ブラインド スポット モニター。 プリ50 純正 ブラインドスポットモニター 後付け(1)

【公式】ロッキー トップページ|ダイハツ

ブラインド スポット モニター

Vol. 05 危険な死角をカバーして運転をサポートブラインドスポットモニターのしくみと役割 車線変更時の安全確認をさり気なくサポートして、ヒヤリ経験を回避 皆さんはクルマを運転するとき、どういうところに気を付けていますか? スピードを出し過ぎないように、標識を見落とさないように、バイクや自転車を左折で巻き込まないように…。 運転中は色々なところに気を付けて運転されていると思いますが、特に気を付けなければいけないのは、前方の進行方向以外の車両などの動きです。 しかし、どうしても前方を凝視しがちなドライバーも多いようです。 車線変更などの際に、斜め後方に突如現れたかのようなクルマの存在に気付いてヒヤリとした経験もあるのではないでしょうか。 ブラインドスポットモニターの例 ミリ波レーダー装置や赤外線レーザー装置、超音波センサーなど、ドライバーの目に代わって電波や光、音波などを使って周囲の車両などの存在を確認する運転支援システムをブラインドスポットモニター(自動車メーカーにより呼び名は色々あります)といいます。 これはリアバンパー内部に組み込まれたセンサーが、斜め後方の車両などを検知して、車線変更時に接近する可能性がある場合にドアミラーの鏡面やAピラー(フロントガラスの左右にある柱)に組み込んだ警告灯などを点灯させてドライバーに危険を知らせるというものです。 さらにウインカーを出すだけで自動的に安全確認後に車線変更をしてくれる機能を備えたクルマも登場しています。 完全自動運転が実用化されることになれば、これらのセンサーだけで車線変更や右左折の安全確認を行ない、目的地へと連れていってくれるようになるのかもしれません。 こうしたセンサー類も小型軽量化や低コスト化が進み、軽自動車にも搭載されるようになってきました。 さらにドアミラーの代わりにカメラを搭載したクルマになれば、さらにモニターで見える範囲は広がります。 今後登場してくるミラーレスのクルマたちは、少なくとも後方視界についての死角はほぼ解消されているハズで、さらにミリ波レーダーなどで常に監視を行なうことによりドライバーの確認ミスによる衝突の危険性なども回避することができるようになることでしょう。 いや、カメラからの映像でも画像認識して危険を知らせることができるようになれば、高価なレーダー装置を減らすこともできそうです。 駐車時や後退時にも見えない部分を検知して、安全性を高めてくれるものも パーキングセンサーとアラウンドビューモニターの表示例(セレナ) 死角というには大げさですが、運転席から前後バンパーの先端は見えませんから、狭い道での切り返しや車庫入れなどの際にサポートしてくれるパーキングセンサー、クリアランスソナーなどといわれる装備も、見えないところ、わからないところの危険を教えてくれるものです。 これはバンパーに組み込まれた超音波センサーが駐車時に他車や壁などとの接近を警告してくれますよね。 前回のこのコラムでも触れた縦列駐車や車庫入れなどを自動的に行なってくれるパーキングアシストも、これらセンサーによる検知機能を駆使することで実現した装備です。 車両感覚を掴みきれないドライバーに代わって、周囲と接触することなく決められたスペースにクルマを収める技術は、今後ますます重宝されるものとなりそうです。 こうした至近距離での障害物を検知する機能を利用して、ペダルの踏み間違いや前後進の操作ミスなどによる誤発進事故を防ぐ誤発進抑制機能を実現しているクルマも増えてきました。 高齢者の運転操作ミスによる交通事故が問題視されて、このような安全装備付きのクルマに運転を限定する免許の新設も検討されていますが、若年層にも運転操作ミスは見られるため、幅広いユーザー層に役立つ装備であるといえそうです。 それに後方視界のサポートといっても、走行中の進路変更時だけに役立つわけではありません。 道路脇の駐車スペースなどから後退しようとしたときに、後方を通過するクルマと衝突する危険からも警告してくれる機能を搭載したクルマも登場しています。 安全性は高まっている、しかし油断は禁物 このようにセンサーは大変便利なクルマの触角のようなものですが、それに頼り過ぎるのも問題がないとはいえません。 なぜならセンサーは誤作動することもあり、経年劣化により故障したり寿命を迎えるものでもあるからです。 3年ごとに新車を買い替えるようなドライバーには無縁な問題かも知れません。 しかし、この先気に入ったクルマを長く乗り続けようというのなら、いざというときには運転支援システムの助けを借りなくても、一通りの運転ができなければ困る事態に陥ることも十分考えられます。 複雑で高度なシステムほど、故障するリスクも高まり(故障時も機能を維持するよう工夫されているシステムもあります)、壊れたときには走行不能になってしまうことも有り得るのです。 また、インターネットにつながるコネクテッドカーは、車体のセンサーからの情報だけでなく、道路や周囲のクルマからも情報を受け取ることで、さらに高度な運転支援の実現やさまざまな道路の状況を知ることができるようになるといわれています。 このあたりは次回、詳しくお話することにしましょう。 前にも書きましたが、クルマを運転することは気分転換やリフレッシュになります。 適度に身体を動かすスポーツと併せて楽しむことで、歳を重ねても健康でいられるようにクルマの運転も積極的にしてほしいですね。 そういった観点からもクルマはますます安全性を兼ね備えた乗り物へと進化していく必要があるようです。 チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内 万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。 ・ チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。 ・ チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。 ・ 車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。 ・ チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。 無料ロードサービスを提供します。 ・ 自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

