エキュ メノ ポリス。 エキュメポリス

メガロポリス

エキュ メノ ポリス

用語 [編集 ] 今日の「世界都市」に当たる言葉の淵源・由来やその歴史的意味合いについては色々な説があり、概念史の整理はまだついているとはいえない。 で、「メガロポリス」の著者でもあるは、世界都市というのは文豪が1787年に、の歴史的な文化的卓越性をもった都市としての性質を表現するためにつくった、「Weltstadt」(ドイツ語での世界都市)という言葉にその源を発すると述べている。 一方、の地理学者であった ピーター・ホール ()は「世界都市」を著し、の地域計画家が「進化する都市」(1915年)という本の中で、「世界で最も重要なビジネスの極めて大きな部分が集積しておこなわれる大都市」のことを「世界都市」 と命名したと述べ、この言葉の由来をゲデスに求めている。 1991年、教授のは、著書「グローバル都市-ニューヨーク、ロンドン、東京」において、初めて「グローバル都市」 という表現を用いた。 定義 [編集 ] 多国籍企業とグローバル・マネーの形成が本格化した1970年代、国際的な企業・法人本部とそれを支える活動の複合体を擁する都市を「世界都市」と定義し、こうした都市の育成をはかる議論が始まった。 1986年、教授の ジョン・フリードマン ()は「世界都市仮説」を著し、世界都市を定義した。 フリードマンの主要な世界都市の定義は以下の通りである。 資本主義の世界システムの中で、法人の拠点、金融センター、グローバル・システムや地域・国民経済の結節点としてその機能を果たす都市。 多国籍企業がその基地として立地し利用するため、複雑な国際的・空間的階層の中に位置付けられる都市。 グローバルな管理機能の集積を反映して、法人の中枢部門、国際的な金融・輸送・通信・広告・保険・法務などの高次ビジネス・サービスなどが成長する都市。 フリードマンは多国籍企業の本社部門の所在それ自体を重くみる世界都市論を展開していたが、サッセンは「1960年代、1970年代に比べて都市の経済力を測定する尺度としては十分なものではなくなっている」と述べ、今や金融、高次法人サービスなどの活動こそが国際都市ヒエラルキーを左右し、世界都市を形成する要因として重要性をもつものと説明した。 経済活動の地球的な規模での分散が同時に地球規模の統合、コントロール機能の形成を促しており、こうしたセンター機能が集積する少数の都市(、、など)こそグローバル都市だとした。 2017年、アメリカのシンクタンクであり、世界都市研究に深く関与し続けてきた シカゴ国際問題評議会 ()は、「何がグローバル都市を作るのか?」 という題名でグローバル都市の定義や傾向を定めた。 主な内容な以下の通りである。 世界経済をリードしている。 都市規模が大きい傾向にあるが、それだけでは十分ではない。 国内の若者なども含む、世界の人々を惹きつける魅力がある。 大学など高等教育が発展しており、子供や労働者にも充実した教育環境を提供している。 外国人の人口が多い。 移民を惹きつける仕事があり、その情熱、気迫が都市のバイタリティーを高めている。 文化的な中心地である。 博物館、劇場、レストラン、スポーツ、ナイトライフなどが充実している。 デスティネーション、いわば目的地であり、観光客にとって魅力的である。 政治的影響力があることは有利な条件である。 首都ではないグローバル都市も領事館、シンクタンク、国際会議などを有する。 国際的なハブであり、グローバルな連結性が高い。 都市圏にメジャーな国際空港がある。 グローバル都市に必要な先見の明のある指導者がいる。 生活の質が高い。 公共交通機関、クリーンな生活環境、治安の良さ、ヘルスケア、地方政府の効率性などが発展している。 オープンである。 移民、デジタルコミュニケーション、トレードの制限などが少ない。 報道の自由度が高い。 特徴 [編集 ] 経済的特徴 [編集 ]• ビジネス活動が盛んであり、都市の経済規模が大きい(東京は都市の経済規模が世界最大であり、2位のニューヨークも巨大な経済圏を形成している )。 国際的に活動している法人本社部門とその活動を支える金融、保険、通信、証券、不動産、法務、会計、広告、コンサルティングなどの高次法人サービス、それにレストラン、出版・印刷、専門店、ファッション、ホテル、観光、教育、芸術などの補助サービスが集積している。 多国籍企業の本社など、世界経済に影響を及ぼす組織の中枢が所在する(2016年時点で世界の500大企業の中で最も本社数が多い都市は北京であり、2位は東京である )。 証券取引所、銀行、保険会社などが集積し、高度に発達した金融センターを形成している(世界を代表する金融センターとしてロンドン、ニューヨーク、シンガポール、香港、東京が挙げられる )。 労働人口における高学歴者の割合が高く、企業や市場にサービスを提供する専門サービス業や知的産業が発展している。 政治的特徴 [編集 ]• 都市の世界的な認知度が高い(例えば、パリは「フランスのパリ」と国名を補足しなくてもそれが何かが自明であり、やなど有名ながある)。 外国人の訪問者数が多い(2016年の統計によると、世界で最も外国人の訪問者数が多いのはであり、2位はロンドンである )。 世界的に有名な学府や文化施設を擁する(例えば、ロンドンのや、ニューヨークのコロンビア大学やなどが挙げられる)。 世界的に有名で世界情勢に多大な影響力をもつ通信社やマスメディアが本拠を置く(例えば、ニューヨークのや、ロンドンのや、パリのなどが挙げられる)。 など、都市の内部に複数の移民コミュニティーや異文化圏が存在することが多い。 また、国際都市として大規模なビジネスを引き付けることから、その土地本来の文化とは別に異邦人文化も形成される傾向もある。 アートシーンをリードする様々な媒体や受け皿となる施設がある(例えば、ニューヨークの(演劇・ミュージカル)、(オペラ、バレエ、音楽)、(美術館)、七番街(ファッション)、マディソン街(広告)などが挙げられる)。 幅広いスポーツコミュニティが存在し、メジャースポーツチームが本拠を置く(例えば、ニューヨークのや(プロ野球チーム)、ロンドンのや(プロサッカーチーム)などが挙げられる)。 また、、、、などの国際スポーツイベントを開催可能な、あるいは過去に開催した実績のある施設が存在する。 