足 が ジンジン し て だるい。 足が熱い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

足がだるい・痛くて眠れないのは病気?疲れだけでない原因と対策とは

足 が ジンジン し て だるい

足がだるい・痛い原因 疲労がたまっている 長い距離を歩いたり、運動をした後は足がだるい・痛いといった症状があらわれることがあります。 筋肉が疲労していると、足の血液中に 老廃物がたまってしまうので、だるさや痛みを引き起こすのです。 疲労がたまって足がだるい・痛い場合の対処法としては、 入浴やマッサージ、ストレッチをしてあげると良いでしょう。 血行不良 足の血流が悪くなると、老廃物がたまり足のだるさや痛みの症状が引き起こされます。 血行不良の原因としては 長い時間立ったまま・座ったままの同じ姿勢でいることなどが考えられます。 肥満や運動不足も血行不良の原因となります。 血行不良が原因で足が痛い・だるい場合には、運動不足や不摂生などの生活習慣を改善することが対処法として最も効果的です。 また、入浴やストレッチ・マッサージをすると症状が改善しますが、予防のためにも普段からバランスの良い食事と適度な運動を心がけましょう。 下半身の冷え 下半身が冷えていると、血行が悪くなり足にだるさや痛みを感じることがあります。 手足の冷え性で悩んでいる女性は多いですよね。 冷えが原因で足がだるい・痛い場合には、靴下を履く、半身欲をする、マッサージをするといった方法が対処法としてあげられます。 また、根本的な足の冷えを改善するためには、血行不良と同じように適度な運動とバランスの良い食事をとり、生活習慣を改善していきましょう。 スポンサードリンク 妊娠 妊娠中だとお腹の中の赤ちゃんが成長するにつれ、子宮が大きくなり、足の付け根にある血管を圧迫し、下半身の血行が悪くなりやすくなります。 またお腹が大きくなると、体を動かすのも一苦労ですので、必然的に運動不足になります。 特に、妊娠中も仕事をしている人は注意が必要です。 デスクワークで座りっぱなしになったり、あるいは立ちっぱなしだったりと、同じ姿勢のまま何時間も動かない事もあるでしょう。 そうすると足に血液が溜まってしまい、だるさを引き起こす原因となります。 妊娠後期にはだるさ以外にも、 しびれや 足がつってしまう事も多いようです。 足のだるさを予防するには 足がだるく・痛くならないように予防する方法をご紹介します。 まず足がだるい・痛い症状はいずれの原因も 足の筋肉をきたえることが大切です。 普段からウォーキングやジョギングなどの運動をして筋肉を増やすことで、足のだるさや痛みを予防することができます。 他にも長時間同じ姿勢でいる時には 着圧ストッキングを履くこともおすすめです。 要は足の血行を良くして老廃物をためないようにすることが、足のだるさや痛みの予防に繋がるのです。 病気が原因 下肢静脈瘤 下肢静脈瘤は30代~60代の女性に多く見られる 血管の病気です。 足の静脈弁が壊れてしまうことで血が逆流し、 こぶのようなものができます。 でこぼことしたこぶだけでなく、 足のだるさや 痛み、むくみ、かゆみ、湿疹や 黒ずみといった症状が引き起こされます。 慢性的に足のだるさ・痛み・むくみを抱えている人は下肢静脈瘤の可能性があります。 下肢静脈瘤はがんのような悪性疾患ではなく、 良性疾患なので命に関わる心配はありません。 けれど放置してしまうと 皮膚炎や 皮膚潰瘍に悪化してしまいます。 自然治癒することはないので、早めに病院を受診しましょう。 また、普段から長時間同じ姿勢をとっている人は下肢静脈瘤になりやすいです。 下肢静脈瘤を予防するためにも、こまめに足を動かして血流を良くしたり、適度な運動を心がけましょう。 肝臓病 肝臓病になった時に一番よくあらわれるのは ・非常に強いだるさ ・疲れがとれない といった症状です。 肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、異常が発生しても自覚症状にはなかなか現れません。 だるさや疲れなどは、仕事や家事など普段の生活していく上で、普通に感じる症状だと思いますが、それでもその状態がしばらく続くようでしたら、早めに医師にご相談しましょう。 脚気(かっけ) 脚気は ビタミンB1が不足して起こる病気で、栄養状態が不足していた昔に多く見られた病気です。 しかし最近では、 インスタント食品や 偏った食生活の影響などで、発症する人が増えています。 インスタント食品や清涼飲料水などに、多く含まれている糖分を分解する為にビタミンB1が消費され、体内のビタミンB1が不足してしまうからです。 症状としては下半身に倦怠感が生まれ、足の機能に異常が生じ、足がだるい状態になります。 次第に足の しびれや むくみ、息切れや 感覚の麻痺など、さまざまな症状がでてきます。 最終的には歩くことさえもできなくなり、寝たきりとなって、 心不全を起こす事もあります。 昔ほど心配する病気ではないのですが、偏った食生活をしている人や、糖分の摂取量が多い人は、注意する必要があります。 スポンサードリンク 糖尿病 糖尿病になると体を動かすエネルギーが不足してしまい、疲れやすく、足や体がだるいといった症状があります。 またさらに深刻なのが、合併症での 神経障害です。 末梢神経の機能に障害をもたらして 手足のしびれがでたり、 足のだるさとなって現れる事があります。 軽度の場合、なかなか自覚症状がなく、自分で判断するのが困難だと言われています。 足のだるさは初期症状となってますので、しばらく続くようでしたら早めに病院を受診しましょう。 疲労・血行不良・冷えなどの原因が考えられることがわかりました。 また、足のだるさや痛みが一時的なものでなく、 長く続く場合は病気のサインかもしれません。 足のだるさや痛みが続く時は、まずは 内科で検査を受けましょう。 そして足のだるさ・痛みを予防するためにも生活習慣を見直していきたいですね。 あなたを悩ませている足のだるさ痛みの症状が少しでも早く改善することを願います。 関連記事としましてはこちらもご参考下さい。

