山口勝平。 山口勝平が演じたキャラでアニメファンが選ぶ人気作品は?芸名の名付け親は肝付兼太!?

「半妖の夜叉姫」犬夜叉は山口勝平、日暮かごめはゆきのさつきに :おた☆スケ【声優情報サイト】

山口勝平

回を重ねて10回目。 過去に出演した中島ヨシキさん、高塚智人さん、仲村宗悟さんの若手声優3名と、本イベントの稽古番として八面六臂の活躍をしてくれている立川志ら乃師匠による口演が行われたに続き、17時からは同じく浜離宮朝日ホール(小ホール)にて、「声優落語天狗連 第十回」が開催された。 吉田アナは慶應大学、サンキュータツオさんは早稲田大学の落語研究会出身で同世代のふたりは、出会ったなり落語マニアとして意気投合した仲。 このイベントも「声優が落語をやることを文化にしたい」という熱いふたりの想いが結実したものだと、語り合う。 じつは、この日の「声優落語チャレンジ」に、ベテラン声優の山口勝平さんをブッキングできたのも、アニメ『昭和元禄落語心中』のスピンアウト企画番組「智一&勝平の落語放浪記」の現場で、勝平さんを誘い込んだサンキュータツオさんのお手柄。 そして本日、勝平さんが選んだ演目は、吉田アナいわく「落語ファンならニヤリとするチョイス。 僕もいちばん好きな古典」だという「粗忽長屋」。 「落語によく出てくる与太郎は粗忽じゃなくてバカ。 加えて、落語界で「粗忽長屋」といえば、名人・五代目 柳家小さんが到達点を築いた十八番で、滑稽噺を得意とする柳家一門には、粗忽噺だけは他に負けないというプライドがあること。 また、志ら乃師匠の大師匠である立川談志は、「人間の主観が世界を動かしていく」という哲学的なテーマを「粗忽長屋」に見出して「主観長屋」という題名でも演じており、「柳家の血を引く(立川談志は柳家小さんの弟子!)立川流にとっても大切なこの噺を、志ら乃師匠が勝平さんにどう仕込んだかも楽しみ」と語った。 工藤新一、ウソップでおなじみの山口勝平が、落語へ魂を注いでチャレンジ そしてステージでは、「声優落語チャレンジ」恒例、山口勝平さんの約1ヵ月にわたる稽古風景を撮影したダイジェストムービーを大公開。 サンキュータツオさんは、稽古序盤の勝平さんの噺の一部を観るなり、「もう上手い!」と感嘆の声。 稽古から浴衣をしっかり着込んで汗を浮かべる勝平さんを、MCふたりは「かわいいですね!」「まるで温泉の妖精のようだ(笑)」とコメントし、「すごい。 目線も完璧でしたね」と驚きの表情を浮かべていた。 あふれんばかりの期待感のなか、山口勝平さんの「声優落語チャレンジ」がスタート。 軽快な出囃子にのって姿を見せた勝平さんは、客席を見ながら着物の袖を広げ、ニッコリ笑いながら小首を傾げてご挨拶のポーズ。 足取りも軽やかに高座に上がると、開口一番、「温泉の妖精です!」と会場を沸かせ、「落語やってみる? と言われて、はいやりまーす!と、何も考えずに答えてしまった自分こそが粗忽者だなぁと、つくづく思いました」という話題から、よどみなく落語本編へと繋げていく。 「粗忽長屋」のあらすじは、勝平さんの稽古の様子をレポートした「yoppy」の記事()でも紹介したが、行き倒れになった男を見て、自分の兄弟分の熊五郎だと思い込んだ粗忽者の八五郎が、「お前は気づいてないようだが、昨日からお前は死んじゃってる。 一緒に確かめにいこう」と、熊五郎本人を死体のもとに連れて行く滑稽噺。 熊五郎も八五郎にのせられ、自分が死んだと納得する、ふたりの粗忽ぶりをどう表現するかが見どころだ。 勝平さんの「粗忽長屋」は、タイプの違う粗忽者ふたりを軽快な口調で演じ分け、ふたりに翻弄される真面目な番人や粗忽者の出現を面白がる野次馬たちの様子を、汗を浮かべ、大きな身振り手振りを交えながら、絶妙なテンポで熱演。 ありありと物語を浮かび上がらせた。 吉田アナは「これが初めての落語とは思えない。 プロ、すげー! 