大人 の 階段 のぼる。 大人の階段のぼる

赤ちゃん 階段の上り下りはいつから?

大人 の 階段 のぼる

まず、「階段を上る」に含まれる「上る」の読み方について見ていきましょう。 「上る」は「のぼる」と「あがる」、二つの読み方ができますが、漢字からすると「のぼる」の方が正しい読みです。 「上」という字は本来、訓読みで「うえ」のほか、「あ」もしくは「のぼ」と読みます。 「あがる」の場合は「がる」が、「のぼる」の場合は「る」が送り仮名です。 したがって、「あがる」と読む場合の正式な表記は「上がる」になります。 「上る」は読み方が曖昧な言葉 「上る」は読みが曖昧な言葉です。 先述のとおり、「あがる」の漢字表記は「上がる」が本来正しいのですが、パソコンで「あがる」を変換すると「上る」という字も一緒に出てきます。 文章を書いていて、正確に「あがる」と読んで欲しい場合は、ひらがなで「あがる」と書くか、「上がる」のように送り仮名を付けたほうが読み手に優しいでしょう。 「階段を上る」と「上がる」はどちらが正しい? 「のぼる」という漢字には「上る」のほか、「登る」と「昇る」が存在します。 階段を使う場合は、「階段を上る」という漢字が一般的です。 ただし、「登る」については、石段や険しい階段の場合は誇張表現として使うことも可能です。 「登る」と「昇る」、それぞれの意味を確認し、正確に使い分けましょう。 「登る」の意味 「登」の字は「高いところに上がる」という意味を持ちます。 「登山」や「登攀」などで使われ、「物の上に上がる」という意味が強い字です。 物の上に上がるには、勢いや力が必要です。 階段は通常、そこまで力を入れずに上ることができるので、「階段を登る」と書くと少々大げさな表現になります。 逆に、階段が長く厳しいものであったり、不安定で進みにくい石段だったりした場合は、敢えて「登る」を使うことも視野に入れていいでしょう。 誇張して表現することで、登った際の大変さを物語ることができます。 「昇る」の意味 「階段を上る」の類語・言い換え表現にはどんなものがあるでしょうか。 まず、階段は移動の手段なので、「階段を使う」「階段を進む」という表現ができます。 たとえば、「階段を使って二階に上がる」「階段を進み屋上に出た」のように使います。 ただし、「階段を使う」と「階段を進む」は、「階段を上る」と違って「上に移動する」という意味は含まれません。 この二つは階段を下るときに使うこともできます。 よって、文脈から上に進んでいることがわかる場合に使うか、「階段を使って二階に上がる」のように到達地点を表記することで分かりやすくなります。 「階段を上に進む」のように方向を示すのも良いでしょう。 急いでいるときは「階段を駆け上る」 急いで階段を上る場合は、「階段を駆け上る」という表現が使えます。 「駆け上る」は「駆ける」と「上る」が組み合わさった語で、「走って上る」状態を表します。 単純に「階段を上る」を使うより、スピード感を出すことができます。 ビジネス文章で使うことは無い表現ですが、小説やエッセイ、日記などで使うと臨場感が出て効果的です。 「階段を上る」の反対語はどれ? 「階段を上る」の正確な反対語・対義語は「階段を下る(くだる)」です。 これは、「上る」の対義語が「下る」のためです。 他に「階段を下りる(おりる)」という言い方があります。 「階段を下りる」 「下りる」は本来「上がる」の対義語です。 「下りる」は「上がる」と同じく、場所を移動した先の地点を強調します。 よって、「一階に下りる」「地下に下りる」「階段から下りる」のような使い方が本来は適切です。 しかし、実際は「階段を下りる」を使う人も多くいます。 「階段を下りる」でも意味は伝わるため、一概に「階段を下りる」が不自然だとは言いがたい傾向にあります。 口語では問題ありませんが、正確な表現を求められる場合は注意してください。 