昭恵 夫人 病気。 安倍昭恵の実家は森永製菓?若い頃の学歴(成績)がヤバかった!

安倍昭恵・安倍晋三|夫婦仲が気持ち悪い!勘違いバカ嫁が可愛い発言も

昭恵 夫人 病気

82 ID:??? しかも、芸能人を何人も呼び、記念写真まで撮っていたという(NEWSポストセブン3月26日配信)。 昭恵夫人は、その振る舞いが森友学園をめぐる騒動の発端になったとして批判を浴びてきた。 また、森友問題に関連する公文書改ざんで追い詰められて、財務省近畿財務局職員だった 赤木俊夫さんが自殺したときも、赤木さんの自殺が報じられた2018年3月9日の夜に、 神田うのさんや真矢ミキさんなど多くのセレブが参加した華やかなパーティーに出席していたと報じられ、 一体どういう神経をしているのかと驚きの声が上がった。 良く言えば天真爛漫、悪く言えば能天気で何も考えていない女性なのだろうが、 夫である安倍首相を窮地に追い込むことを繰り返しているように見える。 いや、そもそも想像してみようとさえしないのではないかと疑いたくなる。 このような想像力の欠如は、名門の大富豪のお坊ちゃまやお嬢さまにしばしば認められる。 幼い頃から使用人にかしずかれ、何でも許容されて育つと、「こんなことを言うと相手がどう感じるか」 「こんなことをすると相手がどう思うか」などと想像力を働かせる必要がないからである。 そもそも、われわれが日々の生活で想像力を働かせるのは、そうしなければ困ることがあるからだ。 反感を買ったらどうしよう、怒らせたらどうしようなどと気にするからこそ、相手の反応を想像する。 そして、自分が困るような反応が返ってきそうだったら、わが身を守るために言動を慎む。 しかし、昭恵夫人は、そんなことをする必要がない環境で育ったのではないか。 必要がなければ、想像力は育たない。 そもそも、想像力を働かせるのは結構頭とエネルギーを使う作業なので、 その必要がなければ、周囲の反応など無視して自分のやりたいことをやりたいと願うのが人間という生き物である。 だから、昭恵夫人に想像力が欠如しているのは当然だ。 自分の言動が国民の反感と怒りを どれほどかき立てるかも、批判をどれほど浴びるかも想像できない。 また、自殺した赤木さんの遺族の気持ちをどれほど逆なでするかも想像できない。 このように想像力が欠如している人は、罪悪感も自責の念も持ち合わせていないことが多い。 当然、後悔も反省もしない。 周囲から責められて、一時的に後悔と反省の素振りを見せるかもしれないが、 しばらくすると「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ということわざ通り、また周囲の神経を逆なでするようなことを繰り返す。 02 ID:??? このように怒りを巧妙に偽装して、こそこそと表出するやり方を 精神医学では「受動的攻撃 passive aggression 」と呼ぶ。 たとえば、夫に怒りを募らせているものの、それを直接出すと、離婚になるかもしれず、 そうなると経済的に困窮する恐れのある専業主婦がいるとしよう。 この専業主婦が夫の弁当に腐りかけのおかずを入れる場合、「受動的攻撃」と考えられる。 場合によっては、自身が病気になって、相手を苦しめることもある。 フロイトは、メランコリー(うつ)の病理について、「彼らの敵意を直接にしめすわけにゆかないので、 みずから病気になって、その病気を通じて愛する者を苦しめるのである。 患者の感情障害をひきおこす相手、彼の病気がめざしている相手の者は、 ふつうは患者の身辺にいる」と述べている(「悲哀とメランコリー」)。 たしかに、妻がうつになって家事をこなせなくなれば、一番困るのは夫だし、 逆に夫がうつになって会社に行けなくなれば、誰よりも困るのは妻である。 だから、病気という回り道を通って、相手に復讐していると言っても過言ではない。 もちろん、昭恵夫人は病気ではない。 だが、一連の言動を見ていると、夫への敵意や怒りが回り道を通って出てきて、 それが夫を苦しめる結果になっている印象を受ける。 しかも、こうした敵意や怒りを昭恵夫人がはっきりと 意識しているわけではないので、「受動的攻撃」によってこそこそと出すことを繰り返す。 もっとも、昭恵夫人本人は、夫への敵意や怒りをヴェールで 覆い隠しているつもりかもしれないが、ダダ漏れにしか見えない。 だからこそ「受動的攻撃」は怖いのである。 89 ID:DA2ozbNqu 北原みのり「『安倍晋三の家内』という名刺」 安倍昭恵さんは2012年に居酒屋を開店したときに、夫と銀行からお金を借りたのだという。 13年、新潮45のインタビューで、こう話している。 「銀行からお金を借りるのをすごく甘く考えていました。 『安倍晋三の家内です』と言ったら 『はい、どうぞ』みたいな感じで貸してくれるかなと思ってたんですが(笑)」 銀行は、昭恵さんに事業計画を求めたという(当たり前)。 このとき昭恵さんは慣れない書類仕事をこなし、 面接をし、「いろいろな手続きをしなくてはお金って借りられないんだな、と初めて知りました」そうだ。 まぁ、常識がなくても生きていける階級に昭恵さんはいたのだろうし、実際「安倍晋三の家内です」 と言えば簡単に開く扉を、いくつも通ってきたのだろう。 その結果が、今回のアッキード事件だ。 昭恵さんは「主人からも借金をしている」と言っている。 そのことが、あとからじわじわと気になっている。 いくら借りたか、または本当なのかすら分からないが、少なくとも「安倍晋三の家内」が名刺だった昭恵さんは、 本当の意味で自分一人で決断し、自由に動かせるお金を持ったことがなかったのは事実だろう。 インタビューでは昭恵さんが夫に「仕事したい、店をやりたい」と告げる日のことが、なまなましく描かれている。 「河口湖に行って、たまたま二人きりになるときがあったので『ちょっと今晩、重要な話があるんだけど』と言ってみました」 この夫婦が日常生活では「二人きり」になることがあまりないのが伝わってくる。 夜になって妻が真剣な顔で「ちょっと座ってくれないかな」と夫に言うと、普段、そんな会話などない夫が ドキドキしているのが伝わったという。 それはエロス的なドキドキではもちろんなく、 「妻がどんな話をするのか全く予想がつかない」怖さだったようだ。 30 ID:DA2ozbNqu 昭恵さんの存在によって暴かれつつある安倍政権の「権力」の正体について考えさせられる。 自分で決断することも、自分でお金を稼ぐことも、自分で政治について語る言葉を持つこともできない 立場に女を追いやり、「妻」として管理し、エロスもなく(多分)、会話もなく(多分)、 だけど都合良く最大限に活用してきた男性政治家たちは、「来るべき時が来た」と、 どこかで思っているのではないか。 「店をやりたいんだけど」と妻が告げた河口湖の夜の安倍首相の怯えた顔を、 私はどこかで確かに見たことがあるような気がしてならないのだ。 それは、政治家に限らず、 「女とはそういうもの」と、女をあらゆる場所から排除してきた男たちが潜在的に抱えている 恐怖ではないだろうか。 昭恵と晋三夫婦像は、この国で、決して特殊な例ではない。 それにしても昭恵さんの言葉は、何を読んでも、かなり空虚だ。 年季の入った空虚ほど、 闇が深く破壊力のあるものはない。 この破壊力をもって安倍政権を倒せるよう、私は「祈ります」。 53 ID:EqF4yZwht 要するにアッパラパーだってことね。 53 ID:QgMe2s1XH 故意に安倍晋三を痛めつけていると思わないと理解できない。 総レス数 7 8 KB.

