キッチン ペーパー。 キッチンペーパーとペーパータオルの違い&暮らしに合わせた使い分け

【徹底比較】キッチンペーパーのおすすめ人気ランキング21選

キッチン ペーパー

不織布とは、繊維と繊維を織らずにくっつけた布状のもののこと。 不織布の中には、洗って繰り返し使える経済的なものもあるので、製品ごとの特徴を見逃さずによく確認して購入しましょう。 ロールタイプはトイレットペーパーのようにくるくる巻かれたもので、点線が入った部分で切り取って使います。 比較的リーズナブルなので、 安さ重視の人はこのタイプを選ぶといいでしょう。 ただし本体がむき出しになっているため、水や油が跳ねやすい場所に置くと汚れてしまいます。 また、大きくてかさばることや、ペーパーホルダーがないとカットしにくいこともデメリット。 置き場所を選ぶ、収納スペースが必要といった面をクリアできるかどうか確認したうえで選びたいタイプです。 いっぽうのボックスタイプは、ティッシュのように1枚1枚引き出して使います。 ビニールや紙の箱に入っているので、 そのままポンと置いても汚れにくく、スペースも取りません。 ですがお値段はロールタイプより少し高めです。 値段が多少高くても手軽に使えることを重視したい人におすすめですよ。 それでは、キッチンペーパーのおすすめ人気ランキングTOP10を発表します。 2019年4月時点におけるAmazonの価格をベースとして、1枚当たりの価格も記載していますので、上記の選ぶポイントとあわせて参考にしてくださいね。 ガーゼ状なので普通のキッチンペーパーよりはるかにやわらかく、やさしい手触りですよ。 塩もみ・油こし・お出汁・蒸し野菜などにおすすめです。 「水切りヨーグルトや豆腐の水切りに便利です。 」 「味噌を仕込む際、表面に乗せて重しをするとちょうどいい。 通気性がいい上に水分も吸ってくれるので、いい感じに仕上がる。 」 など、Amazonのレビューではガーゼふきん代わりの用途として人気です。 1枚だけだと破れやすいので、ゴシゴシ汚れを拭く、絞る、といった使い方をしたいならもう少しかためのキッチンペーパーがおすすめ。 しかしこちらの商品は、ふんわり水気を取りたいときにちょうどよく、使っていて心地いいんです。 やさしい使い心地が好きな人におすすめですよ。 ロールタイプと違い点線で切り取る必要がないので、 片手でサッと取り出したい人におすすめ。 別売りのマグネットバー「」をセットすれば、 冷蔵庫などのスチール部分にくっつけることも可能です! 使い切ったあとは、両サイドのミシン目を切ってペタンと平たくたためるので、ゴミ袋の中でかさばりません。 「ロールタイプと違って、切り取らなくていいし、箱入りだとホコリや汚れを気にせず使えてよかったです。 」 「ティッシュタイプの取り出し方なので使いやすいです。 」 と、Amazonのレビューでも 取り出しやすくて衛生的に使えることが好評です。 ただし箱が不透明なので、あとどれくらい残っているのか確認しづらい点は注意してください。 3円) 不織布 〇 タイプ ロール 何度も使えるポップなキッチンペーパー 洗って繰り返し使える! 布のような丈夫さと、紙のような吸水性をもつペーパータオルです。 最初は野菜の水切りに、最後はコンロ周りの掃除に…と使い回せるので経済的。 1枚あたりのサイズが大きいのもポイントです。 ポップな幾何柄プリント付きなので、使っていて気分が明るくなりますよ。 ペーパーナプキンの代わりとして、お菓子をのせたり、ランチョンパット代わりにしたりすることもできます。 「プラスチック(ポリプロピレン)が練りこんであり、丈夫で繰り返し使用できます。 台所用洗剤をつけて、ゴシゴシと洗ってみても千切れず破れません。 」 と、Amazonのレビューでも繰り返し使える丈夫さが好評。 調理でたくさんキッチンペーパーを使う人、キッチンペーパーの消費量を減らしたい人におすすめです。 6円) 不織布 〇 タイプ ボックス 出しっぱなしでも気にならないパッケージ 英語で書かれたパッケージがおしゃれ。 三和製紙株式会社グループの高品質な製品です。 パルプをレーヨンではさんだ3層構造になっています。 繊維が短いパルプの保水・吸水力と、繊維が長いレーヨンの強度をあわせもっているので、 水に濡れたときも非常に破れにくく、水や油を素早く吸収します。 