次の

太ももがだるい原因とは?効果的なストレッチやマッサージを紹介

足 が ジンジン し て だるい

素人の体験談です。 主に、夜中に足が痛くて辛すぎる状態にあるひとのために書いています。 これを読んで楽になったという声をたくさんいただいたので、このままにしておきますが、いち素人の個人的な体験にすぎないことをご了承ください。 楽にならなかった場合はぜひお医者さんへ行ってみてください。 どんな症状?• 1ヶ月に1度くらい、夜、寝る前に足が痛くなって眠れない• 「きょうはいつもよりよく歩いたな」というときになりやすい。 関節が、とか特定の部位じゃなく、一部からはじまって足全体が痛い• 針でさすような痛みはなく、じんじんとする• 筋肉痛では断じてない• 小さい頃はこれに悩まされて親を起こしてマッサージしてもらったりした• 大人になっても痛くて起きるということもある• を貼ったり、むくみケア靴下のようなものをつかったり、お風呂でマッサージしたり「足の疲れをとるいろんな方法」を試みると症状が時折やわらぐ• 足をあげて寝るのも効果的• だいたい朝起きると治ってる ポイントは、 「朝起きるとだいたい治ってる」というところです。 なんらかの病気の兆候だったりする可能性もありますので、お医者さんに行ってみてください。 この痛みは、「脳の思い込み」の可能性があります。 この痛みは、「脳の思い込み」の可能性があります。 その場合、「これは思い込みだ、痛みは存在しない」と認識すると、痛みが消えるか、やわらげることができます。 なぜそう思うに至ったか? ここから先は、読み飛ばしてもらってもいいのですが、「本当かよ!? 」と思ったひとは、読んで「脳が納得する」ことで、痛みが消えていく可能性があります。 20年以上この痛みとたたかっていたわたしがなぜそうおもうに至ったか、長いですがご説明します。 「遺伝」だとおもってた期 我が家では、母もまったくおなじ症状を子どもの頃から現在までかかえていまして、これは母の「遺伝」てことになってたのです。 父はまったくならないのに、兄も同じ症状を訴えてたので... で、私はテレビかなにかで、「足の形にあった靴」をつくるドキュメントをみたことがあって、それは極端な扁平足だったりする場合、夜に足がいたんでしかたないことがある、それにあった靴をつくる、という話で、ああ私もなんか骨の形とか悪いのかな、本気で靴つくったり整体行けば治るのかな... と思いながらの20年だったわけです。 なんせ昼間は平気なのでそこまで真剣でもなく。 リンパのせいだと思ってた期 最近では「リンパ」という言葉を知りまして、リンパマッサージ的なことをやるとけっこう効くので、ああ、私のはリンパがたまりやすい体質なせいなんだ... と納得していたのですが。 「むずむず病」だと母が言い出す なんと私と同じ症状を抱えていた母がこの期に及んで「治った」というのです。 それは「で、それは脳の思い込みだ、て言ってたから」だというのです。 「足を事故で切断したひとが、夜"足が痛くて眠れない"ということがあるらしい。 あれだよ、むずむず病っていうらしいよ」と。 「思い込み解消したら痛くならなくなった」とか言うんですよ。 母のみた番組というのがコレらしいのですが、 いやいやちがうでしょと。 私たちの痛みは、立ってられないほど痛いけど、じっとしてるとむずむずするんじゃなくて、足をなるべく高くして寝ると治るじゃん、と。 ぜんぜんちがうし私のはリンパの問題なんで。 とおもってたんですが。 私の痛みは実在する期 きょうもちょっといつもより多く歩いてたら案の定帰宅後どんどん足が痛くなってきまして、何もできなくなって布団に入ってさらに痛くて眠れなく、いいかげんおかしいだろ、とおもってさっきからネットで検索してたんですね。 