グッドワイフ 見逃し。 見逃したドラマ「グッドワイフ」1話~最終回の無料動画をまとめました!

グッドワイフ|ドラマ動画 無料視聴/見逃し配信【日本版/原作/韓国1話~】

グッドワイフ 見逃し

もしティーバーの見逃し配信に間に合わなかった人も、まだ無料で見る方法があるのでご安心ください! グッドワイフ 8話 放送から1週間以上経過した場合 1週間以上経ってしまった場合でも、海外の違法アップロードサイトではなく、安全に高画質で無料視聴する方法があります。 動画を見る前に超簡単な登録をするだけで、1〜2分後には快適に動画を楽しめますよ! Paraviの安心ポイント ・目障りなCMや広告がなく快適 ・スマホやタブレットから視聴できる ・高画質でサクサク動画が見れる ・公式サービスなので安全 ・登録した月は月末まで無料で使い放題 パラビで配信中の人気番組 連続ドラマ• グッドワイフ• メゾン・ド・ポリス• 初めて恋をした日に読む話• アンアチュラル• 逃げるが恥だが役に立つ• 大恋愛〜僕を忘れる君と• 義母と娘のブルース• 下町ロケット• 孤独のグルメ バラエティー番組• 水曜日のダウンタウン• 恋んトス• クレイジージャーニー• モヤモヤさま〜ず2• マツコの知らない世界• グッドワイフ動画を配信するParavi詳細 Paravi(パラビ)は、TBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞などの国内大手メディアが連携する動画配信サービスです。 本来は定額1,017円(税込)の有料サービスですが、 1ヶ月間の無料体験期間が用意されており、その期間を利用して「グッドワイフ」を1話から無料で見ることができます。 配信されている動画は無料の「放題作品」と有料の「レンタル作品」があり、 お試し期間中も見放題対象の作品はどれだけ見ても無料です。 「ガイアの夜明け」などビジネス番組がどこより強い 「ガイアの夜明け」「未来世紀ジパング」「カンブリア宮殿」など、他の動画配信サービスでは見られないビジネス系の番組が充実。 人気バラエティー番組も充実 「水曜日のダウンタウン」「クレイジージャーニー」「R-1グランプリ」などの人気バラエティーも数多く独占配信中です。 毎月300円分のポイントがもらえる 毎月レンタルに使える「300円分の優待チケット」がもらえるので、映画など有料作品をお得に見ることができます。 様々な手持ちの機器から視聴可能 パソコン、スマホ、タブレット、テレビから視聴可能です。 家族内でアカウントが分けられる 1つのアカウントで7つのプロフィール分けができます。 ママ、パパ、娘など家族それぞれの見る動画が違っても、視聴履歴やお気に入り作品などがごちゃごちゃになることもありません。 グッドワイフ動画をpandoraで無料視聴できる? pandora・Dailymotion・9tsu・MioMioでの視聴は違法です! pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9tsu、MioMioといった動画共有サイトでドラマを見る方法もありますが、これらは違法アップロードに当たります。 最近ではこれらの無料動画共有サイトは厳しく監視されているため、動画をアップロードしした人がいてもすぐに削除されるので日本のドラマを見つけるのも難しい状況です。 またこのような無料動画サイトは、 安全性のリスクが多くおすすめしていません。 いよいよ本物の情報提供者が明らかになります! ついに蓮見杏子が壮一郎との不倫相手遠山亜紀に会います。 事件の解決につながる有力な情報が得られるのか、浮気相手との杏子のやりとりも気になります。 