モバイル wifi wimax。 WiMAXとLTE、どっちを選ぶべき?Wi

【初心者講座】WiMAXとWiFiの違い&ポケットWiFiって?

モバイル wifi wimax

3 mm 127g 8. 3時間 45時間 700時間 16台 バンドステアリング機能が追加され、2. 4GHz帯と5GHz帯を自動判別してより繋がりやすく改善されたのが特徴。 9 mm 125g 9時間 9時間 800時間 10台 最大下り速度1. 2Gbpsを実現。 0Gbpsを実現。 また、高感度アンテナ4本搭載で電波が弱い場所でも繋がりやすくなりました。 3 mm 128g 8. 1時間 50時間 700時間 10台 WiMAXハイパワーに対応し、繋がりやすく速度改善されたのが特徴。 6 mm 131g 9時間 - 850時間 - 最大708Mbpsの高速通信が可能。 3 mm 128g 8. 1時間 50時間 700時間 10台 au 4G LTEのネットワークにも対応した新端末。 2 mm 140g 9時間 38時間 850時間 - W03の後継機種。 最大440Mbpsの高速通信が特徴。 2 mm 110g 10時間 - 1100時間 - WX02の後継機種。 最大440Mbpsの高速通信が特徴。 4 mm 127g 10時間10分 - 1040時間 10台 W02の後継機種。 4G LTEとのキャリアアグリゲーションで通信速度アップ。 1 mm 119g 8時間30分 - 760時間 10台 W01の後継機種。 バッテリー駆動時間が延びたのが特徴。 3 mm 95g 12時間 - 650時間 - WX01の後継機種。 バッテリー駆動時間が延びたのが特徴。 8 mm 80g 8時間 20時間 250時間 10台 カード型なので持ち運びやすい。 2 mm 67g 12時間 20時間 1200時間 8台 小さくてコンパクト、モバイルルーターで一番軽い WiMAX端末を選ぶならWiFiルーター(モバイルルーター)がおすすめです。 理由は持ち運びも可能なので外出先でもカバン等の中にしまってスイッチをONにしておくだけで持っているパソコンやスマートフォンがWiMAX経由でインターネットに接続できます。 もちろん、家でも据え置きようのクレードルなどを利用すれば便利に使えます。 ルーターとしての機能もあるので複数台のパソコンやゲーム機、スマホも接続できるのもおすすめ機能です。 USBタイプはパソコンのUSB端子に接続するタイプです。 コンパクトに作られているので邪魔にはならないでしょう。 ただ、そのパソコン1台だけの接続、また、他の端末の同時接続ができない点はデメリットでしょう。 一方で、電池消費の心配がない(パソコンから電源供給される)のがメリットの1つです。 一方、ホームルータータイプは据え置き型なので平らなところに設置してあたかも固定回線のようにただ設置した状態で利用可能です。 自宅で使うことが前提のためどんな条件でも繋がりやすくするような機能、「WiMAXハイパワー」やワイドレンジアンテナなど、ソフト面、ハード面での改良が加えられています。 2Gbpsを実現するまでに高速化されました。 早速当サイトのブログ記事でもなどを掲載しましたのであわせてご覧ください。 注意事項 最後に注意点をお伝えします。 WX04やW05という商品名でWX0x、W0xという内容で数字が大きくなればなるほど最新機種として判断いただければと思います。 ギガ放題にももちろん対応していますので月間の通信量に制限なく利用可能です。 近年はバッテリー容量の向上、軽量化、薄型化、スマホのアプリとの連携など使い勝手が向上しています。 将来的には1Gbpsも目指していますのでどんどん技術進歩によってWiMAXの利便性が高まっていくと思います。 プロバイダーによってはキャンペーン適用などの条件により扱いが無いところもある プロバイダーによっては全ての端末を扱っているというわけではありません。 WiMAXにおいてはこれまで10台以上も世の中にWiMAX端末が出てきておりますが、プロバイダーによってはそのうち1台のみしか扱っていないこともあります。 特にキャッシュバックキャンペーンなどを行っている場合だとこちら側で端末が選べず1,2台をどちらか選ぶというケースも多いです。 いろいろ選びたいという方もおられるかと思いますが、プロバイダーにてキャンペーンの適用を行う際はほとんど選べないと思ったほうが良いでしょう。 ですので、まずはプロバイダーをいくつかピックアップしてから気になる端末を選べるか確認する、という手順が良いと思います。 WiMAXモバイルルーター・ホームルーターはどれを選べば良い? 最新2020年版WiMAX端末を下記ページで解説しています!! キャッシュバック無しでも毎月の料金が安い)• 頭金0円、月々500円~プラスでタブレットやノートパソコンがもらえる• お急ぎの方、最短翌日から使いたい方• 最短即日端末発送に対応で最安の月額2,726円• 最短即日端末発送でポイント付与の特典• 自宅を中心に使いたい方• 据え置き型ルーターで業界最大級のキャッシュバック• 端末到着後すぐ使える。 速度制限無しで利用可能• WiMAXの選び方・比較• WiMAXプロバイダー• 最新情報・コラム•

