ブラザーミシン コンパル。 家庭用ミシン 全製品一覧

ミシン図鑑 ブラザーミシン ミシン通販、ミシン修理、ミシン買取のミシン生活

ブラザーミシン コンパル

ジャノメとブラザーのミシンのどちらがいいか悩んでいます。 実店舗を見に行った時に、ジャノメ「DC6030」・ブラザー「コンパル700(900 」を勧められましたがどちらも10万程するため躊躇しています。 ネットで色々調べると、ジャノメは「ME830」か「JP510」、ブラザーなら「ソレイユ80」が良いというのを見ました。 ジャノメの上記2機種はともに4万あれば買えそうです。 主にドール服の小さくて薄いものを縫います。 たまに子供用の服を作ったりするくらいで、厚物はあまり縫わない感じです。 電動ミシンをこれまで使ってきましたが、ニットの糸調子がうまく行かないのでコンピューターミシンに買い換えたいです。 「自動糸切り」「自動糸調子」「7枚送り歯」「押え圧調整」が付いてるものが好ましいです。 おすすめの機種がありましたら教えてください。 どうぞよろしくお願いします。 補足出来ましたら「10万出すくらいならこれくらいで十分!」というようなジャノメかブラザーの具体的な機種を教えてくださると嬉しいです。 実際に使ってらっしゃる方、ドール服のような小さいものを縫っていらっしゃる方で、今使ってる機種を教えてくださっても構いません。 実店舗に行っても高いミシン(新しいもの)ばかりしか置いていないので、それ以外のものが試せません。 よろしくお願いします。 ドール服がメインで厚物をあまり縫わないなら、あげられている機種どれでもいいでしょうが、3機種を比較すると、 ME830は自動糸切付ですが、消費電力が35Wとやや小さく、6kgのボディは持ち運びには便利ですが、安定して使うにはミシンは7kg以上あった方がいいという意見もあります。 JP510は50Wで重量8kg程、一番ベーシックで評判も良いですが、自動糸切はありません。 自動糸切付で重量8kgのソレイユ80もいいですが、価格がジャノメより高いでしょう。 ソレイユ80かJP510で価格、デザインやメーカーの好み、自動糸切が必要かどうかで決められたらいいと思います。 質問の文面を見る限り4万円くらいのもので十分ですし、自動糸切はなくてもいいと思うので、私ならJP510がお勧めですね。 浮いたお金は材料や資材費に回せます。 直線のみでもよければ、職業用直線ミシンがオススメですが。 直線のみ不可であれば、ジャノメ・ブラザー ではありませんが、 JUKIの HZL-F600JP か HZL-F400JP は、いかがでしょうか。 1.押え圧がこまかく調節可能 2.直線用針板の穴が、ジャノメの穴よりも小さい。 3.ボタンホールのメス巾調節可能(3段階) 4.価格はネットで5~6万円(税込) 5.F600JPは、ニーリフター・上送り押え・スムース押え・落し縫い押えなど付属品が充実 6.発売から6年が経過して品質が安定。 7.ツインライトで手元が明るい などなど・・・ ネットでも実店舗でも、「きちんとしている」店は、たくさんあると思います。 実店舗でその機種が10万ぐらいだったいうのは、普通のことじゃないでしょうか。 むしろドールだと、追求すればテクニックも習う機会が出てくるでしょうから、そういう会へ出かけて「ネット通販で買ったんだ」と言葉にするとメーカーの人や会の主にいい顔されませんよ。 ネット通販が私もいいとは思わないほうなので 世の中には100万ぐらいする家庭用もあるから、10万が高いだとかだったらミシンなんて買わずに手縫いでも十分では? ドール服だと細かい作業が出てきます。 なので基線変更が細かくできる、直線針板がつけられる、模様縫いや押さえの充実度も増やさねば、ミシンで縫う楽しみが減りますよ。 ドールに限らず「直線とジグザグとボタンホールがあればいい」という感じでミシンを購入される方がいますが、確かにそれでいい人はそれでもいいのかもしれません。 しかしながら、いろいろミシンや縫い物が楽しくなってきたとき、道具としてミシンを考えると単純な機能しか無いミシンだと、楽しさは追求できにくくなります。 せっかく買うなら、値段以前にきちんとした店選び、きちんとした道具選びが重要です。 ソレイユは確かに悪くないミシンだと思いますが、今ブラザーはコンパルシリーズで巻き返しを図っていますし、それなりに機能も格段に上がっています。 そんなに買い直しする品物ではありませんから、旧型系統のミシンを買うより、今の場合はメーカーもちゃんと縫い心地も考えてきていますから、旧型ではなく、こういう場合は新型を求めた方が良いと個人的には考えます。 それと、ネット通販でも信頼が置ける店を選ぶようにしましょう。 値段ありきで買うと酷い目に遭いますよ。 釜で針をつつくことなんて、普通に上手くてもあることだし、使用頻度が上がれば基板交換や劣化ゴム部品交換、カム交換なんて普通にありますから、ちゃんと修理できる店を選ぶことが必要です。 長く使おうと考えるとメーカー修理ではやってもらえないこともあるので、ちゃんと店選びをして下さい。 本来メーカーは「購入店経由の修理」ということを保証に書いてますから、購入店が信頼が置けないと買っても良いことにはなりません。