7話の亜紀は、挑発的で杏子に話しかけていたので、ドロドロしそうな展開です。 さらに脇坂博道は円香みちるとの接触を試みます。 なにか円香には隠していることがありそうですね。 さらに円香に7話で話しかけてきた男は何者なのでしょうか。 本物の情報提供者は誰なのか、いよいよ壮一郎の裁判もはじまり8話では複雑に絡み合っていきそうです。 そしてついに、壮一郎の裁判が始まる。 検察側は賄賂の証拠を揃え、さらに証人にトミオカ精工の社長も呼び、すべて壮一郎の指示だったと証言させる。 一方で、脇坂(吉田鋼太郎)が円香(水原希子)に接触。 脇坂は木内(丸山智己)と円香に関して何かを掴んでおり、円香を利用しようと画策しているが…。 そんな折り、多田が蓮見家を訪ね、壮一郎に、このままでは杏子は壮一郎の裁判に負け、朝飛(北村匠海)との正式採用争いにも破れると言い、ある衝撃的な宣言をする。 杏子は亜紀を調べていく過程で、新聞社時代の上司・上森(松尾貴史)から亜紀の隠された過去を聞き出す。 tbs. jp 「グッドワイフ」8話のゲスト 木内幸久 役/丸山智己 上森孝明 役/松尾貴史 宮前文昭 役/ 春海四方 グッドワイフ キャストとスタッフ 出典: 蓮見杏子 役/常盤貴子 多田征大 役/小泉孝太郎 円香みちる 役/水原希子 朝飛光太郎 役/北村匠海 神山佳恵 役/賀来千香子 脇坂博道 役/吉田鋼太郎 蓮見壮一郎 役/唐沢寿明 小宮竹生 役/野間口 徹 戸梶涼太 役/中林大樹 佐竹凛子 役/末永みゆ 蓮見隼人 役/小林喜日 蓮見綾香 役/安藤美優 佐々木達也 役/滝藤賢一 蓮見幸枝 役/高林由紀子 林幹夫 役/博多華丸 遠山亜紀 役/相武紗季 原作:米国CBSドラマ「The Good Wife」 脚本:篠崎絵里子 演出:塚原あゆ子 演出:山本剛義 プロデューサー:瀬戸口克陽 プロデューサー:東仲恵吾 主題歌:Aurora/BUMP OF CHICKEN プロデューサーは「グッドワイフ」同じ枠で過去に放送されたドラマ「99. 9-刑事専門弁護士-」の瀬戸口克陽さんと東仲恵吾さん。 脚本は篠崎絵里子さん、演出は「アンナチュラル」などの塚原あゆ子さんが担当。 主題歌は「BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)」のボーカル・藤原基央さんがによる書き下ろしの新曲「Aurora」です。 グッドワイフ8話までの視聴率 ・1話(2019年1月13日放送) 視聴率10. 0% ・2話(2019年1月20日放送) 視聴率11. 5% ・3話(2019年1月27日放送) 視聴率9. 6% ・4話(2019年2月3日放送) 視聴率9. 0% ・5話(2019年2月10日放送) 視聴率8. 5% ・6話(2019年2月17日放送) 視聴率9. 5% ・7話(2019年2月24日放送) 視聴率8. 9% ・8話(2019年3月1日放送) 視聴率8. 7% まとめ 2019年3月3日放送のドラマ「グッドワイフ」8話の見逃し動画を無料で見る方法をご紹介しました。

次の

海外ドラマグッドファイトに再放送はあるの?見逃し配信と無料視聴方法も紹介

グッドワイフ 見逃し