次の

リヤカメラを用いたマルチセンシングシステム

ブラインド スポット モニター

みなさん、こんにちは 「高級車を所有する歓び。 ~premium-car-lineup. com~」にお越しいただきまして、ありがとうございます。 このサイトでは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、レクサス等の高級車ブランドについて紹介しています。 はじめての方にも分かりやすい、プレミアムカー選びの参考になるサイトを目指しています。 今回は、レクサスの安全装備である、ブラインドスポットモニター(BSM)について紹介します。 簡単に紹介すると、ブラインドスポットモニター(BSM)は、車線変更時の死角の安全性をサポートするシステムです。 スポンサーリンク ブラインドスポットモニターの機能 自動車の側方は、死角となっいて、車両の存在の把握が難しいのが現状です。 このレクサスのブラインドスポットモニター(BSM)は、その資格部分の安全に関して補助を行う装置です。 車両の後側方に車両が存在する場合、さらに、隣の車線の最大約60mまでに車両差存在する場合に、ドアミラー内のインジケーターが点灯し、ドライバーに注意を促します。 また、その状態でウインカーを使用した場合に、インジケーターが点滅し、さらに注意喚起を行います。 このレクサスのブラインドスポットモニター(BSM)では、急接近してくる車両も検知可能で、車線変更時の安全性をより高めています。 まとめ レクサスのブラインドスポットモニター(BSM)について紹介しました。 ブラインドスポットモニターは、車線変更時の死角の安全をサポートする装置です。 非常に円里奈装置ではあるのですが、あくまで安全を補助する装置です。 どの安全措置にも共通ですが、車線変更時にはしっかりと目視で確認することが前提で、安全装置の過信は禁物です。

次の

【運転が苦手な方を安全にサポート】ブラインドスポットモニターの安全性能は必要?

ブラインド スポット モニター

BSM(ブラインドスポットモニター)の後付けについて書きます。 BSMの後付けは可能です。 トヨタ車のカムリに装着しました。 カムリは、もともとPCSやBSMのメーカーオプションがあります。 だけど10万以上投資したくありません(クラウン買うよねー)。 これを応用すれば、プリウス50系、その他の車両にもできるかも。 ミラー内蔵のLEDでなければ、なんでもつけれちゃいます。 死角領域に車両が存在する場合にミラーインジケーターを点灯します。 ターンシグナルが入力されると、ミラーインジケーターが点灯から点滅に切り替わります。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ BSMのミラーは、BSMなしから交換することになります。 トヨタ部品共販で、BSM付のミラーを購入しました。 買ったままのカプラは、純正専用なので、エーモンの防水カプラに変更 しました。 図面を出張中にホテルで書いてみました。 トヨタ純正のドイツ製コンチネンタルSRR2-Aを最初購入しようと思いましたが、ハーネスがない。 CANを使っているし、ハードの他にも必要部品が多数あると考え、断念。 今回買った、ミリ波BSM装置一式は輸入しています。 どこで買ったか、どれを買ったかは、とりあえず・・・。 このBSMのCPUは、LEDの出力電圧が5Vだったため、光ませんでした。 であれば、リレー受けしてみようという考えで、安心のオムロンのリレーで回路を構成しました。 リレーも高頻度・高速の開閉が必要と想定し、SSRを購入しました。 (出力電圧が12Vであればこのような回路は不要です。 ) 12VをLEDに直接かけるのも危ないので、制限抵抗を介しています。 トヨタの技術マニュアルを見て確認しました。 現在、正常に動作しており、なかなかカッコいいですよ。 安全を買う日でなく、安全が当たり前の時代であればいいですね。 トヨタには日本製であるデンソーの部品を使用してもらいたいし。 追加点(未実施) 通常のBSMは、ライトがつくと減光するようです。 テール・イルミ信号にリレーを入れて、 その接点で制限抵抗値を調整する回路で可能です。 ・ドア内張りを外すこと。 ・サイドミラーを外すこと。 追記2017. 30 BSMを使用しており、すばらしく動作しています。 ただし、ゲリラ豪雨で鉄製の中央分離帯横を走行していると 誤作動を起こす場合が見られます。 この場合に電源を切りたかったので、純正スイッチを取り付けました。 (もともとIG直でした。 ) はじめまして すごいですね! ちょっと感動しています。 ずっとBSMの後付けを模索し、他車種部品の移植ではCAN-BUSが障害となり断念、後付けできる製品の情報を収集していましたが、後付けされた方は初めてです。 スタンドアロンで機能するモノがある事を知りませんでした。 故障による急な買い替えで、セーフティセンスPが装備される50プリウスの発売がわかっていながら、30プリウスを購入しました。 燃費よりも安全を優先しアイサイト付きのレヴォーグも考えましたが納期で断念 そのような経緯で真剣に"安全装備の後付け"を行っています。 現在以下の製品・機能の追加で前方の安全に備えています ・衝突防止 単眼カメラ式 衝突防止補助システム(Mobileye C2-270) 赤外線式 衝突警報システム(Yupiteru FCW-L1) ・わき見防止 顔認識型 わき見・居眠り運転警報器(Yupiteru EWS-CM1) HUD 一部トヨタ純正部品を活用 運転モードスイッチのパドルスイッチ化 メルセデスAMGの部品を流用 音声・赤外線によるナビ操作をステアリングスイッチへ割当て トヨタ純正部品の換装 ぜひBSMを装備したいと思います。 ご使用になられたBSM装置等、お教え頂けないでしょうか どうかよろしくお願い致します。

次の