「階段を上る」の敬語表現をご存知でしょうか。 たとえば、お客様や取引先に社内をご案内する際、階段を上って受付に来てほしい旨を伝えたい場合があります。 この場合は、「階段をご利用ください」「階段を上ってお越しください」などの言い換え表現を使うのが自然です。 「階段をお上がりください」は合っている? 「上がる」に「お」を付けて「階段をお上がりください」という言い方は、文法上間違いということはありませんが、敬語としては曖昧で不自然な印象を与えます。 無理に「お」を付けて敬語にするよりは、「階段をご利用ください」のように言い換える方が無難でしょう。 また、「おあがりください」という敬語には別の意味があります。 例を挙げると、食事をするときの「お上がりください(=召し上がれ)」や、家の中に迎え入れるときの「お上がりください(=中に入ってください)」です。 このように、別の敬語の印象が強い場合、階段を上る意味で使うと違和感が発生します。 「お越しください」「おいでください」でもOK 「階段を上る」ことを敬語で表す際、「上る」を敬語にせず、ほかの部分に敬語を使って丁寧さを表現するという方法があります。 たとえば、「階段を上って受付までお越しください」「階段を上って受付までおいでください」は敬語として自然な表現です。 「お越しください」や「おいでください」は来てくださいの尊敬語です。 このように、「階段を上る」を直接敬語にすると不自然に感じる場合は、言い換えを使うのも賢い方法です。 バリエーションを覚えて、迷わず使えるようにしておきましょう。 階段を上るは英語でどう言うの? 一般的に階段を上ることを意味する英語 一般的に階段を上る場合の英語です。 基本的には「go up the stairs」を使います。 「climb up stairs」や「walk up the stairs」でも通じます。 go up the stairs 「go up the stairs」は一般的に階段を使って上に上る場合に使います。 たとえば、「Please go up the stairs. 」で「階段を上ってください」です。 theは省略される場合があります。 対義語は「go down the stairs」です。 「go upstairs」だけでも上の階(二階)に上ることを意味します。 わざわざ「second floor(二階)」ということを伝えなくても、「go upstairs」だけで二階に行くことを表現できます。 別の特定の階に行く場合は、「go to the third floor(=三階に行く)」のように表現します。 climb up stairs 「go up the stairs」以外では「climb up stairs」を使っても良いでしょう。 「climb」はよじ登るという意味で、日本語で表現するなら「階段を登る」ですが、英語の場合は特に厳しい使い分けはありません。 こちらでも違和感なく通じます。 階段を駆け上るを意味する英語 「急いで階段を上る」「階段を駆け上る」という意味を出したい場合は、「hurry up the stairs」や「run up the stairs」を使います。 hurry up the stairs 「hurry up the stairs」は急いで階段を上る時に使います。 「hurry up」は「急いで」という意味です。 「I hurried up the stairs. (=私は急いで階段を駆け上った)」のように使います。 run up the stairs 「run up the stairs」でも階段を駆け上ることを表現できます。 runは走ることを表します。 普通に歩いて階段を上る場合は「walk up stairs」という言い方があるので、それに対応する語です。 違和感のない日本語を使おう.

