カズ マックス。 KAZMAX(カズマックス)こと吉澤和真が逮捕!?過去の情報商材やサロンとの因果関係は!?

カズマックスが薬物で逮捕!峯岸みなみや芸能人との関係は?

カズ マックス

当初はサロン生が損をするような行動をとることはなかったのですが、次第にサロン生がいくら損をしてもおかまいなし、といった態度に変わってしまった。 そんな彼を盲目的に信じてついていってしまうサロン生の姿をみていられず、彼の行為を告発することにしたのです」(同前) (以下省略) サロン公開前に情報が共有される秘密のLINEグループが存在 サロン砲による利益を享受していたのはKAZMAX氏だけではない。 「サロン砲前にポジ持てるというスーパーイージーモード提供してもらってるのに……」と発言するグループメンバーも 「LINEグループ『KTS』はサロンの幹部のみで構成されています。 配付資料の作成や、決済トラブルの顧客対応、KAZMAXのポジションの代理投稿を行っている側近中の側近ばかりです」(同前) カリスマ美容師、お笑い芸人も参加 なかにはカリスマ美容師として有名な木村直人氏の名前もある。 フリーアナウンサーの田中みな実やモデルの鈴木えみなど、芸能人も多く担当し、Instagramのフォロワー数は5. 7万人を超える。 KAZMAXはゲームをしながらチャートの動きを見ることも多く、手が離せないときは上級幹部がLINEにサロン砲予告を代理投稿する。 木村さんは、この代理投稿を行うこともあった」(同前) 「KAZMAX」グループはKAZMAX氏と交流が深い友人たちのグループだ。 「参加者の職種はバラバラです。 人気お笑い芸人である、かまいたちの山内健司さんも参加しています」(同前) 山内は仮想通貨取引所「Zaif」のウェブCMにも出演している通称「財テク芸人」だ。 お笑いの賞レース「キングオブコント2017」で優勝した際も、インタビューで「(賞金は)仮想通貨にぶち込みます!」と発言をしている。 「山内さんがLINEグループに加入したのは、2018年6月24日です。 ちなみにKAZMAXさんが今回告発された内容を簡単にまとめると 自身が運営しているオンラインサロンを利用して、不当に 利益を膨らませていたという事です。 KAZMAXさんはTwitter内で超有名なトレーダーです。 KAZMAXさんはオンラインサロンで自身のトレード理論を有料で公開しています。 要はサロンに所属すると確実に儲かるタイミングを教えてもらえるって事ですね このKAZMAXさんのオンラインサロンは 「損した」「得した」など様々な声が毎日のように飛び交う燃えやすいサロンでした。 そりゃそうですよね、大金を扱う訳なんで。 これだけの会員数がいるサロンであれば、市場を動かすことが可能と言われています。 KAZMAXさんは今回、 自らと仲のいい友人たちが儲けるためのサロン砲をやっていたとリークされました。 その仲のいい友人の一人が山内さんだったと週刊文春は伝えています。 KAZMAXさん自身は違法ではなかったと主張しており、2019年6月26日までに正式な回答をするとのことを報告されています。 いつもであればツイートにて回答をしますが、あまりにも事実とかけ離れている偏向報道により混乱を招いている事を重く考え、報道の内容に対して正式な回答をすべきだと考えました。 現段階ではツイートでの回答を差し控えさせて頂き、お時間を頂きますが正式な回答を改めて書面の通りご報告します。 週刊文春に報じられた内容も含め問題が多かったカズマックストレーダーズサロン、それらの状況を重く見た日本投資顧問業協会から処分が下されたことが判明しました。 処分の内容 ・ 過怠金 罰金 の賦課 250万円 ・ 会員権の停止 2019年10月1日から1か月 かまいたち山内吉本解雇の可能性は? 闇営業問題などで何かと話題になってしまった吉本興業。 今回の文春報道で山内さんは吉本興業から何らかの処罰が下る可能性があるのでしょうか。 結論から言うと、山内さんに処分が下ることはないと思われます。 以前藤崎マーケットのトキさんもコインチェック事件で被害にあった際に大々的にネタにしていましたし、山内さん自身も投資をしている事は前々からテレビで発信をしていました。 「キングオブコント2017」の優勝賞金の一部を仮想通貨に当てていることも公言していまいたしね。 投資に関して事務所に報告をする義務は今の所ないと思われます。 ただ KAZMAXさんに少しでも違法な部分があれば山内さんも追及されてしまうのが目に見えています。