社会基盤の特徴 [編集 ]• 公共交通機関や高速道路網が整備され、多種多様な交通手段をもつ。 複数の航空会社がとしている大規模な国際空港がある(2015年において国際線の利用者数が世界で最も多い空港はである )。 多国籍企業の運営には不可欠な、先端技術を用いた高速通信の都市基盤設備が整備されている(例えば、光ファイバーケーブル網、セリュラーネットワーク、インターネットアクセスなどが挙げられる)。 住居コストが高い 2016年の調査報告によると、シンガポールが世界で最も生活コストのかかる都市である。 富豪、富裕層が多く、社会格差が大きい(2016年時点で、個人資産10億ドル以上の富裕層が最も多い都市はニューヨークであり、2位は香港である )。 対照的な概念 [編集 ] 詳細は「」を参照 世界都市と対照的な都市概念として、主に人口に基づいた都市規模の大きさを示す(巨大都市)がある。 国連の統計によると、2018年現在で世界最大の都市は東京である。 は、世界で唯一人口3500万人を超えている大都市圏であり 、経済規模も世界最大である。 ニューヨークも人口2000万人前後を抱える世界有数の都市圏を形成しており、東京と共に世界都市とメガシティの両性を強く兼ね備えた都市である。 一方、同じく代表的な世界都市に挙げられるロンドンやパリは、都市圏人口においてとほぼ同水準であるなど 、世界トップクラスのメガシティとは言い難い。 サスキア・サッセンが「多くの世界都市はメガシティではない」と述べているように、例えばやは都市圏人口が100万人にも満たない非メガシティであるが、世界都市としては高い評価を得ている。 1970-1990年代 [編集 ] 1970年代から1980年代の世界都市形成は、次第に金融主導型のそれに傾斜し、金融マネーのの所産という性格が、多分に強くなったと考えられる。 衛星通信やコンピュータ通信の飛躍的発展によって、世界の金融センターを結ぶ24時間取引や多国籍産業のグローバル・マネージメントが可能になったことも要因だと考えられる。 こうして国際情報を集積し、ボーダレス・マネーを動かして世界経済をコントロールする国際金融センターが現れ、世界的な都市ヒエラルキーの頂点に立った。 1990年頃には、ロンドン・ニューヨーク・東京が「三大世界都市」と呼ばれ、グローバル経済と世界都市システムの頂点に姿を現していた。 ロンドンやニューヨークはと世界的な経済センターとしての位置を強化し、高次ビジネス・サービスに経済の重点を移したのである。 世界経済はますます金融に傾斜し、世界的な金融市場の拡大は国際金融と関連したビジネス・サービスの収益性を高めた。 ロンドンやニューヨークは、これらの国際的な金融、ビジネス・サービスと文化、人の移動、ものの輸送、デザイン、通信などの中心として生まれ変わることで「世界都市」と呼ばれるようになったのである。 一方、東京はロンドンやニューヨークとは経済構造が異なり、大都市圏としてみてみると金融やサービスはいうに及ばず、ハイテク、卸売業から都市型工業にいたるまで集積した、フルセット型の産業構造であり、いわばオールマイティーな経済機能をもつ都市として世界都市形成を行った。 2001年にが公表した報告書「ロンドン・プラン」においても、ロンドン・ニューヨーク・東京の3都市を「本物の世界都市」と定義しており、世界都市としての三強時代が続いていた。 トップクラスの世界都市 [編集 ] ロンドン [編集 ] 「」も参照 時点での主要な研究調査において世界最高の世界都市に位置付けられることが多い。 世界における金融、文化、交通、教育、メディア、娯楽、観光などの中心的都市の一つである。 世界最高の金融センターとされ 、の取引額はが世界一であり 、その中心は首都ロンドンである。 世界で最も外国人の訪れる都市の一つであり、は世界最大級のである。 ロンドンで2番目に大きいも国際線の年間利用者数でニューヨークのを上回る。 外国出身者の人口は時点で約300万人であり 、多種多様な民族が混在して暮らしている。 やなど数々の世界遺産を有し、など著名な文化施設も多い。 特に文化的な交流の面で強く、は世界的なであり、メディア大手のやはが事実上の世界共通語であることからも国際的な影響力を有する。 の調査では、個人資産が3000万ドル以上の超富裕層が世界で最も重要とする都市である。 一方で、2020年にイギリスが離脱したことにより、世界都市としての地位の低下も懸念されている。 ニューヨーク [編集 ] 「」も参照 伝統的にアジアを代表する世界都市とされ、経済的な評価は相対的に低下傾向にあるものの 、政治や文化を含めた総合的な評価はアジアで最高位に位置づけられる。 世界第3位の経済大国並びに加盟国の首都である。 の政治や経済の本部機能が一極集積しており、ニューヨークを上回る世界最大の経済規模のを形成している。 アメリカの大手旅行誌に2年連続で「世界で最も魅力のある都市」に選出されるなど、観光面でも高い評価を得ている。 また、世界主要60都市の中で「最も安全な都市」との評価も受けている。 また東京は、に次いで大企業の本社が多い都市とされる。 なお日本の森記念財団は、美術館・博物館や高級ホテルの数において東京は出遅れており、日本の国家的な事情として所得税率の高さや外国人が起業しにくい制度、英語人材の少なさ、女性参画の遅れなどが評価の足を引っ張っているとの分析を示している。 香港 [編集 ] 「」も参照 アジアを代表する世界都市の一つである。 経済面での評価においては既に世界トップクラスと言える。 地域における金融、交通、教育、メディアなどの中心的な役割を持つ。 ロンドン、ニューヨークに次ぐ世界3位のとの評価を受けており 、やなど多くの世界的金融機関がアジア太平洋地域における統括拠点としている。 はアジア屈指の大学であり、は世界屈指のハブ空港である。 23年連続で世界で最も経済や貿易の自由度が高い都市との評価を受けており 、の調査では、個人資産が10億ドル以上の大富豪がニューヨークに次いで、世界で2番目に多い都市である。 一方、香港には政治リスクがあり、投資の減少や資産の流出によりその地位が危ぶまれている。 シンガポール [編集 ] 「」も参照 アジアを代表する世界都市の一つである。 