次の

赤ちゃん 階段の上り下りはいつから?

大人 の 階段 のぼる

子どもの体の成長に伴い、学校生活の間に何度か、上履きの買い替えをします。 今まで同じサイズを1年くらいは履けたのに、ある日突然、同じ上履きを使う期間が縮まっていることも! 短期間で足のサイズが大きくなるので、上履きだけでなく、運動靴や体育館履きも一緒に買い替えることになり、一度の出費が多くなることも……。 子どもの靴や上履きの買い替えのサイクルが早くなると、「大人の階段」をのぼるサインです。 高めの声から低めの声へと変化する時期です。 変声期には、前兆があります。 ・元気なのに声が風邪っぽく、ガラガラでしゃがれている ・のどを痛がる様子が見受けられる ・合唱コンクールやカラオケで歌いにくそうな表情をしている ・電話をしたら、今までのハイトーンな声とかけ離れていて、夫と話しているようだった 変声期の様子が、のどの風邪の症状と似ているので、息子を病院へ通わせて薬を処方してもらったけれど違った……というエピソードを持つママもいるそうです。 多くのママは、息子の成長に喜びを感じているものの、続かない親子の会話でさみしさを感じ、複雑な心境になるそうです。 親子の会話が続かない状態に関しては、ずっと続くわけではありません。 「通過点」と割り切り、対応していきたいですね。 家族団らんの輪に入ろうとせず、家では孤独を好む男子もいるそうです。 この時期の男子は、親たちにも邪魔されない「自分の世界」を徐々に築き上げています。 息子が怪しいものや危険なものにハマらぬよう、しばらくは様子を観察しましょう。 ここでママが余計な一言を息子へ発すると、親子関係がギクシャクする可能性もあります。 息子へ話したいことや言いたいことはあるかと思いますが、あまり口出しをせず、様子を観察するのが肝心です。 とはいえ、息子の様子が何だか変だと感じたら、ケースバイケースでサポートしましょう。 10代前半から半ばまでの男子は、体の著しい成長・声変わり・親たちへの反抗などを経て、「大人の階段」をのぼります。 息子の変化も、広い心で構えて受け入れると、きっと親子関係も良い方向へ導かれていくでしょう。

次の

大人の階段のぼる私はシンデレラになれるだろうか(笑)

