口内炎 治し 方。 猫の口内炎はなぜ起こる? 予防、治療方法を教えます!

【即効!口内炎の治し方】家でできる対処法とおすすめ市販薬

口内炎 治し 方

口内炎の種類 口内炎は細かく分けると非常に多くの種類がありますが、大きく5種類に分けられます。 アフタ性口内炎 一般的に口内炎と呼ばれている種類です。 アフタ性口内炎は頬っぺたの内側、上顎、歯茎や唇の内側など、口内の粘膜部分にできます。 大きさは6mm以下で、灰白色や黄白色です。 カタル性口内炎 アフタ性口内炎と似ている物の、口内に赤く炎症が発生し、その後ただれやひび割れる症状が特徴です。 刺激の強い食べ物がしみたり、唾液の分泌量が多くなって口臭が強くなります。 虫歯や風邪、胃腸の調子が悪い時などにも発症する口内炎です。 ウイルス性口内炎 単純性ヘルペスウイルスが原因となり、ウイルス感染で発生する口内炎です。 大人で発症することはほとんどなく、子供に多く発症します。 のどの痛み、発熱、歯茎の腫れなどが特徴となります。 アレルギー性口内炎 特定の食品や金属にアレルギー反応を起こすことで口内炎ができます。 口の中のただれや水ぶくれ、アフタ性口内炎ができます。 カンシダ性口内炎 基礎疾患があったり、抵抗力が弱くなっている人に発症する特徴があります。 口内の常在菌が繁殖することが原因です。 白い苔のようなものが口内全体に発生して、その後赤く炎症を起こします。 白い正体はなにか 特にアフタ性口内炎では、患部が白くなります。 潰してしまうこともできそうですが、会話や食事の時の痛みが一層辛くなります。 この白い部分をアフタ(灰白色斑)と呼びます。 炎症が生じている傷口の血液が固まる時に、たんぱく質によって膜ができ、細菌やウイルスの侵入を防ぐ役割があります。 足や手を擦りむいた場合、細菌が入らないようにかさぶたができますが、 口内炎の白い部分はかさぶたと同じ役割を果たしています。 それで白い部分を取ってしまうと、細菌が入り患部が悪化してしまったり、化膿するケースもあるため絶対にとらないようにしましょう。 口内炎の痛みを和らげる方法は 口内炎の痛みを少しでも和らげる方法はいくつかあります。 軟膏タイプの薬で、麻酔成分が含まれている薬を使うと効果的です。 ジブカイン塩酸塩、アミノ安息香酸エチルの2つの成分は痛みを緩和させる働きがあります。 患部に直接塗ることで、即効性を期待できます。 また、口内炎にはクルクミンという成分で痛みを和らげることができます。 クルクミンはウコンに含まれる色素成分の1つで健康食品の成分としても使われています。 トローチなどの医薬品で摂取することで、即効性が期待できます。 ステロイドなどを使用している医薬品もありますが、副作用の心配があります。 クルクミンには副作用の心配がなく、しかもステロイドと同じ程度の効果があります。 お金をかけずに痛みを和らげる方法もあります。 地倉(ちそう)と呼ばれるツボを押すことで痛みをある程度和らげられます。 口角を引き上げ、その外側にできているくぼみの部分が地倉のツボです。 左右同時に徐々に力を加えていくことで痛みを緩和する効果があります。 すぐにできる治し方は? 即効性のある治し方は、口内炎に効く医薬品を使用するのが一番です。 薬がない場合、すぐにできるいくつかの方法があります。 まずは、はちみつを口内炎の患部に塗ることです。 塗った直後はかなりしみますが、ハチミツは口内炎をコーティングする働きがあるため長時間の効果が期待できます。 そして消毒するという点では、塩を塗ることも効果があります。 もちろん非常にしみます。 ハチミツを塗る時のようにコーティングするわけではないので、応急処置と考えて使いましょう。 また緑茶の殺菌効果を使う方法もあります。 緑茶を飲むだけでも口内炎の殺菌効果があります。 緑茶パックを口内炎に直接貼り付けておいても効果があります。 なかなか治らない時に確実な治療方法はコレ! 通常、口内炎の症状は1週間から10日程度で治ります。 薬を飲んだり、ビタミンを取ったり、色々な方法を試してみても中々治らない場合にはどうしたらいいでしょうか? 一番効果的で確実な治療方法は病院に行くことです。 歯医者などでは、 口内炎をレーザーで焼いて治療してもらえます。 レーザー治療と聞くと抵抗があるかもしれませんが、ほんの数分で終わり、しかもその後は2、3日で完治します。 殺菌消毒して後は処方される軟膏を塗っておけば、痛みもすぐになくなります。 レーザー治療は保険が適用されないため病院によっては高額な治療費が発生する可能性もあります。 事前に治療費について問い合わせる必要があります。 できる場所による原因の違い ほっぺ(頬)の口内炎の原因 頬の内側に口内炎ができる原因の一つは、食事をしている時や会話をしている時に、間違って歯で頬の内側を噛んでしまうためです。 歯で噛むと傷がついてしまい、そこから雑菌が入り込んで傷口が大きくなっていきます。 