ゆたぽん 父親 逮捕。 ゆたぼんが炎上で父親はブログで反論!姉もユーチューバーって本当?

ゆたぼんの親が逮捕!?父親の中村幸也と母親のきよみんはどんな人?

ゆたぽん 父親 逮捕

アンチによる「チャンネル登録解除祭り」でも暴言 「学校へ行くな」「ロボットになるな」などの過激な発言で世間から注目を集めた「ゆたぼん」ですが、知名度が上がるにつれて「アンチ」も急増することになりました。 その結果、アンチによる「チャンネル登録者解除祭り」が決行されたのです。 そんな中、(2019年)8月には「ゆたぼんチャンネル登録解除祭り」として、 一部ネットユーザーが、 8月31日から9月1日になる瞬間にゆたぼんの チャンネル登録を解除しようと呼びかけ。 呼びかけ前は8万人弱だったゆたぼんのチャンネル登録者数は8月27日には10万人超えとなっていたが、 「登録解除祭り」直前にチャンネル登録者数は非公開に。 現在では再公開しているが、 登録者数は約8万3000人となっている。 彼は自身のTwitterでも怒りを表明し、次のように発言したのです。 しかし、この「登録解除祭り」に、 中村氏はツイッターで 「こんな事をしながら『学校に行かないと常識が身につかない』」 「これが日本の学校教育を受けた人たちの成れの果てなら マジで学校なんて行く必要ないと思うわ」 と苦言。 その後、 アンチファンから届いたバッシングツイートに反応し、 ツイッターで 「お前みたいに 匿名でしか書き込めないカスが子どもだったら、 こっちが死にたいわ」 「 消えろ、カス」 「 お前みたいなゴミにならないから大丈夫だよ」 「学校に行くのが常識という考え方がすでに非常識」 などと反論している。 上記の通り、幸也さんは「強い言葉」でアンチに反論しています。 しかし、これらの反論に対して、一部からは「暴言だ」との声が上がる事態になったのです。 確かに、いくら頭に血が上ったとはいえ、「心理カウンセラー」である立場上、言葉は慎重に選ぶべきだったと思われます。 経歴や年齢は? 幸也さん自身の経歴を公表しており、かつては暴走族だったと言います。 彼の経歴がこちらです。 大阪府 茨木市に生まれる。 元暴走族。 現在は心理カウンセラー、 あきらめる生き方の専門家、 禁煙カウンセラー。 中学時代はかなりのやんちゃ坊主。 盗んだバイクでグランドを走りまわり、 タバコを吸いながら廊下を堂々と歩く。 中学卒業後、 すぐに就職し働き始めるが、 3ヶ月で辞める。 のちに20回以上転職を繰り返す。 暴走族の副総長となる。 その後は地元を離れ、家族や友人との関係を断って一心不乱に働き、高卒認定試験に合格しました。 当時は会社員として働いていた彼ですが、一念発起して退職し、パソコンのスキルを習得。 自分の身ひとつで営業している中で、「日本メンタルヘルス協会」の衛藤信之氏と出会い、本格的に心理カウンセラーを目指すことになったのです。 ちなみに、生年月日については「1980年3月22日生まれ」との情報が確認されています。 つまり、現在の年齢は39歳となります。 (2019年9月現在).

