ば くおん 13。 ばくおん!! 最新刊(次は14巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

6月26日(金)のご予約

ば くおん 13

良作のバイクマンガが出た。 であれば書評を書かずにおれようか。 なぜならこの身は、バイク乗り(ライダー)であるが故……。 という訳で面白バイクマンガのご紹介!某軽音部よろしく、女子高生がバイク部でワイワイする話です。 我ながらザックリとし過ぎな気もする紹介ですが、しかし侮るなかれ!バイク好きなら思わずニヤリとくるバイクネタが盛り沢山で想像以上に楽しめます!自分の場合、最初の3ページで初めて買ったヤマハのバイク、セロー225Wが出た瞬間にテンション爆超でした(笑)。 カラーリングは違いましたがまさかの年式まで同型!バイク描写もしっかりされていてバイクネタが来るたびに「あるある!」などと頷いておりました。 もちろんバイク知識ゼロでも十分以上に楽しめますのでご安心を!むしろ新しい発見がある分、より面白いかも? 少々際どいネタもありますが、それも含めて楽しい作品です。 ちなみに今の自分はホンダ乗りですがスズキとドゥカティも大好きです。 ハヤブサで北海道走りたい……。 2016年・春のアニメ化でも話題です。 (書店員・らいだー).

次の

くおん(@KUON_8)

ば くおん 13

良作のバイクマンガが出た。 であれば書評を書かずにおれようか。 なぜならこの身は、バイク乗り(ライダー)であるが故……。 という訳で面白バイクマンガのご紹介!某軽音部よろしく、女子高生がバイク部でワイワイする話です。 我ながらザックリとし過ぎな気もする紹介ですが、しかし侮るなかれ!バイク好きなら思わずニヤリとくるバイクネタが盛り沢山で想像以上に楽しめます!自分の場合、最初の3ページで初めて買ったヤマハのバイク、セロー225Wが出た瞬間にテンション爆超でした(笑)。 カラーリングは違いましたがまさかの年式まで同型!バイク描写もしっかりされていてバイクネタが来るたびに「あるある!」などと頷いておりました。 もちろんバイク知識ゼロでも十分以上に楽しめますのでご安心を!むしろ新しい発見がある分、より面白いかも? 少々際どいネタもありますが、それも含めて楽しい作品です。 ちなみに今の自分はホンダ乗りですがスズキとドゥカティも大好きです。 ハヤブサで北海道走りたい……。 2016年・春のアニメ化でも話題です。 (書店員・らいだー).

次の

自律神経失調症のセルフケア~丹田を使った腹式呼吸③~

ば くおん 13

届いて一通り読んでちょっとびっくりしました。 ものすごい薄味というか毒にも薬にもならないというか・・・ かわいい女の子がキャッキャウフフしてるだけです。 っていうか来夢先輩どこにもいないじゃん!もう成仏したっけ?って思って前巻読み返してみたけどそんなことなくて、もう一度今巻を読み返してみたらコマの端っこにちょっとだけしか出番がありませんでした。 公道で爆走するキャラって今の時代は漫画の中でも使いづらいんですかね?大好きなのに。 千雨もほとんどセリフが無くって、完全にモブ扱いです。 アクが強くて毒があるこの2人がいなきゃそら薄味だぁね・・・ 新型カタナの話になった時もどれだけこき下ろしてくれるもんかと期待しましたがあんなにつまらない落ちですか・・・ なにかしら仕事をもらってるのかもしれませんが、メーカーに対して気を使ってるモータージャーナリストみたいでいやだなぁ 次巻での巻き返しに期待してます!! ワンパターンと言われつつも、長く続いたコミックスはたくさんある。 40年間200巻まで続いた「こち亀」は別格としても、「750ライダー」なんて、10年間も主要キャラが高校2年生のまま50巻まで続いたのだから、元祖女子高生ライダー漫画としてこれからも描き続けて欲しいし、ずっと読み続けたい。 以前、凛ちゃんのパパが子供だった頃の過去にタイムスリップした話があったが、メンバー全員が社会人になった時代にタイムスリップした話があってもいいんじゃないかな? もちろん、ライム先輩は女子高生のままなんだろうけど・・・。 ) 今回は大人の事情があったのかもしれないが、変態SUZUKIの新型KATANAを罵倒する音叉が見られなかったのは残念。 現行モデルの悪口を書くのは、やはりメーカーの許諾が下りないのだろうか?でもその方が、盲目的にSUZUKI車を愛する凛ちゃんの言動がより際立つと思うのだけれど・・・。 箱根ツーリングの大観山のスカイラウンジでは、天ぷらうどんではなくて名物フジヤママグマカレーを登場させてほしかった。 新キャラの大手外車輸入車代理店の社長令嬢、徳大寺 蘭ちゃんが可愛かったので、250KATANAを降りたところで終わりにするのではなく、普通二輪免許で乗れる外車のKTM390デュークとかRC390を愛車にして、これからも登場させてほしい。 ひとつだけ苦言を呈するならば、「ばくおんの小部屋その68」で、CB750が紹介されているが、タイトルが「佐倉羽根のHONDA CB750F」になってしまっている。 CB750とCB750Fは全く別のバイクですよ、秋田書店の校閲部、しっかり仕事してください!! 台湾編のコミック化も、楽しみにしています!!.

次の