兄の恋人。 兄の友達以上、恋人未満。

兄の恋人

兄の恋人

友尋に恋している一花は、実家に帰ろうとするが追い返されてしまう。 血の繋がっていない兄妹が一つ屋根の下にいるのは、友尋自身どうかと思うし近所の目もある。 一花を追い返した際に挙げた理由として、「いい年した兄妹が同居なんて、絶対女に逃げられる…」という表向きではあるが立派な理由もある。 しかし、友尋は一花を完全に見捨てることができない。 過去に一花とセックスした経験があり、そのことが負い目となっているという理由から。 結局その負い目に負けてしまった友尋は、一花に実家に住む許可を出してしまう。 そんな義兄の心情など知らない一花は、友尋の気を引くのに一生懸命。 例えば、手料理を振る舞ってみたり。 一方の一花にも、悩みの種が。 それは、幼なじみの孝太の存在。 付き合っていたことはあるが、何かにつけて近づいてくる。 人に話しにくいことを知っているので頼りになるけど、恋人にはなりたくない。 兄の恋人の登場人物 一花 義兄の友尋に恋しているが、あまり相手にしてもらっていない。 わがままで、トラブルメーカーの素質あり。 友尋 一花の義理の兄。 両親が海外移住するということで、一花の実家を譲られた。 一花を妹として扱うべきだと考えているが、彼女の行動に振り回されている。 孝太 一花の幼なじみ。 付き合ったり離れたりと、周りからはっきりしろ!と言われるような関係を保っている。 孝太自身は、一花とよりを戻したい。 小犬みたいに一花にまとわりついている。 兄の恋人の感想 義妹は義兄のことが大好き。 義兄は義妹のことを好きだけど、いろんな事に縛られてがんじがらめ。 それに幼なじみが絡むので、複雑な関係になっています。 中心は一花と友尋で、孝太は言い方悪いけど邪魔者なんでしょうね。 なんか、かわいそう^^; こう感じたのは私だけかも知れないのですが、一花はトラブルメーカーの素質あります。 義兄を過去の記憶で縛ったり揺さぶったりして、苦しめてますし、 孝太は手を出されてもあんまり抵抗しないくせに、あんたとは付き合いたくないという対応。 そんなに嫌なら、触られた瞬間殴ればいいのに。 それに、愚痴ったり頼ったりして、利用するだけしてるし。 男はどう思うかわからないけど、女から嫌われるタイプかな。 一花って。 読んで、「この女のどこがいいの?」と思いました。 私が男だったら、こんなタイプ絶対に嫌です。 兄が大好きだからーって言って、想ってくれる幼なじみの心を踏みにじって、蹴飛ばしてズタズタにしてるだけじゃないと。 自分さえよければいいのか?という感じ。 友尋は作中きっての苦労人になる予感がします。 孝太は、かわいそうなポジションですね。

