三井住友visaバーチャルカード。 メジャーなバーチャルカード5枚を知り尽くす!

三井住友カード Aのメリットとデメリット

三井住友visaバーチャルカード

バーチャルカードとは バーチャルカードは、カードレスカードとも呼ばれているようで、その名の通り、実際のカードはないのですが、カード番号を発行して使うことができるというものです。 代表的なクレジットカードのバーチャルカードは• 三井住友VISAバーチャルカード• エポスバーチャルカード• 楽天バーチャルプリペイドカード• オリコバーチャルカード というものがあります。 支払いが口座と直結しているデビットカードでもバーチャルカードがありジャパンネット銀行の口座があれば使える「JNBカードレスVisaデビット」というサービスがあります。 基本的にはメインの契約(楽天カードやオリコカードなどの契約)をしている人向けの付加サービスとなっています。 それぞれの特徴は比較サイトが多くありますので、そちらを参考にしていただくとして、今回はわざわざ新規にカードを発行するのが面倒なので、すでに使っているサービスの中で使えるものを検討しました。 楽天バーチャルプリペイドカード まずはメインカードとして使っている楽天カードで使える「楽天バーチャルプリペイドカード」です。 名前の通り、金額を指定してプリペイドカードとして購入するバーチャルカードです。 カード番号が発行されるので、インターネットショッピングでクレジットカードとして使えます。 プリペイドカードなので、最初に購入した金額以上の買い物には使えないのは注意すべき点ですが、逆に使いすぎることがないので、ついつい買い物をしてしまう人にはいいかもしれません。 もう1つの注意点は発行してからの有効期限が1年という点です。 1年経過すると残高があっても使えなくなってしまいます。 ただ、新規にバーチャルプリペイドカードを購入するときに、古いカードの残高を引き継ぐくことができますので、上手く使いまわすことができると思います。 JNBカードレスVisaデビット ジャパンネット銀行の口座を持っているので、カードレスVisaデビットの発行もできます。 こちらは支払いと同時に銀行口座から引き落としされるデビットカードのバーチャルカードになります。 カード番号は4つまで発行し、変更や停止がサイトでできるので、一時的なネットショッピングでも安心して使えます。 発行するだけなら手数料等が必要ないのもいいですね。 デビットカードなので口座残高以上の買い物ができないので、こちらも使いすぎることはないと思います。 今回は「JNBカードレスVisaデビッド」を発行 楽天バーチャルプリペイドカードとJNBカードレスVisaデビッドを比較して、発行時点で費用が発生しない「JNBカードレスVisaデビッド」を使ってみることにしました。 楽天のほうでも結局買い物をすれば使うのですが、中途半端な金額が残ると新しくカードを購入することになりそうです。 一方のVisaデビットは支払い手続きをすれば口座から引き落とされるだけなので、とりあえず発行しておくという目的には向いてそうです。 銀行口座に残高があるか気を付けないといけないですが。 ということで、とりあえず「JNBカードレスVisaデビッド」の発行手続きをしてみました。

