マイナビ転職エージェント 履歴書作成。 転職エージェントに履歴書を出す際、志望動機欄は完全無視で大丈夫!

転職エージェントに履歴書を出す際、志望動機欄は完全無視で大丈夫!

マイナビ転職エージェント 履歴書作成

まずは履歴書をデータ化しよう これまでは履歴書は手書きで書くことが一般的でしたが、現在では面接の前にメールで履歴書のデータを送るケースも増えています。 まずは、履歴書のデータ化の仕方や履歴書に貼る証明写真について解説します。 履歴書はテンプレートを使って作成する 履歴書をデータ化するとき、手書きの履歴書をスキャンしてPDF形式などに変換してもマナー違反ではありませんが、スキャンした際に文字が不鮮明になって見えにくくなる場合があります。 そこでおすすめなのが、WordやExcelなどのテンプレートを使って履歴書を作成する方法です。 テンプレートは、インターネット上でダウンロードできるものを使用しても問題ありません。 なお、手書きの履歴書用紙を選ぶときと同じように、応募に必要な項目が書かれているテンプレートを選びましょう。 写真の撮り方や写真データの貼り方 手書きの履歴書では、撮影した証明写真を貼り付けて作成しますが、データで履歴書を作成するためには、証明写真もデータで用意しておく必要があります。 証明写真を撮影してくれる写真館では、撮影した写真をデータでもらえるところがあります。 証明写真をデータで受け取れば、WordやExcelにきれいに貼り付けることができます。 証明写真を画像として貼り付けたら、「別名で保存」してPDF形式のデータとして保存します。 ブラウザー上の履歴書作成サイトを利用する場合は、それぞれの手順に従って画像を挿入しましょう。 また、写真データがあれば、自身で必要な枚数を印刷することができます。 手書きの履歴書や、データ化した履歴書をプリントして、直接写真を貼る場合に活用しましょう。 さらに、街中で見かける証明写真機の中には、撮影したデータをスマホに転送できるタイプもあります。 インターネット申請やウェブエントリーで証明写真が必要なときに、スマホのみで作業ができますので、大変便利です。 履歴書を添付するときの2つのマナー メールに履歴書を添付するときには、ファイル名の決め方や送り方にも気を配ることが大切です。 履歴書に限らず、ビジネスマナーとして身に付けておきたい2つのマナーを紹介します。 ファイル名は「履歴書+氏名」 ビジネスメールでファイルをやりとりする際、ファイルの内容が受け取った相手にわかるよう、ファイル名を変更します。 採用担当者が履歴書をダウンロードしたときに、誰の履歴書なのかがわかるようにしておくことがポイントです。 そこで、ファイル名には「履歴書」と、自分の「氏名」を記載しましょう。 さらに、送付日の「日付」を入れておくと、いつのデータかわかりやすくなり、より丁寧です。 ZIPファイルにしてパスワードをかける ビジネスメールでは、重要なデータをやりとりする際には、ファイルを圧縮してパスワードをかけて送付します。 履歴書には個人情報が記載されていますので、忘れずにパスワードをかけましょう。 ファイル圧縮ソフトを利用すると、パスワードが設定できるZIPファイルを作成できます。 なお、履歴書と一緒に職務経歴書も送付する場合は、2つのデータをまとめて圧縮します。 作成したZIPファイルのファイル名は、履歴書データと同じものにしましょう。 圧縮した履歴書をメール送信した後に、別のメールを作成してパスワードを記し、採用担当者に知らせます。 本文 メールの本文は、「宛名」「挨拶」「用件」「詳細」「結びの挨拶」の順で構成されています。 宛名は採用担当者の氏名だけでなく、会社名を略さず、正式名称で書きましょう。 採用担当者の氏名がわからない場合は「採用ご担当者様」とします。 もし、部署名・役職などがわかる場合は、会社名の下に略さず記載しましょう。 また、履歴書を送る場合でも、指示を受けて送るときと、自分から送付するときとで挨拶や用件の書き方が異なります。 後述しますので、状況に合わせて文章を選びましょう。 署名 署名とは、メール上の名刺のようなもので、メールの末尾に記載するものです。 氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどを書ける範囲で記入しましょう。