リンパではなかった期 で、リンパでむくんで痛い、というのを検索してたんですけど、むくみが痛みに変わるのってかなりヤバイ症状みたいで、あれ、ちがうな、と。 だいたい私はむくみやすいですけど、よくいう指で押してもどらない、てほどでもないですし、それに、むくみはじっとしてるときの症状で、よく歩いたり運動するとなくなるはずですからね。 逆です。 成長痛に2種類ある それで、寝る前、足、痛い、とかで検索したら、もう大量にいるんですよ、夜足が痛くて眠れないひとが! そのひとたち、子供の頃整体や病院に行っても「成長痛」と診断されたと言うんです。 成長痛ってあれでしょ、スポーツして膝とか痛いやつでしょ、もう全然違うし、とまた私は憤ったんです。 が、さっきから成長痛調べてたら、よく「成長痛」といわれるものに2種類ありまして。 ひとつは成長痛じゃなくて「オスグッド・シュラッター病」という、スポーツやってる子に多い、関節の軟骨の炎症です。 むろん、私はスポーツやってませんし、この痛みは無縁。 もうひとつが、 「医学的にはそんなものないとされてる」成長痛。 骨にも靭帯にもなんにも異常がないのに4歳くらいの子が夜中に「脚がいたい」と言って泣き出す、というやつです。 このページを読んで私はうわこれだ。 とおもいました。 この痛み、なにかというと... いわゆる「成長痛」の多くは、日中に運動した後の、単なる脚の疲労感を、まだ十分にことばで表現できない幼・小児が、もっとも表現しやすい「痛み」ということばを使って訴えているものと考えられます。 ってあるんですよ... … 子どものときの私の症状は、まさしくこの「成長痛」だったのではないかと思います。 簡単に言うと、筋肉痛をこじらせたもので、筋肉の痙攣から広範囲にわたって脳が痛みを感じてしまう、という病気のようです。 「この痛みは実在しない」を意識すると痛みが消える(やわらぐ) むずむず病、成長痛、MPS、どれにも共通して言えるのは、「その痛みは実在しない」ということです。 骨折のような外傷や、ピンポイントで起きる筋肉痛と違って、足の疲れや、筋肉の痙攣をきっかけに脳が広範囲に渡って「痛み」として錯覚してしまう状態、といえます。 そのことを自覚すると、痛みが消えるか、やわらげることができます。 私は、長年信じ込んでいた「リンパのせい」というのが違っていたのと、成長痛、の症状を知って、うっそだまじかよ俺の20数年なんだったの... …と思った瞬間、「痛み」は消え、「これは単に足が疲れてるだけなんだ」と思い込むようにすると、ほとんど効き目のなかったあらゆる疲労対策グッズが心地よく効いている状態、になりました。 うっそだまじかよです。 その後の経過と、対処方法について その後、母も私も、足が痛くなる頻度が激減しました。 今だと半年で1度程度です。 また、頻度が減ったこともあり、痛くなってしまったときには鎮痛剤(薬局で買えるS)を飲んでいます。 頭痛薬は頭が痛いときに飲むもの、と思い込んでいたのですが、捻挫で整形外科を受診した際にを処方されてぐっすり眠って以来、痛みがひどく眠れないときには無理をしないことにしました。 このページにある通り、何が原因であるにしても、ストレスや不安が高まると痛みはひどく辛くなっていきます。 「今日もたくさん歩いた、また痛くなってしまったらどうしよう……」というような、ストレスや不安をとりのぞくことで、痛む頻度自体もおさえられているように思います。 原因を正しく知り、不安をとりのぞくことで、あなたの痛みが和らぐことを祈っています。 あとなんにも関係ないけど私にはもうひとつ、子どもの頃から「いきなり、まわりの世界がぜんぜんべつの世界になったみたいに感じられる」ときがあって、これはなんだ、白昼夢???それとも私はじつはこの次元の住人ではないの???とおもってたんですが、「感」という言葉を最近教えてもらってものすごく安堵いたしましたので、あわせて伝えておきます。 tamura38.