次の

ゆたぼんの登録者が解除祭りで2万人減少!彼女やアンチ,元暴走族の父親などを調査

ゆたぽん 父親 逮捕

ゆたぼんは「学校に行くのは義務ではない」と言っていますね。 多少間違っている部分はありますが、まぁ、言いたいことはわかります。 子どもには「 教育を受ける権利」があり、これは子どもの学習権の保障のためのものです。 そして 親が「 教育を受けさせる義務」があります。 国民の三大義務の一つですよね。 ゆたぼんはYouTubeで不登校です。 とはっきり言っているため、親の責任が問われるのではないかと、ある弁護士は言及しているんです。 学校へ行きたいのに行かせない親はなおさら逮捕される可能性は高いですが、今回のケースはゆたぼんは学校へは行きたくないと発言しているので、実際に逮捕までつながる可能性は極めて低いと思います。 でも、今後のYouTubeに投稿される動画の内容によってはどうなるかわかりませんけどね・・・ ゆたぼんの父親と母親の名前は? ゆたぼんはYouTuberとして活動していますが、YouTubeは子どもだけではできません。 当然、大人が関与しているはずですよね。 今回のゆたぼんの場合は両親になります。 ゆたぼんの父親は 中村幸也(なかむらゆきなり)さんといい、ゆたぼん同様にブログで発信をしています。 バイクを盗んだり、学校の廊下でタバコを吸ったりと、他にも様々な悪行のエピソードがあるようですが、今では更生されているようです。 しかし、父親の中村幸也さん自身は子どもには自由に生きてほしいという思いがあることからゆたぼんにも自由に生きてもらっているそうです。 親は「 教育を受けさせる義務」があり、子どもは「 教育を受ける権利」がありますが、中村幸也さんは自身のブログでこうコメントをしています。 あまり知られていないようですが、約 3 年前に文部科学省は小、中、高、すべての学校へ向け、「不登校を問題行動と判断してはならない」 との見解を含む通知を出しています。 ここには「不登校とは、多様な要因・背景により結果として不登校状態になっているということであり、その行為を『問題行動』と判断してはならない」とあります。 ゆたぼんの不登校の問題に対して多数の意見が寄せられていることから、中村幸也さんは文科省の通知を引き合いに出し、コメントをしたようです。 中村幸也さんは心理カウンセラーを名乗っていますが、実は心理カウンセラーは資格がなくてもできる仕事なんです。 公認心理士や臨床心理士などは資格が必要になりますが、心理カウンセラーと名乗ることは誰でも可能なようなんです。 というのも実は中村幸也さんは最終学歴が中卒で、仕事に就くも20の仕事を転々とし、最終的に心理カウンセラーに行き着いたようです。 それも感化されたのが 衛藤信之という心理カウンセラーで彼は、大学で心理学を学んだわけではなく、独学で心理学を勉強した人物なんです。 そして独自で日本メンタルヘルス協会を主催していますが、日本の心理学会とは全く関係のない別団体でもあるんです。 話題の不登校のゆたぼん。 父の幸也氏は心理カウンセラーで衛藤信之という人の影響を受けたらしい。 衛藤信之と言う人は大学で心理学や医学を学んだわけではなく、独自にアメリカで開眼したらしい。 この方日本の心理学会とは全く関係ない日本メンタルヘルス協会という紛らわしい会の主催。 — WINNEY38 winney38 すべての心理カウンセラーが大学で勉強して活動しているわけではありませんし、心理カウンセラーという仕事はメンタル的にしんどい仕事でもあるので、よくその仕事を選んだな、という印象を受けます。 中村幸也さんと同じように大学では心理学を学ばずに独学で勉強し心理カウンセラーを名乗り、有名な人も他にも多数いるのは事実です。 だから中村幸也さんがやっている心理カウンセラーも真っ当なことをやっているのであれば、批判されるようなことでも無い気はするんですけどね・・・ 母親のきよみんって誰? ゆたぼんの母親、きよみんはクラウドファンディングでiMacの購入資金を稼ごうとしていたことをさきほど述べましたが、彼女はちゃんと自分で仕事をしていて、DTPデザイナーという自身でデザインをして印刷用の入稿データをPC上で行う仕事をしています。 きよみんには5人の子どもがいますが、一人目は16歳のときに妊娠をし、17歳で出産を経験しています。 現在、長女は17歳で高校生のため独り立ちをしているようですが、きよみん含め、家族とは一緒に生活していないようです。 それでも長女は家族のことを常に心配しているような優しい子のようですよ。 最近だとこんな家族も珍しくなくなってきたようですね。 まとめ 少年革命家ゆたぼんのことを批判されている方のほうが圧倒的に多いようですが、本当に革命を起こす人ってのは世間に認められるまでは批判にさらされ続けます。 思い当たる人物としては• ホリエモン• にしのあきひろ なんかがすぐに思い浮かぶと思います。 この2人も最初はものすごく批判されていましたよね。 今でもアンチは多いですが、それ以上にファンが多いことも事実です。 彼らの言動は一般人にとっては突拍子もないことなので、想像の域を超えてしまって理解ができないからこそ批判されてしまうんだと思います。 ゆたぼんもホリエモンやにしのあきひろのように、革命を起こすような人物になってほしいですね。 そのためには信念をもって行動し続けてほしいです。 私は学校に必ずしも行かなくては良いとは思いますが、義務教育レベルの知識は身につけてほしいとは思います。 面白い活動をこれからも続けていってほしいです。