外国為替市場の取引額でを上回るなど 、世界的な金融センターに成長している。 人口が多く、中央値の世帯収入も高水準である。 やはアジア最高水準の大学との評価を受けるなど 、高水準の機関が所在する。 は2017年に世界最高の空港に選出されている。 世界有数のであり、やは代表的なランドマークである。 高等教育を受けた人材や英語話者が比較的多く、税制の効率性やビジネスのしやすさなどが高いことから 、多くのはアジア太平洋の地域統轄拠点としている。 各地域の世界都市 [編集 ] アジア [編集 ] 東アジア 東アジアには都市規模が比較的大きい有力な世界都市が多数存在する。 中でも、とが代表的な世界都市として挙げられる。 は日本の政治・経済・情報の中枢であるだけでなくアジア太平洋地域のヘッドクォーターが集積し、東アジアを代表する世界都市である。 香港は巨大な金融センターであり、圏と圏の結節点で、世界トップクラスの経済競争力を持つ都市である。 ではの他にやが世界的に大きな影響を持つ世界都市として挙げられる。 ではとが代表的である。 その他にの大都市であるやは巨大な人口を抱えるハイテク工業都市で、経済面に特化した指標では高い評価を受けている。 では政治や経済の中心都市であるや同国最大のであり第二都市であるが挙げられる。 のは東京と同様に首都圏一極集中が進む同国の政治・経済などの中心都市であり、世界都市としても上位に位置付けられている。 研究調査 [編集 ] グローバル都市指標 [編集 ] アメリカの世界的な会社は2019年、第9回目となるグローバル都市指標 のレポートを公表した。 2008年から開始されたこのランキングは、グローバル都市研究の第一人者であるコロンビア大学教授のサスキア・サッセンや世界都市研究で有名なGaWC ディレクターのピーター・テイラーが同レポートで見解を示すなど、代表的な世界都市指標の一つになっている。 調査結果によると、ニューヨークが世界最高であり、ロンドン、パリ、東京、香港が続いた。 上位10都市は以下の通りである。 順位 都市 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 世界の都市総合力ランキング [編集 ] 森記念財団都市戦略研究所(森ビル)は、2008年に「世界の都市総合力ランキング」(GPCI )の発表を開始して以来、毎年そのランキングを更新している。 最高顧問にユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン元教授で「世界都市」を著したピーター・ホール、委員にグローバル都市研究の第一人者であるコロンビア大学教授のサスキア・サッセンなど世界的な有力者によって作成・監修されている。 最新の2018年版では、世界を代表する主要44都市を選定し、都市の力を表す6分野(「経済」「研究・開発」「文化・交流」「居住」「環境」「交通・アクセス」)における70の指標に基づいて評価を行った。 総合順位の首位は7年連続でロンドンであった。 分野別では「経済」及び「研究・開発」でニューヨーク、「文化・交流」でロンドン、「居住」でベルリン、「環境」でストックホルム、「交通・アクセス」でパリがそれぞれ首位になった。 総合順位の上位10都市は以下の通りである。 順位 都市 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 JLL [編集 ] アメリカの総合不動産大手の JLL ()は2017年、The Business of Cities(ザ・ビジネス・オブ・シティーズ)と共著で世界都市ランキングを発表した。 世界300以上の最先端の都市比較インデックスの中から網羅性、安定性、認知度に基づき選出された44の都市比較インデックスを7項目(企業のプレゼンス、機能、、基盤、、専門性と、) において分析し、都市の現状や発展のレベルなどを総合的に評価した。 世界で最もグローバル化が進み、競争力のある経済があり、、、有能な人材が集中している都市を「確立された世界都市」 として最上層のヒエラルキーに位置付けた。 ロンドン(1位)、ニューヨーク(2位)、パリ(3位)、シンガポール(4位)、東京(5位)、香港(6位)が上位6都市となっており、これに今回新たにソウル(7位)が加わり、世界最高水準のグローバル都市「ビッグ7」を形成している。 特にロンドンとニューヨークが世界のグローバル都市を牽引し、企業の存在感、人材を惹きつける魅力、投資総額、文化や価値観で主導的な地位を維持している。 また、ロサンゼルスを筆頭に「ビッグ7」に続く第2グループの10都市も特定した。 2017年版において「確立された世界都市」に特定された17都市は以下の通りである。 格付け 都市 トップグループ• 第2グループ• GaWC [編集 ] 「グローバリゼーションと世界都市研究ネットワーク」 GaWC は、イギリスのの地理学部がベースとなって行われている有力な世界都市研究グループの一つである。 世界都市の評価基準はビジネス分野にほぼ特化しており、会計、広告、、経営コンサルタント、金融など特定の高度サービス企業のオフィスの立地、充実度、都市間におけるグローバルな連結性などである。 1998年に最初の格付けを行い、最高峰の世界都市としてロンドン、ニューヨーク、パリ及び東京を選定した。 グローバルシティズ・イニシアチブ [編集 ] は2016年、独自の定義により世界都市を7つのカテゴリに分けて評価した研究を発表した。 その中でも裕福かつ巨大な大都市圏を形成し、金融と大企業の本社機能のハブでもあり、国際的な資本と才能の集まる結節点になっている先進国の都市をグローバルジャイアントと定義した。 グローバルジャイアントとして評価されている都市は以下の通りである。 脚注 [編集 ] []• : world city• : global city• 明治大学 市川ゼミナール 2017年10月28日閲覧。 加茂利男『世界都市』 12頁 有斐閣• 加茂利男『世界都市』 17-18頁 有斐閣• 加茂利男『世界都市』 17頁 有斐閣• : What Makes a Global City? The Chicago Council on Global Affairs、2017年10月15日閲覧。 2016年10月18日閲覧。 