テセウスの船 原作 犯人。 テセウスの船|原作漫画とドラマの違いは?真犯人と最終回に衝撃!|ネタバレあり|福岡のタレント・ハル公式サイト

テセウスの船|原作漫画とドラマの違いは?真犯人と最終回に衝撃!|ネタバレあり|福岡のタレント・ハル公式サイト

テセウスの船 原作 犯人

どういう事? 実は。 30年前にタイムスリップしていたのは心だけではなかったんです。 みきおも心と一緒に過去にタイムスリップしていました。 ちなみに犯人以外のネタバレとなりますが、心は再び過去にタイムスリップすることになります。 その2回目のタイムスリップでみきおも一緒に過去へ行きます。 (たまたま) そこで 少年の加藤みきおと共に大人の木村みきおが音臼小事件を起こすことになるんです。 テセウスの船原作漫画で音臼小事件を起こした真相は? もともと音臼小事件やその前の不可解な事件を起こしていたのは少年の加藤みきおです。 みきおは普通の人とは違う感性の持ち主で実は残虐な事を楽しいと思えるような少年でした。 そして 佐野鈴の事が大好きでした。 明音も同じく。 もともと佐野を犯人にするつもりで起こった事件だったんですね。 そしてみきおは気に入らない人は排除していき遂に鈴を手に入れることができますが。。。 その時にはみきおが好きだった鈴の面影はなく。 笑顔もない暗い鈴になっていました。 というか事件起こすのやめたら手っ取り早いのに。 まぁ、そんなこんなで真犯人は少年の加藤みきおと大人の木村みきおだったという結末です。 テセウスの船原作漫画ネタバレ!心の結末はどうなる?タイトルがここでリンク! 心は最終的に音臼小事件を止めることに成功して過去で産まれる心はあの温かい家庭で幸せに育つことになります。 ただ、未来の心は佐野文吾を庇ってみきおに刺されて亡くなってしまうんですね。 そして文吾は未来の心と同じく過去の幸せに育った心も由紀と結ばれたことを知り喜ぶというラスト。 ハッピーエンドなのにモヤっとな感じですよね。 もともといた心は亡くなってしまったわけですし。 と、ここで 『テセウスの船』というタイトルが意味を発揮します! ギリシア神話に登場するアテナイの英雄テセウス(テーセウス)は、クレタ島の怪物ミノタウロス(ミーノータウロス)を倒した後、クレタ島から船でアテナイに凱旋したという。 その船は記念として、その後長い間アテナイにて保存されていた。 だんだん船の建材は朽ちていくため、朽ちた部分は少しずつ新しい建材に置き換えられていった。 そしてついに、元の建材は一つもなくなり、全て新しい建材に置き換えられた。 これは果たして同じ物と言えるのか? という事ですね。 心が過去を変えて手にした未来は果たして本当の幸せな未来と言えるのか? って事ですよね。 心は再び由紀と恋愛することとなりましたが、それは本当に元々の2人と同じと言えるのか? うーん、深い! わからない 笑 これは個人個人の考え方でかわるものなので正解はないですけどね。

