俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」6年ぶり新刊は、“あやせルート” 発売前から重版決定の注目ぶり!

俺の妹がこんなに可愛いわけがない : 一般アニメエロシーンまとめ (Anime Ecchi Fanservice Aggregator)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

あらすじ 主人公の高坂京介は、雑誌モデルをしている中学生の妹・桐乃とは、昔は仲が良かったのだが、今では挨拶も会話もない関係性になっていた。 何も聞かずDVDケースとその中身を桐乃に返してあげた。 ある晩、萌えアニメや美少女ゲームが大好きでな隠れオタクであることをカミングアウトされる。 京介の協力を基に、趣味を共感しあえる 「真のオタ友」を探すための物語が始まる。 キャラクター紹介 高坂 京介(こうさか きょうすけ) 本作の主人公。 目立った長所も短所もないが、平穏な日常を望む男子高校生。 責任感の強い、暴走したりする。 「お節介焼きのお人好しだが少し鈍い」 内面的には年相応の欠点もあり、しばしば心の中で読者に対して悪態をつく一面もあるが、あまりそれを表には出さない。 高坂 桐乃(こうさか きりの) 本作ヒロイン中学2年生。 ライトブラウンのロングヘアで、ピンク色のヘアピンをつけている。 ハンドルネームは「きりりん」。 ファッション誌の専属モデル。 成績優秀でありながら、陸上部のエースと非の打ち所がない。 萌えアニメや男性向けの美少女ゲーム、「妹もの」が好き 表向きの生活と裏のオタク趣味との間は、どちらも不可分な自分の一部であるとして真剣に思い詰めている。 新垣 あやせ(あらがき あやせ) 桐乃の同級生で親友。 桐乃と同じくティーンズ誌のモデルをしている。 明るく人当たりのいい性格だが、やや考えすぎる傾向があり思い込みが激しい。 ゲームが犯罪を引き起こすという言説に感銘を受けており、オタクに対しては「犯罪者予備軍」といった偏見や嫌悪感を抱いている。 ハンドルネーム「黒猫」。 ゴスロリファッションが好き。 好意や感謝を素直に表現できない性格である。 ラノベ界の先駆者 「俺の妹がこんなに可愛いはずがない」という当時では珍しいタイトルですが、その後に発表されるラノベのタイトルに変化が表れました。 ・「僕は友達が少ない」 ・「中二病でも恋がしたい!」 ・「俺の彼女と幼馴染が修羅場過ぎる」 ・「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」 ・「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」 ・「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」 ・「旦那が何を言っているのかわからない件」 こんなタイトル昔はなかったですよね。 急になんか流行りでして、私もなんじゃこれはっwっていうのが正直な感想でした。 アニメのみならず、ラノベ界にも大きな影響を与えたこの作品。 是非見るべき作品ではないでしょうか? 3期はあるのか!? 結論から書きますと、3期はありません。 その理由として、原作分を全て放送したからです。 少し残っていた原作部分は、テレビ未放送分として第14話~16話が全世界同時ネット配信が行われました。 私はニコニコ放送でみたのですが、凄い人数が集まっていたことから人気作品だったことが伺えました。 アニメ第2期エピローグのキスについて、監督の神戸洋行は「最後のキスがどういう意味を持つかは視聴者の判断にお任せする」とした上で、「この二人はまだ何かありそうな気がする」と述べている。 何かあるということは・・・3期が?と思いそうなのですが、あるとしても、OVAとかですかねぇ。 原作通りに話は進められ、最後は感動をして正直泣いてしまいました。 3期がないのは残念ですが、キリよく終わったのでこれで良かったという思いもあるので、後継作に期待したいところです! みどころは毎回変化する曲 オープニングの作画が毎回微妙に変化していく仕様になっている。 視聴者にとっての楽しみの一つでもあり、非常に良い試みだと思います。 エンディングに関しては、なんと毎回曲が違うのです。 ニコニコ動画より一般公募された曲を使用するという試みにでたのです。 話題性を挙げるためか、制作費を抑えるためかは正直わかりませんが、視聴者にとっては楽しめたのではないでしょうか。 個人的評価 メインヒロインが妹で隠れオタク。 そして「エロゲーの妹キャラが好き」という日常アニメではなかなか新しい設定だったと思います。 ファッション雑誌の読者モデルをする程可愛い妹が隠れオタクだった。 オタクは類を呼ぶ。 しかし、 隠れオタクは常に孤独との戦いである。 自分の趣味であるアニメを語り合える友達が欲しいと思うのは当然のことだと視聴者に共感を呼びました。 この作品が素晴らしいのは、共感点が多いということ。 単純にオタクの気持ちに共感できる。 リアル妹がいかに生意気な存在か共感できる。 妹とのラブコメは成立するのかという幻想を抱かせる ほとんどの視聴者は必ずどれかに当てはまるため、見入ることができたと思います。 現実とリンクさせるという点が、これだけの有名作品になったのだと私は思います。 まだ見ていない方は少ないかとは思いますが、是非お勧めしたい作品なので、第1期からご覧ください。