次の

安倍昭恵・安倍晋三|夫婦仲が気持ち悪い!勘違いバカ嫁が可愛い発言も

昭恵 夫人 病気

1、安倍昭恵がバカすぎる!居酒屋uzuとは? 安倍昭恵がバカすぎるということで、前回に続き記載させて頂きます。 少しだけかぶる部分もありますが、是非ご覧下さい。 (1)森友学園の名誉校長に就任 安倍昭恵、これはかなり旦那様(安倍晋三)に迷惑を掛けたかと思います。 そもそも韓流ファンであり親韓派のはずの安倍昭恵ですが、 嫌韓である森友学園の名誉校長に就任とは矛盾してます。 これにより 国会は大荒れし、旦那も顔面蒼白となりました。 特に、考えなしに行動してしまうのでしょうね。 本当にどれだけ安倍総理、いや、結果として国民に迷惑をかけているのか理解しているのでしょうか。 国会でワーワー税金で生きている議員がこの件に多くの時間を費やしている訳です。 とんでもなくしょーもないことだと思います。 騒ぐ方もバカすぎますよね。 他にもっとやることたくさんあるだろと。 とにかく自覚が足りない。 (2)安倍政権批判者と沖縄 安倍昭恵は 安倍政権の批判をしていて落選している三宅洋平と突然会合し、ついでに安倍首相に電話し電話会談までしちゃいました。 昭恵夫人は大麻支持者ということは有名です。 そして三宅氏も同様に支持者であり、 ツイッターでは 『ガンを治す大麻』 とツイートしてるそうで、 意気投合しているみたいです。 そして2人は沖縄へ・・・・・ ヘリパッド建設反対している住民を訪問し世間は困惑。 しかし、高江訪問は安倍政権にとっていい結果だったので良かったものの、勝手に動きすぎですね。 (3)居酒屋uzu 居酒屋uzu うず とは、安倍昭恵夫人がオーナーであるという事で話題となっています。 こちらは、森友学園みたいに名前貸し、ではなく積極的に取り組んでいるそうで、昭恵夫人が栽培した 『昭恵米』 というものもあったり、出来るだけお店に出るそうです。 ちなみに、籠池氏が寄付で受け取ったとされる100万円を返金したいという事で uzuを訪れたそうですが受け取り拒否されたそうです。 素晴らしいですね。 ちなみに、uzuですが 住所:東京都千代田区内神田1-7-10 営業時間:17時から23時 定休日:日曜日 予算:6000円〜 ということで、 、お店に聞いたところ結構予約が埋まることが多いため、早めに予約しておいた方が確実だそうです。 (4)安倍昭恵のファーストレディとしての自覚 安倍昭恵はファーストレディである自覚が薄く自らの感性で動き、軽率で無責任すぎますね。 地位とか関係なしに好きに動いて自分のお店を出したり、もはや楽しそうでなによりですね。 悪気がなさそうに振る舞うあたりがやはりちょっと バカすぎるのかな、と感じます。 ただし安倍昭恵夫人、家柄はとても良いらしいため、もしかすると育ちの問題もあるのかもしれませんね・・・・ 関連記事: 普通は旦那の邪魔にならないように動くものですが、流石は行動派の昭恵夫人。 全て計算ずくのようにも思えて、逆に『怖い』とも感じました。 スポンサードリンク 2、安倍昭恵の夫 安倍晋三の衆議院解散 これも気になる話題なので 少しだけ触れます。 森友学園や加計学園の件で支持率が下がっていた安倍政権ですが今は回復傾向にあります。 通常衆議院の任期満了は4年ですが、多くの場合は4年を待たずに、与党の都合の良いタイミングで解散し総選挙します。 今回のポイントは大まかに3点で、 1つ目: 先ほど話した、森友加計学園の件からの支持率が回復そして上昇傾向にある事。 2つ目: 野党が弱まってきている事 そして3つ目: 小池知事の新党もまだ準備が整っておらず、 都知事選では『都民ファーストの会』が圧勝であるも、まだ準備が完璧に整って居ないこと 「今やれば、まだ勝てる! 