次の

doda(デューダ)VSマイナビ徹底比較【結局どっち?】|転職鉄板ガイド

マイナビ転職エージェント 履歴書作成

転職活動は、普段の仕事も続けながら行う人がほとんど。 普段の仕事だけでも忙しいので、できるだけ無駄な時間をかけず、効率的に転職活動をしたいですよね。 転職活動で意外と時間がかかるのが、履歴書の作成。 特に手書きの場合、 1枚書き上げるのに数時間かかってしまうこともあります。 書き上げる直前に字を間違えてしまって、絶望を味わった人も多いのではないでしょうか……。 できるならパソコンで書いたほうが早くて良いのですが、「手書きで書いたほうが気持ちを伝えやすく、選考も通過しやすい」なんて声も。 パソコンと手書き、どちらで履歴書を書くべきか、お悩みの人も多いと思います。 そこでこの記事では、スマートな転職活動をしたいあなたに、履歴書作成を手書きとパソコンどっちで書くべきか、その理由や実際の書き方、手順について解説します。 履歴書を書くうえでのよくある質問や、履歴書の添削もしてくれるおすすめの転職エージェントも紹介します! 手書き指定がなければ絶対にパソコンで履歴書を作成しよう 履歴書を作成する際には、手書きとパソコン、どちらの方法で作るべきか悩みがちですよね。 転職の場合、転職エージェントや応募した企業からの手書き指定がない限り、絶対にパソコンで作成することをおすすめします。 なぜ転職の履歴書作成は手書きじゃなくパソコンが良い? 4つの理由とは パソコンでの履歴書作成をおすすめする理由は、以下の4つです。 企業はパソコンでも手書きでも気にしていない そもそも「手書きが良い」とされる理由は、「書類選考において、手書きは熱意や人柄が伝わりプラス評価されやすく、パソコンでは熱意が伝わらないためマイナス評価される」という通説にあります。 しかし、それは間違いなんです。 ほとんどの担当者が履歴書は手書きでなくても良いと考えているんです。 このように、企業の担当者はPCでも手書きでも、それほど気にしていません。 つまり、「選考を通過しやすくなる」という手書きのメリットは、実際のところ信ぴょう性の薄い俗説にすぎないのです。 履歴書を書く時間を節約できる パソコンで履歴書を作成する一番のメリットは、時間を大きく節約できることにあります。 履歴書を手書きで書かれたことのある人はお分かりかと思いますが、何時間もかかるし、根気のいる作業です。 それを応募企業ごとに何枚も作成するのですから、 本当にうんざりしてしまいますよね。 ですが、パソコンを使えば、履歴書作成はとても簡単です。 記入スピードも手書きとは段違いですし、一度作成しておけば、他の企業に応募する際に活かせます。 「時間の節約」というと、ちょっとズルいような印象をもつ人もいらっしゃるかもしれません。 でも、限られた時間を無駄にせず有効に使えるかどうかが、転職活動の明暗を分ける大事なポイントなんです。 特に中途採用のシーンでは、新卒採用のときと異なり、今勤めている会社の仕事をこなしながら、限られた空き時間で転職活動を行う人が多いはず。 つまり、時間が本当に貴重なんです。 そんな貴重な時間を履歴書の手書きに費やすよりも、企業分析や自己分析、面接の練習などに配分したほうが、満足いく転職活動ができることは明白でしょう。 監修者のワンポイントアドバイス 転職活動では、業務をいかに効率化できる人材かという観点でも見られることがあります。 少ない時間で読みやすい履歴書を作成できるのも、ビジネスシーンで必要な一つのスキルといえます。 そういった観点からも、履歴書作成はパソコンで行うようにしましょう。 ブラッシュアップしやすい 履歴書をパソコンで作れば、記入や修正、他の人への共有が、手書きと比べてとってもラク。 だから、他の人からフィードバックを受けても、何度も書き直すことができます。 何度もブラッシュアップして一字一句を磨き上げた履歴書と、一度の勢いで書いた履歴書とでは、通過率にも明らかな差が出るはずです。 