熊(五郎)のかわいいこと、かわいいこと」と大絶賛。 サンキュータツオさんも「すごい! これ、もう真打ちでしょ! お芝居としてではなく、本当にあった話に居合わせたようだった。 熊がかわいいのは、志ら乃テイストですよね(笑)」と称賛の声を挙げた。 ここで、稽古番の志ら乃師匠もステージへ。 勝平さんとの稽古では、「落語は芝居とは違う、引き算でやるもの」という説明をさんざんしたという師匠。 「勝平さんも僕と同じで、空白埋めたがるタイプ。 無音を怖がらず、お客さんの息づかいに合わせてセリフを言うこと」や、「歌を歌うようにセリフを流して繋げること」を指導したのだとか。 そして最後の稽古で、志ら乃師匠がものすごくゆっくり手本を見せてくれたときに、勝平さんも「これか!」と開眼したそう。 ちなみに、この「粗忽長屋」には死体と熊五郎を並べて寝かせる場面が出てくるのだが、そこは志ら乃師匠のオリジナル演出。 勝平さんは、「稽古で教えてもらった、サラマンダー様というギャグもやりたかったが、できなかった……」と反省していたが、志ら乃師匠は「それは次回に!」と宣言。 「〈粗忽長屋〉ができれば、〈子ほめ〉もできちゃうしね」と志ら乃師匠が言うと、勝平さんはさっそく「教えてください!」と嘆願。 「教えてやろうじゃないか!」という師匠の言葉に「やったー! 弟子入りだ!」と大喜びしていた。 次回の勝平落語が、楽しみになった。 あの番組のMCに大抜擢された注目の若手落語家が「初天神」を披露 「声優落語チャレンジ」に続いては、大トリを飾る春風亭昇々さんの高座へ。 この4月から『ポンキッキーズ』のMCにも抜擢された昇々さんは、春風亭昇太師匠が初めてとった弟子で、いま将来を最も有望視されているイケメン二ツ目。 サンキュータツオさんいわく、「春風亭昇太という化け物が生んだ怪物」で、昇々さんの噺は「出てくる人物が全員ヤバい人に見える、戦慄する落語」。 現代落語の最先端にいる噺家だと紹介した。 その昇々さんが聴かせてくれたのは、前座噺のスタンダード「初天神」。 天満宮の参拝に、いつも物をねだりまくる息子をイヤイヤ連れて行く父親と、アレが欲しいコレが欲しいと駄々をこねる息子の掛け合いが楽しい噺だ。 人によって、内容も人物表現も様々に演じられるこの噺を、昇々さんはこれまで観たことのない親子像を大胆に描写。 ふてぶてしい息子が駄々をこねる表情は何とも形容し難く、息子を容赦なく叱る父親も圧巻。 時には座布団からはみ出して高座を徘徊するなど、じつにフリーダムだ。 続いて全員集合のトークコーナーへ。 昇々さんの落語について本人は、「僕は気乗りのする噺しかやらない、落語を使って遊んでいるだけ」、「〈湯屋番〉のように、妄想をし続けるひとり狂気がやりやすくて好きなんです」と自己分析。 MCふたりに、なぜあんなにスタンダードから外れたことをやってしまうのか?と問われると、「(古典も)スラスラやろうと思えばできるけど、アドリブを入れて、寄り道して遊んじゃう……音楽でいうとジャズですね! 聴いたことないけど!! 」と、天然っぷりを発揮して爆笑を誘う。 志ら乃師匠も「(昇々は)とにかく面白い音を出せるヤツ。 何もしてないのに、悔しいけど笑っちゃう。 同業者の噺に笑うことはないんだけど……それは、同業だと思ってないからかな?(笑)」と、昇々さんのオリジネーターたる不思議な魅力を解説する。 昇々さんは勝平さんの落語に「見た瞬間、すごいと思った。 口調が良かった」と感想を述べ、勝平さんは、昇々さんの落語に「まさに引き算の芸で、こんな「初天神」は初めてで驚きました。 ずっと袖でゲラゲラ笑ってました」と、かなり衝撃を受けたようだった。 その後も、サンキュータツオさん、志ら乃師匠から昇々さんの奇行が次々に暴露され、ステージも客席も笑いのカオス状態となっていた。 7月開催予定の「声優落語天狗連」次回もぜひ、お楽しみに!•