次の

脚がだるい、むくみがある。そのオススメ解消法3選♪

足 が ジンジン し て だるい

足根管症候群による足のしびれ 足根管症候群とは、かかとや足の裏に通っている神経が圧迫されたり、損傷したりして足首やつま先が痛くなったりする状態。 この神経は「後脛骨神経」といい、ふくらはぎからかかと近くを通り、足の裏へと走っています。 このため、この神経が炎症を起こすと、足首やつま先に痛みやしびれが起きるというわけです。 椎間板ヘルニアでの足のしびれ 椎間板ヘルニアの症状としては「腰痛」が一般的ですが、腰から足にかけてのしびれもよく知られています。 椎間板とは背骨の椎骨と椎骨の間の、クッションの役目を果たす軟骨のことです。 ところが、ある程度の年齢になってきますと、誰でもこの椎間板が老化現象を起こしてきます。 これがひどくなると、しばしば椎間板がうしろや横に飛び出してヘルニアを起こします。 椎間板ヘルニアが神経を圧迫しますと、その結果として足がしびれたりするわけです。 手指のしびれ 手や指にしびれがある場合は、医療機関では手から頭(脳)までの神経回路のどの部分で神経が圧迫されているかを調べます。 神経は頭から首の骨の中、さらに鎖骨の下を通り、腕、肘、手首、指先へとつながっています。 手や指にしびれがあるのは、このどこかの部分が圧迫されているからですが、特に圧迫されやすいのは、次の4箇所です。 (1)首の骨の周囲 変形性頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアにより、首の骨が変形したり、軟骨が出っ張ったりして、それにより神経が圧迫され、手がしびれることがある。 (2)鎖骨の下で神経が圧迫されている場合 胸郭出口症候群と呼ばれるもので、なで肩の女性に起こりやすい。 (脊髄から出て手や腕の方に行く神経や血管は、首から手の間で肩の部分で、肋骨のうちの一番上にある第一肋骨と鎖骨との間に出来た隙間を通る。 この隙間を胸郭出口というが、なで肩や肩の下がっている人ではこの隙間が狭くなっており、そのため神経や血管が圧迫され、その結果、手や腕の痛みやしびれ、肩こりなどが起こってくる) (3)肘の内側で神経が圧迫される場合 肘部管症候群と呼ばれる。 手のしびれ、特に小指のしびれや痛み、筋肉が萎縮したり、筋力が落ちたりするという症状が見られる。 (4)手首の靱帯で神経が圧迫されて起きる手根管症候群 打撲などのケガがきっかけになったり、パソコンなどによる手の使いすぎで起こりやすい。 また、出産前後や更年期など女性ホルモンのバランスが変化した時にもかかりやすくなる。 このほか、手のしびれを感じる場合に気をつけなければならないのは、脳梗塞などの中枢性の病気が隠れているケース。 舌がもつれるような感じや、ロレツが回らないような感じがあれば、中枢性の麻痺の場合もある。 糖尿病性神経障害によるしびれ 糖尿病の神経障害で、主に末梢神経が侵されます。 手足にしびれやこむら返り、走るような痛みがあれば要注意。 神経障害の初期に多い症状は、指先や足先がなんとなくジンジンする感じや足の裏に1枚紙を貼ったような感じがすること、あるいは痛みやしびれ感、神経痛があるといった症状です。 また、この神経障害が起こると、次第に痛みを感じる神経が鈍くなって、心筋梗塞など重大な病気にかかってもそれに気付かないことがあります。 特に注意したいのは足のしびれ。 足の動脈が動脈硬化のために細くなったり、あるいは詰まったりしている場合、足がしびれたり、足が冷たく感じたりします。 この場合の特徴的な症状は、しばらく歩いていると足がしびれたり、痛んだり、あるいはふくらはぎが突っ張り出して歩けなくなってしまいます。 そしてしばらく休んでいると楽になってまた歩けるようになり、また、しばらく歩くと痛くなってということを繰り返します。 しびれから疑われる主な病気 気になる症状 疑われる病気名 しびれがある 体のどちらか片側 脳出血など脳血管障害 手指 親指、人差し指、中指がしびれたり、手首が痛む(手や指を動かすと和らぐ) 手根管症候群、腱鞘炎など 薬指と小指の知覚障害、手指に力が入らない 肘部管症候群など 上肢 手指や腕のしびれ・痛み、徐々に首や肩のうずくような痛み 胸郭出口症候群など 上肢のしびれ・痛み、手指の感覚異常、歩行障害、めまい 頸椎症など 上肢のしびれ・痛み・麻痺、温痛覚がなくなる、歩行障害 脊髄空洞症など 下肢 腰痛、下肢の痛み・しびれ、下肢の筋力低下、排便・排尿障害 腰椎椎間板ヘルニアなど 下肢の冷感・しびれ、間欠性跛行 閉塞性動脈硬化症など 四肢 手足のしびれ、首の痛み、午後〜夕方にかけて増強、痙性歩行 頸椎椎間板ヘルニアなど 手足のしびれ、痙性歩行、排便・排尿障害 頸椎後縦靭帯骨化症など 脚気、手足のむくみ・しびれ、筋力低下、ふらつき歩行 ビタミンB 1欠乏症など 手足の先から体の中心に向かって進行するしびれ・ピリピリ感 糖尿病性神経症など.

次の