次の

テセウスの船ネタバレ最終回&犯人は誰?原作漫画とドラマで違う結末か【考察】

テセウスの船 原作 犯人

テセウスの船の犯人のネタバレ(原作より) ここからネタバレ注意です! テセウスの船の犯人はこの人!(原作) テセウスの船の 犯人は 加藤みきお( 安藤政信)です! ドラマでははじめ 車椅子の男として登場しますね。 安藤政信さんについては後述します。 テセウスの船 今日夜9時から日曜劇場で放送の。 小学5年生の男の子が犯人なんで驚いた方も多いかと思います。 しかし加藤みきおには 協力者がいたのです。 その人物とは… 加藤みきおです! え?となりますよね(笑) 実は 大人になった加藤みきおも心と同じようにタイムスリップしたのです。 詳しくは後述します。 テセウスの船の犯人の動機と結末(原作) では真犯人である加藤みきおの犯行理由は何だったのか? それは心の姉である 最初の鈴が欲しかったからです。 具体的には、事件前の頃の 純粋な鈴がほしかったのです。 加藤みきおが大人になって再会した鈴は、 事件のことがあり以前の明るい鈴とは別人でした。 それに加藤は 絶望したのです。 小学校の頃、鈴のクラスに転校してきた加藤みきお。 鈴と隣の席になり、鈴が挨拶をしてくるも加藤みきおは無視していました。 ある日、加藤みきおが「雨…雨…」とノートに書きこんでいると、 隣の席の鈴が「涙」という文字と、「一緒にカエル?」と聞いている傘の下にいる2匹のカエルの絵を描いてきたのです。 その時の鈴の笑顔に思わず見とれてしまった加藤みきお。 そして 世界が自分と鈴だけのものになればいいと願うようになったのです。 そしてなぜ心と鈴の父親である佐野文吾を犯人に仕立て上げたのか? それは鈴の 理想の結婚相手が関係しています。 ある日、鈴に好きな人はいないかと聞いた加藤みきお。 鈴は好きな人はいないが 結婚するならお父さんみたいに正義感のある人がいいと答えました。 それに対し不満に思った加藤みきおは鈴たちの父親である佐野文吾がしているのは正義ごっとなどと否定したのです。 その後加藤みきおは鈴のお父さんが殺人犯になる夢を見たというのです。 鈴と再会するも別人のようになってしまったことにショックを受けた加藤みきおは、 村の慰霊祭で他の人を巻き添えに自殺をしようとしました。 しかしちょうどその場に現れた心(現代に一度戻ってきた心)と会い、一緒にタイムスリップした(偶然)のです。 タイムスリップした加藤は、まず小学生の自分に会いに行き、このままだと鈴が別人のようになってしまうと告げ、幼い加藤みきおに協力したのです(この時点で小学生の加藤みきおは3人の命を奪っている)。 大人の加藤みきおは 加藤信也と名乗り行動しました。 その後大人の加藤みきおは鈴がショックを受けるようなことをするとまた鈴が変わってしまうかもしれないからと、 このまま何もせずに全ての罪を自分(加藤信也として)が被り自殺しようとします。 心と佐野文吾を道ずれに… 物語の結末では、加藤が佐野文吾をの命を奪おうとしますが、心が佐野を庇い加藤に刺されます。 大人の加藤みきおは佐野に銃で撃たれ、刺された心はそのまま息を引き取ります… (おそらく大人の加藤みきおはここで命を落としている) 結局、幼い加藤みきおは連続殺人犯の 少年Aとされ(実際に千夏、明音、金丸刑事をころした)、逮捕され少年院に入りましたが、現在は出所しているという情報が出ます。 そして漫画のラストの絵は大人になった加藤みきおが街中で黒いフードを被って歩いている姿でした… 以上、テセウスの船の犯人のネタバレでした! 次にテセウスの船の原作の結末をネタバレしていきます。 テセウスの船の原作ネタバレ!最終回結末は? 一連の事件の犯人は鈴のクラスメイトの加藤みきおで、 最も重要な小学校での無差別毒殺事件の際には心と同じくタイムスリップしてきた大人の加藤みきおが協力していました。 