安心して料理に使えますよ。 1枚あたりの値段が高いので、気軽にリピ買いはできないかもしれませんが、一度使えば使い心地に納得できるはず! 手が濡れていてもシートを引き出せるように、大きめの取り出し口になっているのもニクいですね。 むき出しで置けるおしゃれなキッチンペーパーが欲しい人におすすめです。 2円) 不織布 〇 タイプ ボックス 布のように丈夫で破れにくい 三層の繊維層を水流でしっかりとからみ合わせた不織布です。 濡らして絞っても破れにくいですよ。 ペーパーが食品にくっついたり繊維が付着したりしにくいので、調理全般がよりスムーズになります。 使い捨てではなく、 手洗いして何度か使い回すことも可能! 「このペーパーは本当に破れにくく、油の吸収もいいので水切り&油きりに大活躍です。 ちょっとしたふきんとしても使えます。 」 「少々のことでは破れません。 油こしするときもきれいにカスが取れて、油の通りも早い!」 など、Amazonのレビューでも 布のような丈夫さが好評。 ふきん代わりに使える頑丈なキッチンペーパーが欲しい人におすすめです。 4倍巻 シートの間に空気層をつくるティップトゥティップ製法と、エリエール独自のエンボス加工により、 水と油をぐんぐん吸収します。 野菜の水切りや揚げ物の油切り、キッチン周りの拭き掃除などに大活躍! 電子レンジにも対応していますよ。 また、1ロールが長いので交換の手間がかかりません。 1枚当たりの値段も安めなので、ケチケチせずにたくさん使えそうですね。 「量も多いため経済的です。 」 「吸収力、紙の質もよいと思います。 」 Amazonのレビューでも 安価さと吸水性の高さが好評です。 1ロールでたっぷり使いたい人におすすめなキッチンペーパーですよ。 ただし1ロールが長い分、設置するスペースはやや広めに必要です。 ペーパーホルダーのサイズも確認してから購入するようにしましょう。 1枚あたり約0. 8円と安い価格設定でありながら、スーパーWエンボス加工が高い吸水力を実現しています。 軽い力でラクラク切れるミシン目加工もポイント。 片手が塞がっていても簡単にカットできるので、 サッと手に取りたい調理中はとくに便利です。 「安くてやわらかで、カットしやすく、よく吸収するのがベスト。 総合的に見てこれを選んで使ってます。 」 「ペーパーが厚く、たくさん水分を吸ってくれる」 など、Amazonのレビューでも カットのしやすさと吸水性の高さがとくに好評ですよ。 また水や油で濡れにくいので、シンクやガスコンロの近くに置けますよ。 手触りはふんわりやわらか。 「やわらかいのがいいです。 」 「とてもふわふわでやわらかくて手にもやさしい感じです。 水気もよくとります!」 など、Amazonのレビューでも やわらかな質感が好評です。 やわらかいと破けやすさが心配ですが、 「すぐ破れたりもしないし品質も大丈夫。 」 とAmazonで言われている通り 丈夫さも兼ね備えています。 やわらかくて、だけど破けにくくしっかりしているキッチンペーパーが欲しい人におすすめです。 ダシこし、油こしにも最適ですよ。 普通のキッチンペーパーよりタフでしっかりとしたものが欲しい人におすすめです。 「分厚い不織布のような感じでフワフワだけどしっかりしていて、多目的に使えます。 」 「他社のキッチンペーパーと比べると厚手で丈夫です。 ふつうは重ねて使うところもこれは1枚で済みますので、結果長持ちします。 」 など、Amazonのレビューでは 丈夫さや不織布のように1枚でたっぷり吸い取るところが評価されています。 1枚あたりの値段は高いですが使用枚数が減らせるので、そこまでコストはかかりません。 揚げ物のカロリーを1枚で約140kcalもおさえてくれるんですよ! 油を摂りすぎたくない人にぴったりですね。 吸い取られた油がペーパー表面に残らないので、 カラッと仕上がるのも魅力です。 また、温野菜作りにもおすすめ。 たっぷり濡らしたペーパーで野菜を包みレンジ加熱すると、水分が蒸気に変わり、 べちゃつきやパサつきを防いでムラなく仕上がります。 温野菜は油を使わないのでヘルシーですし、ビタミンCがゆでたときの1. 5倍残りますよ! カロリーが気になる人、揚げ物をおいしく仕上げたい人におすすめな製品です。