今でしょ!」 と言うことですね。 そして、また自民党の勝利!新たな気持ちで頑張ろう! 勝てば信用がつく。 証明にもなります。 3、さいごに 安倍昭恵が バカすぎる! 居酒屋uzuとは?まとめ2ということで、簡単にまとめさせて頂きました。 安倍昭恵さんはバカすぎるとも一部では言われていますが、実際は計算で動いているのではないかと逆に怖い人物ではないかと感じたりもしました。 (安倍昭恵 とyahoo検索すると、次に バカすぎる が出てきた背景有) 冒頭で紹介させて頂いたや、 他の様々な人気記事も大反響ですので合わせてご覧下さいね! 2018. 12追記:森友学園問題が色々とやばくなってきましたね。 今回新たにという記事を紹介しましたので合わせてご覧ください!これから更に安倍昭恵さん中心に(?)森友学園問題が注目されそうです。 2018. 14追記:麻生太郎の辞任がいつなのか、という声がどんどん増えてますね。 関連記事: 森友問題・安倍昭恵夫人関連記事 2018. 3追記:森友問題や安倍昭恵夫人に関する記事を追加していますので、こちらも合わせてどうぞ! 「安部昭恵24時間監視体制」が内閣府が真剣に検討している。 自民、公明、政権与党としてもどんなに良い仕事を国民のために行っても、昭恵夫人の余計な言動により全て台無しとなっている。 海外でも「現在の日本の総理大臣夫人は酒をこよなく愛し、ネットにはまり奇人変人と思われる行動を行う不思議な女性である」的な表現を行っている。 日本国内閣総理大臣の妻という事を全く自覚が無いのであろう。 自覚があったとしても基本的に思いつくままに行動したり、思うままに発言するので軽率な言動が目立つ。 総理や周りからも助言をしても聞く耳を持たない頑固な性格により糸の切れた凧のような状況である。 ここは強面の麻生大臣が昭恵夫人と面会し「奥さん、いい加減にして下さいよ。 アンタのこれまでのような言動が続けば我が自民党は崩壊する。 それでもやり続けるなら晋三さんと離婚して貰いたい」と釘をさしてほしい。 安部総理は今、非常に後悔している。 またもやアッキード事件が米国で勃発。 今回の訪米日程にはトランプ大統領夫妻との会食は無い。 つまり昭恵夫人同伴は必要ない。 しかし、NYで買い物をしたいので総理に連れていけと懇願。 渋々連れていくことになったが、やっぱり米国で事件を起こした。 NYのバーに行き朝方まで酒を飲み酩酊。 この酒好きはアルコール中毒なのか?今回も昭恵夫人の暴走を恐れ出来るだけメディアに激写されないよう注意を払っていたが、スクープされてしまったのである。 総理は後悔しても後悔しきれないのだろう。 外遊先で日本の為に仕事をしても夫人の言動により全て台無し。 周りから総理夫人としての自覚を求められても人の話を聞こうとしないため、何時までたってもこの毒を持った昭恵病は治らない。 最近、何故ゆえに安部総理は昭恵夫人を同伴させているのだろうか?米国など一部の国では夫人同伴を促す国もあるが、特に慣習ではない。 数日間滞在の外交の場合は先方の国が夫である総理大臣が先方首脳陣との真剣な外交場があるので、その間、夫人は持て余すので先方の大統領夫人がおもてなしをする場合があるが・・・いずれにしても女優並みに着替えをしこたま揃え、ファッションショーは如何なものか?日本では被災地で苦しんでいる多くの国民がおり、貧困も増えている最中、夫人の贅沢な振る舞いは「何やってんの?」と。 滞在期間はお付きの秘書が余計な言動をしないよう監視しており、出来るだけ映像に残さないように「昭恵隠し」に従事ているが、本当に何やってんの?である。