次の

三井住友カード Aのメリットとデメリット

三井住友visaバーチャルカード

三井住友VISAバーチャルカードの特徴 三井住友VISAバーチャルカードの主な特徴は、以下のとおりです。 三井住友カードはMasterも発行できることが多いですが、バーチャルカードのブランドはVISAのみです。 また、ネットでの比較的少額決済用のカードなので、旅行保険は海外、国内ともに付帯サービスには含まれていません。 年会費の割引(無料化) 三井住友VISAカードの「マイ・ペイすリボ」は、リボ払いとなる設定額を利用限度額と同じまで引き上げることによって、実質リボ払いではなく一括払いと同じ使い方が可能です(リボ払い手数料もかかりません)。 そのため、三井住友VISAバーチャルカードを自分1人で使うときは、マイ・ペイすリボに登録して設定額を最大まで上げることによって、1回でもカードを利用すれば翌年の年会費をゼロに抑えることができます。 実物のカードが送られてくるものの、利用はあくまでネットのみ 三井住友VISAバーチャルカードは、ネット上で確認するのみに留まるエポスカードのバーチャルカードとは異なり、 実物のカードが郵送で(一応)送られてきます。 とはいえ、バーチャルカードはあくまでインターネットでの利用が前提であり、実物のカードにはICチップどころか磁気ストライプさえ付いていません。 送付されたカードはカード番号や有効期限を確認するためのみに利用することになります。 カード自体を店頭で取り出して利用することは無いので、カードのデザイン云々は触れる必要がないかもしれませんが……カード券面は情報の掲載が主であって、デザインはVirtual Cardの名称にドロップシャドウのかかった一昔前の雰囲気です。 不正利用の補償 三井住友VISAバーチャルカードには「第三者に不正利用された場合、ご利用枠の範囲内で悪用された額を補償」する不正利用補償が付帯します。 インターネットであまり馴染みのないネットショップから商品を購入する場合、不正利用の補償があるのは、利用限度額が10万円と低めに設定されていることと相まってこのカードの主なウリになっています。 「万が一、不正利用されても補償される。 また限度額が低いので多額の不正利用をすることは不可能。 かつネットのみでしか使えないため店頭で商品を購入することも不可能」。 機能にかなり縛りがかかっているからこそ、気楽に使えるカードです。 ショッピング補償 三井住友VISAバーチャルカードは、 バーチャルなカードかつ年会費も極少額であるにもかかわらず、ショッピング補償がちゃんと付いてます。 この辺は。 バーチャルでもさすが「三井住友」ブランドといったところですね。 年間100万円まで、自己負担は1件あたり3,000円となるものの、ネットショップ等で購入した商品がすぐに破損してしまったとか、盗難に遭ったときに(条件はありますが)損害を補填してもらえます。 ポイント還元率 三井住友VISAバーチャルカードにも、三井住友VISAカード(クラシック)と同様のポイント制度があります。 還元率は0. とはいえ、前述のとおりバーチャルカードの利用限度額は10万円しかないため、バーチャルカードの決済額を最大まで上げたとしても、月5万円程度にしかなりません。 そのため、バーチャルカードのボーナスポイントはほとんど意識することはないです。 三井住友VISAバーチャルカードが向いている人 以上が三井住友VISAバーチャルカードの主な特徴になります。 前述のとおり、バーチャルカードは利用限度額が少額に制限されている点が安心材料として機能するカードですが、その長所がそのまま「普段使い」のネット用カードとしては利便性・機動性に欠ける短所にも繋がります。 ネットでのクレジット払いを全てこのカードの利用限度額で賄えるならよいのですが、そうではない場合には「この買い物にはバーチャルカード」「こっちの買い物は普通のクレジットカード」と使い分けていくことになります。 そうすると、 バーチャルカードではなく一般的なクレジットカードで決済したサービスからカード情報が流出・不正利用されることもあり得るわけで(大手の会社だから安心というわけではないのが、ネット通販等でのクレジットカード使い分けの難しいところ)、このカードを発行する意味は薄れてしまいます。 (三井住友VISAバーチャルカードではなくとも、一般的なクレジットカードには大抵、不正利用の補償が含まれているため、その点での違いは実はあまりないのかなと) メインで利用するクレジットカードが他にある場合、ネットでもそのカードを使うほうがポイント還元率や年間利用額に関連した特典などで有利なことも多いですから、そうなるとバーチャルカードの出番はより少なくなってしまいます。 結局のところ、「これからインターネットで初めてネットショッピングをする」という人や「たまにネットから買い物をする」程度に利用する人が、 安心してネットから購入するための一枚という位置づけに収まるのかな。 長所がもろに短所と表裏の関係にあるカードなので、利用限度額の範囲内で十分賄えるかどうかが発行するかしないかの分水嶺です。

