご旅行開始前にメディアトラベルセンターへ電話(メディアトラベルセンター:0570-666-155、全日9:30~18:00)• キャンセルの旨の伝える。 列車出発前に取消連絡をいただいたJR券に対し、JR駅で不乗車の証明を受ける。 不乗車証明とJR券、クーポン類をメディアトラベルセンターへ送付。 取消手続きが完了後、決済したクレジットカードへキャンセル料を差し引いた額が返金される。 新幹線こだま号について 乗車中に本人確認はありますか? 基本的にありません。 子供用の運転台があるのですか? 山陽新幹線500系こだま号には、子供向けの運転台(遊具)が設置されています。 詳しくはJRのホームページで確認して下さい。 関連 新幹線・エヴァンゲリオン仕様(500 TYPE EVA)に乗りたいのですが可能ですか? ばり得こだまで乗車可能です。 「500 TYPE EVA」は、2015年より新大阪-博多間を1日1往復しています。 本来は2017年の3月までの運行予定でしたが、JR西日本が延長を決定して2018年春まで運行する予定です。 500 TYPE EVAの出発時刻は以下の通りです。 博多発 :730号(6:36発)• 新大阪発:741号(11:32発) 500 TYPE EVAの特設HPがあるので、興味が湧いた方は覗いてみて下さい。 ただし、1号車のコクピット体験は別途予約が必要です。 関連 その他、料金比較やオトクな情報 バリ得こだまは飛行機や高速夜行バスと比べてオトクですか? 基本的に、 大阪ー博多・小倉間の移動は新幹線が最適です。 最安値をつかめれば飛行機や高速夜行バスのほうが安い場合はありますが、どちらも週末は割高ですし、バリ得こだまの方が断然安いです。 また、飛行機だと空港までの時間とコスト、夜行バスは体力面でデメリットが多いですね。 詳しくは以下を参考にしてください。 参考 宿泊する場合もバリ得こだまがオトクですか? 大阪または福岡で宿泊する旅程の場合は、バリ得こだまとホテルを別々に予約するよりも、「新幹線+宿泊セット」を購入するほうがオトクな場合が多いです。 Web予約・料金 新幹線+宿泊セットについては以下で詳しく書いていますので参考にしてください。 新大阪ー京都は新快速で25分です。 関連ページ.