次の

兄の恋人

兄の恋人

嗣臣さんは実家にいるのが大嫌いだそうだ。 家にいるのが嫌でグレたようなものだと話してくれたことがある。 非行は褒められたことじゃないけど、今となっては彼がグレてしまっても仕方ないのかなって思う面もあったりする。 そんな嗣臣さんは、3月になったら即家を出て行くとか言っていた。 もうアパートも契約済みらしい。 ……まだ、国立大学の合格発表以前に試験も始まっていないのに。 多分、本命に受かる自信があるんだろうな。 ナルシストな一面のある彼のことだ。 きっとそうだろう。 国立大学の試験日は月末に行われるらしい。 嗣臣さんは今頃勉強しているのだろうか。 正門前で待っていると、下校途中の生徒からすごい視線が集中してきた。 多分雪花女子学園の制服が珍しいんだよね…だよね? 私から溢れ出す淑女オーラに圧巻されてるんでしょう? 髪がボサボサになっているのかなと手ぐしで直していると「誰か待ってるの?」と親切な男子生徒さんに声を掛けられたので、うなずいておいた。 男女ともにブレザーの制服の進学校。 うちの高校とはまるっきり空気感が違うな……男子がいるからであろうか。 「彼氏? 友達?」と聞かれたので、曖昧な返事を返しておいた。 ……嗣臣さんって私の…友達ではないし、兄の友達ってだけだもんなぁ。 …彼氏でもない。 説明が難しい。 なんだろう。 私は嗣臣さんの通う高校前に立って彼を待ち伏せしていた。 彼は最後の追い込みで学校の図書館で勉強しているそうだから。 別に特別な意味はない。 色々世話になってきたからね。 ちょっと差し入れするだけだ。 どうせまともな食生活を送っていないんだろう。 …中身はお母さんが作ったものを詰めてきただけだけど……差し入れには変わりないからいいんだよ! 手に握った紙袋がカサリと音を立てる。 …まだかな、早くこないかな。 私はソワソワしていた。 遅くまで残っていると聞いたから、すれ違いにはなってないと思うんだけど…… 「西くんっ」 軽やかな甘い声が耳に飛び込んできた。 西というのは、嗣臣さんの名字だ。 私はその名につられて顔を上げた。 同じ学年なのだろうか。 ネクタイの色が同じだ。 彼を呼び止めた女子は頬を赤くして、背の高い嗣臣さんを見上げている。 恋愛ごとに疎い私でもすぐに分かった。 彼女は嗣臣さんに好意を抱いているのだなって。 当然だ。 嗣臣さんはイケメンなのだ。 メガネして真面目に擬態しても、ただのイケメンメガネ男子なだけだ。 たとえ眼鏡で魅力が減少していても、その魅力に惹かれる女子はいるだろう。 眼鏡をしていてもモテるだろうなぁと思っていたけど、案の定である。 「どうしたの、山下さん」 「あの、話があるの…ちょっと時間いいかな…?」 あ、告白されるのか。 共学だもんね。 卒業シーズンにはあるあるかもしれない。 告白のお邪魔になっちゃいけないな。 ……そう思い、すぐに踵を返して立ち去ろうと思ったのだが、何故か私の足は動かなかった。 ジリジリと胸を焦がすような不快感に私は息が詰まりそうになった。 何故だろう…すごくなんか嫌な感じ。 面白くない。 「……あげはちゃん?」 「!」 「どうしたの? 珍しいね、俺の高校までやってくるって。 なにかあった?」 固まっていた私の存在に気づいた嗣臣さんが声を掛けてきた。 まずい、と思ったが、私を目に映した嗣臣さんはとても嬉しそうに表情をほころばせていた。 なんなの、この砂糖を振りまいたような笑顔…心臓に悪いわ。 「…あ、西くん彼女、いたんだ……」 それを誤解した同級生らしき彼女はかすれそうな声で苦笑いしていた。 だけどその顔は泣きそうに歪んでいる。 「やっぱなんでもない! じゃあまた明日ね! お互い受験頑張ろう!」 「うん、さようなら」 何もなかったかのように彼女は元気よく挨拶すると、走り去ってしまった。 私は彼女の告白の邪魔をしてしまった。 それに罪悪感を覚えていると、嗣臣さんは「どっちにせよ、彼女の気持ちには応えられないからあれで良かったんだよ」と全てを悟ってる風な言い方をしていた。 流石モテる男は言うことが違う。 「…なんかすいません……差し入れを持ってきただけなんですけど」 「差し入れ? あげはちゃんが作ってくれたの?」 「まさか! お母さんが作ったものですから安心ですよ」 私は力いっぱい否定した。 私の料理スキルを知っていて何を言っているんだこの人は。 そんな大事な受験目前にお腹を壊しそうなものを提供するわけがなかろうが。 「そっかー…あげはちゃんの手作り食べたかったなぁ…」 なのにこの男は残念がっていた。 私が作った得体のしれない料理を食べたいと思うとか……やばくないか? 恋は盲目なの? 「でもありがとう。 おばさんにお礼を言っておいて」 「わかりました」 「駅まで一緒に帰ろうか」 私と嗣臣さんはそのまま一緒に歩き出した。 …なんか変な感じだ。 同じ高校の先輩後輩みたい。 彼の実家はうちの正反対なので、一緒に帰れるのは駅までである。 そればかりは仕方ない。 だって受験生だもん。 受験が終わったらまた会える…… 「俺が好きなのはあげはちゃんだからね」 「えっ」 「さっきの子のこと気にしているのかと思って」 突然の発言に私は目を白黒させてしまった。 こんな道端で大胆に告白するとか…… 私は恥ずかしくなってしまって、カッと頬が熱くなった。 「な、何言ってるんですか! そんなわけ無いでしょ!」 「……かわいいね、キスしてもいい?」 な、何を言っているんだこの人は…! 彼は私の頬をそっと撫でてとんでもない発言をする。 ここ、道端よ? しかも嗣臣さんの高校のそば! お伺いを立てる形で聞いてきたくせに、嗣臣さんは身をかがめて、ゆっくり顔を近づけてきた。 その黒曜石の瞳がキラリと光る。 私は怯みそうになった。 あぁ駄目だ。 だってだめだよ、私達はそういう関係じゃない。 はしたないと言うか、ふしだらと言うか…! 「怖いことしないでください…」 多分私は情けない顔をしていたと思う。 だって恥ずかしくて胸がムズムズして耐えきれなかったんだもの! その顔がよほどおかしかったのか、ぽかんと目を丸くしていた嗣臣さんは目元を手で抑えてため息を吐くと沈黙してしまった。 「ちょ、笑わなくてもいいじゃないですか! こ、こういうことは順序を追って行うべきであって…私は淑女として…」 確かに嗣臣さんからは告白されたけど、私はそれに応えたわけじゃなくて、なんというか兄の友達としてしか見てないと言うか、それ以前に往来でキスするのははしたないと思うんだ! 「うん…笑ってるわけじゃなくて……すごく…衝撃的だったと言うか……」 「は…?」 嗣臣さんの声はなんだか弱々しかった。 衝撃的? 何を言っているんだこの人は。 「…あげはちゃん、今さっきの顔、他の男に見せちゃダメだよ……見せたら俺どうなるかわかんない」 自分の顔は鏡がないと見えないから、さっき自分がどんな顔をしていたのかわかんないんですけど。 どうなるかわかんないって何だよ。 「つ、嗣臣さんは受験勉強してください! 私もう帰ります!!」 居た堪れなくなった私はそう叩きつけると、小走りで先に向かった。 後ろ から嗣臣さんが追いかけてくる気配がしたけど、止まらなかった。 心臓がバクバクして、いつもと違う。 どうにも落ち着かなくて、走って誤魔化すしかやりようがなかったのだ。