パソコンで履歴書を作成する具体的な手順 パソコンで履歴書を作成する具体的な手順は、次の5つです。 たとえばのページから、Word形式でダウンロードできます。 JIS規格の履歴書フォーマットを利用する ちょっとした余談ですが、履歴書のフォーマットはJIS規格のものがおすすめです。 JIS規格とは、日本における標準的な規格であることを意味します。 特にこだわりや指定がない限り、標準的な規格のフォーマットで作成しておけば問題ありません。 勝手に項目を削らないこと 履歴書はJIS規格でなくても選考を受けることはできますが、不用意に履歴書の項目を削ることはおすすめしません。 採用担当者が「なにか隠しごとがあるのでは……」と不安になってしまうからです。 そのため、履歴書が読みにくいと、読まれずに書類選考で落とされてしまう可能性があるんです。 採用担当者にとって見やすいように配慮して作成しましょう。 ポイントを紹介します。 文字サイズとフォントをそろえる 履歴書の文字サイズとフォントは、できる限りすべてそろえましょう。 基本的に、officeソフトのデフォルトフォント、およびデフォルトサイズを利用するのが無難です。 具体的には、フォントは明朝体、文字サイズは10. 5ポイント前後となります。 声に出して読む 記入内容にミスがあると、書類選考を通過できる可能性がかなり低くなります。 以下のような点をしっかり確認しましょう。 誤字脱字はないか• 冗長な表現がないか 言葉の重複や必要以上の敬語など• 語尾は統一されているか 『です・ます』調と『だ・である』調• 文章のリズムは良いか 漢字とひらがな・カタカナのバランス、文章の長さなど 慣れないうちは履歴書を声に出して読み、おかしい点がないか確認することをおすすめします。 さらに詳しい履歴書の書き方・コツに関する記事はこちら 履歴書の書き方について、大まかなポイントをおさえてきました。 キャリアの海では、 履歴書の書き方について、以下の記事でさらに詳しく解説しています。 こちらもチェックしておきましょう。 ブラッシュアップのために何往復かやりとりすることもありますので、企業への応募期限に間に合うよう、余裕をもって作成することをおすすめします。 フォトスタジオや写真館で撮影し、データをもらうか写真をスキャナーで取り込んで、画像ファイルとして挿入します。 印刷した場合には、写真を貼るのを忘れずに。 印刷時は専門用紙を使う 履歴書を印刷する際は、できるだけきれいに印刷できるよう、たとえば以下のような専門用紙を使うことをおすすめします。 送付時の注意 送付時は、封筒には「応募書類在中」と赤字で記入し、普通郵便で送ります。 企業にちゃんと届いたか確認するために追跡ができる簡易書留で送る人もいますが、受け取りの際、企業側に手間がかかることから、あまりおすすめはできません。 追跡をしたい場合は、特定記録サービスの利用をおすすめします。 OSの問題などで、字崩れが起きる場合があるからです。 また、履歴書には自身の個人情報が含まれますので、念のためメール送信時にはパスワードをかけておきましょう。 詳しい方法や具体的な文例は、以下の記事を参考にしてください。 履歴書についてのよくある質問 さて、履歴書作成の手順はお分かり頂けましたでしょうか。 ここからは、履歴書をパソコンで作成するうえで、よくある質問にお答えします。 本人希望欄はなにを書けばいいですか? 本人希望欄はどちらかというと「働ける条件」に近い意味合いをもちます。 したがって、「この条件を満たさないと働けない」という項目だけ記入しましょう。 たとえば、家庭の都合で勤務地の希望がある場合や、複数の募集職種があるなか、どれかひとつを選ぶ場合などです。 特にそのような条件がなければ、「貴社の規定に従います」と書きましょう。 履歴書の写真のサイズは? 縦40mm、横30 mmが一般的です。 フォトスタジオで「履歴書用の写真をお願いします」とお願いすれば基本的には問題ありません。 履歴書に虚偽記載したらまずいでしょうか? 履歴書への虚偽の記載は、つまるところ「経歴詐称」です。 