次の

山口勝平 (やまぐちかっぺい)とは【ピクシブ百科事典】

山口勝平

ウソップの声を担当している声優は誰?コナンや魔女の宅急便にも出ていた!? ONE PIECEの登場キャラクター『ウソップ』は、長い鼻と個性的な見た目ですよね! さらにそのキャラクター自体も、他のアニメには存在しない、独特なキャラクター像となっていて、唯一無二の存在となっています。 そんな個性的なウソップに声を宿している声優さんの演技もピッタリ合っていますよね! 驚いたり怯えたり、相当声を担当されるのは難しいであろうという予想はできますが、そんな表情豊かなウソップを演じている声優さんはどんな人なのでしょうか? ウソップ役・山口勝平プロフィール ウソップの声優をされているのは、『山口勝平』さんという人物です。 芸名:山口 勝平(やまぐち かっぺい)• 本名:山口 光雄(やまぐち みつお)• あだ名:かっぺー• 職業:声優、舞台俳優• 生年月日:1965年5月23日• 出身:福岡県福岡市• 血液型:B型• 身長:160cm• 事務所:芸能プロダクション悟空(代表) 山口さんは、声優としてだけではなく、舞台俳優としても活動されている俳優さん。 そこで培われた演技力はピカイチで、ウソップの絵を見なくてもウソップがどんな表情をしているのか想像がつくほどの声の演技力をお持ちですね! ちなみに芸名の「山口勝平」の由来は、福岡弁交じりで話していたため「いなかっぺ」と師匠の肝付兼太さんに命名され、そこに本人が好きな「ダッシュ勝平」を組み合わせて「山口勝平」となったそうです。 デビューは何年?芸歴は? 山口さんの作品デビューは、• 俳優・・・『青い彗星の一夜』珍獣ボラボラ役(1985年)• 声優・・・『どんどんドメルとロン』船員A役(1988年) 俳優が先だったんですね。 そこから徐々に声優のお仕事も増えていったのだと思いますが、『船員A役』というのがまたイイですよね笑 今では主人公もたくさん演じられている山口さんも、名もないキャラクターを演じていたという事が分かります。 芸歴は、2019年現在で計算してみると、俳優歴・34年、声優歴・31年の大ベテランです! 家族はいるの? 山口さんは、1990年に元劇団21世紀FOXの方と結婚されて、1男1女のパパです。 お兄ちゃん・・・竜之介くん• 山口勝平は「名探偵コナン」「魔女の宅急便」にも出演? 山口さんの代表作品は数多く存在しますし、今やワンピースのウソップ役もそのうちの1つですよね。 他にはどんな作品に出演しているのか?というと・・・• 「魔女の宅急便(とんぼ)」1989年• 「名探偵コナン(工藤新一、怪盗キッド)」1996年• 「犬夜叉(犬夜叉)」2000年 — 2010年• 「DEATH NOTE(L)」2006年 などなど、老若男女問わず誰もが知っている役ばかりです! 山口勝平はコナンのような推理作品が得意? 山口さんはこれまでに、• サンデーの「名探偵コナン」のコナン• マガジンの「金田一少年の事件簿」の金田一• ジャンプの「DEATH NOTE」のL と日本の三大少年漫画誌が誇るミステリー漫画の名探偵を3人も演じていることでも話題になりました。 ミステリー漫画とは言え少年漫画なので、明るい場面とシリアスな場面が交互に訪れ、その都度テンションを切り替える必要がありますよね。 しかも、コナンを見ていて「Lだ」とは思わないので、同じ声の持ち主であってもキャラクターによってしっかりと演じ分けているという事です。 初登場から現在に至るまで、1度も声優が変わることなく山口勝平さんが演じています。 現在700話を超えるような長寿アニメですので、途中で登場キャラクターの声優さんが変わることがありました。 しかしウソップは1度も変わっていません!これは凄い事ですよね! 山口勝平はウソップ以外の声も演じていた!? 山口さんが担当されているキャラクターは、実は、ウソップだけではなかったのです。 これまでにいわゆる「ちょい役」として、山口さんが声を演じたキャラクターが数人います。 正直名前を聞いてもどのキャラクターか思い出せない、という役もあるのですが…笑 例えば、アラバスタ編で登場した、ラクダの「マツゲ」というキャラクター。 こちらも山口さんが担当されています。 他にも、ルフィ・エース・サボの幼少期が描かれたシーンで、ダダン一家という山賊の中に「ドグラ」という白いターバンをかぶったようなキャラクターがいたのですが、あのキャラクターも山口さんが担当されていました。 これは、山口さんの別名義で間違いないようですね。 そこで調べてわかった事ですが、名探偵コナンに登場する「工藤新一」や「怪盗キッド」の声も変わったと噂されていました。 工藤新一・怪盗キッドについても声優が山口さんから変わった事はありませんので、こちらもウソップ同様という事になりますね。 そこで考えられるのは下記の2点。 ワンピースのアニメの放送が開始されたのは1999年10月からとされていますので、約20年もの間1人の人間を演じている事になります。 変声期と呼ばれる声変わりの時期を過ぎていたとしても、微妙に声は年齢とともに変化していくものですので、年齢を重ねるごとに少しずつ声が変わっていった可能性があると思います。 工藤新一の声も「低くなった」と噂されており、年齢によるものだと考えると、徐々に声が低くなるのも納得ですよね。 そこまでではないとしても、20年間もお仕事を続けていれば風邪をひいてしまう時もあるでしょう。 ウソップは登場回数も多いキャラクターですし、完治していない状態で演じた時に声がいつもと少し違って聞こえる場合は考えられますね。 山口さんの声は透明感のある少し高めの声なので、変化に気付かれやすかったのかもしれません。