引退を決意したベテラン弁護士のダイアンと希望に燃える新人弁護士のマイア。 二人の運命が大きく変わる! 番組内容 ベテラン弁護士のダイアンは、悠々自適の生活を送るため引退を決意。 担当する最後の案件に友人の娘で新人弁護士のマイアを関わらせる。 それは警官の暴行事件にまつわる訴訟で、原告側の事務所には、以前ダイアンと一緒に働いていたルッカがいた。 引退に向けて準備を整えつつあったダイアンだが、マイアの父ヘンリーが起こした投資詐欺に巻き込まれ、財産をすべて失ってしまう。 弁護案件は警察の暴行事件にまつわる訴訟で、原告側の事務所には以前ダイアンと一緒に働いていたクシュ・ジャンボ演じるルッカがいた。 知り合いが相手側に居るのはやりにくいと思いますが、お互いにそこはプロだし仕事なので割り切って、仕事をするんだろうと思いました。 引退に向けて準備を整えていたダイアンだったが、マイアのポール・ギルフォイル演じる父親のヘンリーが起こした投資詐欺に巻き込まれていき財産すべてを失ってしまうことになるそうで、その投資詐欺がどんなことなのかが気になりましたし、マイアの父親がどういう経緯で投資詐欺をし出したのかが気になりました そうなるとマイアとダイアンの関係性がどうなっていくのかが気になりました。 それに、財産をすべて失うぐらいの詐欺ってとんでもないなと思いました。 こういうのは好きなので見てみたいと思いました。 予私は国際法律事務所で数年働いていた経歴があるので、法律事務所を舞台にした海外ドラマはとても大好きです。 当時のことを思い出して、「そうそうこういうのあるあるよねー」なんて一人でつぶやいたりしながら見るのがすごく楽しいのです。 この新しいドラマ「グッドファイト」はベテラン弁護士と新人弁護士に焦点を当てたお話しのようですが、実際の法律事務所でもベテラン弁護士と新人弁護士がチームとなって案件をこなすことはよくあることです。 ただし、このベテラン弁護士のダイアンがいきなり全財産を失ってしまうところから始まるようなので、なぜ経験を積んだ弁護士がそうやすやすと投資詐欺に巻き込まれてしまったのか、しかもそれが新人弁護士のマイアさんの父が発端となった詐欺というので、余計気になります。 マイアさんは自分の父が起こした詐欺のせいで上司であるダイアンさんがすべてを失うことになってしまって、やはり罪悪感があると思うのですが、それに対してどうやって対処をしていくのか、どうやって償っていくのか注目して見たいと思います。 アメリカ人女性はとても強く、転んでもただでは起きないので、引退を目前にして財産をすべて失ってしまったダイアンさんがどう動くのか、起死回生を図るのか、スカッとするような活躍が楽しみです。 アメリカ社会の闇に弁護士達が真実を暴くというドラマ内容も正義が見れそうで楽しみです。 日本でもいろいろな問題や闇などはありますがアメリカ社会でも当たり前ですがあると思います。 こういうアメリカドラマを見ると未だに黒人についての差別みたいなのが存在するのにも気づかされます。 もう肌の色のことでの差別なんて無くなったと思っていましたが現在も普通にあることに驚かされてしまいます。 ただまだ肌の色の問題はニュースで多少入ってくる問題ではあります。 その他のアメリカのドラマを見ないとわからない社会問題というのもわかりそうで楽しみにしています。 ドラマ内容はベテラン弁護士ダイアンが悠々自適の生活を送るため引退を決意。 引退に向け準備を整えつつあったダイアンが投資詐欺に巻き込まれ財産を全て失うというなかなか展開が強烈だなと思いました。 ダイアンが先ずは財産を取り戻すためにどう動いていくのかというのも見ものだなと思います。 アメリカドラマの裁判の場面はリアリティがあり見ていて本当の裁判みたいに見えてくるし好きです。 今回のグッド・ファイトも次の回が見たくなるドラマになりそうです。 ベテラン弁護士が悠々自適なせ生活をする為に引退を決意したというのに、まさか投資詐欺に巻きこまれるとはとビックリしました。 今回の被害者は弁護士のダイアン。 担当する最後の案件を新人弁護士のマイアに関わらせるという事は、自分の目の黒い内に教えられる事は教えてあげておきたいという気持ちからなんでしょうね。 