次の

WIMAX以外でおすすめのポケットWiFiを厳選4つ※無制限もあり

モバイル wifi wimax

ドコモのウルトラパックとWiMAXを比較 あなたにはどちらがおすすめ? ドコモの大容量パケットプランであるウルトラパック。 1人で30GB使えるプランもあります。 月々3,000円以上お得に利用できますし、テザリング機能を付ける必要もありません。 こちらでは、ドコモのウルトラパックとWiMAXを徹底比較。 両者の違いから料金の詳細比較まで、ウルトラパックとWiMAXのおすすめ活用を解説します。 それでは、早速ウルトラパック、WiMAX両者のサービスとはどんなものなのか確認していきましょう。 【目次】• ドコモのウルトラパックとは?WiMAXとは? まずはWiMAX・ドコモのウルトラパックの基本的な部分を見てまいりましょう。 ドコモのウルトラパックとは? ドコモのウルトラパックとは、簡単に言うと、 ドコモのスマホの低価格大容量プランの総称です。 早速従来のプランと比較した表をご覧ください。 上記がウルトラパックを含めたプラン比較表で、 「ウルトラ」と書かれているものが新しく出たウルトラパックになります。 特徴は下記の通り! 【ドコモの新プラン!ウルトラデータパックのデメリット】• パソコンに繋げるとスマホの充電の減りが急激に速くなる!• パソコンに繋いだ場合、通信容量が足りなくなる可能性が高い! WiMAXとは? WiMAXとは、持ち運べるWiFi、通称「ポケットWiFi」の内の一つです。 2015年より3年連続でポケットワイファイ部門の満足度No1を獲得し、2020年7月現在一番人気なポケットWiFiです。 今回はドコモのウルトラパックとWiMAXのどちらがお得か比較してまいりますが、読んでいる方の中には、ドコモのウルトラパックとドコモのポケットWiFiで比較するのではないかと思われている方もいらっしゃるかもしれません。 これにはちゃんとした理由がありますので、下記をご覧ください。 【なぜドコモのポケットWiFiではなくWiMAXと比較するのか】 結論から言うと、 ドコモユーザーであってもドコモのポケットWiFiよりWiMAXの方がお得だからです!早速WiMAXとドコモのポケットWiFiを比較した表をご覧ください。 通信無制限プランがない• ドコモのスマホを使っていても割引がない =ドコモユーザーだとしてもドコモのポケットWiFiを使うメリットがない!• 料金が異常に高い 以上のように、ドコモユーザーでもドコモのポケットWiFiは割引がなく料金がかなり高いので、ポケットWiFiなら一番お得で実質使い放題のWiMAXがおすすめになります。 ドコモポケットWiFiについて詳しくは「」を御覧ください。 それでは次にWiMAXの特徴をメリット・デメリットに分けてご覧ください。 【WiMAXのデメリット】• 高速で無制限のWiFiを低価格で使える点がWiMAXの魅力。 これまでWiMAXでデメリットと言われていた部分も現在は解消されております。 ここまでお読みになり、WiMAXの特徴について更に詳しく知りたい方はをご覧ください。 以上がWiMAXとウルトラパックの基礎知識になります。 基本的には どちらも「大容量でお得なサービス」ではありますが、全体的にWiMAXの方が性能としても料金としても上回っているようです。 ここからは、そんな2種類のWiMAXとウルトラパック、どちらがあなたに合っているのか比較していきましょう! そもそも使えなきゃ意味がない!エリア・速度比較! ここまでWiMAXとドコモのウルトラパックの概要について見てまいりましたが、ここからは実際に使用する際に重要なエリア・速度について見てまいりましょう。 上記のポイントについて一つずつ見てまいりましょう。 エリア比較 かつてWiMAXはエリアが限定的でした。 都市部では大丈夫でしたが、スマホも繋がりにくくなる地方では一部速度が遅くなってしまう地域がありました。 一方 ウルトラパックのエリアはドコモのスマホのエリアでかなり広いため、WiMAXと同じく日本中ならたいてい繋がるでしょう。 速度 速度については、エリアと密接にかかわっているため一概には言えません。 一昔前まではドコモのLTEの方が安定して速度が出ていましたが、現在は WiMAXの速度もかなり安定しておきており、最大速度も1,237Mbpsと、LTEを追い越す勢いで、目覚ましい発展をみせています。 また、 通信制限がかかったとき、ドコモの ウルトラパックでは通信速度が128KbpsというWebサイトの閲覧も厳しい速度に制限されてしまいます。 これはスマホの通信制限と全く同じですので、体験されている方もいるでしょう。 逆に、 WiMAXなら制限時でも1MbpsというYoutubeも見れる速度が出ます。 限時も普通に使えるため、実質無制限と言っても過言はないしょう。 