アフタ性口内炎と呼ばれ、一般的な口内炎です。 短期間のうちに何度も頬の内側を噛んでしまい、口内炎ができているなる場合、体重の増加が一つの原因として挙げられます。 体重が増えたことで、これまでよりも頬の内側に肉が付き、歯と頬がくっついてしまうため間違って噛んでしまいます。 もしくは親知らずの出っ張りや歯並びが悪いことで頬の内側を傷つけてしまうこともあります。 上顎の口内炎の原因は食べ物 上顎にできる口内炎ができる原因は、頬の内側と同じように、傷がつきそこから細菌が侵入するケースです。 ただし上顎の場所を考えると間違って噛んでしまったという訳ではありません。 固い食べ物を口の中に入れたときに、食べ物によって上顎を傷つけてしまうことが原因です。 上顎の組織は柔らかいため、傷ついてしまうのは仕方のない事ではありますが、固い食べ物を食べる際には十分気を付ける必要があります。 別の原因として考えられるのは、口蓋隆起という骨の病気です。 突然変化が起きるわけではありませんが、骨が徐々に大きくなるため、上顎に口内炎ができてしまいます。 長期間にわたって上顎の口内炎が治らない場合には口腔外科などで診断してもらいましょう。 歯茎の口内炎はストレスが原因 歯磨きをしている時に、間違って歯ブラシで歯茎をこすってしまうと傷がついてしまい、これが原因となって口内炎ができてしまいます。 また食べ物を食べる時に、歯茎を傷つけてしまうことも原因の一つとして考えられます。 そして生活のストレスが原因となって歯茎に口内炎が出る可能性があります。 ストレスが蓄積されると、知らないうちに体の免疫や抵抗力は低下しています。 そのため、通常ならばすぐに完治するような、ちょっとした傷でも細菌と戦うための抵抗力がないために、口内炎になってしまいます。 ストレスをためないように生活することも、口内炎予防の一つです。 口内環境が清潔に保たれていないことが原因となって、歯茎などの場所に口内炎ができます。 清潔に保たれていないと、細菌や雑菌が繁殖する絶好の環境となってしまいます。 定期的に歯磨きやうがいをすることも大切です。 唇の口内炎は外的要素も原因 唇は口内環境よりも、外的要素ゆえに口内炎ができてしまいやすい場所です。 常に外気にさらされているため、冬などは乾燥して唇がひび割れして血が出てしまうケースもあります。 こうして乾燥して亀裂が入っている部分から細菌が入ると、口内炎ができてしまいます。 また女性であれば口紅を付ける時間も多いため、自分の体質に合わないとアレルギー反応を起こしてアレルギー性口内炎になります。 食生活が偏ってしまい、栄養素の中でもビタミンB2やB6が不足してくると唇に口内炎ができる傾向があります。 喉の口内炎の原因はウイルス性口内炎 他の場所にできる口内炎と違って、喉にできる口内炎の場合はウイルス性口内炎の可能性が高いです。 手足口病、帯状疱疹、ヘルペス性口内炎などが原因で喉に口内炎ができます。 喉にできている場合、即効性のある治療方法などはあまりないので、免疫力を高め自然治癒力で治す必要があります。 また耳鼻咽喉科や皮膚科、口腔外科などを受診して対応してもらえます。 舌の下(裏)の口内炎は抵抗力の低下が原因 他の場所と同様に、舌の裏に口内炎ができてしまうのは疲れやストレスが溜まり、免疫力が低下することが一つの原因として考えられます。 加えて忙しさゆえにしっかりと料理をして食事をとらずに、コンビニ弁当やインスタント食品などが続くとビタミンなどの栄養素が不足してしまいます。 そのため口内炎ができやすい状態になってしまいます。 舌の裏にできた口内炎は他の場所の口内炎に比べて治りが悪いため厄介です。 話す時、食事をする時には想像以上に舌は口の中で動くため、刺激をうけるのが原因です。 免疫力を高めていくことも大切ですが、どうしても痛みが強い場合にはレーザー治療で焼いてもらう方法も効果的です。 舌先の口内炎の原因の一つは栄養素不足 頬にできる口内炎と同じように、食事や会話の際に間違って舌を噛んでしまった経験は誰もがあります。 また歯磨きの際に舌を傷つけてしまうケースもあります。 こうした外傷が原因で口内炎になってしまいます。 またビタミンB12や鉄が不足すると舌先に口内炎ができやすくなります。 貧血などの症状がある人の場合には、サプリメントなどで鉄を補っておくと予防できます。 また抗生物質やステロイドを含む医薬品を長期間服用していると、副作用として口内炎ができます。 症状が続く場合には、使用している薬の服用を中止することも必要です。 免疫力を低下させないことが大事 口内炎ができてしまう大きな原因には免疫力の低下があります。 口内炎予防のために、口内環境を清潔に保っておくこと、歯ブラシや食事の際に頬や歯茎を傷つけないように気を付けることも大切です。 健康的な食生活やストレスをためないように心がけることで、免疫力を上げ口内炎ができにくい体を維持できます。