そういう所から、ダイアンさんは良い人なんだな~と感じます。 でも良い人=幸せになるとは限りませんよね。 新人弁護士マイアの父が投資詐欺を起こしたとあります。 つまり自分の信頼すべき、そして後任を任せるべき部下の父なわけです。 弁護士って人を疑うのが仕事のようなものだと思ってましたが、こういう状況だと信用してしまうんだろうな~と感じました。 そして財産すべてを失ってしまうとありますから、本当に運のない人だと感じました。 せっかくアーリーリタイヤを決意したというのに先立つものがない。 となれば当分弁護士を辞めるなんて出来ません。 それに自分の財産を奪った投資詐欺師をやりこめないと、辞めるに辞めれませんよね。 ということで、いきなり苦境に立たされたダイアンがどう動くのか。 そして自分の父のせいで先輩であるダイアーに迷惑を掛けてしまったマイアがどういう動きをするか気になりました。 自分の父を優先するか、先輩を優先するかで。 このあたりが今回の楽しみな点だな~と感じます。 まとめ 引退して悠々自適の生活を送ろうとしていたダイアンが最後の事件だと思っていたのに詐欺に引っ掛かってしまい引退出来なくなってしまうという展開が意表をついていて面白いと思います。 しかし、ダイアンは元の弁護士事務所からそっぽをむかれてしまい黒人中心で構成される法律事務所のパートナー エイドリアン・ボーズマンに行くことになることも面白い展開だと思います。 巨額投資詐欺という大きな軸がきちんとあり見ごたえがありそうな気がします。 ダイアンが自分を騙した男の娘であるマイア・リンデルを同じ弁護士事務所に招きいれる所など今後の展開が期待出来ます。 グッド・ワイフのメインキャラクターであるダイアンが、この作品では詐欺に遭って破産しおまけに事務所からも追い出されてしまうとはグッドワイフを見ていた私としてはかなり衝撃です。 しかし、逆にグッドワイフのダイアンが全く違う展開で登場するというのは見どころでもあると思います。 リンデルの詐欺被害に遭ったにも関わらず、その娘を新しい事務所へ引き入れる面倒見の良さもこの作品を見たくなるポイントだと思います。 民主党支持のダイアンはトランプ政権樹立にショックを受けて引退を決意したというのも面白そうです。

次の

海外ドラマグッドファイトに再放送はあるの?見逃し配信と無料視聴方法も紹介

グッドワイフ 見逃し

放送期間: 2019年1月13日 ~ 放送時間: 日曜 21:00~ 放送局: TBS系 出演者: 常盤貴子(主演)、小泉孝太郎、水原希子 原作: 「The Good Wife」(ドラマ) 公式サイト: では、以下のとおり紹介しています。 16年ぶりに弁護士に復帰することになった蓮見杏子(はすみきょうこ)。 杏子は出産を機に弁護士の仕事を辞め、専業主婦としてエリート検事である夫を支え、子どもを育て、家庭を守ってきた。 ところがある日突然、東京地検特捜部長である夫が汚職の容疑で逮捕される。 夫のスキャンダルの真相も明らかにならない中、子どもたちを守るために杏子は復職を決意。 そして司法修習生時代の同期の助けでその同期が経営する法律事務所に仮採用され、16年ぶりに弁護士として復帰する。 しかしスキャンダルの渦中の妻として世間から向けられる好奇の目、さらに、弁護士としての16年のブランクははかり知れず、悪戦苦闘する日々。 杏子が久しぶりの仕事の雰囲気に戸惑いながらも、任された事件としっかりと向き合い、依頼人に寄り添いながら解決していく姿は清々しい。 近年、映画や大型ドラマでその存在感を見せてきた常盤が、信念とプライドで運命を切り拓いていく女性をどう演じるのか、期待がかかる。 