次の

カズマックスって何者?年収や資産彼女は峯岸みなみなのかについても

カズ マックス

KAZMAXが健全アピール中 度重なる不祥事により業界から干されつつあったKAZMAX カズマックス が、 Twitterの更新とサロンへの勧誘を再開していることが分かりました。 現在も相場状況に関するツイートや予想が当たった、などのツイートを繰り返している模様です。 金融アナリストっぽい振る舞いが増えていることから、健全な投資家になろうと心を入れ替えたように見えたのですが、2020年3月現在も 行政処分を受けた「誤認させてサロン契約させる行為」は続いている模様。 Twitterで相場予想を的中させているように振舞っていますが、監視し続けると発言内容におかしな点がいくつも出てくるので、相変わらずセコイ事やってるみたいです 笑 2020年に入ってからカズマックスを含む仮想通貨系サロン運営者たちの悪質行為が露呈し始めているので、サロンに加入する際は、運営者の素性をよく調べてから判断するようにしましょう。 最近では仮想通貨の値上がりに影響する情報を先取り配信するサービスも登場してきています。 自分が気になる投資サロンや投資案件とどちらが稼げそうなのか?比較してみてください。 合わせて読みたい• トレーダーズサロン内でどのような対応が取られているのか知りませんが、 まともな運営体制ではないとみております。 「カズマックス」が今後、健全な運営を心掛けることを願うばかりです。 カズマックスの不安要素を徹底捜査 Twitterで話題となった金融トレーダー「KAZMAX カズマックス・吉澤和真 」が、満を持して提供を開始したオンラインサロン。 自身のリアルタイムトレードを先出で投稿する他、本人への質疑応答やオンラインセミナーを含む仮想通貨助言サービスを受けることが可能となります。 月額3万円と高額ながら、会員数3000人を超えるなど大盛況の様子だったのですが、DMM側が突如サービスを閉鎖させるなど、雲行きが怪しい状況に。 今回は、 仮想通貨ポリス的「KAZMAX カズマックス サロン」の不安要素を捜査していきます。 この情報商材については、仮想通貨取引所間で発生する価格差を利用したアービトラージを自動で行い、収益を上げるというシステムとなっておりました。 Youtubeでは「KAZMAX カズマックス 」本人がこのシステムについて解説する動画が複数公開されており、 参加者全員にお金をあげると断言している姿が確認できます。 この当時、「KAZMAX カズマックス 」は金融トレーダーとしての知名度も低く、筆者としてはまた怪しい 情報商材に名前を貸したヤカラが表れた程度に考えていました。 しかし、2018年に入りTwitter上で知名度を上げることに成功した「KAZMAX カズマックス 」は、突如として手のひら返しを行います。 下記でご紹介するのは、某雑誌で取材を受けた 「KAZMAX カズマックス 」のインタビュー記事になります。 情報商材については尊敬していた人物から依頼された仕事であり、途中で怪しいと思い辞めたいと話したがダメだったと語る「KAZMAX カズマックス 」。 都合が悪くなれば自分も被害者であるという発言。 そして、この情報商材の 販売企業「フォーカスレンズ合同会社」についても捜査を行うと、現在ことが明らかとなりました。 筆者の見立てとしては、「KAZMAX カズマックス 」を情報商材の広告塔にしたが、その後思った以上に知名度が上がったので別の使い方をしたほうが良いと判断した結果の行動だと考えています。 この状況についてDMMは反社会的勢力との繋がりがあるとの情報提供があったためだと、「KAZMAX カズマックス 」は語っておりました。 反社会的勢力との繋がりについては憶測の域を出ませんので、 真相は不明です。 繋がりどころかサロンの管理者として名を連ねている状態。 発覚後に管理者から削除されている点を考えると、「KAZMAX カズマックス 」側もマズイと判断したのでしょう。 後ろめたい事がないのなら、そのまま続ければいいだけの話ですからね。 「BLITZ」というウェブサイトを介してサービスを提供していることが確認できたのですが、が掲載されている状況から、 このために立ち上げられたwebサイトであることが分かります。 運営会社の名前は「合同会社DNC」という企業であり、記載されていた所在地を確認したところ、以下のマンションが見つかりました。 「KAZMAX 吉澤和真 」自身は2桁億円の資産を稼いでいると自称している人物ですが、なぜこの物件を選んでしまったのか。 時間を見ると 深夜1時や早朝6時、そして昼や夕方など、ひっきりなしにトレードを公開していることが分かります。 このトレード手法を真似るのだと考えると、 時間的に無理があるのは明白ですね。 しかもこれ、1分以内にエントリーした際の想定です。 更に言えば、会員数は3000人を超えたと発表されています。 参加者の中にはこの状況に疑問を持った方がいたようで、Twitterでその悲痛な叫びを公開しておりました。 自身が物理的に無理な要求をしているにも関わらず、 センスがないの一言で一蹴してしまう対応。 どうやらこれが 「カズマックストレーダーズサロン」の現実のようです。 これらは明大中野高について語られるスレッドの一コマ。 「KAZMAX」の出身校を考えると、本人についての可能性は高いと思われます。 だからどうなんだという話にはなりますが、発見してしまったので一応、ご紹介しておきます。 カズマックストレーダーズサロンのまとめ 結局のところ、カズマックスサロンの情報通りに投資をして勝てるのか?については、勝てないだろうと判断しています。 実際に「カズマックストレーダーズサロン」にて、 サロン生を利用して相場操縦をしていたことが暴露されています。 信者のように集まるサロン生の資金で相場を動かし、自分が利益を上げる。 この事実が公表されても「カズマックストレーダーズサロン」を利用する方の心理は理解できませんが、未だ、カズマックスはサロン運営を続けています。 これ以上の被害者を増やさないためにも、 本記事をもって注意喚起をさせていただきました。 仮想通貨業界にはカズマックスサロン以外にも、仮想通貨の急騰を事前予想するサービスはいくつも存在します。 中には1か月で700万円近い利益を上げたサービスも確認しているので、興味のある方は捜査レポートをご覧ください。