次の

【徹底比較】キッチンペーパーのおすすめ人気ランキング21選

キッチン ペーパー

水切りや油切りだけでなく、キッチン周りの掃除や食器拭きにも活躍するキッチンペーパー。 リードやエリエールといった定番品のほか、最近ではコストコのキッチンペーパーも人気です。 身近で商品数も豊富なアイテムだからこそ、使いやすいキッチンペーパーがどれなのか気になりませんか? 今回は、 Amazon・ 楽天・Yahoo! ショッピング・スーパー などで売れ筋上位のキッチンペーパー21商品を全て購入し、最もおすすめのキッチンペーパーを決定したいと思います! 全21商品を実際に使用して、以下2点について比較・検証を行いました。 吸収力• 濡れたときの破れにくさ 果たしてどの商品がベストバイ商品なのでしょうか?選び方やランキングの紹介と合わせて、記事後半では上手な使い方も解説します。 ぜひこちらも併せて、購入の際の参考にしてくださいね! 今回検証した商品• ユニチャーム|クックアップ クッキングペーパー• バウンティ|ペーパータオル 2枚重ね• ライオン|リードペーパー 超厚手• コストコホールセール|カークランドシグネチャー ペーパータオル• 花王プロフェッショナル サービス|シェフ たっぷり吸収• ライオン|リード クッキングペーパー• 大王製紙|エリエール 超吸収キッチンタオルデキルコ• 良品計画|無印良品 キッチンペーパー• 西友|きほんのき キッチンタオル• Seria|キッチンペーパーダスター• 大王製紙|エリエール ピーチ キッチンタオル• カミ商事|エルモア 強力吸収 キッチンタオル• DAISO|キッチンタオル ロールタイプ• イオン|キッチンタオル 厚手タイプ• 王子ネピア|ネピア 激吸収 キッチンタオル• 大王製紙|エリエール 超吸収キッチンタオル• 服部製紙|キッチンペーパー• 日本製紙クレシア|スコッティ ファイン 3倍巻き キッチンタオル• DAISO|3枚重ね キッチンペーパー• 日本製紙クレシア|スコッティ キッチンタオル ボックス• 日本製紙クレシア|スコッティ ペーパーふきん サッとサッと 価格や性能に差があるキッチンペーパーは、 用途に応じて使い分けるのが上手な使い方です。 油切り・水切り・食品の保存などには厚手のフェルトタイプがおすすめ。 例えば、揚げ物を作るシーンなら抜群の吸収力で余分な油を吸収し、おいしくカロリーカットしてくれます。 リーズナブルなキッチンペーパーは 普段使いとして常備したいところ。 調理中に余分な油を拭き取ったり、ちょっと手を拭いたりする場面でも、値段を気にせず惜しみなく使用できます。 耐久性の高い不織布は、 特定の調理方法やふきん代わりとして活躍します。 のちほどご紹介しますが、大根おろしの水切りやヨーグルトの水切りなど、ペーパーの繊維が気になってしまうような用途でも不織布なら問題なし。 衛生面が気になる方はふきん代わりにするのもおすすめです。

次の

キッチンペーパーを収納する方法は?スッキリさせるアイデアは?