大人 の 階段 のぼる

まず、「階段を上る」に含まれる「上る」の読み方について見ていきましょう。 「上る」は「のぼる」と「あがる」、二つの読み方ができますが、漢字からすると「のぼる」の方が正しい読みです。 「上」という字は本来、訓読みで「うえ」のほか、「あ」もしくは「のぼ」と読みます。 「あがる」の場合は「がる」が、「のぼる」の場合は「る」が送り仮名です。 したがって、「あがる」と読む場合の正式な表記は「上がる」になります。 「上る」は読み方が曖昧な言葉 「上る」は読みが曖昧な言葉です。 先述のとおり、「あがる」の漢字表記は「上がる」が本来正しいのですが、パソコンで「あがる」を変換すると「上る」という字も一緒に出てきます。 文章を書いていて、正確に「あがる」と読んで欲しい場合は、ひらがなで「あがる」と書くか、「上がる」のように送り仮名を付けたほうが読み手に優しいでしょう。 「階段を上る」と「上がる」はどちらが正しい? 「のぼる」という漢字には「上る」のほか、「登る」と「昇る」が存在します。 階段を使う場合は、「階段を上る」という漢字が一般的です。 ただし、「登る」については、石段や険しい階段の場合は誇張表現として使うことも可能です。 「登る」と「昇る」、それぞれの意味を確認し、正確に使い分けましょう。 「登る」の意味 「登」の字は「高いところに上がる」という意味を持ちます。 「登山」や「登攀」などで使われ、「物の上に上がる」という意味が強い字です。 物の上に上がるには、勢いや力が必要です。 階段は通常、そこまで力を入れずに上ることができるので、「階段を登る」と書くと少々大げさな表現になります。 逆に、階段が長く厳しいものであったり、不安定で進みにくい石段だったりした場合は、敢えて「登る」を使うことも視野に入れていいでしょう。 誇張して表現することで、登った際の大変さを物語ることができます。 「昇る」の意味 「階段を上る」の類語・言い換え表現にはどんなものがあるでしょうか。 まず、階段は移動の手段なので、「階段を使う」「階段を進む」という表現ができます。 たとえば、「階段を使って二階に上がる」「階段を進み屋上に出た」のように使います。 ただし、「階段を使う」と「階段を進む」は、「階段を上る」と違って「上に移動する」という意味は含まれません。 この二つは階段を下るときに使うこともできます。 よって、文脈から上に進んでいることがわかる場合に使うか、「階段を使って二階に上がる」のように到達地点を表記することで分かりやすくなります。 「階段を上に進む」のように方向を示すのも良いでしょう。 急いでいるときは「階段を駆け上る」 急いで階段を上る場合は、「階段を駆け上る」という表現が使えます。 「駆け上る」は「駆ける」と「上る」が組み合わさった語で、「走って上る」状態を表します。 単純に「階段を上る」を使うより、スピード感を出すことができます。 ビジネス文章で使うことは無い表現ですが、小説やエッセイ、日記などで使うと臨場感が出て効果的です。 「階段を上る」の反対語はどれ? 「階段を上る」の正確な反対語・対義語は「階段を下る(くだる)」です。 これは、「上る」の対義語が「下る」のためです。 他に「階段を下りる(おりる)」という言い方があります。 「階段を下りる」 「下りる」は本来「上がる」の対義語です。 「下りる」は「上がる」と同じく、場所を移動した先の地点を強調します。 よって、「一階に下りる」「地下に下りる」「階段から下りる」のような使い方が本来は適切です。 しかし、実際は「階段を下りる」を使う人も多くいます。 「階段を下りる」でも意味は伝わるため、一概に「階段を下りる」が不自然だとは言いがたい傾向にあります。 口語では問題ありませんが、正確な表現を求められる場合は注意してください。 「階段を上る」の敬語表現をご存知でしょうか。 たとえば、お客様や取引先に社内をご案内する際、階段を上って受付に来てほしい旨を伝えたい場合があります。 この場合は、「階段をご利用ください」「階段を上ってお越しください」などの言い換え表現を使うのが自然です。 「階段をお上がりください」は合っている? 「上がる」に「お」を付けて「階段をお上がりください」という言い方は、文法上間違いということはありませんが、敬語としては曖昧で不自然な印象を与えます。 無理に「お」を付けて敬語にするよりは、「階段をご利用ください」のように言い換える方が無難でしょう。 また、「おあがりください」という敬語には別の意味があります。 例を挙げると、食事をするときの「お上がりください(=召し上がれ)」や、家の中に迎え入れるときの「お上がりください(=中に入ってください)」です。 このように、別の敬語の印象が強い場合、階段を上る意味で使うと違和感が発生します。 「お越しください」「おいでください」でもOK 「階段を上る」ことを敬語で表す際、「上る」を敬語にせず、ほかの部分に敬語を使って丁寧さを表現するという方法があります。 たとえば、「階段を上って受付までお越しください」「階段を上って受付までおいでください」は敬語として自然な表現です。 「お越しください」や「おいでください」は来てくださいの尊敬語です。 このように、「階段を上る」を直接敬語にすると不自然に感じる場合は、言い換えを使うのも賢い方法です。 バリエーションを覚えて、迷わず使えるようにしておきましょう。 階段を上るは英語でどう言うの? 一般的に階段を上ることを意味する英語 一般的に階段を上る場合の英語です。 基本的には「go up the stairs」を使います。 「climb up stairs」や「walk up the stairs」でも通じます。 go up the stairs 「go up the stairs」は一般的に階段を使って上に上る場合に使います。 たとえば、「Please go up the stairs. 」で「階段を上ってください」です。 theは省略される場合があります。 対義語は「go down the stairs」です。 「go upstairs」だけでも上の階(二階)に上ることを意味します。 わざわざ「second floor(二階)」ということを伝えなくても、「go upstairs」だけで二階に行くことを表現できます。 別の特定の階に行く場合は、「go to the third floor(=三階に行く)」のように表現します。 climb up stairs 「go up the stairs」以外では「climb up stairs」を使っても良いでしょう。 「climb」はよじ登るという意味で、日本語で表現するなら「階段を登る」ですが、英語の場合は特に厳しい使い分けはありません。 こちらでも違和感なく通じます。 階段を駆け上るを意味する英語 「急いで階段を上る」「階段を駆け上る」という意味を出したい場合は、「hurry up the stairs」や「run up the stairs」を使います。 hurry up the stairs 「hurry up the stairs」は急いで階段を上る時に使います。 「hurry up」は「急いで」という意味です。 「I hurried up the stairs. (=私は急いで階段を駆け上った)」のように使います。 run up the stairs 「run up the stairs」でも階段を駆け上ることを表現できます。 runは走ることを表します。 普通に歩いて階段を上る場合は「walk up stairs」という言い方があるので、それに対応する語です。 違和感のない日本語を使おう.

次の