そもそもウソをついてまで会社に入ろうとする行為は、どんな理由があってもおすすめしません。 ちなみに、履歴書にウソを書くことはいけませんが、記載をするかしないかを決めることはできます。 書きたくない項目や内容は書かなくても良いんです。 「沈黙は金」ですね。 転職回数が多いのですが、履歴書にはどう書けばよいでしょうか? 転職回数の多い人のなかには、「相手に忍耐強さがないという印象を与えてしまうかも」と、不安になる人もいることでしょう。 この場合、記載方法を工夫しましょう。 詳細は転職エージェントの担当者と相談しながら記入して頂きたいですが、たとえば以下のような対策があります。 あまりに短期間の仕事や試用期間中の退職は割愛する• 「親の介護のため」などと納得しやすい退職理由を記載する ただし、事実である場合に限ります• 職能別に職務経歴書にまとめ、スキルや経験の豊富さを伝わりやすくする 無職の期間が長いのですが、履歴書にはどう書けばよいでしょうか? 特に何も記載する必要はありません。 ただし、面接時には「無職の期間中なにをしていたの?」と質問されると思いますので、転職エージェントと面接対策をする際に、どのように答えるのが適切か、相談をしましょう。 履歴書を面接官に渡す際、クリアファイルに入れて渡すべきでしょうか? 履歴書を面接時に持参するケースもたまにあります。 この場合のポイントは、「持ち運び方」と「渡し方」です。 そのため、運び方もあわせて解説します。 履歴書の持ち運び方 履歴書をクリアファイルに入れ、さらにクリアファイルを封筒に入れて折り曲げないようにして運びます。 履歴書の渡し方 面接官に直接渡す場合は、封筒から履歴書の入ったクリアファイルを出し、封筒の上に重ねて渡します。 つまり、履歴書はクリアファイルに入れたままです。 このとき、相手が読みやすいよう、向きを変えて渡しましょう。 ちなみに、受付や窓口に提出する場合は、封筒のまま提出します。 志望動機がうまく書けないのですが、どうすればいいでしょうか? 転職エージェントへの相談をおすすめします。 ちなみに、このような相談時間をちゃんと確保するためにも、手書きじゃなくパソコンでの履歴書作成をすべきなんです。 時短するにあたり、おすすめしたい転職エージェント ここまでは、パソコンで履歴書を作成する手順と、よくある質問について解説してまいりました。 ここでもう一度振り返ります。 「履歴書作成にかかる時間を節約し、浮いた時間で履歴書のブラッシュアップやほかの選考対策を行う」。 これが、少ない時間で効率よく転職を成功させる秘訣です。 そして、履歴書のブラッシュアップやほかの選考対策には、転職エージェントの活用が欠かせません。 そこで、特にまだ転職エージェントに登録していない人は、すぐに登録しましょう。 転職エージェントを活用するメリットは、主に以下の3点が挙げられます。 履歴書を書く前に、キャリア形成や転職先に関する相談ができる• 業界にあわせた履歴書や職務経歴書の添削をしてくれる• 応募書類の作成に便利なツールを利用でき、時間が節約できる ちなみに転職エージェントによっては相性が合わない場合があるので、複数の会社に登録することをおすすめします。 具体的には、次に紹介する3つのエージェントは、必ずおさえておきましょう! リクルートエージェント• 取引社数:約1万7000社(2018年3月末時点)• 登録者数:約64万3000人(2017年度実績)• 転職決定者数:約3万9000人(2017年度実績)• 累計転職支援実績:45万名以上 2018年3月期時点) 業界No. 1の秘訣は、充実したサポート内容にあります。 各業界に詳しいキャリアアドバイザーによる個人にあわせた求人紹介や業界情報の提供、履歴書のブラッシュアップなどの支援を丁寧におこなってくれるんです。 また、リクルートエージェントは、転職に役立つツールも用意しています。 たとえば、職務経歴書の作成ツール、「レジュメNavi」。 