パクソジュン 現在。 【パク・ソジュン】出演ドラマの視聴率ランキング

パクソジュンのプロフィール完全版!経歴や学歴!映画やバラエティ番組は?交友関係まで|こりあんオタク

パクソジュン 現在

現在映画「ドリーム」で共演中のパク・ソジュン、IU、イ・ヒョヌが20日から放送がスタートしたドラマ「サイコだけど大丈夫」主演のキム・スヒョンを応援しました。 24日、tvNの公式SNSには「パク・ソジュン、IU、イ・ヒョヌドリームチームのコーヒーサポート💖おかげでおいしく楽しく撮影中の🦋毎週[土日]夜9時放送 tvN#土日ドラマ#サイコだけど大丈夫#キム・スヒョン#ソ・イェジ#オ・ジョンセ#バク・ギュヨウン」というコメントと共にパク・ソジュン、IU、イ・ヒョヌのドリームチームが贈ったカフェカーの写真を公開しました。 写真の中のカフェカーには「サイコでも差し上げます。 大丈夫でも差し上げます」、「夜は深く、君は光り輝く」、「俳優、スタッフのみなさん、おいしく召し上がってください。 ファイトしてください」となど応援メッセージが書かれています。 過去にパク・ソジュンはキム・スヒョンとの縁を「キム・スヒョンは友達の友達の知り合いだった」とし「彼を通じて現在の所属事務所と縁を結んだ」と、公開したことがあります。 パク・ソジュンは「当時はキム・スヒョンがスターになっていた時なのか」という質問に「ドラマ『ドリームハイ』にキャスティングされた頃だった」と答えました。 パク・ソジュンとキム・スヒョンは同じキーイーストに所属していたことがあるそうです。 またIUとはドラマ「ドリームハイ」で共演し親交を続けています。 イ・ヒョヌは2013年キム・スヒョンの初主演映画「シークレット・ミッション」に最年少スパイのヘジン役で出演しました。 キム・スヒョンは5月、イ・ヒョヌが出演する映画「ドリーム」の撮影現場にカフェカーをプレゼントし、イ・ヒョヌを喜ばせました。

次の

パク・ソジュンだから億ション! 彼の暮らす超豪邸を覗き見

パクソジュン 現在

この記事の目次• 事務所は、オーサムイエンティ所属です。 中学生までは野球選手が夢だったが、高校1年生のころから俳優を夢見るようになり、ソウル芸術大学演技科へ進学しました。 在学中に軍務を終え(2010年5月に除隊)、俳優キムスヒョンさんのマネージャーとの縁から、キーイーストと契約し、同事務所の「新人1号アーティスト」となりました。 会社との契約後、1年間は自分の期待と違い本当に大変な時期だったと、言っていました。 2011年パンヨングクさん( B. P)のミュージックビデオ「 I Remenber」に出演しデビューを果たしました。 2012年、ドラマ「ドリームハイ2」で本格的な演技活動を始めます。 趣味はパソコンゲーム、野球であって、現在、プレーボーイズという韓国芸能人野球チームにも所属をしています。 seesaa. 内容も良く、キャスト陣の魅力もあって、最高市長汁22.7%をたたき出し、韓国でも人気のあった作品となっています。 貧しいアクセサリー露天商のモンヒが富豪一家のパク家とひょんなことから縁を持ち、絡んでいく中でストーリーは進んでいきます。 基本はラブストーリーなのですが、時には泥沼のような確執を持つこともあり、結末まで視聴者を飽きさせないという魅力の詰まったドラマになっています。 bsfuji. 青春時代に出会い、熱愛を経て結婚した 30代の夫婦と、見合いで出会い、互いに合わせ尽くしてきた 40代の夫婦は、傍から見れば理想的に見える 2組の夫婦の裏切りの発覚から始まる「夫婦の亀裂と再生」を描いています。 不倫を描いたドラマは多々ありますが、本作は「不倫の終結」から物語が始まり、これまでにない切り口が話題になりました。 不倫そのものよりも、それによって互いに与えた傷やそれまで気づかなかった相手の痛みを知り、癒しあっていく過程を繊細かつリアルに描き出し、ウェルメイドドラマと高く評価された秀作となっているのでおすすめです。