次の

ゆたぽんじゃなくてゆたぼん。炎上した3つの不登校動画がこちら。

ゆたぽん 父親 逮捕

来歴 (20年)、5人兄弟の長男としてにて生まれる。 、通っていたで、をしていなかった事をきっかけに担任教師とトラブルになり不登校になった。 「先生は叩いたのに叩いてないと嘘をついたから、行きたくなくなった」、「なんで不登校になったかというと、周りの子たちがロボットに見えたからです」と本人は述べている。 この事が契機となり小学校に通わないことを決意し、で「不登校は不幸じゃない」、「俺が自由な世界をつくる」、「人生は冒険や」 、「いやいや学校へ行ってる子たちの方が不幸だと思う」 等といったメッセージを発信するようになった。 不登校になってからおよそ1年が経った、家族そろってに移住。 そして、2019年5月に、ゆたぼんの活動が琉球新報の5日付の記事に取り上げられたことをきっかけに、ネット上で賛否両論の声が上がったり、YouTubeチャンネルの登録者数が激増した他、「サンデージャポン」、「バイキング」、「」などの大手メディアで取り上げられた。 、久しぶりに学校に登校し、を食べ5時間目の授業を受けて下校したと、本人は話す。 この時、ゆたぼんは自身のYouTubeチャンネルで「俺は不登校の子に言いたい。 学校に行きたければ行けばいいし、行きたくない子は行かなくていい」、「子供は学校に行く権利はあるけど義務はない 」、「みんな自由に生きよう!死んだらアカン!」、「ランドセルの中は筆箱だけ!」等改めて不登校の子供たちに向けてエールを送った。 人物 ゆたぼんのYouTubeの動画は「ハイサイまいど!少年革命家、ゆたぼんです」という明朗な挨拶で始まり、「人生は冒険や!自由に生きよう!死んだらアカン!じゃあ」でしめた後オリジナルソングである「僕の唄」が流れる形がとられている。 配信する動画は歌やお笑い系が多い。 論争 父親の影響を受け、有料の親子講演会を開催する等自由な生き方を模索している。 それ故か、「ゆたぼんは父親のロボット(言いなり)にされているのではないか」と指摘する者がいる。 将来の目標は子供だけが乗れるピースボートで世界中に友達を作り戦争を無くす事で、明けの頃には、子供を集めたを開催する計画も練っている。 また、インターネットラジオ「ゆめのたね放送局」の最年少パーソナリティーに就任し、毎週土曜午後8時から30分番組「自由への扉」を放送している。 記事の売り込みと新聞社の責任 第三者のYouTuber がに電話取材を申し込んだところ、琉球新報の記事は父親による売り込みの記事であることが発覚した。 ゆたぼんが過去に投稿した動画では「YouTubeのコメント欄ではアンチがいっぱい来て苦しんでる子のコメントが見えないから、『琉球新報』の方に電話をしてください」と視聴者に確認を呼びかけていたが、琉球新報にも反響の声どころか問い合わせ自体も一切届いてないことが取材によって明らかにされた。 [ ] ゆたぼんが主張する教師とのトラブルについては、記事を作成した新聞社側はトラブルの有無を学校に取材して確認をしておらず、実際にトラブルがあったのかどうかは明らかになっていない。 本人の言い分のみで記事を作成したことについて琉球新報の報道責任についても問題視されている。 脚注 []• 2019年5月15日. 2019年5月25日閲覧。 ゆめのたね. 2019年9月4日閲覧。 2019年5月5日. 2019年5月25日閲覧。 2019年5月15日. 2019年5月25日閲覧。 中村幸也オフィシャルブログ「自由に生きるのに遠慮はいらない!」. 2019年7月24日閲覧。 2019年5月9日. 2019年5月25日閲覧。 ライブドアニュース. 2019年7月24日閲覧。 2019年5月15日. 2019年5月25日閲覧。 2019年6月10日. 2019年6月11日閲覧。 2019年5月13日. 2019年7月15日閲覧。 2019年5月17日. 2019年7月15日閲覧。 2019年5月21日. 2019年7月15日閲覧。

次の