Mastercard. com 2016年10月18日閲覧。 CNN 2016年11月2日閲覧。 加茂利男『世界都市』15頁 有斐閣• emirates247 2016年11月3日閲覧。 com. 2016年3月公表• 2018年5月19日閲覧。 加茂利男『世界都市』 61頁 有斐閣• 加茂利男『世界都市』138頁 有斐閣• 加茂利男『世界都市』 99-100頁 有斐閣• The Migration Observatory 2016年11月14日閲覧。 Knight Frank 2016年11月14日閲覧。 The Telegraph 2016年11月14日閲覧。 www. lboro. 2020年4月29日閲覧。 日本政府観光局 2017年10月28日閲覧。 The Economist 2017年10月28日閲覧。 www. senryaku. metro. tokyo. 2020年4月29日閲覧。 健美家. 2020年4月29日閲覧。 日本経済新聞 電子版. 2020年4月29日閲覧。 2020年4月29日閲覧。 2015年11月14日閲覧。 Global Cities Initiative 2016年10月30日閲覧。 出島、海外ビジネス最前線 2017年10月28日閲覧。 www. afpbb. com. 2020年4月29日閲覧。 Department of Statistics Singapore 2016年11月14日閲覧。 QS World University Rankings 2017年10月28日閲覧。 World Airport Awards 2017年10月28日閲覧。 World Bank 2016年11月14日閲覧。 www. longfinance. net. 2020年4月28日閲覧。 : Global Cities Index• : Globalization and World Cities Research Network• : Global Power City Index• JLL 2017年10月14日閲覧。 : Established World Cities• JLL 2017年10月14日閲覧。 GaWC 2016年10月30日閲覧。 GaWC 2016年10月30日閲覧。 GaWC 2016年10月30日閲覧。 Brookings. 2019年11月30日閲覧。 関連項目 [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

SMショップ エピキュリアン 総合販売メニュー

エキュ メノ ポリス

用語 [編集 ] 今日の「世界都市」に当たる言葉の淵源・由来やその歴史的意味合いについては色々な説があり、概念史の整理はまだついているとはいえない。 で、「メガロポリス」の著者でもあるは、世界都市というのは文豪が1787年に、の歴史的な文化的卓越性をもった都市としての性質を表現するためにつくった、「Weltstadt」(ドイツ語での世界都市)という言葉にその源を発すると述べている。 一方、の地理学者であった ピーター・ホール ()は「世界都市」を著し、の地域計画家が「進化する都市」(1915年)という本の中で、「世界で最も重要なビジネスの極めて大きな部分が集積しておこなわれる大都市」のことを「世界都市」 と命名したと述べ、この言葉の由来をゲデスに求めている。 1991年、教授のは、著書「グローバル都市-ニューヨーク、ロンドン、東京」において、初めて「グローバル都市」 という表現を用いた。 定義 [編集 ] 多国籍企業とグローバル・マネーの形成が本格化した1970年代、国際的な企業・法人本部とそれを支える活動の複合体を擁する都市を「世界都市」と定義し、こうした都市の育成をはかる議論が始まった。 1986年、教授の ジョン・フリードマン ()は「世界都市仮説」を著し、世界都市を定義した。 フリードマンの主要な世界都市の定義は以下の通りである。 資本主義の世界システムの中で、法人の拠点、金融センター、グローバル・システムや地域・国民経済の結節点としてその機能を果たす都市。 多国籍企業がその基地として立地し利用するため、複雑な国際的・空間的階層の中に位置付けられる都市。 グローバルな管理機能の集積を反映して、法人の中枢部門、国際的な金融・輸送・通信・広告・保険・法務などの高次ビジネス・サービスなどが成長する都市。 フリードマンは多国籍企業の本社部門の所在それ自体を重くみる世界都市論を展開していたが、サッセンは「1960年代、1970年代に比べて都市の経済力を測定する尺度としては十分なものではなくなっている」と述べ、今や金融、高次法人サービスなどの活動こそが国際都市ヒエラルキーを左右し、世界都市を形成する要因として重要性をもつものと説明した。 経済活動の地球的な規模での分散が同時に地球規模の統合、コントロール機能の形成を促しており、こうしたセンター機能が集積する少数の都市(、、など)こそグローバル都市だとした。 2017年、アメリカのシンクタンクであり、世界都市研究に深く関与し続けてきた シカゴ国際問題評議会 ()は、「何がグローバル都市を作るのか?」 という題名でグローバル都市の定義や傾向を定めた。 主な内容な以下の通りである。 世界経済をリードしている。 都市規模が大きい傾向にあるが、それだけでは十分ではない。 国内の若者なども含む、世界の人々を惹きつける魅力がある。 大学など高等教育が発展しており、子供や労働者にも充実した教育環境を提供している。 外国人の人口が多い。 移民を惹きつける仕事があり、その情熱、気迫が都市のバイタリティーを高めている。 文化的な中心地である。 博物館、劇場、レストラン、スポーツ、ナイトライフなどが充実している。 デスティネーション、いわば目的地であり、観光客にとって魅力的である。 政治的影響力があることは有利な条件である。 首都ではないグローバル都市も領事館、シンクタンク、国際会議などを有する。 国際的なハブであり、グローバルな連結性が高い。 都市圏にメジャーな国際空港がある。 グローバル都市に必要な先見の明のある指導者がいる。 生活の質が高い。 公共交通機関、クリーンな生活環境、治安の良さ、ヘルスケア、地方政府の効率性などが発展している。 オープンである。 