次の

FrontPage

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

あらすじ 主人公の高坂京介は、雑誌モデルをしている中学生の妹・桐乃とは、昔は仲が良かったのだが、今では挨拶も会話もない関係性になっていた。 何も聞かずDVDケースとその中身を桐乃に返してあげた。 ある晩、萌えアニメや美少女ゲームが大好きでな隠れオタクであることをカミングアウトされる。 京介の協力を基に、趣味を共感しあえる 「真のオタ友」を探すための物語が始まる。 キャラクター紹介 高坂 京介(こうさか きょうすけ) 本作の主人公。 目立った長所も短所もないが、平穏な日常を望む男子高校生。 責任感の強い、暴走したりする。 「お節介焼きのお人好しだが少し鈍い」 内面的には年相応の欠点もあり、しばしば心の中で読者に対して悪態をつく一面もあるが、あまりそれを表には出さない。 高坂 桐乃(こうさか きりの) 本作ヒロイン中学2年生。 ライトブラウンのロングヘアで、ピンク色のヘアピンをつけている。 ハンドルネームは「きりりん」。 ファッション誌の専属モデル。 成績優秀でありながら、陸上部のエースと非の打ち所がない。 萌えアニメや男性向けの美少女ゲーム、「妹もの」が好き 表向きの生活と裏のオタク趣味との間は、どちらも不可分な自分の一部であるとして真剣に思い詰めている。 新垣 あやせ(あらがき あやせ) 桐乃の同級生で親友。 桐乃と同じくティーンズ誌のモデルをしている。 明るく人当たりのいい性格だが、やや考えすぎる傾向があり思い込みが激しい。 ゲームが犯罪を引き起こすという言説に感銘を受けており、オタクに対しては「犯罪者予備軍」といった偏見や嫌悪感を抱いている。 ハンドルネーム「黒猫」。 ゴスロリファッションが好き。 好意や感謝を素直に表現できない性格である。 ラノベ界の先駆者 「俺の妹がこんなに可愛いはずがない」という当時では珍しいタイトルですが、その後に発表されるラノベのタイトルに変化が表れました。 ・「僕は友達が少ない」 ・「中二病でも恋がしたい!」 ・「俺の彼女と幼馴染が修羅場過ぎる」 ・「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」 ・「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」 ・「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」 ・「旦那が何を言っているのかわからない件」 こんなタイトル昔はなかったですよね。 急になんか流行りでして、私もなんじゃこれはっwっていうのが正直な感想でした。 アニメのみならず、ラノベ界にも大きな影響を与えたこの作品。 是非見るべき作品ではないでしょうか? 3期はあるのか!? 結論から書きますと、3期はありません。 その理由として、原作分を全て放送したからです。 少し残っていた原作部分は、テレビ未放送分として第14話~16話が全世界同時ネット配信が行われました。 私はニコニコ放送でみたのですが、凄い人数が集まっていたことから人気作品だったことが伺えました。 アニメ第2期エピローグのキスについて、監督の神戸洋行は「最後のキスがどういう意味を持つかは視聴者の判断にお任せする」とした上で、「この二人はまだ何かありそうな気がする」と述べている。 何かあるということは・・・3期が?と思いそうなのですが、あるとしても、OVAとかですかねぇ。 原作通りに話は進められ、最後は感動をして正直泣いてしまいました。 3期がないのは残念ですが、キリよく終わったのでこれで良かったという思いもあるので、後継作に期待したいところです! みどころは毎回変化する曲 オープニングの作画が毎回微妙に変化していく仕様になっている。 視聴者にとっての楽しみの一つでもあり、非常に良い試みだと思います。 エンディングに関しては、なんと毎回曲が違うのです。 ニコニコ動画より一般公募された曲を使用するという試みにでたのです。 話題性を挙げるためか、制作費を抑えるためかは正直わかりませんが、視聴者にとっては楽しめたのではないでしょうか。 個人的評価 メインヒロインが妹で隠れオタク。 そして「エロゲーの妹キャラが好き」という日常アニメではなかなか新しい設定だったと思います。 ファッション雑誌の読者モデルをする程可愛い妹が隠れオタクだった。 オタクは類を呼ぶ。 しかし、 隠れオタクは常に孤独との戦いである。 自分の趣味であるアニメを語り合える友達が欲しいと思うのは当然のことだと視聴者に共感を呼びました。 この作品が素晴らしいのは、共感点が多いということ。 単純にオタクの気持ちに共感できる。 リアル妹がいかに生意気な存在か共感できる。 妹とのラブコメは成立するのかという幻想を抱かせる ほとんどの視聴者は必ずどれかに当てはまるため、見入ることができたと思います。 現実とリンクさせるという点が、これだけの有名作品になったのだと私は思います。 まだ見ていない方は少ないかとは思いますが、是非お勧めしたい作品なので、第1期からご覧ください。