次の

お知らせ

福岡 大阪 新幹線 往復

山陽本線と海 片道費用 9,950円(大阪駅〜博多駅の片道運賃) 所要時間約12時間〜 JRの 在来線を利用して大阪〜福岡(大阪駅〜博多駅)を移動する方法です。 つまり、新幹線を使わずに、JRの普通列車や快速列車を利用して移動します。 在来線での移動はすごく時間がかかる上に、何回か乗り継ぎも必要で、利便性という面では新幹線に大きく劣ります。 時期によっては、以下の表にある 青春18きっぷなどの フリーきっぷを活用することで、1日あたりにすれば数千円と格安で移動することも可能です。 以下の表は、大阪〜博多間で利用できるフリーきっぷの一覧です。 いずれのきっぷも、発売・利用期間は 期間限定です。 各きっぷの詳しい内容については、リンク先をご覧ください。 山陽新幹線N700系 片道費用 8,600〜21,670円 (シニア限定商品・旅行商品を除く) 所要時間約2時間30分〜 新幹線(山陽新幹線)で、大阪〜福岡(新大阪駅〜博多駅)を移動する方法です。 スピードが速くて『 定時性』に優れている新幹線は、 時間を重視する方にとって最適な移動手段です。 新幹線のきっぷは、定価で購入すると比較的割高ですが、新大阪〜博多間では、以下で紹介するように多くのおトクなきっぷが発売されています。 新大阪〜博多の新幹線きっぷ一覧 以下の表は、新大阪〜博多の新幹線きっぷ一覧です。 2020年6月調査時点でのデータを元にしています。 定価のきっぷの価格は、大人1名が通常期に乗車するという条件での価格です。 往復きっぷや回数券の場合は、 片道あたりの価格を表示しています。 グリーン車用のきっぷは背景を 緑で示しています。 Eは会員限定、 Sは会員限定、 Jは会員または会員限定、 Oは会員限定(年齢制限あり)のきっぷです。 特急券のみの商品である「e特急券」は、定価の乗車券をプラスした価格を表示しています。 各きっぷには、使用にあたって 条件がついているものが多いので注意が必要です。 例えば『 おとなびWEB早特』は、シニア世代向け(年齢制限付き)会員制サービス『』会員限定のきっぷです。 エクスプレス予約とスマートEXについて 上の表で示した『』および『』は、JRの東海道・山陽新幹線インターネット予約サービスです。 この2つのサービスの内容については、以下の記事で詳細に比較しています。 金券ショップを利用する 金券ショップで、新幹線のチケットを購入することもできます。 目的の店に新大阪〜博多の新幹線チケット在庫が必ずあるとは限りませんが、大阪市内や福岡市内の店なら、在庫がある可能性が高いです。 なお大阪市内では、梅田エリアに金券ショップの店舗が集中しています。 宿泊の予定がある場合 新幹線で新大阪〜博多を 往復し、かつ 宿泊の予定がある場合は、新幹線のチケットと宿泊がセットになったパッケージツアーを利用する方法があります。 条件にもよりますが、個別に新幹線やホテルを手配するより、全体の費用が安くなるケースが多いです。 JR西日本の子会社、 日本旅行などがこういったパッケージツアーを販売しています。 【日本旅行】 スポンサーリンク 大阪〜福岡間の運航路線(2019年11月調査時点) 航空会社 区間 運賃 伊丹〜福岡 6,960〜34,960円 関西〜福岡 7,640〜34,530円 伊丹〜福岡 6,700〜28,860円 伊丹〜福岡 7,360〜24,160円 関西〜福岡 3,990〜26,510円 関西〜福岡 3,490〜24,470円• 大阪〜福岡間の運航路線を大きく分けると、ANAやJALなどの フルサービスの航空会社と、ピーチやジェット・スターなどの LCC(格安航空会社)に分けられます。 ANAやJALなどの普通運賃は基本的に割高ですが、旅割(ANA)やスーパー先得(JAL)など 早割タイプの運賃を利用することで、費用をある程度安くすることができます。 LCCの特徴は、なんといっても運賃の安さです。 また運賃が時期によって大きく変動するのも特徴で、搭乗日直前などは運賃が高くなる傾向があります。 なるべく早めに予約手続きを進めるのがいいでしょう。 航空券を予約する 大阪〜福岡の航空券の 最安値を調べるには、 (旧 DeNAトラベル)が便利です。 LCCも含めた各航空会社(IBEXエアラインズを除く)の航空券を一括して検索・予約できます。 飛行機で大阪〜福岡を 往復し、かつ 宿泊の予定がある場合は、航空券と宿泊がセットになったパッケージツアーを利用するという方法もあります。 は、こういったパッケージツアーの一つです。 条件によりますが、個別に航空券と宿泊を手配するより、全体の費用が安くなるケースがあります。 空港アクセスについて 飛行機で移動する際には、空港まで(から)の移動に必要な 所要時間と 費用も計算に入れる必要があります。 福岡空港〜博多駅間は、福岡市地下鉄空港線で 約5分、運賃は 260円です。 福岡空港は、日本でも有数のアクセスの優れた空港です。 大阪方面で利用できる空港は、 伊丹空港と 関西空港です。 以下の表に、伊丹空港・関西空港〜主要駅の 費用と 所要時間をまとめました。 なお、以下の例はあくまでも一部で、他にも利用できる交通機関は存在します。 大阪〜福岡のフェリー(2019年11月調査時点) フェリー 区間 旅客運賃(大人) 大阪南港〜新門司港 6,700〜21,150円 泉大津・神戸〜新門司港 6,700〜26,400円• 名門大洋フェリーと 阪九フェリーが、大阪・神戸〜北九州を結ぶフェリーを運航しています。 大阪市中心部から近いのは、大阪南港から発着する 名門大洋フェリーです。 名門大洋フェリーも阪九フェリーも 新門司港(北九州市)発着になるので、福岡市中心部まで移動する場合は、移動に必要な所要時間と費用についても計算に入れる必要があります。 なお新門司港〜JR小倉駅を結ぶ、無料の連絡バスも運行しています。 フェリーは12時間以上と所要時間が長く、船内で一泊する形になります。 そして利用可能な船室のタイプが細かく分かれていて、船室ごとに運賃にかなり差があります。 またフェリーには、自動車や二輪車を積み込めるというメリットがあります。 自動車や二輪車の積み込みには、別に料金がかかります。 スポンサーリンク 大阪〜福岡の移動手段 交通機関 費用(片道) 所要時間 高速バス 2,900円〜 約10時間30分〜 JR在来線 9,950円 約12時間〜 新幹線 8,600〜21,670円 約2時間30分〜 飛行機 3,490〜34,960円 約1時間10分〜 フェリー 6,700〜26,400円 約12時間40分〜• 選択できる交通機関の種類が多いのが、大阪〜福岡の移動手段の特徴です。 近年はLCCの登場により、選択肢もさらに多くなりました。 スピードを重視するなら、 新幹線か 飛行機です。 日帰りするなら、新幹線か飛行機を選択することになります。 新幹線のメリットは『定時性』に優れていることです。 飛行機は、スピードと福岡空港のアクセスが良さが利点です。 リーズナブルに移動するなら、 高速バスか フェリー、 鉄道(在来線)です。 ただ、いずれの方法も所要時間が長くなるので、旅程を組む際には注意が必要です。 フェリーは、自動車や二輪車を積めるというメリットがあります。