移民、デジタルコミュニケーション、トレードの制限などが少ない。 報道の自由度が高い。 特徴 [編集 ] 経済的特徴 [編集 ]• ビジネス活動が盛んであり、都市の経済規模が大きい(東京は都市の経済規模が世界最大であり、2位のニューヨークも巨大な経済圏を形成している )。 国際的に活動している法人本社部門とその活動を支える金融、保険、通信、証券、不動産、法務、会計、広告、コンサルティングなどの高次法人サービス、それにレストラン、出版・印刷、専門店、ファッション、ホテル、観光、教育、芸術などの補助サービスが集積している。 多国籍企業の本社など、世界経済に影響を及ぼす組織の中枢が所在する(2016年時点で世界の500大企業の中で最も本社数が多い都市は北京であり、2位は東京である )。 証券取引所、銀行、保険会社などが集積し、高度に発達した金融センターを形成している(世界を代表する金融センターとしてロンドン、ニューヨーク、シンガポール、香港、東京が挙げられる )。 労働人口における高学歴者の割合が高く、企業や市場にサービスを提供する専門サービス業や知的産業が発展している。 政治的特徴 [編集 ]• 都市の世界的な認知度が高い(例えば、パリは「フランスのパリ」と国名を補足しなくてもそれが何かが自明であり、やなど有名ながある)。 外国人の訪問者数が多い(2016年の統計によると、世界で最も外国人の訪問者数が多いのはであり、2位はロンドンである )。 世界的に有名な学府や文化施設を擁する(例えば、ロンドンのや、ニューヨークのコロンビア大学やなどが挙げられる)。 世界的に有名で世界情勢に多大な影響力をもつ通信社やマスメディアが本拠を置く(例えば、ニューヨークのや、ロンドンのや、パリのなどが挙げられる)。 など、都市の内部に複数の移民コミュニティーや異文化圏が存在することが多い。 また、国際都市として大規模なビジネスを引き付けることから、その土地本来の文化とは別に異邦人文化も形成される傾向もある。 アートシーンをリードする様々な媒体や受け皿となる施設がある(例えば、ニューヨークの(演劇・ミュージカル)、(オペラ、バレエ、音楽)、(美術館)、七番街(ファッション)、マディソン街(広告)などが挙げられる)。 幅広いスポーツコミュニティが存在し、メジャースポーツチームが本拠を置く(例えば、ニューヨークのや(プロ野球チーム)、ロンドンのや(プロサッカーチーム)などが挙げられる)。 また、、、、などの国際スポーツイベントを開催可能な、あるいは過去に開催した実績のある施設が存在する。 社会基盤の特徴 [編集 ]• 公共交通機関や高速道路網が整備され、多種多様な交通手段をもつ。 複数の航空会社がとしている大規模な国際空港がある(2015年において国際線の利用者数が世界で最も多い空港はである )。 多国籍企業の運営には不可欠な、先端技術を用いた高速通信の都市基盤設備が整備されている(例えば、光ファイバーケーブル網、セリュラーネットワーク、インターネットアクセスなどが挙げられる)。 住居コストが高い 2016年の調査報告によると、シンガポールが世界で最も生活コストのかかる都市である。 富豪、富裕層が多く、社会格差が大きい(2016年時点で、個人資産10億ドル以上の富裕層が最も多い都市はニューヨークであり、2位は香港である )。 対照的な概念 [編集 ] 詳細は「」を参照 世界都市と対照的な都市概念として、主に人口に基づいた都市規模の大きさを示す(巨大都市)がある。 国連の統計によると、2018年現在で世界最大の都市は東京である。 は、世界で唯一人口3500万人を超えている大都市圏であり 、経済規模も世界最大である。 ニューヨークも人口2000万人前後を抱える世界有数の都市圏を形成しており、東京と共に世界都市とメガシティの両性を強く兼ね備えた都市である。 一方、同じく代表的な世界都市に挙げられるロンドンやパリは、都市圏人口においてとほぼ同水準であるなど 、世界トップクラスのメガシティとは言い難い。 サスキア・サッセンが「多くの世界都市はメガシティではない」と述べているように、例えばやは都市圏人口が100万人にも満たない非メガシティであるが、世界都市としては高い評価を得ている。 1970-1990年代 [編集 ] 1970年代から1980年代の世界都市形成は、次第に金融主導型のそれに傾斜し、金融マネーのの所産という性格が、多分に強くなったと考えられる。 衛星通信やコンピュータ通信の飛躍的発展によって、世界の金融センターを結ぶ24時間取引や多国籍産業のグローバル・マネージメントが可能になったことも要因だと考えられる。 こうして国際情報を集積し、ボーダレス・マネーを動かして世界経済をコントロールする国際金融センターが現れ、世界的な都市ヒエラルキーの頂点に立った。 1990年頃には、ロンドン・ニューヨーク・東京が「三大世界都市」と呼ばれ、グローバル経済と世界都市システムの頂点に姿を現していた。 ロンドンやニューヨークはと世界的な経済センターとしての位置を強化し、高次ビジネス・サービスに経済の重点を移したのである。 世界経済はますます金融に傾斜し、世界的な金融市場の拡大は国際金融と関連したビジネス・サービスの収益性を高めた。 ロンドンやニューヨークは、これらの国際的な金融、ビジネス・サービスと文化、人の移動、ものの輸送、デザイン、通信などの中心として生まれ変わることで「世界都市」と呼ばれるようになったのである。 一方、東京はロンドンやニューヨークとは経済構造が異なり、大都市圏としてみてみると金融やサービスはいうに及ばず、ハイテク、卸売業から都市型工業にいたるまで集積した、フルセット型の産業構造であり、いわばオールマイティーな経済機能をもつ都市として世界都市形成を行った。 2001年にが公表した報告書「ロンドン・プラン」においても、ロンドン・ニューヨーク・東京の3都市を「本物の世界都市」と定義しており、世界都市としての三強時代が続いていた。 トップクラスの世界都市 [編集 ] ロンドン [編集 ] 「」も参照 時点での主要な研究調査において世界最高の世界都市に位置付けられることが多い。 世界における金融、文化、交通、教育、メディア、娯楽、観光などの中心的都市の一つである。 世界最高の金融センターとされ 、の取引額はが世界一であり 、その中心は首都ロンドンである。 