結局、事件により別人のようになってしまた鈴ではなく純粋な鈴が欲しかった加藤みきおは、 無差別毒殺事件を起こさず、幼い加藤みきおがおこなった事件の罪もすべて自分が被り、心と佐野文吾を道ずれに自殺しようとします。 ただ、大人の加藤みきおが佐野を刺そうとするも心が佐野を庇い、心はそのまま息を引き取ります。 それから数十年が経ち、音臼村は廃村となるということで佐野一家は当時住んでいた家を訪れます( 当時生まれた心は生きている)。 それは当時、心(タイムスリップしてきた心)も含め全員で埋めたタイムカプセルを掘り起こすためです。 心が入れた封筒には、 結婚指輪、そして 心の妻の由紀と子供の未来の名前が書かれた家系図が入っていました。 その由紀という名前を見てはっとする佐野文吾。 その後佐野文吾は自身が入れた手紙を、現在成長し教師をしている心にメールで画像を送ります。 どんな過去があろうとも過去に逃げず今を生きろ by父 その画像を見た心。 意味がわからずぽかんとしていると、 お弁当を一緒に食べませんかと同僚の女教師が行ってきました。 その女性こそが 由紀でした。 生年月日:1975年5月19日(44歳)• 出身地:神奈川県川崎市• 血液型:O型• 身長:175 cm• デビュー年:1996年 1994年、当時高校生だった安藤政信さんはスカウトを受け、1996年に北野武さん監督の映画「 キッズ・リターン」でデビューし以下の賞をとり華々しくデビューされました。 第20回日本アカデミー賞 新人賞• 第21回報知映画賞 新人賞• 第51回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞• 第34回ゴールデン・アロー賞 映画新人賞• 第6回東京スポーツ映画祭 新人賞• 第18回ヨコハマ映画祭 新人賞• 第9回日刊スポーツ映画大賞 新人賞• 第6回日本映画批評家大賞 新人賞• キネマ旬報賞 新人賞• 第22回大阪映画祭 新人賞• 第11回高崎映画祭 最優秀新人男優賞 安藤政信ってキッズリターンでデビューしたのか。 金子賢若ぇ!でも二人ともかっこいいな。 桐山和雄という役で出演し、セリフはほとんどないのですが、多くの視聴者に強いインパクトを与えた登場人物でした。 何人相手でも他の生徒を倒すなどその強さと容赦のなさが非常に不気味なキャラクターでした。 ラストは失明しながらも主人公と闘い最後はショットガンで頭を吹き飛ばされます。 バトルロワイアルの時に安藤政信さんを知って、日本で一番好きな俳優になった。 最近では2019年放送の大ヒットドラマ「」に佐野役で出演し、 物語終盤まで謎に包まれたミステリアスな役柄を演じました。 結局は自宅でワニを飼っている普通の住人(普通じゃない)というオチだったのですが、 多くの視聴者に愛された登場人物でした。 キッズ・リターン(1996年)- タカギ シンジ 役• イノセントワールド(1998年)- タクヤ 役• かわいいひと(1998年)• アドレナリンドライブ(1999年)- 鈴木悟 役• 鉄道員(ぽっぽや)(1999年)- 加藤敏行 役• スペーストラベラーズ(2000年)- 藤本誠 役• MONDAY(2000年)- 近藤光男 役• バトル・ロワイアル(2000年)- 桐山和雄 役(代表)• バトル・ロワイアル 特別篇(2001年)- 桐山和雄 役(代表)• サトラレ(2001年)- 里見健一 役(主人公)• RED SHADOW 赤影(2001年)- 赤影 役(主人公)• DRIVE(2002年)- 児島誠 役• SF Short Films(監督)• 昭和歌謡大全集(2003年)- スギオカ 役• 69 sixty nine(2004年)- 山田正 役• 亡国のイージス(2005年)- ドンチョル少尉 役• BLACK KISS(2006年)- 空山龍男 役• 46億年の恋(2006年)- 