次の

カズマックスが薬物で逮捕!峯岸みなみや芸能人との関係は?

カズ マックス

KAZMAXが健全アピール中 度重なる不祥事により業界から干されつつあったKAZMAX カズマックス が、 Twitterの更新とサロンへの勧誘を再開していることが分かりました。 現在も相場状況に関するツイートや予想が当たった、などのツイートを繰り返している模様です。 金融アナリストっぽい振る舞いが増えていることから、健全な投資家になろうと心を入れ替えたように見えたのですが、2020年3月現在も 行政処分を受けた「誤認させてサロン契約させる行為」は続いている模様。 Twitterで相場予想を的中させているように振舞っていますが、監視し続けると発言内容におかしな点がいくつも出てくるので、相変わらずセコイ事やってるみたいです 笑 2020年に入ってからカズマックスを含む仮想通貨系サロン運営者たちの悪質行為が露呈し始めているので、サロンに加入する際は、運営者の素性をよく調べてから判断するようにしましょう。 最近では仮想通貨の値上がりに影響する情報を先取り配信するサービスも登場してきています。 自分が気になる投資サロンや投資案件とどちらが稼げそうなのか?比較してみてください。 合わせて読みたい• トレーダーズサロン内でどのような対応が取られているのか知りませんが、 まともな運営体制ではないとみております。 「カズマックス」が今後、健全な運営を心掛けることを願うばかりです。 カズマックスの不安要素を徹底捜査 Twitterで話題となった金融トレーダー「KAZMAX カズマックス・吉澤和真 」が、満を持して提供を開始したオンラインサロン。 自身のリアルタイムトレードを先出で投稿する他、本人への質疑応答やオンラインセミナーを含む仮想通貨助言サービスを受けることが可能となります。 月額3万円と高額ながら、会員数3000人を超えるなど大盛況の様子だったのですが、DMM側が突如サービスを閉鎖させるなど、雲行きが怪しい状況に。 今回は、 仮想通貨ポリス的「KAZMAX カズマックス サロン」の不安要素を捜査していきます。 この情報商材については、仮想通貨取引所間で発生する価格差を利用したアービトラージを自動で行い、収益を上げるというシステムとなっておりました。 Youtubeでは「KAZMAX カズマックス 」本人がこのシステムについて解説する動画が複数公開されており、 参加者全員にお金をあげると断言している姿が確認できます。 この当時、「KAZMAX カズマックス 」は金融トレーダーとしての知名度も低く、筆者としてはまた怪しい 情報商材に名前を貸したヤカラが表れた程度に考えていました。 しかし、2018年に入りTwitter上で知名度を上げることに成功した「KAZMAX カズマックス 」は、突如として手のひら返しを行います。 下記でご紹介するのは、某雑誌で取材を受けた 「KAZMAX カズマックス 」のインタビュー記事になります。 情報商材については尊敬していた人物から依頼された仕事であり、途中で怪しいと思い辞めたいと話したがダメだったと語る「KAZMAX カズマックス 」。 都合が悪くなれば自分も被害者であるという発言。 