世界で最も外国人の訪れる都市の一つであり、は世界最大級のである。 ロンドンで2番目に大きいも国際線の年間利用者数でニューヨークのを上回る。 外国出身者の人口は時点で約300万人であり 、多種多様な民族が混在して暮らしている。 やなど数々の世界遺産を有し、など著名な文化施設も多い。 特に文化的な交流の面で強く、は世界的なであり、メディア大手のやはが事実上の世界共通語であることからも国際的な影響力を有する。 の調査では、個人資産が3000万ドル以上の超富裕層が世界で最も重要とする都市である。 一方で、2020年にイギリスが離脱したことにより、世界都市としての地位の低下も懸念されている。 ニューヨーク [編集 ] 「」も参照 伝統的にアジアを代表する世界都市とされ、経済的な評価は相対的に低下傾向にあるものの 、政治や文化を含めた総合的な評価はアジアで最高位に位置づけられる。 世界第3位の経済大国並びに加盟国の首都である。 の政治や経済の本部機能が一極集積しており、ニューヨークを上回る世界最大の経済規模のを形成している。 アメリカの大手旅行誌に2年連続で「世界で最も魅力のある都市」に選出されるなど、観光面でも高い評価を得ている。 また、世界主要60都市の中で「最も安全な都市」との評価も受けている。 また東京は、に次いで大企業の本社が多い都市とされる。 なお日本の森記念財団は、美術館・博物館や高級ホテルの数において東京は出遅れており、日本の国家的な事情として所得税率の高さや外国人が起業しにくい制度、英語人材の少なさ、女性参画の遅れなどが評価の足を引っ張っているとの分析を示している。 香港 [編集 ] 「」も参照 アジアを代表する世界都市の一つである。 経済面での評価においては既に世界トップクラスと言える。 地域における金融、交通、教育、メディアなどの中心的な役割を持つ。 ロンドン、ニューヨークに次ぐ世界3位のとの評価を受けており 、やなど多くの世界的金融機関がアジア太平洋地域における統括拠点としている。 はアジア屈指の大学であり、は世界屈指のハブ空港である。 23年連続で世界で最も経済や貿易の自由度が高い都市との評価を受けており 、の調査では、個人資産が10億ドル以上の大富豪がニューヨークに次いで、世界で2番目に多い都市である。 一方、香港には政治リスクがあり、投資の減少や資産の流出によりその地位が危ぶまれている。 シンガポール [編集 ] 「」も参照 アジアを代表する世界都市の一つである。 外国為替市場の取引額でを上回るなど 、世界的な金融センターに成長している。 人口が多く、中央値の世帯収入も高水準である。 やはアジア最高水準の大学との評価を受けるなど 、高水準の機関が所在する。 は2017年に世界最高の空港に選出されている。 世界有数のであり、やは代表的なランドマークである。 高等教育を受けた人材や英語話者が比較的多く、税制の効率性やビジネスのしやすさなどが高いことから 、多くのはアジア太平洋の地域統轄拠点としている。 各地域の世界都市 [編集 ] アジア [編集 ] 東アジア 東アジアには都市規模が比較的大きい有力な世界都市が多数存在する。 中でも、とが代表的な世界都市として挙げられる。 は日本の政治・経済・情報の中枢であるだけでなくアジア太平洋地域のヘッドクォーターが集積し、東アジアを代表する世界都市である。 香港は巨大な金融センターであり、圏と圏の結節点で、世界トップクラスの経済競争力を持つ都市である。 ではの他にやが世界的に大きな影響を持つ世界都市として挙げられる。 ではとが代表的である。 その他にの大都市であるやは巨大な人口を抱えるハイテク工業都市で、経済面に特化した指標では高い評価を受けている。 では政治や経済の中心都市であるや同国最大のであり第二都市であるが挙げられる。 のは東京と同様に首都圏一極集中が進む同国の政治・経済などの中心都市であり、世界都市としても上位に位置付けられている。 研究調査 [編集 ] グローバル都市指標 [編集 ] アメリカの世界的な会社は2019年、第9回目となるグローバル都市指標 のレポートを公表した。 2008年から開始されたこのランキングは、グローバル都市研究の第一人者であるコロンビア大学教授のサスキア・サッセンや世界都市研究で有名なGaWC ディレクターのピーター・テイラーが同レポートで見解を示すなど、代表的な世界都市指標の一つになっている。 調査結果によると、ニューヨークが世界最高であり、ロンドン、パリ、東京、香港が続いた。 上位10都市は以下の通りである。 順位 都市 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 世界の都市総合力ランキング [編集 ] 森記念財団都市戦略研究所(森ビル)は、2008年に「世界の都市総合力ランキング」(GPCI )の発表を開始して以来、毎年そのランキングを更新している。 最高顧問にユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン元教授で「世界都市」を著したピーター・ホール、委員にグローバル都市研究の第一人者であるコロンビア大学教授のサスキア・サッセンなど世界的な有力者によって作成・監修されている。 最新の2018年版では、世界を代表する主要44都市を選定し、都市の力を表す6分野(「経済」「研究・開発」「文化・交流」「居住」「環境」「交通・アクセス」)における70の指標に基づいて評価を行った。 総合順位の首位は7年連続でロンドンであった。 分野別では「経済」及び「研究・開発」でニューヨーク、「文化・交流」でロンドン、「居住」でベルリン、「環境」でストックホルム、「交通・アクセス」でパリがそれぞれ首位になった。 総合順位の上位10都市は以下の通りである。 順位 都市 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 JLL [編集 ] アメリカの総合不動産大手の JLL ()は2017年、The Business of Cities(ザ・ビジネス・オブ・シティーズ)と共著で世界都市ランキングを発表した。 