次の

初めてのクレジットカード解約

三井住友visaバーチャルカード

バーチャルカードってなに? バーチャルカードとは、インターネット専用のカードの総称です。 「バーチャルカード」という名前の由来からも想像できる通り、インターネット決済のときに使用できるカードであり、一般店舗では利用することができません。 機能を限定することによって年会費を抑えて質の高いサービスを提供しています。 ネット専用クレジットカードという性質から、 ネットショッピングの際には高いポイント還元率となり、一般店舗で扱っているクレジットカード決済時のポイントよりもお得です。 バーチャルカードの審査状況 審査基準は、オンラインショッピング専用クレジットカードということもあり、ネット環境に特化した審査となります。 バーチャルカードの審査基準• 18歳以上 高校生を除く で、インターネットに接続可能であること• メールアドレスを保有していること 携帯電話のアドレスでは審査を通ることができませんので、パソコン用のアドレスを取得する必要があります。 大抵のバーチャルカードは、年会費が無料です。 ただし、利用額や利用頻度によっては年会費がかかってしまう場合もあるので注意しましょう。 バーチャルカードのメリット オンラインショッピング決済専用のクレジットカードということもあり、ポイント制度がかなり充実しています。 また、通常のクレジットカードでは、紛失した際の「不正利用」などが心配ですよね。 しかし、 バーチャルカードでは、このカード本体が発行されないため、紛失の心配がなくなります。 ネットショップでのポイント還元率のほか、オンラインカードで取りざたされているセキュリティー面も徹底的に強化。 60日以内であれば不正利用された場合、全額を保証してくれる制度が適用されます。 一般クレジットカードをオンラインで使用したことで起こり得る被害を考えた上でのネット専用クレジットカードとなっています。 バーチャルカードでは16桁の番号変更が簡単 バーチャルカードはインターネット上でしか利用することができませんが、インターネット上でならポイントも貯まりやすく使いやすいカードです。 この最初に与えられる16桁の番号も、 インターネット上で簡単に変更ができます。 万が一、「情報が漏れたかな?」と心配になったときは、ささっと番号を変えてしまいましょう。 また、バーチャルカードは、カードを利用停止にするのも再開するのも自由なカードです。 年会費もほとんどかからず、これほど自由に使えるカードはなかなかないので、便利です。 バーチャルカードのデメリット デメリットとしては、あくまでも使用は オンライン決済限定であり、一般店舗では使用することができないこと。 バーチャルカードを発行するなら、通常のクレジットカードを発行した上でバーチャルカードを持つという形がおすすめです。 人気のバーチャルカード3枚をご紹介! バーチャルカードに共通するメリット・デメリットなどを紹介してきました。 ここでは、バーチャルカードの中でも人気の3枚について、詳しく紹介していきます。 個人情報の漏洩が気になる• ゲームなど趣味にお金を使い過ぎる• 利用明細に残ってほしくないものがある このような3つのどれかに当てはまる方には、楽天バーチャルプリペイドカードが便利です。 個人情報の漏洩が気になる 「 あまり知らないサイトでの商品購入は不安... 」 そんな不安を抱えた方も多いと思います。 この楽天バーチャルプリペイドカードは、名前からもわかるようにプリペイドカードなので、購入のたびに名前を変えることができ、個人情報が漏れにくくなっています。 カードの利用明細に残したくない商品の購入 一人暮らしならそんなに問題ではないかもしれませんが、家族がいる方にとっては「毎月送られてくる利用明細を、家族に見られたくない」という方もいると思います。 このようなとき、楽天バーチャルプリペイドカードだと「プリペイドカード代」と記載されるだけなので、見られても何を買ったのか詳細がわからないようになっているので安心です。 楽天バーチャルプリペイドカードの基本情報 楽天バーチャルプリペイドカードはインターネット専用のプリペイドカードです。 インターネット入会で、初年度年会費が無料• 利用枠の範囲で悪用された額を補償• 世界中のインターネット通信販売店でショッピングが可能 次年度からは300円かかってしまいますが、 初年度の年会費が無料で幅広いサービスの利用が可能になっています。 利用額が10万円までとなっているので、高額の買い物はできないので注意してください。 【まとめ】バーチャルカードは、セキュリティ対策が万全のカード バーチャルカードのメリットは、紛失をする心配がなく、万が一の時も 16桁の番号の変更が簡単というところにメリットがあります。 一口にバーチャルカードといっても、いくつか種類があります。 自分がすでに持っているカードと被らないようなカードを選んだり、 自分の生活に合ったカードを選びましょう。

次の