このドラマの原作は、リドリー・スコットが製作総指揮を務めて、2009年から7年間アメリカで放送された「The Good Wife」。 テレビ版のアカデミー賞と呼ばれるエミー賞やゴールデングローブ賞を多数受賞。 法廷ドラマを中心にしながら、政治と家庭の両面を鋭く描き、そのリアリティーと劇的な展開から全米で大人気を博した。 また、韓国でもリメイクされ、ロシアでも2019年のリメイクが決定している。 まさに全世界で注目を集めている作品だ。 「グッドワイフ」の見逃し配信を楽しむ方法 本作品の配信情報は2019年3月9日時点のものです。 配信または見放題が終了している可能性がありますので、現在の配信状況については各動画配信サービスでご確認ください。 「グッドワイフ」を配信している動画配信サービスのおすすめは、Paraviです。 会員登録していれば「グッドワイフ」が独占見放題です。 「グッドワイフ」の各エピソードあらすじ 以下は、で紹介されているストーリーです。 第1話 蓮見杏子 常盤貴子 は、かつて優秀な若手弁護士として活躍していたが、出産を機に引退。 専業主婦として、2人の子供と夫である東京地方検察庁・特捜部長の壮一郎 唐沢寿明 と共に、幸せな日々を送っていた。 だが、その幸せな生活は一瞬にして崩れたのだった。 壮一郎の汚職疑惑、さらに女性スキャンダルまで発覚。 法曹界を揺るがす大スキャンダルにマスコミ報道は過熱していく。 記者会見で壮一郎は、汚職は否定したが、女性との関係については認めて謝罪する。 しかし、壮一郎は逮捕されてしまうのだった。 杏子は夫の裏切りに深いショックを受けるが、家族のために16年振りの弁護士復帰を決意する。 そんな杏子に手を差し延べたのが神山多田法律事務所の代表・多田征大 小泉孝太郎 だった。 二人は司法修習生時代の同期で、かつて多田は杏子に好意を持っていたが、その気持ちとは別に杏子の弁護士としての能力を高く評価し、杏子の採用を反対する事務所の共同経営者・神山佳恵 賀来千香子 を何とか説き伏せた。 ただ、それはあくまでも仮採用。 杏子は、半年後までにたった一席の本採用を賭けて、若手弁護士の朝飛光太郎 北村匠海 と競うことになる。 そんな中、最初の相手となるのは人気キャスター 日下部 武田鉄矢。 インターネットで配信している日下部の番組で、スーパーでの幼女行方不明事件を取り上げた際、犯人は母親の可能性が高いと放送。 世論の風評に追い詰められた母親は自殺してしまい、日下部を名誉毀損で訴えるべく父親が依頼にきたのだ。 パラリーガルの円香みちる 水原希子 とともに、日下部が裏取りをせずに発言したという証拠を調べ始めるのだが…。 一方、新たに特捜部長に就任した脇坂 吉田鋼太郎 は、壮一郎と腹心の関係だった検事の佐々木 滝藤賢一 を担当に指名し、壮一郎を落とそうとする。 そんな検察側に対して壮一郎もある策を講じていた。 第2話 事務所の名誉顧問であり神山佳恵(賀来千香子)の父、神山大輔(橋爪功)が事務所を尋ねてくる。 大輔は、酒酔い運転を起こし、さらに警官に抵抗し公務執行妨害を起こした罪で起訴されたのだ。 大輔は無罪を主張するが、状況証拠からは、どうみてもクロ(有罪)。 その弁護を杏子(常盤貴子)は大輔から依頼される。 多田(小泉孝太郎)は、新人には無理だと反対するが、杏子は自ら担当することを決意する。 しかし、大輔から、新人で自分の言うとおりになるから指名されたと聞かされて愕然とする杏子。 自由奔放な大輔に翻弄される。 しかも、神山から大輔が妻を殺したという衝撃の告白を聞かされる。 そんな中、特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)が杏子に接触してくる。 