次の

開発秘話

ブラザーミシン コンパル

ジャノメとブラザーのミシンのどちらがいいか悩んでいます。 実店舗を見に行った時に、ジャノメ「DC6030」・ブラザー「コンパル700(900 」を勧められましたがどちらも10万程するため躊躇しています。 ネットで色々調べると、ジャノメは「ME830」か「JP510」、ブラザーなら「ソレイユ80」が良いというのを見ました。 ジャノメの上記2機種はともに4万あれば買えそうです。 主にドール服の小さくて薄いものを縫います。 たまに子供用の服を作ったりするくらいで、厚物はあまり縫わない感じです。 電動ミシンをこれまで使ってきましたが、ニットの糸調子がうまく行かないのでコンピューターミシンに買い換えたいです。 「自動糸切り」「自動糸調子」「7枚送り歯」「押え圧調整」が付いてるものが好ましいです。 おすすめの機種がありましたら教えてください。 どうぞよろしくお願いします。 補足出来ましたら「10万出すくらいならこれくらいで十分!」というようなジャノメかブラザーの具体的な機種を教えてくださると嬉しいです。 実際に使ってらっしゃる方、ドール服のような小さいものを縫っていらっしゃる方で、今使ってる機種を教えてくださっても構いません。 実店舗に行っても高いミシン(新しいもの)ばかりしか置いていないので、それ以外のものが試せません。 よろしくお願いします。 ドール服がメインで厚物をあまり縫わないなら、あげられている機種どれでもいいでしょうが、3機種を比較すると、 ME830は自動糸切付ですが、消費電力が35Wとやや小さく、6kgのボディは持ち運びには便利ですが、安定して使うにはミシンは7kg以上あった方がいいという意見もあります。 JP510は50Wで重量8kg程、一番ベーシックで評判も良いですが、自動糸切はありません。 自動糸切付で重量8kgのソレイユ80もいいですが、価格がジャノメより高いでしょう。 ソレイユ80かJP510で価格、デザインやメーカーの好み、自動糸切が必要かどうかで決められたらいいと思います。 質問の文面を見る限り4万円くらいのもので十分ですし、自動糸切はなくてもいいと思うので、私ならJP510がお勧めですね。 浮いたお金は材料や資材費に回せます。 直線のみでもよければ、職業用直線ミシンがオススメですが。 直線のみ不可であれば、ジャノメ・ブラザー ではありませんが、 JUKIの HZL-F600JP か HZL-F400JP は、いかがでしょうか。 1.押え圧がこまかく調節可能 2.直線用針板の穴が、ジャノメの穴よりも小さい。 3.ボタンホールのメス巾調節可能(3段階) 4.価格はネットで5~6万円(税込) 5.F600JPは、ニーリフター・上送り押え・スムース押え・落し縫い押えなど付属品が充実 6.発売から6年が経過して品質が安定。 7.ツインライトで手元が明るい などなど・・・ ネットでも実店舗でも、「きちんとしている」店は、たくさんあると思います。 実店舗でその機種が10万ぐらいだったいうのは、普通のことじゃないでしょうか。 むしろドールだと、追求すればテクニックも習う機会が出てくるでしょうから、そういう会へ出かけて「ネット通販で買ったんだ」と言葉にするとメーカーの人や会の主にいい顔されませんよ。 ネット通販が私もいいとは思わないほうなので 世の中には100万ぐらいする家庭用もあるから、10万が高いだとかだったらミシンなんて買わずに手縫いでも十分では? ドール服だと細かい作業が出てきます。 なので基線変更が細かくできる、直線針板がつけられる、模様縫いや押さえの充実度も増やさねば、ミシンで縫う楽しみが減りますよ。 ドールに限らず「直線とジグザグとボタンホールがあればいい」という感じでミシンを購入される方がいますが、確かにそれでいい人はそれでもいいのかもしれません。 しかしながら、いろいろミシンや縫い物が楽しくなってきたとき、道具としてミシンを考えると単純な機能しか無いミシンだと、楽しさは追求できにくくなります。 せっかく買うなら、値段以前にきちんとした店選び、きちんとした道具選びが重要です。 ソレイユは確かに悪くないミシンだと思いますが、今ブラザーはコンパルシリーズで巻き返しを図っていますし、それなりに機能も格段に上がっています。 そんなに買い直しする品物ではありませんから、旧型系統のミシンを買うより、今の場合はメーカーもちゃんと縫い心地も考えてきていますから、旧型ではなく、こういう場合は新型を求めた方が良いと個人的には考えます。 それと、ネット通販でも信頼が置ける店を選ぶようにしましょう。 値段ありきで買うと酷い目に遭いますよ。 釜で針をつつくことなんて、普通に上手くてもあることだし、使用頻度が上がれば基板交換や劣化ゴム部品交換、カム交換なんて普通にありますから、ちゃんと修理できる店を選ぶことが必要です。 長く使おうと考えるとメーカー修理ではやってもらえないこともあるので、ちゃんと店選びをして下さい。 本来メーカーは「購入店経由の修理」ということを保証に書いてますから、購入店が信頼が置けないと買っても良いことにはなりません。

次の

家庭用ミシン 全製品一覧

ブラザーミシン コンパル

こんにちは!マイミシン修理担当の早乙女です 今回はブラザー電子ミシンコンパルエースB765のオーバーホールです。 ブラザーコンパルエースB765は30年以上前の電子ミシンです。 当時の家庭用ミシンは垂直半回転釜が主流でしたがコンパルエースB765は 上級機種のみ使用されている垂直全回転釜仕様(職業用ミシンと同一)となります。 垂直全回転釜です。 送り機構部です 各ギヤー部のグリスが酸化されてこげ茶色になっています。 酸化したグリスはプラスチック製部分の劣化を促進します。 外装部で外せる部分が全て分解します。 外装部、ゴミ、酸化したグリスを洗浄し、各部に新しいミシン油、グリスを 入れます。 各部点検、試縫いを行い完了です。 当時、高額で販売していたミシンは大変丈夫ですね! 運転音も良好、マダマダ使え そうなミシンでした。 今では考えられない発想です。

次の