次の

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(14) あやせif 下 (電撃文庫)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

「十三番目のアリス」「ねこシス」「エロマンガ先生」でおなじみの伏見つかさ作の『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 2010年に第一期が放送され、第二期、OVA、ゲーム化、最終回のネット配信など何かと話題でしたね。 2017年の「エロマンガ先生」アニメ化されるのをきっかけに、俺の妹を全話視聴してみたのですが、初めて見終えた感想は「え~~~、そんな結末なの~~!」の一言。 とにかくモヤモヤ感だけが残った印象です。 第一期の分岐シナリオはすごい! さて、俺の妹のヒロイン高坂桐乃(こうさかきりの)は、美少女ゲームや萌えアニメに熱中する隠れオタクとして描かれています。 一般的な美少女ゲームはプレイヤーの選択肢によってエンディングが異なる分岐システム(ifシステム)が採用されていますが、テレビ放送でこの分岐システムを採用したのは関心しましたね。 この分岐システムが採用されたのは第一期の最終回。 一方、OVAでは原作通りに桐乃が留学に出発し、兄の高坂京介(こうさかきょうすけ)が桐乃を追うエピソードや黒猫がゲーム研究会に入部するエピソード。 また、三浦絃之介・赤城瀬菜など第二期の主要キャラクターも登場し話が続いていきます。 一般的に最終回から続編を制作する場合の多くは、最終回のその後を描きながら物語を進行させていきますが、俺の妹では第12話(最終回)のBパートからストーリーが分岐するスタイルが採用されていますから、テレビ版の最終回を見た直後にOVA版を見るとなかなか興味を引きますよ。 黒猫が悲劇的すぎる さて、俺の妹では険悪だった兄妹関係が桐乃のオタク趣味を京介に知られたことによって関係が改善していきます。 当初は、良好な兄妹関係だったのですが徐々に兄妹恋愛にエスカレートしていきます。 兄妹恋愛に発展したがために、京介に思いを寄せる女性キャラがバッドエンドになるのはなんとも悲しかったですね。 その代表格が黒猫こと五更瑠璃(ごこう るり)です。 特に第一期では、ゴスロリファッションでの登場がほとんどでしたから、第二期で学生服に身を包む清純派の黒猫にドキッとした方も多いのでは… その第二期では黒猫が同じ京介と同じ高校に入学し、ゲーム研究会を通じてお互い急接近し恋人関係に発展します。 見ている側としては、所詮京介と桐乃は兄妹ですから、良好な兄妹関係を維持しつつ最終的には黒猫路線でハッピーエンドを迎えると想っていたのですが、見事に期待を裏切られました。 京介の本当の気持ちを確認するために一度は別れたものの、京介から自分の気持ちはやはり桐乃にあることを告げられた黒猫は、理想を描いたノート(デスティニー・レコード)を破り捨てて泣き崩れます。 普段、自宅ではジャージ姿で妹たちの面倒を見ている健気なキャラクターだっただけに幸せになって欲しかったのが本音です。 私を始め、このシーンにショックを受けたユーザーも多いでしょう。 このコミックは、黒猫が失踪するエピソードあたりから黒猫ルートに分岐(if展開)しており、黒猫とのハッピーエンドが描かれています。 さながら『黒猫救済作品』とも呼べるの作品ですね。

次の