石原プロ 解散。 渡哲也が俳優引退へ? 石原プロモーションも閉鎖し石原軍団解散? 理由は高齢化や健康問題か…

「石原プロ」57年の歴史に幕…渡哲也、舘ひろしら独立へ 「軍団」解散に渡「よくやったと思う」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

石原プロ 解散

エンタメ 芸能 週刊新潮 2020年7月23日号掲載 故・石原裕次郎が設立し、個性豊かな「石原軍団」のエピソードに彩られた「石原プロモーション」が、その歴史に幕を下ろそうとしている。 いくつかの関連会社はすでに清算され、来年1月頃の「解散」に向けての準備が進められているという。 *** 石原プロは1963年に設立され、裕次郎自身が社長に就任。 渡哲也や舘ひろしが合流し、所属タレントたちは「石原軍団」と呼ばれるようになったのは知られた通り。 裕次郎亡き後も事務所は存続となったが、これには異論もあったようだ。 石原プロ関係者はこう振り返る。 それでも、これまで女性誌などで幾度も「解散説」が報じられてきたが、今回、それが最終決定されたという。 「会社を完全に閉じるのは来年1月頃の予定。 その際、会見を開くことは今のところ考えていません」(同) そのきっかけの一つになったと目されるのが、昨年の裕次郎の「弔い上げ」だ。 圧倒的魅力がある。 「命の大切さ」について語るシーンは 涙なくしては見れない.

次の

「石原プロ」解散へ 裕次郎の“弔い上げ”機に…関連会社も精算済み(デイリー新潮)

石原プロ 解散

2020. 15 昭和の大スター・石原裕次郎さんが設立した石原プロモーションが、今後、所属俳優のマネジメントを終える方向で調整を行っていることが14日、分かった。 渡哲也(78)、舘ひろし(70)、神田正輝(69)らが所属し「石原軍団」として親しまれてきたが、区切りをつける。 この日、デイリー新潮が、石原プロが関連会社2社を閉め、来年1月をメドに解散に向けた調整を行っていることを報じた。 事務所幹部はデイリースポーツの取材に、関連会社の清算については事実であると認め、同プロモーションの完全な形での解散については否定。 ただし、裕次郎さんの妻で現在、石原プロ取締役会長を務めるまき子夫人(86)が高齢であることなどを挙げ、「いずれ考えなくてはいけない時期には来ている」とし、今後、大幅な縮小を視野に入れていくことを示唆した。 裕次郎さんの音楽版権などがあることから、そうした部門は残し、所属俳優のマネジメント業務は終了するものとみられる。 石原プロは1963年に設立。 「黒部の太陽」など生前の裕次郎さんの主演映画や、人気ドラマ「西部警察」シリーズなど作品制作を多数行い、渡や舘、神田といった俳優のマネジメントも手掛けてきた。 1987年に裕次郎さんが死去したのち、渡が社長に就任。 東日本大震災や熊本地震では、被災地で炊き出しのボランティアを行うなど、おとこ気あふれる行動を見せていた。 昨年、裕次郎さんの命日である7月17日、一般に弔い上げといわれる三十三回忌を迎え、石原プロは、これまで行ってきた墓前法要をひと区切りとすることを明らかにしていた。 その際、まき子夫人は同プロの今後について「いつどういう企画が現れ、世情がどのように変化していくか分からない。 そのとき、必要としてくだされば頑張りたいとみんな思っている」と話していた。 We also get your email address to automatically create an account for you in our website. Once your account is created, you'll be logged-in to this account.

次の

「石原プロ」解散へ 裕次郎の“弔い上げ”機に…関連会社も精算済み │ 毎日まとめる芸能ニュース速報

石原プロ 解散

2020. 15 昭和の大スター・石原裕次郎さんが設立した石原プロモーションが、今後、所属俳優のマネジメントを終える方向で調整を行っていることが14日、分かった。 渡哲也(78)、舘ひろし(70)、神田正輝(69)らが所属し「石原軍団」として親しまれてきたが、区切りをつける。 この日、デイリー新潮が、石原プロが関連会社2社を閉め、来年1月をメドに解散に向けた調整を行っていることを報じた。 事務所幹部はデイリースポーツの取材に、関連会社の清算については事実であると認め、同プロモーションの完全な形での解散については否定。 ただし、裕次郎さんの妻で現在、石原プロ取締役会長を務めるまき子夫人(86)が高齢であることなどを挙げ、「いずれ考えなくてはいけない時期には来ている」とし、今後、大幅な縮小を視野に入れていくことを示唆した。 裕次郎さんの音楽版権などがあることから、そうした部門は残し、所属俳優のマネジメント業務は終了するものとみられる。 石原プロは1963年に設立。 「黒部の太陽」など生前の裕次郎さんの主演映画や、人気ドラマ「西部警察」シリーズなど作品制作を多数行い、渡や舘、神田といった俳優のマネジメントも手掛けてきた。 1987年に裕次郎さんが死去したのち、渡が社長に就任。 東日本大震災や熊本地震では、被災地で炊き出しのボランティアを行うなど、おとこ気あふれる行動を見せていた。 昨年、裕次郎さんの命日である7月17日、一般に弔い上げといわれる三十三回忌を迎え、石原プロは、これまで行ってきた墓前法要をひと区切りとすることを明らかにしていた。 その際、まき子夫人は同プロの今後について「いつどういう企画が現れ、世情がどのように変化していくか分からない。 そのとき、必要としてくだされば頑張りたいとみんな思っている」と話していた。 We also get your email address to automatically create an account for you in our website. Once your account is created, you'll be logged-in to this account.

次の