香月史郎 役• ギミー・ヘブン(2006年)- 野原貴史 役• ストロベリーショートケイクス(2006年)- 菊地 役• 悪夢探偵(2007年)- 若宮刑事 役• さくらん(2007年)- 清次 役• スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ(2008年)- 与一 役• こおろぎ(2007年)• 花の生涯〜梅蘭芳〜(梅蘭芳、2009年、中国映画、チェン・カイコー監督)- 田中隆一 役• スマグラー -おまえの未来を運べ-(2011年)- 背骨 役• セデック・バレ 第一部 太陽旗/第二部 虹の橋(賽徳克・巴莱、2011年、台湾映画、ウェイ・ダーション監督)- 小島源治 役• ソード・ロワイヤル(刀見笑、2011年、中国映画、ウー・アールシャン監督)- 料理人 役(主人公)• R-18文学賞 vol. 1 自縄自縛の私(2013年)- 矢村修司 役• ペタル ダンス(2013年)- 直人 役• GONINサーガ(2015年) — 式根誠司 役• 無無眠(无无眠、2015年、台湾映画、ツァイ・ミンリャン監督)• THE INDEPENDENTS 2015年• セーラー服と機関銃 -卒業-(2016年) — 安井 役• 貞子vs伽椰子(2016年6月18日) — 経蔵 役• 花芯(2016年8月6日) — 越智 役• 闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年10月22日) — 鰐戸一 役• KOKORO(2017年11月4日)- ジロウ 役• スティルライフオブメモリーズ(2018年7月21日)- 鈴木春馬 役(主人公)• 劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年7月27日) — 新海広紀 役• きらきら眼鏡(2018年9月15日)木場裕二 役• デイアンドナイト(2019年1月26日)- 北村健一 役 テレビドラマ(連続)• 好きやねん(1995年7月 — 9月、読売テレビ・日本テレビ)• 宮沢賢治生誕100年記念ドラマ 奇跡の少年(1996年、岩手めんこいテレビ)• 友達の恋人(1997年4月 — 6月、TBS) — 柏木朋也 役• 聖者の行進(1998年1月 — 3月、TBS) — 高原廉 役• 青の時代(1998年7月 — 9月、TBS) — 澤木朱里 役• 恋の三陸 列車コンで行こう! (2016年2月27日 — 3月12日、NHK総合) — 大迫達也 役• 地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 第6話(2016年11月9日、日本テレビ) — 桐谷歩 役• コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season(2017年7月 — 9月、フジテレビ) — 新海広紀 役• 恋のツキ(2018年7月 — 10月、テレビ東京) — 土屋情 役• ブラックスキャンダル(2018年10月4日 — 12月6日、読売テレビ) — 勅使河原純矢 役[7]• 神酒クリニックで乾杯を(2019年1月 — 3月、BSテレ東) — 主演・ 神酒章一郎 役• それを愛とまちがえるから(2019年2月 -、WOWOW) — 星野誠一郎 役• あなたの番です(2019年4月 — 9月、日本テレビ) — 佐野豪 役 テレビドラマ(単発)• 最後の家族旅行(1996年10月4日、TBS)• 学校の怪談 春の呪いスペシャル 恐怖心理学入門(2000年3月28日、関西テレビ)• 京都人の密かな愉しみ 月夜の告白(2016年11月5日、NHKBSプレミアム) — 二宮聖 役• 君に捧げるエンブレム(2017年1月3日、フジテレビ) — 神村錬 役•