次の

山口勝平 (やまぐちかっぺい)とは【ピクシブ百科事典】

山口勝平

Contents• 山口勝平の結婚相手は誰?嫁の名前や馴れ初めは? 山口勝平さんは、結婚相手についてあまり多くを語っていませんが、名前は「のりこ」といいます。 2015年9月29日にアップされている山口勝平さんのTwitterに・・・ 「昨日で結婚25周年、無事に銀婚式を迎えました。 島では犬夜叉メンバーからの一日早いサプライズケーキ。 そして昨夜はスーパームーン。 長くて早かった25年、気付けばともに白髪も生えてきたけれど、これからもずっとずっと一緒にいようね」 という記事があります。 ということは、結婚したのは1990年で、2020年の今年は結婚30周年「真珠婚式」になりますね。 結婚相手である「のりこ」さんとは、山口勝平さんが本格的に声優として活動する前まで所属していた劇団21世紀FOXにのりこ」さんも所属していました。 同じ劇団員だったということですね。 劇団員さんは、1つの物語で役をもらった時、その役の人がどんな人でどんなセリフであるかだけではなく、その役の人の背景なども想定し役作りをします。 学生の役をもらったら、何歳で出身はどこで勉強は出来るのか、スポーツが得意なのかなど、台本にはないその役の人を作り上げ演じます。 そんな、役作りに取り組む姿勢や演技の練習など、また色々な悩みなどお互いに相談し合いながらやっていくうちに、お互いの人柄などに惹かれあい、演技の中ではなく現実の中でお互いに支えあっていきましょうとなったのでしょうね。 山口勝平と日高のり子の関係は? 山口勝平さんと日高のり子さんは、衝撃的な再会をしています。 山口勝平さんが演じた主人公「早乙女乱馬」の許婚「天道あかね」を演じたのは日高のり子さんなのですが、実は山口勝平さんと日高のり子さんが初めて出会ったのは山口勝平さんが本格的に声優として活動する前のこと。 日高のり子さんが「コンスタンス(アニメ三銃士のキャラクター)」を演じた「アニメ三銃士」のファンツアーに山口勝平さんは着ぐるみアクターのバイトで参加していました。 泊りの仕事だったことから一緒にご飯を食べながら山口勝平さんは、日高のり子さんから声優の仕事について色々と教えてもらったことがあった半年後。 通常なら何事もなく流れていく時間の中で、日高のり子さんとバイトであった山口勝平さんが一緒にご飯を食べる機会があったことは非常に大きいことだと思いますし、声優という仕事のことをトップスターとして活躍されている方から話を聞けたということは、この時が山口勝平さんにとって声優としての転機だったと思います。 チャンスは待つのではなく、自分から掴み取るものだということがわかる出来事ではないでしょうか。 山口勝平が結婚してファンの声は? 山口勝平さんは、ずっと結婚したことを公表していなかったのですが、文化放送の「広井王子のマルチ天丼」にてリスナーさんから「結婚しているのか」という質問がきた際に山口勝平さんはエコーつきで「結婚してま~す!」とカミングアウト。 「広井王子のマルチ天丼」の放送期間は2000年から2003年までだったので、結婚をしたのが1990年と考えると、最低でも結婚して10年は経ってるということになります。 多くの女性ファンが沢山いた山口勝平さん。 そのため、結婚していることをカミングアウトした時にショックを受けたファンは多くいました。 20歳代の山口勝平さんの写真を見ると結構イケメンですし、声優さんともなると、その担当したキャラクターのイメージも合わさるので、そのキャラクターがかっこいい主人公だとすると、向かうところ敵なし状態に女性ファンがつきますよね。 ファンが描く山口勝平さんのイメージというものを大事にしなければいけない仕事だと思いますので、あえて既婚者であることを隠すことはないのですが、個人的情報をオープンにする必要もないと思いますので、その出演したラジオ番組がタイミングだったんでしょうね。 