次の

舌にできた口内炎の治し方はコレ!簡単にできること5つ

口内炎 治し 方

疲れがたまって 体の免疫能力が低下していた。 簡単に言うと、 これが口内炎ができる過程と原因です。 もう少し詳しく説明をしてみましょう。 元々、口のなかには、 数千億個という細菌が 存在しています。 数千億個・・・とは、恐ろしい数です 汗 ちなみに、口臭や虫歯なんかも この細菌たちが関連してます。 普通は唾液と一緒に流されいき、 カラダ自体もそれらの細菌に対して 免疫能力をもっています。 しかし、疲れやストレスが溜まっていたり、 体調が悪かったりすると、 カラダを守っている免疫能力が低下します。 緊張して口の中がカラカラ! そんな経験ありますよね? そうなんです!! 緊張する場面や、ストレスを感じる場面では、 唾液の分泌量が低下するのです。 ある実験では・・・ ストレスを感じた状態での唾液量は 普段の3分の1まで低下したそうです。 たとえ、 口の中を噛んだ!舌を噛んだ! と、傷ができたとしても、 唾液が細菌を洗い流したり、身体の免疫能力で 細菌をブロックできていれば・・・ 傷口から細菌が繁殖して 炎症を起きることはない! つまり、 口内炎にはならない! ということです。 これが、 口内炎ができる原因と対策になります。 口内炎が出来る原因はわかった! じゃあ、口内炎ができる場所に 意味はあるのでしょうか? 傷から細菌が繁殖するって考えれば、 場所は関係ないんじゃないの? と、思うかもしれません。 が、 1つだけ要注意の「場所」があります。 それは、舌です! スポンサーリンク 舌にできた口内炎の意味 口内炎が出来る仕組みは同じでも、 注意しなければいけないのが舌です。 口内炎自体は、 口の中にできるものと違いはありません。 ですが、 それが 重大なサインの場合があります。 その重大なサインとは、 癌 がん です。 舌癌、口腔がんの際、 口内炎とよく似た症状が起きます。 ただの口内炎かと思っていたら、 実は癌 がん だった! というケースも中にはあるようです。 口内炎は、誰でも出来る身近なもの。 痛くてやっかいな奴。 でも、たかが口内炎。 と思ってしまいます。 次章では口内炎の治し方をご紹介しますが、 あまりにも 口内炎の治りが遅い・・・ なんだかいつもの口内炎と 違う違和感がある・・・ といった場合には、 耳鼻科などの専門医での診察を 強くおススメします。 ちなみに舌癌についての情報です。 ・女性よりも男性に発症するケースが多い。 ・喫煙者は要注意。 ・進行が速い癌なので、早期発見が重要。 スポンサーリンク 元々はかかりつけの耳鼻医で聞いたやり方で、 「口の中を清潔に保つように」 と教えてもらいました。 先生からは「うがい」と聞いたのですが、 自分で色々と調べ実践した結果、 イソジンでのうがいが一番効果的です! うがいのポイントは2つ! 口内炎ができたら 直ぐにうがい口内炎が出来た!または、出来そうだ! となったら、 イソジンうがいをとにかくやりまくります! 「すぐに」これがとっても重要です! 出来始めのときに口の中の細菌を消毒し、 洗い流すことで繁殖を かなり抑えることができます! つぎに、 やさしくうがいする激しくうがいをすることで、 口内炎の患部が広がったり、 傷が悪化してしまうことも。 また、私はこのイソジンうがいで 殆ど治してしまうので滅多に使いませんが、 口内炎の塗り薬も市販されています。 ちなみに、うちの子供は使っています。 子供の場合、口内炎ができてもほったらかし… 口内炎が出来た! という時には、 立派に成熟しきった口内炎が・・・ 完全に「直ぐにイソジンうがい!」の タイミングを逸しています。。。 寝る前にも塗るのがおススメです。 また、おまけで もう1つ治し方をご紹介! 私が小さいころ、口内炎が出来たときに おばあちゃんがはちみつを 塗ってくれていました。 なんと、サウジアラビア国立大学の 実験でも効果が実証されたようです! お、おばあちゃんスゴイ! はちみつ自体は体によい自然食品で 私は喉の痛みを緩和させる対策としても 使っていたりします。 まとめ 口内炎の予防には、 ビタミンの摂取などもありますが、 体質改善といった長い目でみた場合の 予防策が必要だと思います。 ビタミンをとったら明日治る! といったものではないので、 口内炎をすぐに治したい! とい方には向いていないかと思います。 体質的に、口内炎が頻繁に出来るという方は、 ストレスや食生活、ビタミンの摂取も含めて、 生活面での見直しが必要ではないでしょうか。 ストレスについてはこちらの記事もご参考に! また、こちらの喉の市販薬で紹介している ペラックTで口内炎を治す人もいるようです。 こちらもぜひ参考にしてみてください。 たかが、小さな口内炎。