次の

【夢占い】兄の夢の意味15選!兄弟が出てくる夢は人間関係を暗示?

兄の恋人

友尋に恋している一花は、実家に帰ろうとするが追い返されてしまう。 血の繋がっていない兄妹が一つ屋根の下にいるのは、友尋自身どうかと思うし近所の目もある。 一花を追い返した際に挙げた理由として、「いい年した兄妹が同居なんて、絶対女に逃げられる…」という表向きではあるが立派な理由もある。 しかし、友尋は一花を完全に見捨てることができない。 過去に一花とセックスした経験があり、そのことが負い目となっているという理由から。 結局その負い目に負けてしまった友尋は、一花に実家に住む許可を出してしまう。 そんな義兄の心情など知らない一花は、友尋の気を引くのに一生懸命。 例えば、手料理を振る舞ってみたり。 一方の一花にも、悩みの種が。 それは、幼なじみの孝太の存在。 付き合っていたことはあるが、何かにつけて近づいてくる。 人に話しにくいことを知っているので頼りになるけど、恋人にはなりたくない。 兄の恋人の登場人物 一花 義兄の友尋に恋しているが、あまり相手にしてもらっていない。 わがままで、トラブルメーカーの素質あり。 友尋 一花の義理の兄。 両親が海外移住するということで、一花の実家を譲られた。 一花を妹として扱うべきだと考えているが、彼女の行動に振り回されている。 孝太 一花の幼なじみ。 付き合ったり離れたりと、周りからはっきりしろ!と言われるような関係を保っている。 孝太自身は、一花とよりを戻したい。 小犬みたいに一花にまとわりついている。 兄の恋人の感想 義妹は義兄のことが大好き。 義兄は義妹のことを好きだけど、いろんな事に縛られてがんじがらめ。 それに幼なじみが絡むので、複雑な関係になっています。 中心は一花と友尋で、孝太は言い方悪いけど邪魔者なんでしょうね。 なんか、かわいそう^^; こう感じたのは私だけかも知れないのですが、一花はトラブルメーカーの素質あります。 義兄を過去の記憶で縛ったり揺さぶったりして、苦しめてますし、 孝太は手を出されてもあんまり抵抗しないくせに、あんたとは付き合いたくないという対応。 そんなに嫌なら、触られた瞬間殴ればいいのに。 それに、愚痴ったり頼ったりして、利用するだけしてるし。 男はどう思うかわからないけど、女から嫌われるタイプかな。 一花って。 読んで、「この女のどこがいいの?」と思いました。 私が男だったら、こんなタイプ絶対に嫌です。 兄が大好きだからーって言って、想ってくれる幼なじみの心を踏みにじって、蹴飛ばしてズタズタにしてるだけじゃないと。 自分さえよければいいのか?という感じ。 友尋は作中きっての苦労人になる予感がします。 孝太は、かわいそうなポジションですね。

次の