ポケモン剣盾 ワットバグ。 【ポケモン剣盾】無限ワットバグの新しい方法を発見!?効率がぶっ壊れすぎるww

【ポケモン剣盾】無限ワットバグの新しい方法を発見!?効率がぶっ壊れすぎるww

ポケモン剣盾 ワットバグ

もくじ• 無限ワット稼ぎの方法 無限ワット W 稼ぎを行う事で、 同時に金策と巣リセマラを行う事が可能です。 ただし、この裏技は何らかのペナルティが後日課せられる可能性があり、修正される可能性が高いです。 そのことを十分に理解して、以下の手順で行ってください。 ワイルドエリアの巣に「ねがいのかたまり」を使う• マックスレイドバトルで「みんなでたたかう」を選び、本体の時間を翌日以降に変更する• 何度でも同じ巣から「2000W」を回収し、巣のポケモンも変更されるというお得な裏技です。 時間を進めることで効果があるので、昨日の時間にしたりしても無意味です。 日付変更によるゲーム内のペナルティは、 「ポケジョブの時間が初期に戻る、1日1回のイベントが行えない」くらいですね。 ただ、任天堂からのペナルティが課される可能性はあるので、そこは十分に考慮して下さい。 また、 時間を変更したままポケモンを捕まえると、現時点では入手できない日付のポケモンが誕生し、改造認定されてしまう可能性も出てくるため、時間変更後は元の時間に戻しておきましょう。 これでワット回収はいくらでも可能になり、レコード技を買い漁ったり、穴掘り兄弟をいくらでも利用できますね! そして、ワットが無限に稼げることで、金策にも繋がってきます。 この方法を使うと、 ポケジョブを一瞬で終わらせることも可能です。 ワットでお金を稼ぐ方法 ワイルドエリアの「Wショップ」では、 売値1500円のゴージャスボールを100Wで交換できます。 2000Wの回収で10個のゴージャスボールを買って売れば、それだけで「30000円」の稼ぎになります。 無限にワットを稼ぐ方法を使えば、何度でも30000円の稼ぎを得られますね! 穴掘り兄弟を利用して、換金アイテムとその他の貴重なアイテムを稼ぐのもあり。 裏技を使わずにお金を稼ぎたいのであれば、 「キョダイニャースを使った金策」がおすすめ。 まぁ、 特定の巣ポケモンを狙う作業をしている間に金策も出来るので、こちらの方がメリットは大きいと言えますけどね。 現時点では特にペナルティは無いようですが、修正は近いうちにされてしまうと思います。 育成にはやたらお金が掛かりますし、どうしてもという方は試して見てはいかがでしょうか?.

次の

【ポケモン剣盾】お金を効率よく稼ぐ方法!【裏技・バグ使用】

ポケモン剣盾 ワットバグ

スポンサーリンク 【ポケモン剣盾】無限ワットバグの新しい方法と従来の方法との違い この『新しい』無限ワットバグ、何が新しいかといいますと 面倒な手順が減ったんです。 上記の記事を見てもらうとわかりやすいのですが、従来の方法では• 光の柱の前に立つ• レイドバトルで「みんなで挑戦」を選択• 準備完了をせずにホームボタンの設定へ• 日付を1日を進める• 募集を止めて最初から という手順を踏む必要がありました。 日付を一日進める前に• レイドバトルで「みんなで挑戦」を選択• 準備完了をせずにホームボタンの設定へ という少し手間な手順が必要だったのですが、このバグではその手間を踏むことなく日付を進めることができます。 スポンサーリンク 【ポケモン剣盾】無限ワットバグの新しい方法を実際にやってみよう! ゴージャスボールを見つけたのでついに大富豪になる時がきた。 — トノ OkhwgveYUKCWZQf 新しい方法に必要な手順は ランクマッチで一回負けること (勝敗は関係ないですが、初手降参したほうが楽です。 ) です。 まとめると• ねがいのかたまりを投げる• ランクマッチを一回やってくる• 巣穴を調べる• ホームボタンの設定で 日付を1日を進める• 3へ戻る このような手順になります。 毎回毎回レイドバトルの画面を表示させることなくできるので、効率が尋常じゃなくいいです。 このバグが途切れる条件は• マジカル交換を行う• リーグカードの交換を行う• カジュアルバトルを行う• レイドで「みんなで挑戦」を選ぶ この4つです。 この4つのことを何もしなければ 日付を変えるだけでワットを永遠に湧かせることができます。 スポンサーリンク 【ポケモン剣盾】無限ワットバグの新しい方法のメリット 新しい方法は「巣穴でレイドバトルを募集する」ということをする必要がないので、ワイルドエリアに行く必要がありません。 よって どこにいても高速で日付変更を恩恵を受けることができます! 日付変更の恩恵はワット以外にも• 木の実• IDクジ• ポケジョブ などがありますが、中でも IDクジと ポケジョブから得ることが得られる恩恵はとても大きいです。 IDクジを無限に引くメリット — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 IDクジは1日1回IDで抽選を行い景品としてアイテムがもらえる、というシステムです。 マジカル交換を使って3ボックス分くらい交換をしてIDを集めたら、3等の 「ポイントアップ」2等の 「ポイントマックス」がほぼ確定で手に入ります。 このIDクジと新・ワットバグを組み合わせるとレアアイテムであるポイントアップもポイントマックスをばしばし集めることができます。 ワットバグはこの預ける時間を 日付変更により飛ばすことが出来るので• 数分間で努力値振りを全て終わらせることができる• 複数体のポケモンのレベル上げを高速で終わらせられる といったことができます。 経験値は5万程もらえます。 (経験飴XLが3万、Lが1万です。