ちなみに制限時でここまでの速度が出るのはWiMAXだからです。 以上がWiMAXとドコモのウルトラパックのエリア・速度比較になります。 エリアについてはもちろんですが、最近はダウンロードや、アップデートなど大容量の通信が増えているので、速度制限にかかった場合も考量すると良いでしょう。 どちらがお得に大容量?料金徹底比較! WiMAXとドコモのウルトラパックのエリア・速度について見てまいりましたが、ここからは一番気になる部分のWiMAXとドコモのウルトラパック、それぞれの料金について比較してまいりたいと思います。 結果は、以下の通りです。 月に20GB以上使いたいという方は断然WiMAX• 20GBに収まるという方はウルトラパックがお得 ただ、20GBを使用すると言っても実際にどの程度の容量なのか想像しにくいですよね。 下記に目安の利用量をまとめてみましたので確認してまいりましょう。 しかし、ここでの計算は1つのことだけに使い続けた場合ですので、実際は様々なことに通信量が使われています。 そのため表で表れているような利用は難しいと思われますので、あくまで参考程度に。 どちらが料金的にお得かは20GBというのが一つの境界線になっているようです。 今は単純に合計料金からどちらがお得になりそうかを確認しました。 ですが、今の金額を見て 「WiMAXもウルトラパックもそんなに変わらないじゃないか。 」、「少し使用量を我慢してWiMAXやドコモのウルトラパックでない通常のプランにしようかな。 」とお考えになる方もいらっしゃるかもしれません。 そうお考えの方はちょっとお待ちください!たしかに金額を安くするなら容量の少ないプランを選択すればいいのですが、容量の少ないプランは 「めちゃめちゃコスパが悪い」ってご存知でしょうか? コスパの悪い料金で契約=損している、割高な料金で契約 こんな損な契約はおすすめしたくないので、まずはWiMAXとドコモのプランでコスパの良し悪しを確認してみましょう。 それに比べて「1GBあたりの料金」は全体的に低めで差が少なくなっています。 ですが、やはりWiMAXと比較してみると 「ドコモのプランは全体的にコスパが悪い」という結論に至ります。 ですが、ドコモのシェアプランは家族や複数人でデータをシェア出来るのが売りなので、家族みんなが平均的に使われる家族なのであれば、WiMAX1台では離れた場所にいる場合物理的にも接続できないなどありますので、WiMAXよりもドコモのプランの方が良いこともありますね! 家族の中で誰か1人がたくさん使うなど、特定の方が多く使うとわかっている場合は、ドコモのシェアプランではなく確実にその人に WiMAXをもたせるほうがコスパも合計の料金も安く抑えられます! 次がまとめになりますので、どちらがあなたに合っているか見ていきましょう! WiMAX・ドコモのウルトラパックまとめ ここまでWiMAXとドコモのウルトラパックを徹底的に比較してまいりましたが、最後にそのまとめとあなたにどちらがおすすめか、について見てまいりたいと思います。 【まとめ】• 速度はWiMAXの方が圧倒的に速い• 合計料金は容量 〜20GB によってどちらが安いか変わってくる• 通信容量はWiMAX>docomoウルトラパック• 【ドコモのウルトラパックがおすすめな方】• 月の通信が平均して20GB以内に収まる方 繰り越しできるため• 物理的にスマホだけにしたい方• WiMAXのエリア外の方• そもそもコスパなど料金に関してあまり気にならない方 【WiMAXがおすすめな方】• 20GB以上使う方、もしくは無制限に使いたい方• 動画や音楽の視聴をストレスなく思う存分行いたい方• ポケットWiFi業界で最も性能の良い端末を使いたい方• パソコンやタブレットなどにも通信を繋げたい方• 割高でなく、コスパの良いものがいい方 以上がWiMAXとウルトラパックのまとめと、おすすめになります。 そして、ここまで見てきて総合的におすすめなのは、ずばり「WiMAX」です。 月に最大100GBまで同額で使用可能な点が非常にコスパがいいWiMAXですね。 ドコモのポケットWiFiなどでは、使用した容量によって料金が増額されるので、使えば使う分だけWiMAXとの料金差が大きくなります。 WiMAXについてはどこで契約するかによって料金が大きく変わってしまいます。 ドコモのポケットWiFiではなくWiMAXの最新情報が気になる方、23社存在するWiMAXの販売代理店比較してみたいという方は、特設ページがございますので、是非ご覧ください。 WiMAXには、20社以上プロバイダが存在して居るのでWiMAXの比較は必須です。 網羅的に情報が載っているので確認することをおすすめします。 当サイトが、あなたのWiMAX契約のお役に立てれば幸いです。 今ならWiMAXを業界最安級で契約出来る当サイト限定キャンペーンも実施中!【2020年7月現在】.