次の

【2020年最新版】パクソジュンの歴代彼女は4人!キスが濃厚過ぎな動画も!|トレタテブログ

パクソジュン 現在

同番組は、海の近くにある静かな町の一軒家で、旅行のような日常(夏休み)を楽しみながら、心身を休めるホームカンス(ホーム+バカンス)バラエティ。 「三食ごはん」シリーズをはじめ、「花よりおじいさん」シリーズ、「ユン食堂」などを手掛けるナ・ヨンソクPDの新作だ。 ナ・ヨンソクPDとは、「ユン食堂」で共にした女優チョン・ユミと、彼女と同じ所属事務所の後輩で、映画「パラサイト 半地下の家族」のチェ・ウシクが出演。 1か月、同じ屋根の下で生活を共にすることになるが、チョン・ユミはチェ・ウシクについて、「全く気まずさがなく、一緒にいてラクというか。 だから、私の違う一面がもっと出てしまうのではないかと心配なぐらいです」とし、チェ・ウシクもチョン・ユミについて、「妹みたいなときもあるし、友達のときもあるし、時々お姉ちゃんのときもあるし。 だから良い友達だと思います。 悩みがあって、相談すると、本当のお姉ちゃんのように話を聞いてくれるときもあって、すごく面倒を見てくれます」とお互い頼りになる、気心の知れた間柄だ。 初回放送では、そんな2人の夏休み初日、そして2日目の様子が公開された。 生活のルールとして、2人には夏休みの宿題「毎日日記を書くこと」「毎日1時間以上、運動すること」「1日に1食は健康な料理を作って食べること」が課せられ、それらを実行しながら、健康的な生活をスタートさせた2人。 2日目には、チョン・ユミとは「ユン食堂」で、チェ・ウシクとは「パラサイト」で共演し、プライベートでも親友として知られている俳優パク・ソジュンが初回ゲストとして加わり、3人の仲睦まじいやり取りが、見る人をほっこりさせた。 特に、パク・ソジュンのくしゃくしゃの笑顔が、本当に楽しいのだなということを感じさせた。 それはチェ・ウシクも同じで、パク・ソジュンが来るや、うれしそうにし、家の中を案内しながら、ゲストルームがあるけれど、自分の部屋で一緒に寝たいと言うと、パク・ソジュンもそうしようと言い、仲良く夜を過ごす場面も公開された。 パク・ソジュンの健康まで考えた万全のおもてなしだ。 それに対し、パク・ソジュンも、スイカとチェ・ウシクから頼まれた電撃殺虫ラケット、さらにはスピーカーを手土産として持参し、2人を喜ばせた。 そして、スイカを切り分けるなどさりげない優しさを見せ、カッコいいのもステキだったが、チョン・ユミを慌てさせる粗相(? )をやらかした場面が一番面白かった。 チョン・ユミが、ヨガに使おうと持って来たシンインボール(チベットの伝統楽器。 瞑想を助けるサウンドテラピーの道具)をゴミ箱と勘違いし、スーツケースを拭いたウエットティッシュをそこに捨ててしまったのだ。 申し訳なさそうに謝りながらも、大爆笑するパク・ソジュンがまたキュートだった。 他にも、物を知らないということで言うと、スイカを食べているとき、チョン・ユミとチェ・ウシクが首に着けていた、最近流行しているというマスクストラップも、「それは何? 」と興味津々のパク・ソジュン。 チェ・ウシクから「これあげるから、映画の撮影現場でみんなに自慢しなよ」と譲り受ける場面もあったが、韓国もまだまだ新型コロナウイルスの影響で、外出する際はマスク着用が必須。 バラエティのロケでも、出演者がマスクをする姿がよく見られるが、すぐに着けたり、外したりできるマスクストラップが流行っているという。 まだ社会的には、平凡な日常や些細な幸せが存分に味わえない中、この番組は夏休み、おじいちゃん、おばあちゃんの家に遊びに行った子供のように、チョン・ユミとチェ・ウシクが健康的なアナログ生活を送る姿が、見る人を代理満足させ、癒してくれる。 そして、何より次回も、パク・ソジュンの笑顔に癒されたいと思っている人は多いはずだ。

次の