履歴書と合わせて作る必要があるのが職務経歴書ですが、記載項目が多いため、作成にはかなりの時間がかかってしまいますよね。 ですが、この「レジュメNavi」を使えば、アドバイスやサンプルに従って入力していくだけで、職務経歴書を簡単に作成できるんです。 また、職種ごとの職務経歴書サンプルも豊富にそろえていますので、ご自身の経歴や入りたい会社にあわせたスムーズな書類作成ができるはずですよ。 サービス利用料も無料ですので、転職をお考えの人は、「ひとまず登録しておく」くらいの感覚でも大丈夫です。 マイナビエージェント POINT• 20代に信頼されている転職エージェントNo. 業種・地域などで専門サイトを持ち、それぞれに深いノウハウがある マイナビが運営する転職エージェントサービス「マイナビエージェント」も、必ず登録しておきましょう。 マイナビエージェントは、特に若手から支持をされており、楽天リサーチの調査によると、「20代に信頼されている転職エージェントNo. 1」に選ばれています 2018年1月。 総合転職エージェントでありながらも、専門性の高いサービスを提供していることも、マイナビエージェントの大きな特徴。 「IT・WEBエンジニア」「ものづくり・メーカー」、「関西エリア」や「東海エリア」といったように、業界や職種、エリアごとに専門サイトを持ち、豊富な求人情報や転職ノウハウを提供しています。 また、業界や職種別に、専任のキャリアアドバイザーチームを編成していますので、詳しい情報を聞きながら転職活動をすることができます。 応募する企業にあわせた履歴書や職務経歴書の作成サポートもしてくれますので、きっとあなたの書類選考通過率を上げてくれるはずですよ! doda デューダ POINT• 転職者の強い味方となる、職務経歴書の自動作成ツール• AIを活用した様々な査定・適性診断 doda デューダ には、リクルートやマイナビなど、ほかの転職エージェントサービスにない強みがあるんです。 それは、ノウハウ・ツールの充実。 たとえば、職務経歴書の自動作成ツール「レジュメビルダー」。 このツールを使えば、手早く質の高い職務経歴書を作成できるんです。 ほかにも、以下のようなユニークなツールを利用できます。 上手に活用して、ライバルに差をつけましょう!• 転職者186万人のビッグデータをもとに、AIが適正年収を算出してくれる「年収査定」• 人気企業のなかから転職できる可能性がある会社を教えてくれる「人気企業300社の合格診断」• 自分の強みや弱み・マッチする企業風土などを教えてくれる「キャリアタイプ診断」 もちろん、業種や職種ごとに専門特化したキャリアアドバイザーによるキャリアコンサルティングや、履歴書の添削など、充実したサポートも無料で受けられます。 リクルートやマイナビが扱っていないような企業も紹介してくれますよ。 履歴書をPCで作成しつつ、転職エージェントを利用してライバルと差をつけよう この記事では、手書きではなくパソコンで履歴書を書くことのメリットや、実際の履歴書の書き方について解説しました。 パソコンで履歴書や職務経歴書を作成すれば、手書きよりも時間が短縮できます。 空いた時間で転職エージェントを活用し、履歴書をブラッシュアップしましょう。 そうすれば、転職の成功率は、グーンと上がるはずですよ。 増田 和芳 プロフィール: 早稲田大学社会科学部卒業後、大手信販会社で営業と債権管理業務を経験。 その後、株式会社日本マンパワーへ転職し、大手企業向けのキャリア開発研修やマネジメント研修などの企画営業に従事。 営業マネジメントや社内研修制度設計担当などを経験後、営業コンサルティング会社へ転職。 営業パーソン向けのスキルアップ研修やマネジメント研修等に約400回程度講師として登壇。 また、多くの若手営業パーソンや営業マネージャーのキャリアに係る相談を受けてきた。 現在は人材育成コンサルティング業を営む合同会社富士みらいクリエイション代表。 保有資格: 国家資格キャリアコンサルタント 産業カウンセラー 21世紀職業財団ハラスメント防止コンサルタント.