脇坂から聞かされる話から、壮一郎(唐沢寿明)の疑惑がますます深まっていく。 杏子は疑いを持ちながら壮一郎と接見して、壮一郎に核心の部分を問う。 そこで衝撃の告白をされる。 杏子は壮一郎とのことも、そして担当する大輔の弁護でも窮地に立たされる。 絶体絶命な状況の中、杏子は大輔の事件での些細な異変に気づき… 第3話 回送列車の脱線事故が発生。 死亡した運転士の遺族代理人として、杏子(常盤貴子)、多田(小泉孝太郎)、朝飛(北村匠海)が担当することになった。 相手の東神鉄道の代理人を務めるのは河合映美(江口のりこ)。 杏子たちは過重労働による事故で1億円の賠償金を提案するが、映美たちは運転士の居眠りだとして50万円の見舞金を提案。 真っ向から主張が対立する。 しかも、妊婦である映美は形勢が悪くなると打ち合わせ中でも体調不良を理由に交渉を中断する始末。 そんな映美に翻弄され、杏子たちは窮地に追い込まれていく。 一方、杏子は拘置所にいる壮一郎(唐沢寿明)と面会し、過去の幸せだったころの話をする。 壮一郎の逮捕後、初めて笑顔になった杏子は、もう一度前向きな気持ちになっていく。 そんな杏子を見て多田ははがゆい思いだが、気持ちを抑えながら過重労働を証明すべく、勤務実態を調べていく。 その過程で、杏子はある違和感に気づき…。 第4話 杏子(常盤貴子)が以前住んでいた家の近所の男子高校生・荻原翔平(佐藤緋美)が傷害致死容疑で逮捕された。 翔平の母・奈津子(須藤理彩)は、かつて杏子の親友だったが、壮一郎(唐沢寿明)の逮捕後、真っ先に杏子との連絡を絶った人だった。 杏子は、奈津子のことを考えて、この事件を朝飛(北村匠海)にメインでやってもらうようにお願いする。 翔平は容疑を否認するが、指紋や目撃証言があり、無実を証明する手がかりが見つからない。 朝飛は早々と情状酌量にすべきだと主張。 本人が否認している限り、裁判で争うべきだという杏子と対立する。 そんな中、朝飛が隠していたある事実が発覚する… 一方勾留中の壮一郎の起訴が決まる。 脇坂(吉田鋼太郎)は、壮一郎を何としても有罪にすべく、さらに追い込みをかける。 そんな時、壮一郎のもとにある男が会いにやってくる。 それは杏子を想う多田(小泉孝太郎)だった…。 第5話 資産20億のロックスター東城数矢(宇崎竜童)の離婚訴訟を巡り、妻のちなみ(銀粉蝶)の代理人として担当することになった杏子(常盤貴子)。 数矢は売れない時代を支えてきたちなみと別れ、若い恋人の唯奈(松本まりか)と結婚するつもりだという。 杏子は、財産分与などで11億円を請求するが、数矢の代理人弁護士・栗山美咲(芦名星)は、6千万円が妥当だと主張。 法律的根拠も相手側にあり、杏子たちは窮地に追い込まれる。 しかも美咲は多田(小泉孝太郎)の元彼女。 多田を知り尽くした様子から、交渉も難航する。 そんな中、突然の事故で数矢は意識不明の重体に陥ってしまう。 そんな数矢を前にして、妻と愛人は数矢の命と財産を巡り争い始める。 一方、杏子の元に東京地検特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)の妻・怜子(峯村リエ)が現れる。 脇坂との協議離婚を希望しており、杏子に代理人をお願いしたいとやってきたのだ。 しかも怜子は、壮一郎(唐沢寿明)に関する脇坂の弱みを握っているようで、脇坂は血相を変えて事務所に怒鳴り込んでくる。 難題が山積の二つの離婚協議ははたしてどうなっていくのか…? そして、壮一郎も、自らが逮捕された収賄事件の真相にたどり着きつつあった。 遂に事件を画策した人物の正体を突き止めたのだ。 その男とは一体…? 第6話 多田(小泉孝太郎)が賠償金15億円を見込める健康被害に対する集団訴訟の代理人をすることになる。 