デヴィ 夫人 アラン ドロン。 デヴィ夫人 アラン・ドロンとロマンス告白「ちょっとしたお付き合い」 80歳誕生日に/芸能/デイリースポーツ online

アラン・ドロン

デヴィ 夫人 アラン ドロン

2017年5月14日放送のフジテレビ『ワイドナショー』に、デヴィ夫人が初登場。 フランスの大物俳優との知られざる関係について、大胆告白しました。 番組のトップ項目として選ばれたのは、先頃、81歳で俳優業から引退を表明したアラン・ドロンさんについての話題。 ナレーションでは「かつて、デヴィ夫人ともロマンスがあったという」と伝えました。 MCのさんが、デヴィ夫人に「アラン・ドロンさんとも関係があったというニュース、僕、知ってますよ」と振ると、夫人は「そうですか?」と満面の笑み。 さんが「どうなんですか!元カレってことですか?」と聞くと、夫人は懐かしそうに「もう、むか~しむかしのお話ですけどね、40年ぐらい前?そんな、彼氏ということではないですけども、まあ、ウィークエンドとか、うたかたの恋ですね」と話しました。 インドネシアのスカルノ大統領の第3夫人だったデヴィ夫人がアラン・ドロンさんと初めて会ったのは、1964年。 東京オリンピックが開催されていた当時、帝国ホテルでだったそうです。 あの頃日本の方たちはフランスの俳優さんが来てても、接待をするってことがあんまりなかったのかなぁと。 それで多分彼、ヒマだったんでしょうね。 いっつも私たちがロビーを通って外出すると、いらっしゃるんですよ。 で、外出から帰ってくると、またいらっしゃるの。 で、もうスカルノ大統領は「おまえがお目当てなんじゃないか」って、ジェラシーをなさったぐらい。 ーより引用 その後、国の情勢が悪くなって1人でフランスへ亡命したデヴィ夫人は、社交界で名をはせ『東洋の真珠』と呼ばれました。 ロスチャイルド家のパーティーなどに出席し、貴族や実業家といったセレブと交流していた際、アラン・ドロンさんと再会したそうです。 東野さんが「じゃあアラン・ドロンさんと再会された時は燃えたでしょう」と聴くと、夫人は「そうですね~」と、遠い目で答え、堀潤さんの「夫人とアラン・ドロンさんは2人きりでお部屋で過ごされるってことですか?」との質問にも「そうですね、あんなような(若い2人が向かい合う写真を指して)感じで。 あれはマキシム・ド・パリですけれども。 もう1枚の写真はどこだったかもう覚えてないんですけれど、でも若くて綺麗でしょう?」と誇らしげ。 さらに番組はリンゴ・スター、ゴルバチョフ旧ソ連書記長、サルバドール・ダリなどといった、そうそうたる世界のVIPと一緒に写ったデヴィ夫人の写真を披露。 これに対し夫人は「人の奥様を盗む、人の旦那様を盗む、ちょっとの間貸してみたいな感じで、当時の社交界ではラブはゲームのひとつ」と、我々には理解を超えた世界の話を披露。 これには松本さんも「日本の芸能界もラブはゲームでいいんじゃないのォ?」と、過熱する昨今の不倫報道を語りました。 最後に東野さんから「アラン・ドロンさんとのキスはどんな感じでした?」と聞かれた夫人は、若干ためらった後「何といったらいいですか?…スパッ!といった感じですかねえ」と、これまた想像の斜め上を行く回答で、スタジオ中を盛り上げていました。 この放送に対し、ネットでは様々な反応がありました。

次の

デヴィ夫人の資産や経歴!!現在の収入源と凄すぎる自宅を公開!!

デヴィ 夫人 アラン ドロン

16歳から高級クラブのホステスに 中退後、16歳で高級クラブ「コパカバーナ」のホステスとして働きました。 19歳でスカルノ大統領と結婚しましたが、それが日本で大騒ぎになったことからか母親が心労で急死します。 さらにその2日後、弟も自殺しています。 デヴィ夫人はその時のことを「何時までも心を離れない悲しいトラウマになっている」と語っています。 スカルノ大統領死去後 スカルノ大統領の死去後、第3夫人として遺産分与を受け、インドネシアで事業を立ち上げたものの、スカルノ元夫人としての外交的立場は失っており、結局ニューヨークへ移住します。 それを機にインドネシアから第一線を退き、現在は日本で活躍中です。 デヴィ夫人、バラエティで大活躍! 78歳にもなるデヴィ夫人ですが今もなお「世界の果てまでイッテQ!」に出演するなどバラエティー番組で大活躍されています。 イッテQ!では出川哲朗さんと探検隊として世界中で過酷な旅に挑んでいます。 年齢など感じさせないほどエネルギッシュでスカイダイビングなどにも挑戦されています。 デヴィ夫人はなぜバラエティー番組に出演するの? 現在でもセレブ生活を続けるには十分すぎる資産を持っているデヴィ夫人はなぜバラエティーに出演するのでしょうか?それは 「新しい事に挑戦するのは、まったく怖くないわ。 私が、本当に怖いのは挑戦する気持ちが、なくなってしまう事よ」とのことです。 つまり、チャレンジの一環だというのです。 若い頃に総入れ歯にしているのはなぜ?.

次の

松ちゃんも驚愕!デヴィ夫人がアラン・ドロンとのうたかたの恋を告白!

デヴィ 夫人 アラン ドロン

16歳から高級クラブのホステスに 中退後、16歳で高級クラブ「コパカバーナ」のホステスとして働きました。 19歳でスカルノ大統領と結婚しましたが、それが日本で大騒ぎになったことからか母親が心労で急死します。 さらにその2日後、弟も自殺しています。 デヴィ夫人はその時のことを「何時までも心を離れない悲しいトラウマになっている」と語っています。 スカルノ大統領死去後 スカルノ大統領の死去後、第3夫人として遺産分与を受け、インドネシアで事業を立ち上げたものの、スカルノ元夫人としての外交的立場は失っており、結局ニューヨークへ移住します。 それを機にインドネシアから第一線を退き、現在は日本で活躍中です。 デヴィ夫人、バラエティで大活躍! 78歳にもなるデヴィ夫人ですが今もなお「世界の果てまでイッテQ!」に出演するなどバラエティー番組で大活躍されています。 イッテQ!では出川哲朗さんと探検隊として世界中で過酷な旅に挑んでいます。 年齢など感じさせないほどエネルギッシュでスカイダイビングなどにも挑戦されています。 デヴィ夫人はなぜバラエティー番組に出演するの? 現在でもセレブ生活を続けるには十分すぎる資産を持っているデヴィ夫人はなぜバラエティーに出演するのでしょうか?それは 「新しい事に挑戦するのは、まったく怖くないわ。 私が、本当に怖いのは挑戦する気持ちが、なくなってしまう事よ」とのことです。 つまり、チャレンジの一環だというのです。 若い頃に総入れ歯にしているのはなぜ?.

次の