次の

《福岡・博多ー京都7,960円〜》新幹線の格安 料金まとめー往復

福岡 大阪 新幹線 往復

広告 新大阪-博多の新幹線割引きっぷ 新大阪-博多の割引きっぷは以下の通りです。 価格は変更になることがあります。 正規料金とあわせてご紹介します。 21,670円 - (のぞみ・みずほ正規料金)• 21,350円 - (ひかり・さくら・こだま正規料金)• 15,600円 - (のぞみ・みずほ正規料金)• 15,400円 - (のぞみ・みずほ普通車指定席)• 15,280円 - (ひかり・さくら・こだま正規料金)• 15,080円 - (ひかり・さくら・こだま普通車指定席)• 14,750円 - (正規料金)• 14,750円 - (普通車自由席)• 14,620円 - (のぞみ・みずほ普通車指定席)• 14,420円 - (のぞみ・みずほ普通車指定席)• 14,300円 - (ひかり・さくら・こだま普通車指定席)• 14,100円 - (ひかり・さくら・こだま普通車指定席)• 13,770円 - (普通車自由席)• 13,770円 - (普通車自由席)• 13,640円 - (のぞみ・みずほ普通車指定席)• 13,520円 - (普通車指定席)• 13,490円 - (普通車指定席)• 13,490円 - (普通車指定席)• 13,490円 - (普通車指定席)• 13,320円 - (ひかり・さくら・こだま普通車指定席)• 12,850円 - (のぞみ・みずほ普通車指定席)• 12,790円 - (普通車自由席)• 12,530円 - (ひかり・さくら・こだま普通車指定席)• 12,510円 - (普通車指定席)• 12,510円 - (普通車指定席)• 12,310円 - (普通車指定席)• 12,000円 - (普通車自由席)• 12,000円 - (普通車指定席)• 10,480円 - (普通車指定席)• 8,660円 - (普通車指定席)• 7,600円 - (普通車指定席) 東京発着料金表• 品川発着料金表• 新横浜発着料金表• 名古屋発着料金表• 新大阪発着料金表• 博多発着料金表• あなたへのおすすめ.

次の