多田が3年かけて無料相談にのり、満を持して臨む案件だった。 杏子(常盤貴子)と共に正式契約を結びに行く日、そこにはもう一人の弁護士が呼ばれていた。 車椅子に乗った弁護士・三栗谷剛(春風亭昇太)だ。 人づてに聞きつけて、首を突っ込んできたのだ。 病気により車椅子生活を送っている立場を巧みに利用して「みなさんの気持ちがわかる」と被害者たちに取り入っていく一方で、次々と用意周到な手を打ち、杏子と多田のペースは乱されていく。 結局、どちらが代理人になるかは、被害者たちの多数決で決まることに。 しかし、訴える相手企業と三栗谷が繋がっている可能性が浮上する…。 一方、ついに保釈され、帰宅が決まった壮一郎(唐沢寿明)。 佐々木(滝藤賢一)と共に、南原(三遊亭円楽)を決定的に追い込める証拠を探していた。 そんな中、南原と脇坂(吉田鋼太郎)が接触するところを目撃。 しかし、多田の告白自体を知らない杏子は、壮一郎の弁護人として、事件の全容を聞くことになる。 1年前、特捜部長時代の壮一郎のもとに、大物政治家・南原(三遊亭円楽)の汚職のタレコミが入った。 南原の汚職を暴くためには、1年前の匿名の情報提供者を見つける必要があるのだが…。 一方、神山多田法律事務所には、カリスマ IT 社長・剣持(浜野謙太)から大きな案件が持ち込まれ、多田、杏子、朝飛(北村匠海)の3名で担当することに。 剣持は SNS を駆使し、自らが広告塔となり若くして成功を収めている人物。 最近、彼がモデルと思われる主人公の映画が無断で公開されたうえ、剣持を誹謗したかのような内容だった。 自分のイメージも、さらには企業イメージまで下がったと憤慨し抗議するが、映画会社は一貫して剣持をモデルにしたことを否定。 剣持は名誉毀損で映画会社を訴えることにしたのだ。 のらりくらりとかわす映画プロデューサー(田中要次)らを相手に杏子たちは裁判に臨むが、思うようにいかず窮地に追い込まれる。 そんなとき、杏子と打ち合わせで事務所に来ていた壮一郎と多田が鉢合わせる…! 第8話 杏子(常盤貴子)は壮一郎(唐沢寿明)のスキャンダル相手である遠山亜紀(相武紗季)に会いに行くが、亜紀は何も話そうとしない。 そしてついに、壮一郎の裁判が始まる。 検察側は賄賂の証拠を揃え、さらに証人にトミオカ精工の社長も呼び、すべて壮一郎の指示だったと証言させる。 一方で、脇坂(吉田鋼太郎)が円香(水原希子)に接触。 脇坂は木内(丸山智己)と円香に関して何かを掴んでおり、円香を利用しようと画策しているが…。 そんな折り、多田が蓮見家を訪ね、壮一郎に、このままでは杏子は壮一郎の裁判に負け、朝飛(北村匠海)との正式採用争いにも破れると言い、ある衝撃的な宣言をする。 杏子は亜紀を調べていく過程で、新聞社時代の上司・上森(松尾貴史)から亜紀の隠された過去を聞き出す。 そんな中、法律事務所では、円香(水原希子)のある秘密が波紋を呼び、円香は事務所を辞めることを決意していた。 また、杏子(常盤貴子)と朝飛(北村匠海)の本採用を懸ける争いも、ついに決着がつく。 果たしてどちらが採用されるのか!? 一方、一連の事件が解決した壮一郎だったが、あることがきっかけで多田(小泉孝太郎)からの留守電を消したことが杏子にばれてしまう。 そのことで言い合いになり、夫婦の間に亀裂が…。 さらに、壮一郎は、多田に関して何か仕掛けようと画策していた。 そんなある日、多田の想いを改めて聞いた杏子は多田と二人きりになり、急接近する… 「グッドワイフ」を配信している動画配信サービスまとめ 「グッドワイフ」を配信している動画配信サービスのおすすめは、Paraviです。 会員登録していれば「グッドワイフ」が独占見放題です。

次の