次の

【テセウスの船】ドラマと原作漫画の違いを解説。真犯人や結末が違う!?

テセウスの船 原作 犯人

2020年1月から、ドラマ『テセウスの船』がスタートします。 ドラマ『テセウスの船』の原作は、2017年からモーニングに連載され、すでに完結している東元俊哉さんの漫画です。 原作からは、サスペンスやファンタジー、親子の絆など、いろいろな要素を感じることができます。 今まで観たことのないタイプのドラマになりそうなので、ちょっとドキドキしながら楽しめそうですよ。 31年前にある小学校で連続毒殺事件が起こります。 その事件の犯人は、主人公の 田村心(竹内涼真)の父親の 佐野文吾(鈴木亮平)。 心は、その事件のせいで常に世間の目を気にしながら暮らす毎日でした。 本当に父は犯人なのか?と疑問を抱いた心は、事件の起きた場所に行きます。 すると、いきなり31年前にタイムスリップしてしまいます。 心は、父親の冤罪を晴らすことができるのか、気になりますよね。 そこで今回は、 漫画原作のネタバレや 真犯人は誰なのか、 真犯人が 事件を起こした 動機などをご紹介したいと思います。 Contents• 父親が無差別殺人で逮捕 主人公の田村心は、警察官の父・文吾が無差別殺人事件を起こして逮捕された過去を持って生きてきました。 この事件は、31年経った今でも誰もが知っている史上最悪の殺人事件です。 その内容は、小学校のお泊り会で、青酸カリ入りのオレンジジュースを飲んだ21人が死亡するという残忍なものでした。 父の文吾は、31年前に逮捕されて死刑判決を受けましたが、今でも冤罪を訴えています。 父が逮捕された時には、心は母のお腹の中にいたのでした。 由紀との出会い 大人になった心は、学生時代に知り合った由紀と結婚します。 由紀は、事件のことを調べ、「お父さんは冤罪の可能性が高いのでは?お父さんを信じてみて。 」と心に言います。 そして、由紀は女の子を出産後、死んでしまいます。 タイムスリップ 心は由紀の言葉を信じ、31年前に事件のあった小学校に行きます。 すると、心は突然霧に包まれ、事件が起こる直前の1989年にタイムスリップしてしまいます。 そこで心が目にしたのは、今とは正反対の明るく笑う母と優しい父でした。 心はそんな父を見て、冤罪を信じ始めます。 そこで心は、事件を止めようと過去を変えるために行動を起こし始めるのです。 『テセウスの船』犯人ネタバレ 『テセウスの船』犯人は? その後、心が今の世界に戻ると、未来が変わっていました。 しかし、事件の詳細は変わっていたものの、父が犯人であることは変わっていませんでした。 さらに、事件のあと母は一家心中をおこし、母と兄は死に、姉と心だけが生き残っていました。 姉の鈴は名前と顔を変えて別人として、車椅子生活の夫の村田みきおと暮らします。 そんな中、父親の事件の冤罪立証に協力してくれるという証言者が現れます。 しかし、証言者の紀子は家にきた元教師の木村さつきに刺されて、殺されてしまいます。 木村さつきは、小学校の事件で生き残った先生ですが、事件の後に鈴の同級生の加藤みきおを養子にしていました。 実は加藤みきおは、鈴の夫のみきおだったのです。 『テセウスの船』犯人の動機は? 彼は、小学生の時に隣の席になった鈴を好きになります。 鈴を自分のものにするために、事件を起こしたのです。 そして、そのことを木村さつきも知っていました。 みきおは当時、鈴から「好きな人はいないけれど、結婚するならお父さんのような正義感のある人がいい」と言われます。 しかしそれに不満を感じたみきおは、鈴の父親の文吾を陥れようと事件を起こしたのでした。 『テセウスの船』犯人をめぐる最終回 心は、みきおと再び過去に行きます。 みきおは、鈴を手に入れるために文吾を殺そうとしますが、心がそれを阻止します。 その際に心は死んでしまいますが、小学校での大量殺人は阻止され、みきおは殺人犯として捕まります。 そして、改めて未来で、心は文吾の子供として生まれ、由紀と再び出会い結婚するのです。 『テセウスの船』真犯人加藤みきおの人物像を考察 加藤みきおは、心の姉・鈴の同級生でした。 みきおは転校生で、一見おとしなしそうな感じの少年です。 しかし、家庭環境が複雑で、父親はおらず、母親を早くに亡くしてしまい祖母と暮らしていました。 祖母も病気になり、その後、担任であった木村さつき先生が養子として引き取り、木村みきおとして生きることになります。 みきおは、無差別毒殺事件の後遺症と偽り、車椅子生活をしていました。 そして、心の姉の結婚相手は、村田みきお=木村みきお=加藤みきおだったのです。 ドラマのホームページでは、まだ加藤みきおという役名は出ていませんが、役名「車椅子の男」が加藤みきおだと思われます。 加藤みきおは、生い立ちから気弱で自分に自信がないけれど、心の姉を必ず手に入れたいという執念深いところもあるという性格のようですね。 まとめ ドラマ『テセウスの船』の真犯人は、車椅子の男・加藤みきおということがわかりました。 加藤みきおが事件を起こした動機は、みきおが心の姉、鈴のことが好きで、鈴は父のように正義感が強い人がタイプだと言ったことから、自分と正反対の性格だと思った加藤みきおが父を陥れようと起こしたものだということがわかりました。 「嫉妬心」が動機ということですね。 過去と未来が錯綜するお話ですから、毎週見逃せませんね!.

次の