次の

履歴書テンプレートの選び方とダウンロード(Word形式・PDF形式) | リクルートエージェント

マイナビ転職エージェント 履歴書作成

履歴書を 書き始める前の心構え 時間に余裕を持って作成する 丁寧に心を込めて書かれた履歴書は、第一印象をアップします。 急いで書いた履歴書は記入ミスも多くなるので、提出前ギリギリではなく時間に余裕をもって作成しましょう。 応募企業に向けた履歴書にする 採用担当者が魅力的だと感じる履歴書にするためには、応募企業が求めている人材を理解し、そこで生かせる職務経歴を強調する必要があります。 志望動機も応募企業向けの具体的な内容になるよう意識しましょう。 自分に合った市販の履歴書・フォーマット(テンプレート)を選ぶ 市販の履歴書や、ダウンロードできるフォーマットにはサイズや記入スペースが異なったさまざまな種類があります。 企業側からの指定がない場合は、A4・B5どちらかでなければいけない決まりはありません。 ですので、市販のものを購入する際は、「自分をアピールしやすい項目の履歴書」かどうかを確認することをおすすめします。 例えば、職務経歴の項目が大きくとってあると、就業経験のない方や経験が浅い方の場合は空白が目立ってしまいますので、志望動機や自己PRの欄などが大きいものや、企業が求めている資格を持っている場合は資格欄の大きいものを選ぶなどです。 自分の経歴やアピールする内容に沿った市販の履歴書や、フォーマット(テンプレート)をダウンロードするようにしましょう。 必ず見直しをする 履歴書の記入にミスがあると、採用担当者に「仕事でもミスをしそう」という印象を与えてしまいます。 最後に必ずすべての項目を見直しましょう。 要注意! 履歴書作成でのNGルール 鉛筆・シャープペンシル、消せるボールペン、修正液の使用はNG 履歴書の記入には、鉛筆やシャープペンシル、消せるボールペンの使用はNGです。 黒色のペンかボールペンを使用します。 また、インクかすれやにじみにも注意しましょう。 書き間違えた場合、面倒でも最初から書き直しましょう。 書き間違いを減らすには、あらかじめ各内容を整理した「見本の履歴書」を作成し、それを見ながら書くのがオススメです。 誤字・脱字・略字はNG 誤字・脱字はNGです。 たくさんの履歴書を見ている採用担当者は、小さな誤字・脱字でもすぐにきづきます。 日ごろの癖で使ってしまう略字にも注意しましょう。 空欄はNG 空欄なく記入された履歴書は、採用担当者に誠意と意気込みを伝えます。 資格や賞罰など書く事がない場合には、「空欄=記入漏れ」と認識されることを防ぐため、「特になし」と記入しましょう。 古い履歴書の使いまわしはNG 返送された履歴書をほかの企業に使いまわすのはNGです。 日付が古いままになっている履歴書は印象が良くありません。 面倒でも新しい履歴書作成しましょう。 監修: 谷所健一郎 (やどころけんいちろう) 有限会社キャリアドメイン 代表取締役 キャリア・デベロップメントアドバイザー(CDA)。 1万人以上の面接と人事に携わった経験から、執筆、講演活動にて就職・転職支援を行う。 ヤドケン転職道場、キャリアドメインマリッジ、ジャパンヨガアカデミー相模大野を経営。 主な著書「はじめての転職ガイド 必ず成功する転職」(マイナビ)、「転職者のための職務経歴書・履歴書・添え状の書き方」(マイナビ)ほか多数。 有限会社キャリアドメイン 代表取締役 キャリア・デベロップメントアドバイザー(CDA)。 1万人以上の面接と人事に携わった経験から、執筆、講演活動にて就職・転職支援を行う。 ヤドケン転職道場、キャリアドメインマリッジ、ジャパンヨガアカデミー相模大野を経営。 主な著書「はじめての転職ガイド 必ず成功する転職」(マイナビ)、「転職者のための職務経歴書・履歴書・添え状の書き方」(マイナビ)ほか多数。

次の