次の

【ポケモン剣盾】ワット(W)の効率的な稼ぎ方と使い道|交換アイテム【ポケモンソードシールド】

ポケモン剣盾 ワットバグ

スポンサーリンク 【ポケモン剣盾】ワットバグとは ワットバグとはその名の通りバグを使って W(ワット)を無限増殖する方法です! この方法を使うことで短時間で 所持金を爆増させたり、 「ねがいのかたまり」を大量入手してメタモンの厳選を楽にしたり、レコードを大量に集めることができます。 その方法がこちらです。 ワットバグの手順【超簡単】 手順はこちらです。 光の柱の前に立つ• レイドバトルで「みんなで挑戦」を選択• 準備完了をせずにホームボタンの設定へ• 日付を1日を進める• 募集を止めて最初から 画像を使いながら一つづつ説明していきます。 まず光の柱の前に立ちWを回収します。 その後レイドバトルの「みんなで挑戦」を選びます。 ここで準備完了をしない状態でホーム画面に戻ります。 そして日付を1日進めてホームボタンを二回押し、ゲームに戻ります。 (インターネットで時間を合わせるをオフにする必要があるので注意!) ゲームに戻ったあと、レイドバトルを中止やめるとこのようにまた2000Wもらえる状態になっています。 (一枚目は天気が「あられ」でしたが、こちらは「晴れ」になっています。 日付を変更したので天候が変わっています。 ) ワットバグを利用してメタモン厳選もできる! なんとメタモン厳選のリセマラとこのワットバグは併用することができます! というのもこのワットバグ、 出てきた柱を固定することができるのです。 赤い柱が出たあとに時間を一日勧めても赤い柱のまま、紫の柱が出たら紫のままというわけです。 柱の色は固定ですが、 出てくるポケモンや星の数は変わります。 なので• 星5が出たときだけメタモンを捕まえ、星4以下の場合は日付を進める• 目的のポケモンが出てくるまで日付を進め続ける というようにすることでめちゃくちゃ効率よくメタモンの厳選や、欲しいポケモンをゲットをすることができます! 例えばメタモン厳選と同時にやる場合は• ねがいのかたまりをメタモンが出てくる場所に投げる• 紫色の柱が出てきたらセーブする (赤い柱が出てきた場合はレポートを終える前にホームボタンを押してやり直す) ~あとは同じ~• レイドバトルで「みんなで挑戦」を選択• (星5以下であれば)準備完了をせずにホームボタンの設定へ• 日付を1日を進める• 募集を止めて最初から• 上記のメタモン厳選も大きなメリットの一つですが、それ以外にもたくさんのメリットがあります。 お金が稼げる ゴージャスボールを見つけたのでついに大富豪になる時がきた。 — トノ OkhwgveYUKCWZQf この方法を得たWを「ゴージャスボール」に交換しましょう。 ゴージャスボールは100Wで交換できます。 これをショップで売ると1500円で売れます。 各種ドーピングアイテム(タウリン等)• ブティックの服• 各種ボール を集めてしまいましょう! 努力値振りもできる! この日付変更を応用して『ポケジョブ』で努力値振りを終わらせることができます。 ポケジョブは一定時間経過で努力値や経験値がもらえる機能なのですが、このバグを利用することで時間を一気に進めることが出来るので簡単に努力値が触れるというわけです。 スポンサーリンク 【ポケモン剣盾】ワットバグのデメリット — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 自分でやったり、調べたりもしましたが今のところ特にデメリットはないみたいです!! もしかすると何かしらのペナルティがでてしまうかもしれませんが、今までのポケモンのバグではペナルティがつくことはなかったのでほとんど安全だと思われます。 やっぱりWバグを駆使して5Vメタモンが2種類くらい手に入ればメタモン厳選から手を引いて大丈夫です。 ここまでありがとうございました! Twitterの方でもポケモン剣盾に関する有益な情報を上げていますのでぜひフォローしてください。

次の