次の

WiMAXは2年で乗り換えるべき?乗り換えのメリットとデメリット、オススメ乗り換え先を解説

モバイル wifi wimax

今回は、この中で主にWiMAXとWiFiの違いについて解説します。 WiMAXはアンテナ(基地局)から発する広範囲のインターネット通信サービス名 WiMAXはKDDIグループのが所有するアンテナ(基地局)を通して広範囲に電波を飛ばすインターネット通信サービス名です。 携帯各社のアンテナはや、などありますが、WiMAXのアンテナはのみとなり、 この電波を利用するためには携帯同様、毎月料金がかかります。 ちなみに、WiMAXの正式名称は 「Worldwide Interoperability for Microwave Access」といいます。 正式名称はもう結構です。 自宅にフレッツ光などでインターネットを繋げているときも同じような仕組みです。 1台のルーターから発するWiFiはそれほど強くないため、数メートル程度の範囲の電波です。 イラストからも分かる通りこのWiFi自体はただの電波であって、インターネットそのものはWiMAXやフレッツ光などのインターネット通信サービスと月額契約しなければ使うことができません。 フリーWiFi(公衆無線LAN)とはお店側がネット通信サービスを契約してくれていること 一方、フリーWiFi(公衆無線LAN)も同じ仕組みですが、この場合はお店側でフレッツ光などを契約してくれているので、こちらは無料で利用できます。 屋内だけとも限らず、WiFiが届く範囲であれば屋外でも受信することができるため、公共施設でも多く利用されています。 1G:アナログ方式• 2G:デジタル方式• 3G:約14Mbps• 4G:100Mbps以上• それぞれの速度制限について WiMAXの場合 WiMAXは通信できる容量は使い放題なものの、3日合計して10GB以上超えると翌日夕方6時から8時間程度、通信速度が1MBに制限されます。 とはいえ、そもそも10GB超えはYouTubeの標準画質で47時間(1日15. 6時間)もの動画を再生してようやく超えるのでかなりのヘビーユーザー対策というところですね。 しかも制限速度の1MBというのはYouTubeの普通動画が問題なく見れる速度です。 たとえば7GBで契約した場合、月初に間違って超えてしまうと月末まで128kbpsです。 1MBの12. 結構リスキーだな。 どこがお得?ポケットWiFiの料金と会社比較 ポケットWiFiを扱う会社は主に以下の5社があります。 UQコミュニケーションズ• ドコモ• ソフトバンク• ワイモバイル この中では一部グループ企業もあり、商品とサービスが同一なので以下のように一本化します。 UQコミュニケーションズ はWiMAXの提供元で、月額 4,380円でWiMAXが使い放題です。 でも実はUQコミュニケーションズはWiMAX回線を色々な会社(プロバイダ)で販売・競争できる仕組みにしており、そのプロバイダを通して契約するとおよそ 3,200円程度で契約可能です。 なおかつauユーザーであれば更に月 1,000円割引されるので、価格的には3社の中で最も割安です。 月々の価格がとってもお得• 他社から乗り換えで最大19,000円違約金負担!• 他社指定プロバイダへ乗り換えで違約金0円! は高額キャッシュバックが無い代わりに月々の価格が割安に設定されているのが特徴です。 また、他社から乗り換えをする場合、解約金を最大19,000円負担してくれるというイケてるサービスがあるほか、「やっぱりWiMAXダメだったな・・・」と思って他社に変更したいと思ったときも、指定のプロバイダへの乗り換えであれば解約金が0円という、色々とサービス面で優れていることも注目ポイントです。 月額平均では の方がお得ですが、キャッシュバックの受け取りに自信がない方、解約金に不安がある方は初めからこちらの方が色々と無難です。 もう一回整理してもらっていいですか? と、いうことで改めてまとめるとこんなイメージです。 WiMAXとWiFiの違い• WiMAX:ドコモやフレッツ光みたいに契約が必要な通信サービス名• WiFi:通信機器から出るただの電波 WiMAXとポケットWiFiの違い• : 月々は普通の料金で高額キャッシュバックでお得になるタイプ• : 高額キャッシュバックが無い代わりに元から月々安いタイプ.

次の