次の

口内炎の治し方を歯科医師が解説。少し早く治す方法も|eo健康

口内炎 治し 方

大好きなおかずやお菓子なのに、今日はごきげんが悪い? 子供の様子がいつもと違ったら、お口の中をチェック。 いろんな原因で、子供にできる口内炎は、早めに気付くのが大切。 正しいケアと日頃からの予防で、笑顔をとりもどしてあげましょう。 見つけてあげることが、いちばんのケアです。 食事やおやつをイヤがったり、顔をしかめたり。 子供がいつものようにおしゃべりもしないようだったらお口の中をよく見てあげてください。 口内炎ができているのかも。 できても自分ではうまく伝えられない子供の口内炎、ママや大人がいつもチェックする習慣が何よりも大切です。 歯みがきタイムなどに、よく見てあげてくださいね。 子供の口内炎には、 流行性の病気が原因のものがあります。 口の中は、カラダ全身の健康状態が出やすいところでもあります。 口内炎の症状が病気を知らせることもあるので、よく確かめてください。 カラダを守るチカラがまだ十分でない子供たちは、学校や幼稚園で何かがはやるとハラハラ。 口内炎の症状は、手足口病やヘルパンギーナなど子供特有の感染症でもあらわれるので、病院で診察・治療するなどの早めの判断も重要です。 子供の口内炎の主な種類とあらわれやすい症状 ・アフタ性口内炎・・・お口の中に小さな白か黄色の膜があるただれ など ・手足口病・・ほおや唇の内側や舌などに水ぶくれ など ・ヘルパンギーナ・・・のどの粘膜に小さな白い水ぶくれ など 子供の口内炎の種類 アフタ性口内炎 一般的な口内炎のひとつ。 白くてみつけやすい円状です。 子供の口内炎の多くがアフタ性口内炎と呼ばれる、一般的な口内炎です。 口内の粘膜に小さく白い円状のただれができます。 白や黄色っぽい膜に覆われていることもあり、口の中でもはっきりと見つけやすいのが特徴です。 通常は1~2週間でよくなりますが、痛くてあまり食べてくれない、また夜更かしなどでリズムが乱れると長くなることも。 ヨーグルトや熱くないスープなどで栄養バランスをとりながら、規則正しい毎日を送ることが長引かせない、くり返さないカギです。 手足口病 名前の通り、手足にポツポツ。 舌やのどにまで口内炎ができます。 生後6カ月の乳幼児から小学校に上がる前くらいまでの子供がかかりやすい、ウィルス性の症状。 毎年夏をピークに流行します。 手のひらや指の側面、足にポツポツと発疹や小さな水ぶくれができるのがサイン。 熱が出て、口の中ではほおや唇の内側、舌、のどにまで口内炎ができます。 ヘルパンギーナ 6月くらいからかかる夏風邪。 痛い口内炎と高熱が特徴です。 夏風邪の代表がヘルパンギーナ。 5歳以下ぐらいの子供を中心に6月の後半ぐらいから夏休みにかけて流行します。 口の中に水泡や水ぶくれができ、のどに炎症が起きていたら疑ってみてください。 食べ物を飲み込む時に痛がったり、急に高熱が出るのもこの感染症の特徴です。 いちばんの予防は 好き嫌いのない子供をめざすこと。 好き嫌いが多かったり、お菓子ばかり食べていませんか?口内炎は栄養バランスの乱れが大きな原因です。 中でもビタミンB 2は不足するとお口の粘膜にトラブルが起きやすい状態に。 毎日の食事で上手に補うのがポイントです。 甘いものの食べ過ぎもビタミンB不足を招くので、ちょっとガマンがお約束です。 何よりも作らせない生活が大切です。 成長期をサポートする牛乳や卵は、口内炎のケアにも働くビタミンB 2が豊富なので、積極的に食べさせたいもの。 寝不足も原因になるので、ベッドでの絵本の読み聞かせなどで、寝つきをサポートしましょう。 お口のケアを通して、カラダにも心にもいい生活を。 より健やかに育ってくれそうですね。

次の