結婚していることを知ったことで離れたファンもいるかと思いますが、結婚していると知っても変わらず応援してくれるファンが、山口勝平さんの本当のファンだと思います。 山口勝平に子供いる?息子娘どっち? 山口勝平さんとには男の子と女の子のお子様がいます。 男の子の名前は「竜之介」くん、女の子の名前は「茜」ちゃん。 「竜之介」くんは2013年に、「茜」ちゃんは2016年に成人式を迎えているということなので、2020年の今年は、「竜之介」くんは27歳か28歳、「茜」ちゃんは24歳か25歳になるということになりますね。 息子さんである山口竜之介くんは、父親と同じ声優デビューという情報がありましたが、調べたところ、イマイチ確信の持てる記事が見つかりませんでしたので、山口竜之介くん声優説はちょっとわからないですね。 父親の仕事を子どもの頃に見て、楽しそう!と感じるのか、難しそう・・・と感じるのかで、進む道が違ってくると思いますが、2015年3月に山口勝平さんがTwitterで、「息子の大学の卒業式に行ってくました。 随分と大きくなったものだと、しみじみしつつ、卒業おめでとう!」と、息子さんである山口竜之介くんの大学卒業を伝えていました。 山口竜之介くんがお父さんと同じ声優の道を選ぶとするならば、高校卒業後はその専門の学校などに進むと思うので、この先どうなるかわかりませんが、大学卒業ということであるならば、声優ではない他の道の世界に進んでいるのではないでしょうか。 声優業は声の質なども重要なので、演技がうまいとかだけでは声優にはなれるものではないですからね。 山口勝平の声優一覧コナン犬夜叉など 山口勝平さんがこれまで声優として担当したキャラは数多くあります。 そんな数多くの作品の中から、山口勝平さんが「ハマり役」だったアニメキャラのランキングをご紹介します。 1位 「名探偵コナン」工藤新一• 2位 「ONE PIECE」ウソップ• 4位 「犬夜叉」犬夜叉• 5位 「名探偵コナン」怪盗キッド• 6位 「はなかっぱ」がりぞー• 7位 「魔女の宅急便」トンボ• 8位 「DEATH NOTE」L・竜崎• 9位 「ペルソナ4」クマ• 何気なく見ていたあのキャラクターも実は山口勝平さんが担当していたというのも数多くあります。 多くの仕事があるというのはありがたいことですが、その分違うキャラを作らなければならないので、大変でしょうね。 声質を変えるとかだけの問題でもないと思いますし、雰囲気であるとか、しゃべりまわしなどでも変わりますが、そのキャラが作者のイメージとあまりにも違うとダメでしょうしね。 ただ与えられたシナリオを読むだけではないので、長く声優として活躍していくには本当に日々勉強で大変だと思います。 山口勝平の趣味は絵描き? 山口勝平さんはプロ顔負けの画力を持つことで知られており、そのアーティスティックな才能のスキルの高さはファンの間では有名です。 ワンピースの収録のたびに描かれる「収録日誌」では、原作者の尾田栄一郎先生のタッチを完全再現したイラストを披露したり、「名探偵コナン」の工藤新一、怪盗キッドなど自身が演じたキャラクターのイラストをTwitterで公開しています。 他、神谷明さん(声優さん:「キン肉マン」のキン肉マン、「北斗の拳」のケンシロウ、「名探偵コナン」の毛利小五郎など)の著書に挿絵を提供したり、日高のり子さんのエッセイ「のんこ」の挿絵を手掛けたりしています。 絵が描けて声のプロなので、山口勝平さん1人で今後独自のアニメを作ることも可能じゃないでしょうか。 今はYoutubeなどの動画配信の時代に突入していますし、逆に、作ってほしいなとも思います。 まだまだ山口勝平さんの持つ可能性って無限にあるように思いますね。 2020-05-10 23:04 そして、現在も放送中のTVアニメ「名探偵コナン」工藤新一、怪盗キッドや「ONE PIECE」ウソップをはじめ、トークショーや落語家としてイベントにも出演されています。 落語は立川志ら乃師匠の弟子として落語を勉強、高座名は「のゝ乃家ぺぺぺぇ」。 