次の

【安倍昭恵ってバカなのか?】頭悪いと唖然!総理との馴れ初めが気になる件|ヒトトキ#

昭恵 夫人 病気

しかも、芸能人を何人も呼び、記念写真まで撮っていたという(NEWSポストセブン3月26日配信)。 昭恵夫人は、その振る舞いが森友学園をめぐる騒動の発端になったとして批判を浴びてきた。 また、森友問題に関連する公文書改ざんで追い詰められて、財務省近畿財務局職員だった赤木俊夫さんが自殺したときも、赤木さんの自殺が報じられた2018年3月9日の夜に、神田うのさんや真矢ミキさんなど多くのセレブが参加した華やかなパーティーに出席していたと報じられ、一体どういう神経をしているのかと驚きの声が上がった。 良く言えば天真爛漫、悪く言えば能天気で何も考えていない女性なのだろうが、夫である安倍首相を窮地に追い込むことを繰り返しているように見える。 昭恵夫人が夫の足を引っ張るようなことばかりするのは一体なぜなのか? 想像力の欠如 まず、自分の言動が国民の反感や怒りを買うことを想像できない可能性が高い。 いや、そもそも想像してみようとさえしないのではないかと疑いたくなる。 このような想像力の欠如は、名門の大富豪のお坊ちゃまやお嬢さまにしばしば認められる。 幼い頃から使用人にかしずかれ、何でも許容されて育つと、「こんなことを言うと相手がどう感じるか」「こんなことをすると相手がどう思うか」などと想像力を働かせる必要がないからである。 そもそも、われわれが日々の生活で想像力を働かせるのは、そうしなければ困ることがあるからだ。 反感を買ったらどうしよう、怒らせたらどうしようなどと気にするからこそ、相手の反応を想像する。 そして、自分が困るような反応が返ってきそうだったら、わが身を守るために言動を慎む。 しかし、昭恵夫人は、そんなことをする必要がない環境で育ったのではないか。 必要がなければ、想像力は育たない。 そもそも、想像力を働かせるのは結構頭とエネルギーを使う作業なので、その必要がなければ、周囲の反応など無視して自分のやりたいことをやりたいと願うのが人間という生き物である。 だから、昭恵夫人に想像力が欠如しているのは当然だ。 自分の言動が国民の反感と怒りをどれほどかき立てるかも、批判をどれほど浴びるかも想像できない。 また、自殺した赤木さんの遺族の気持ちをどれほど逆なでするかも想像できない。 このように想像力が欠如している人は、罪悪感も自責の念も持ち合わせていないことが多い。 当然、後悔も反省もしない。 周囲から責められて、一時的に後悔と反省の素振りを見せるかもしれないが、しばらくすると「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ということわざ通り、また周囲の神経を逆なでするようなことを繰り返す。

次の