そして、この情報商材の 販売企業「フォーカスレンズ合同会社」についても捜査を行うと、現在ことが明らかとなりました。 筆者の見立てとしては、「KAZMAX カズマックス 」を情報商材の広告塔にしたが、その後思った以上に知名度が上がったので別の使い方をしたほうが良いと判断した結果の行動だと考えています。 この状況についてDMMは反社会的勢力との繋がりがあるとの情報提供があったためだと、「KAZMAX カズマックス 」は語っておりました。 反社会的勢力との繋がりについては憶測の域を出ませんので、 真相は不明です。 繋がりどころかサロンの管理者として名を連ねている状態。 発覚後に管理者から削除されている点を考えると、「KAZMAX カズマックス 」側もマズイと判断したのでしょう。 後ろめたい事がないのなら、そのまま続ければいいだけの話ですからね。 「BLITZ」というウェブサイトを介してサービスを提供していることが確認できたのですが、が掲載されている状況から、 このために立ち上げられたwebサイトであることが分かります。 運営会社の名前は「合同会社DNC」という企業であり、記載されていた所在地を確認したところ、以下のマンションが見つかりました。 「KAZMAX 吉澤和真 」自身は2桁億円の資産を稼いでいると自称している人物ですが、なぜこの物件を選んでしまったのか。 時間を見ると 深夜1時や早朝6時、そして昼や夕方など、ひっきりなしにトレードを公開していることが分かります。 このトレード手法を真似るのだと考えると、 時間的に無理があるのは明白ですね。 しかもこれ、1分以内にエントリーした際の想定です。 更に言えば、会員数は3000人を超えたと発表されています。 参加者の中にはこの状況に疑問を持った方がいたようで、Twitterでその悲痛な叫びを公開しておりました。 自身が物理的に無理な要求をしているにも関わらず、 センスがないの一言で一蹴してしまう対応。 どうやらこれが 「カズマックストレーダーズサロン」の現実のようです。 これらは明大中野高について語られるスレッドの一コマ。 「KAZMAX」の出身校を考えると、本人についての可能性は高いと思われます。 だからどうなんだという話にはなりますが、発見してしまったので一応、ご紹介しておきます。 カズマックストレーダーズサロンのまとめ 結局のところ、カズマックスサロンの情報通りに投資をして勝てるのか?については、勝てないだろうと判断しています。 実際に「カズマックストレーダーズサロン」にて、 サロン生を利用して相場操縦をしていたことが暴露されています。 信者のように集まるサロン生の資金で相場を動かし、自分が利益を上げる。 この事実が公表されても「カズマックストレーダーズサロン」を利用する方の心理は理解できませんが、未だ、カズマックスはサロン運営を続けています。 これ以上の被害者を増やさないためにも、 本記事をもって注意喚起をさせていただきました。 仮想通貨業界にはカズマックスサロン以外にも、仮想通貨の急騰を事前予想するサービスはいくつも存在します。 中には1か月で700万円近い利益を上げたサービスも確認しているので、興味のある方は捜査レポートをご覧ください。

次の