同じしゃべることで表現するものとして、なにか共通点がありますし、違う世界のものを経験することは、山口勝平さんの今後の声優としての芸の幅を広げることに大きくプラスになると思います。 山口勝平プロフィール• 名前 山口勝平 やまぐち かっぺい• 本名 山口光雄 やまぐち みつお• 生年月日 1965年5月23日• 出身地 福岡県• 血液型 B型• 身長 160cm• 趣味・特技 イラスト・ギター・殺陣• 好きな食べ物 ラーメンとカレーライス• 嫌いな食べ物 辛いもの• 所属事務所 悟空・劇団21世紀FOX 福岡県立筑前高等学校卒業後、1984年に東京へ移住し、専門学校東京アナウンス学院に入学。 専門学校に通い始めてしばらくした頃、新聞で週1回日曜だけの声優養成所の広告を目にします。 広告には講師として野沢雅子さんと肝付兼太さんの写真が載っていて、野沢雅子さんといえば山口勝平さんが小さい時に見ていたテレビ漫画のほとんどに出ていた方で、声優という職業を意識していないころから大好きでした。 それで、その養成所に通うしかないと思い、声優養成所に入ります。 山口勝平さんは、肝付兼太さんのクラスになったのですが、その頃の肝付兼太さんは劇団21世紀FOXを作ったばかりで、声優のことより劇団の話しかしない肝付兼太さん。 「舞台は面白いよ」「舞台はすごく楽しいよ」と何度も聞かされているうちに、じゃあ舞台をやってみようと思って劇団21世紀FOXに入団します。 山口勝平さんは小学生の頃、野球をやっていて、その頃は漫画「ドカベン」が人気で、そのセカンドを守っていた「殿馬一人」が好きで、その「殿馬一人」の声優を担当していたのが、肝付兼太さんです。 それからは劇団21世紀FOXで舞台俳優を目指す一方で、23歳からは声優としても活動します。 東京国際アニメフェア2003で、個人の声優賞受賞し、2004年(平成16年)5月、芸能プロダクション「悟空」設立し、社長を務めています。 2019年(平成31年)には、第13回声優アワードにて富山敬賞を受賞、今ではレジェンド声優さんです。 そんなレジェンド声優さんですが、デビュー当時は声優仲間から「甘えん坊将軍」とあだ名をつけられます。 それは、新人時代はお金が無く、山口勝平さんが東京在住のお姉さん(3人姉弟の末っ子で、上に姉が2人いる)によく泣きついたこともありました。 そんな山口勝平さんに対する日高のり子さんの第一印象は「なんだろうこの甘えん坊は」というものでした。 「甘えん坊将軍」と呼ばれていた山口勝平さんが、今では「レジェンド声優」と呼ばれているわけですからね。 自分では何もできない「甘えん坊」ではなく、人懐っこい「甘えん坊」だったのではないでしょうか。 女性からすれば、山口勝平さんから母性本能をくすぐられるようで、声優というイメージのキャラも合わさり、ファンも増えるというのも納得ですよ。 そして、結婚していることを知った時、多くのファンがショックを受けたというのも納得です。 山口勝平の結婚相手誰?馴れ初めや子供いるか調査してみた!まとめ 山口勝平さんについて色々見てきました。 山口勝平さんの人柄の良さが伝わってきますよね。 仕事に対して研究熱心な部分もありながら、奥さんや子どもたちのことをすごく大事にしている山口勝平さん。 大変なことも当然ありますが、すべてにおいて仕事もプライベートも楽しんでいるような感じがします。 もしかしたら、大変なことも楽しんでいるのかもしれませんね。 今後、山口勝平さんが声優を担当しているものを観る時は、そんな山口勝平さんの優しさ溢れる顔を浮かべながら観てしましそうです。 これからも末永くご活躍をしてもらいたいし、声優の後輩育成などにもがんばってもらって、声優への道に夢を持つ若者がどんどん増えるようになればいいなと思います。 「厳しさ」と「優しさ」を知っている山口勝平さんだからこそ、伝えられることがありますので、今後の山口勝平さんの展開を楽しみにしたいと思います。

次の