世界300以上の最先端の都市比較インデックスの中から網羅性、安定性、認知度に基づき選出された44の都市比較インデックスを7項目(企業のプレゼンス、機能、、基盤、、専門性と、) において分析し、都市の現状や発展のレベルなどを総合的に評価した。 世界で最もグローバル化が進み、競争力のある経済があり、、、有能な人材が集中している都市を「確立された世界都市」 として最上層のヒエラルキーに位置付けた。 ロンドン(1位)、ニューヨーク(2位)、パリ(3位)、シンガポール(4位)、東京(5位)、香港(6位)が上位6都市となっており、これに今回新たにソウル(7位)が加わり、世界最高水準のグローバル都市「ビッグ7」を形成している。 特にロンドンとニューヨークが世界のグローバル都市を牽引し、企業の存在感、人材を惹きつける魅力、投資総額、文化や価値観で主導的な地位を維持している。 また、ロサンゼルスを筆頭に「ビッグ7」に続く第2グループの10都市も特定した。 2017年版において「確立された世界都市」に特定された17都市は以下の通りである。 格付け 都市 トップグループ• 第2グループ• GaWC [編集 ] 「グローバリゼーションと世界都市研究ネットワーク」 GaWC は、イギリスのの地理学部がベースとなって行われている有力な世界都市研究グループの一つである。 世界都市の評価基準はビジネス分野にほぼ特化しており、会計、広告、、経営コンサルタント、金融など特定の高度サービス企業のオフィスの立地、充実度、都市間におけるグローバルな連結性などである。 1998年に最初の格付けを行い、最高峰の世界都市としてロンドン、ニューヨーク、パリ及び東京を選定した。 グローバルシティズ・イニシアチブ [編集 ] は2016年、独自の定義により世界都市を7つのカテゴリに分けて評価した研究を発表した。 その中でも裕福かつ巨大な大都市圏を形成し、金融と大企業の本社機能のハブでもあり、国際的な資本と才能の集まる結節点になっている先進国の都市をグローバルジャイアントと定義した。 グローバルジャイアントとして評価されている都市は以下の通りである。 脚注 [編集 ] []• : world city• : global city• 明治大学 市川ゼミナール 2017年10月28日閲覧。 加茂利男『世界都市』 12頁 有斐閣• 加茂利男『世界都市』 17-18頁 有斐閣• 加茂利男『世界都市』 17頁 有斐閣• : What Makes a Global City? The Chicago Council on Global Affairs、2017年10月15日閲覧。 2016年10月18日閲覧。 Mastercard. com 2016年10月18日閲覧。 CNN 2016年11月2日閲覧。 加茂利男『世界都市』15頁 有斐閣• emirates247 2016年11月3日閲覧。 com. 2016年3月公表• 2018年5月19日閲覧。 加茂利男『世界都市』 61頁 有斐閣• 加茂利男『世界都市』138頁 有斐閣• 加茂利男『世界都市』 99-100頁 有斐閣• The Migration Observatory 2016年11月14日閲覧。 Knight Frank 2016年11月14日閲覧。 The Telegraph 2016年11月14日閲覧。 www. lboro. 2020年4月29日閲覧。 日本政府観光局 2017年10月28日閲覧。 The Economist 2017年10月28日閲覧。 www. senryaku. metro. tokyo. 2020年4月29日閲覧。 健美家. 2020年4月29日閲覧。 日本経済新聞 電子版. 2020年4月29日閲覧。 2020年4月29日閲覧。 2015年11月14日閲覧。 Global Cities Initiative 2016年10月30日閲覧。 出島、海外ビジネス最前線 2017年10月28日閲覧。 www. afpbb. com. 2020年4月29日閲覧。 Department of Statistics Singapore 2016年11月14日閲覧。 QS World University Rankings 2017年10月28日閲覧。 World Airport Awards 2017年10月28日閲覧。 World Bank 2016年11月14日閲覧。 www. longfinance. net. 2020年4月28日閲覧。 : Global Cities Index• : Globalization and World Cities Research Network• : Global Power City Index• JLL 2017年10月14日閲覧。 : Established World Cities• JLL 2017年10月14日閲覧。 GaWC 2016年10月30日閲覧。 GaWC 2016年10月30日閲覧。 GaWC 2016年10月30日閲覧。 Brookings. 2019年11月30日閲覧。 関連項目 [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

メノガイア

エキュ メノ ポリス

あまりに間が空いてしまったので。 ここまで読んでくださった方のために、ストーリーをざっくり復習できそうな資料です。 これで長い話を読み返さなくても大丈夫ですね! 第54話までのネタバレをしていますので、本編を読み途中の方はご注意ください。 続きはちまちま書いていますが、進行スピードはとっても遅いので、気長におつき合いいただければ幸いです。 1章終わるごとにアップしていく予定ですが、この先は完結を待って一気読みした方がよいかもしれません。 なお、この章は終章公開後に手動で消滅します…。 主な登場人物 クシウス Dac9032 :モアポリスの秩序を守る監理官でありながら、コーディアの暴動に協力、「革命の英雄」となる。 テラ・ウィリデ降下後にコーディアと結婚、途中いろいろありつつも、公私ともにコーディアを支える。 南区に所属したが、後にコーディアを伴い亡命。 今は亡命先の中央着陸船も追われ、ノックス、アルテミス号と東へ向かっている。 地味に石好き。 再開が実現し、テラ・ウィリデへ降下してからは、モアポリスで尊ばれてきたユートピアシステムの幻像に替わる存在として崇拝されるようになっていく。 