キッチン ペーパー

水気を切ったり油を吸わせたり、調理具やテーブルを拭いたり・・・キッチンの万能選手の一つといえばキッチンペーパー。 このキッチンペーパー、お店ではロールタイプのものと箱タイプのものの2種類が売っていますよね。 両タイプに何か違いがあるのか、気になったことはありませんか? 今回は編集部でその違いを調べてみました。 用途が近そうで違うクッキングペーパーやペーパーふきんも参考として、一緒に比較してみます! 比べてみたキッチンペーパーはこの2つ 今回調べてみたのは、スーパーに陳列されていたこの1種類ずつ。 ロールタイプは「エルモア強力吸収キッチンタオル 2ロール」、箱タイプは「スコッティ キッチンタオルボックス」で、どちらも多くのスーパーやドラッグストアに置いてある一般的なキッチンペーパーです。 それではまずは、ロールタイプと箱タイプのキッチンペーパーの共通点から見てみましょう。 生野菜、肉、魚などの水気取りに• 揚げ物料理の油切りや下に敷く紙として• 食器・調理具の拭き取りに• この凹凸によって吸収力が高まるそうです。 この凹凸について各社工夫を凝らして差別化を図っているようですが、エンボス加工をしているというのは各社共通のようです。 箱タイプの方が若干小さいですが、ほぼ同じとみてよいでしょう。 それではロールタイプと箱タイプのそれぞれの良さとは・・・? 箱タイプ 取り出しやすい&清潔感! 箱タイプのキッチンペーパーは箱のティッシュペーパーと同様に、1組ごとに折りたたまれて箱に入っているので使いたいときにパッと片手で引っ張ればすぐ取り出せます。 また、両手で取ろうとするときでも、片手は箱を持つ形になりペーパー自体には触れないので、より清潔に保てます。 一方でロールタイプのキッチンペーパーはミシン目に沿って切り取る必要があり、これは片手だけではできません。 キッチンペーパーが欲しい時は水仕事をしているとき。 ちょっと濡れた両手で切り取ろうとすることで、使わない分のペーパーまで濡らしてしまうことは台所あるあるですよね。 常に清潔に保てるという点では箱タイプのほうに軍配が上がりました! ロールタイプ コスパがいい! ところで今回のキッチンペーパー、どちらのタイプも同じスーパーで買ったのですが、金額はというと・・・。 箱タイプ:90円(税抜)中身は75組なので、1組(=1カット)は1. 03円 ということでロールタイプのほうが単価は安いことが分かります。 さらにロールタイプのほうは特売品になることも多く、より単価が抑えられます。 コスパでいえばロールタイプのほうに軍配が上がるでしょう! その他のポイント 今回の調査で気づいたことですが、吸水の性能に差があるわけでないものの、箱タイプのキッチンペーパーは触ってみて若干固さを感じました。 例えると、レストランやファストフード店にあるペーパータオルに感触は近いです。 一方でロールタイプはかなり柔らかめです。 この辺りは好みの問題になるでしょう。 また、使うときだけではなく保管にも気を使いたいもの。 軽いとはいえどちらもかさばるので、ご自宅の収納スペースに合う方を選びましょう。 まずはクッキングペーパー。 写真は「リード クッキングペーパー」です。 クッキングペーパーのキッチンペーパーとの違いは、まず現物を見れば気づきますが、フエルト状になっていること。 エンボス加工のキッチンペーパーより水や油の吸収力が断然違います。 さらに厚手で破れにくいのと熱にも強いので、落しぶたやレンジを使った下ごしらえに最適です。 こちらのクッキングペーパーの購入金額は237円(税抜)。 40枚入りですので1枚5. 925円で単価はキッチンペーパーよりはかなりお高め。 写真は「スコッティ ペーパーふきんサッとサッと」です。 どんな商品かというと・・・パッケージに書いてあることそのままでした!ティシュペーパーよりも厚くて、キッチンペーパーよりも丈夫! 表面にエンボス加工はないので見た目はティシュペーパーに近いですが、ティシューよりもかなり手触りは滑らかです。 さきほど箱タイプのキッチンペーパーがレストランのペーパータオルに近いと触れましたが、こちらの方がより近いのかもしれません。 用途はパッケージに書いてある通り、水回りの掃除やテーブル拭き、また食器の"ちょい"拭きにということで、水切りにはちょっと物足りないですが、かなり重宝しそうです! 購入金額は178円(税抜)で200組入りなので、1組0. 89円でした。 商品名のとおり、ササっと使えそうですね! まとめ• 取り出しやすさ、清潔感重視なら箱タイプのキッチンペーパー• コスパ重視ならロールタイプのキッチンペーパー• あとはペーパーの質や保管場所も考慮してお好みでチョイス• しっかり水切り・油切りしたいならクッキングペーパー• ペーパーふきんもちょっとした水回り掃除やテーブル拭きに便利かも? キッチンアイテムはキッチンに立つことの1番多いあなたが決めるのが1番。 最も作業しやすいアイテムを選んで、楽しいキッチンにしていきましょう! 小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」のWEBページは.

次の