自分の内に潜む攻撃性に悩んでいたが、モアポリス体制復活を目指す勢力に対峙した際、戦わないことを選び武器を捨てた。 ティラミスは別腹。 ティータ Xta1123 :無邪気な暴走ガール。 コーディアへの友情とクシウスへの片思いに揺れつつ、逃避行を繰り広げ、殺される。 戦闘力でいったらメノクニ最強。 セアン:天界の民だったが、降下計画再開を求めて出奔、感情を殺して生きていたコーディアと出会う。 コーディアを連れて逃亡を図るが逮捕され、天界の民の存在を信じない監理官らの暴行を受け死亡。 趣味は絵を描くこと。 ユディット:地球時代の荒々しさを理想とする懐古主義者の組織、革命派テラ・ウィリデ開拓団のリーダー。 ファッションデザイナーでもある。 降下後は東区副区長。 東区食糧貯蔵庫襲撃事件で負傷、視力を失う。 エン:開拓団メンバー。 スパイとして西区に潜入していた。 ユディットの亡命を手伝い、共に中央着陸船に居候していた。 拝金主義。 ハンス:元開拓団メンバーのコレクター。 最愛のコレクションは地球時代末の多連装ロケット砲グラートXで、その車両部分を乗り逃げしたクシウスを追って亡命した。 モアポリスではクシウスとティータの逃走に巻き込まれたりもしていた。 ノックス:天界の長老ガイウスの実弟で、ガイウスの死後は天界の民の代表を務めていた。 中央着陸船の所有者でもある。 土から育てた食べ物は食べられない。 カリストー:監理省警備局で捜査犬アルテミス号と共に勤務していたが、コーディア警護の任務を全うすべく、犬連れで亡命。 モアポリス体制復活を目指す勢力に立ち向かい、Cqm6781の馬に蹴られて死亡した。 レモラ:天界の長老夫妻の養子だったが、夫妻を殺害、Cqm6781に誘われて北区の山荘で暮らし始める。 「革命」後の体制を不安視する人々が集う組織モアポリス機関に取り込まれていく一方で、個人的な疎外感や絶望感を深めていき、幸福感をもたらす薬物バニラジンに依存しながら、機関の希望どおりに動く殺人マシーンになっていく。 Cqm6781:当初はクシウスの同僚、カリストーの恋人としてモアポリスライフを謳歌していた。 革命に反発し、創成期よりモアポリス機関に所属する。 今でも自分は残酷なこととは無縁の、きわめて文明的なモアポリス市民だと信じている。 Axe2584:監理省長官だったが、革命後退官、行方をくらます。 降下ミッション後もモアポリスにとどまっていた。 カイゼル髭がトレードマーク。 ベシドゥーズ Bsd0612 :西区長。 Axe2584の古くからの友人。 監理出身でありながら、収容所暴動時からコーディアに理解を示していた。 夢はジェラート屋さんになること。 機関長:モアポリス機関長。 公には監理省移住局長兼北区議員として、移住生活運営にもあたっていた。 クーデターでAxe2584を監理省長官に復職させ、中央着陸船周辺に住みついた人々の強制排除を進める。 ファタル:開拓団のスパイとして北区に潜入、Cqm6781の恋人としてモアポリス機関に参加していたはずが、二重スパイに。 トーマス・モアの直系子孫であることを誇りに思っている。 ちやほやされたいお姫様気質。 機関の任務を見咎められて開拓団の同志だったアントナンらを監禁する羽目になり、Cqm6781と不仲になり、危険を感じてクーデター直前に車で逃亡するが、転落事故を起こす。 ジオ:モアポリスでは設備管理士、テラ・ウィリデでは大工。 事故とはいえ愛娘を手にかけたクシウスを憎むが、和解後は友人となる。 南区で平穏に暮らしていたが、突然逮捕されそうになり一家で旧東区へ避難する。 子ども好きのマリアンヌ好き。 マリアンヌ:モアポリスでは収容所職員、テラ・ウィリデでは洗濯屋。 現在、ジオとの間には息子のハインツがおり、さらに下の子を妊娠中。 Awh5675:モアポリスでは監理省収容所局長。 コーディアを模範的モアポリス市民かつ優秀な人材となるよう再教育。 テラ・ウィリデでは南区長を務めるが、火炙り症候群の原因について会見を開いた際、狙撃され死亡。 機嫌が悪いと笑顔。 アントナン:開拓団メンバー。 モアポリスではレストランバー経営者。 テラ・ウィリデでは東区議員。 東区解散直後行方不明に。 恋多き男だが、ユディットへの愛に目覚めた。 エルエル:モアポリスではテレビの人気司会者。 テラ・ウィリデでは東区長。 司会者時代、アンチから「態度がLLだ」と揶揄されていたが、割と小心者。 アントナンと共にファタルに拉致される。 時系列(年はモアポリス暦です) 0 トーマス・モア財団によるモアポリス計画始動。 小惑星型宇宙船モアポリス、太陽系を出航。 249 天界がテラ・ウィリデ降下計画を伝えるが、当時の監理省長官に黙殺される 天界がテラ・ウィリデに送った先遣隊、帰還途中に事故で全滅 259 コーディア、削除業務を妨害しクラスダウン 262 セアン、収容所でコーディアと出会う。 身元不明の不審人物として監理に逮捕、暴行を受け死亡 263 ティータ、累積窃盗罪でクラスダウン。 コーディアと友人になる クシウス、監理省入省。 収容所局に配属され、コーディアと知り合う 264 クシウス、事故でジオの娘を殺してしまう 265 1月 コーディア、収容所で暴動を起こす 暴動は「革命」に発展。 ティータ死亡。 降下計画再開 8月 ジオとマリアンヌの第2子ハインツ誕生 9月 降下ミッション。 モアポリス市民、テラ・ウィリデへ 天界の長老夫妻、殺される 266 3月 慰霊式開催 6月 日照祈願開催 9月 収穫祭開催 10月 火炙り症候群発生 11月 火炙り症候群の原因判明、収束へ。 南区長狙撃事件でAwh5675死亡 コーディア、ティータの死の真相をクシウスに知られて去る 12月 東区食糧貯蔵庫襲撃事件 267 1月 食糧不足のため東区解散 南区へ受け入れられた旧東区民の一部が待遇改善を求めて立てこもる。 彼らと行動を共にしたコーディア、助けに来たクシウスと再会 クシウスとコーディア、中央着陸船で亡命生活を始める 亡命が流行し、中央着陸船前広場で不法滞在者増加 2月 降下後の体制を問題視する秘密組織モアポリス機関によるクーデター勃発、監理省上層部削除される 中央着陸船前広場の不法滞在者排除、コーディア、保護名目で連行される だいたいこんな感じでしょうか。 必要あれば加筆・修正します。 次章は1週間以内に公開予定です。

次の