高 配当 株。 波乱相場だからこそ輝く、じっくり仕込む「高配当優良株」6銘柄精選 <株探トップ特集>

配当利回り3%以上の高配当株の探し方と注目5銘柄を紹介!

高 配当 株

相場急落で投資する側にとって有利に働いているものがある。 それは企業の配当利回りだ。 株価が下落すれば配当利回りは上昇する。 3月期末に向けインカムゲイン狙いの好実態株に光を当てた。 2月最終週はNYダウが週間で3583ドルと過去最大の下落幅を記録したほか、東京市場では日経平均株価が2000円を超える下げとなった。 3月相場入りした2日の日経平均は6日ぶりに反発に転じたものの、世界景気の先行きに対する警戒感は強く、今後も予断を許さない状況が続く。 一方、中長期的な視点から見ると、急ピッチな株価下落局面はインカムゲインを狙うには拾い場となるケースが多い。 そこで今回は相場急落で上昇している配当利回りに着目。 3月期末に向けて関心が高まる高配当利回り株にスポットライトを当てた。 日本取引所グループ(JPX)の統計データによると、東証1部、2部、マザーズ、ジャスダックに上場する銘柄の18年度(18年4月期~19年3月期)の業績は最終利益段階で36兆9600億円(前の期比2%減)と3期ぶりの減益となった。 一方、配当金総額は12兆円(同10%増)と9年連続で増加している。 政府によるコーポレートガバナンス改革の推進などを経て、企業が株主への利益還元を強化する動きが鮮明となっている。 配当金は19年度も順調に伸びているものの、足もとで猛威を振るうの企業業績への影響が懸念されるなか、配当減額に対する不安が大きく膨らんでいる。 こうした状況を踏まえ、今回は減配リスクが少ないとみられる高配当利回り銘柄に注目。 以下では時価総額が大きく、安定した収益基盤を持つ3月決算企業の中から、直近10年間に減配したことがなく、20年3月期の配当利回りが4%を超える6銘柄を紹介していく。 なお、3月末決算銘柄の配当を獲得するには、権利付き最終日の27日に株式を保有していることが必須条件となる。 19%] アサヒホールディングス は金などの貴金属リサイクルとを2本柱に事業を展開する。 18年10月に配当性向を従来の30%から50%に引き上げたことで、高配当利回り銘柄としての注目度が一気に高まった。 20年3月期は貴金属の回収量増加や価格上昇を背景に、売上高が1350億円(前期比4. 9%増)、営業利益は190億円(同31. 2%増)といずれも過去最高を更新する見通しだ。 好調な業績動向を踏まえ、第3四半期決算発表と同時に、年間配当を従来予想の120円から130円に増額修正している。 86%] 伊藤忠商事 系のエネルギー商社である伊藤忠エネクス は11年3月期に実施した記念配当を除くと1978年の上場以来、40年以上も減配をしたことがない。 20年3月期の年間配当は前期と同じ42円の計画だが、前期まで3年連続で本決算発表と同時に増額修正した経緯があり、好調な業績を背景に今年も増額が期待される。 4-12月期(第3四半期累計)は電力小売りで家庭用などの低圧電力販売量が増加したうえ、電力卸売市場の安定で採算も改善した電力事業の収益が急増し、営業利益は前年同期比14. 7%増の152億1900万円と2ケタ増益を達成している。 33%] オリックス は配当利回りが4%超と高水準なうえ、株主優待でも高い人気を誇る。 株主優待は100株以上を保有する株主に対し、全国各地のカタログギフト「ふるさと優待」と、グループ企業などの各種サービスを割引価格で受けられる「株主カード」を贈呈する。 カタログギフトは3年以上継続保有すると内容がランクアップされる。 足もとの業績は4-12月期まで最終増益を確保している。 配当は前期まで10期連続増配中(今期予想は前期と同額の76円)であり、減配リスクは小さいとみられる。 01%] 兼松エレクトロニクス は仮想化ビジネスをはじめとしたITインフラ基盤の構築を手掛ける兼松 子会社のITベンダー。 20年3月期は営業利益ベースで9期連続の最高益更新見通しと安定成長を続けている。 足もとでは製造業や流通業向け仮想デスクトップ案件に加え、企業内のデータ量増大に伴うストレージ基盤の構築ビジネスが伸びている。 利益成長とともに配当金も増やしており、今期は130円と9期連続増配を計画する。 無借金経営で財務面の健全性が高いことも注目ポイントだ。 07%] NTTドコモ は高配当利回りに加え、業績、財務ともに安定感があるディフェンシブ株として人気が高く、株価は2月第3週まで約16年半ぶりの高値水準を走っていた。 今期業績は通信料金の値下げやスマートフォンの販売減少で営業2ケタ減益を見込むが、3000億円規模の自社株買いを実施するほか、6期連続の増配方針を示すなど、株主還元に前向きな姿勢を崩していない。 なお、配当は1998年の上場以来、一度も減配をしたことがなく安心感は強い。 0%] リース大手の三菱UFJリース は今期予想を含めて21期連続増配と、全上場企業の中で5本の指に入る存在だ。 リーマンショックの直撃で最終利益が4分の1に急減した09年3月期も増配した実績を持っており、減配リスクは少ないとみて良さそうだ。 業績は好調で、4-12月期は不動産や航空関連の売却益が増加したことを背景に、営業利益は前年同期比3割を超える増益となっている。 なお、同社と提携関係にある日立キャピタル も高配当株として知られており、併せてチェックしておきたい。

次の

配当利回りランキング 日本株| 投資の森

高 配当 株

将来に備えて配当金で生活しようと思っているんだけど、お金のないうちは高配当株だけ買っててもうまくいかんよね。 そう思うんです。 なぜ、老後の生活の基礎となる配当金生活に向けて、高配当株銘柄ばかりを買ってはいけないのか? 結論から言うと• 高配当銘柄では資産が増えない• 資産を増やすためには高配当株以外の運用が必須• 高配当株への投資は将来の準備や練習みたいなもの ということなんです。 この記事を読めば、株式投資で老後の備えをどう進めていくべきかが分かります。 それでは行ってましょう! 高配当株は儲からない? 我が家ではいろんな手法で株式投資をやっています。 キャピタルゲイン狙いの中小型株投資• 積立方式によるインデックス投資• 高配当株投資 将来もらえる配当金を増やしたいのなら、なんで高配当株1本に集中させないか、という理由があります。 いや一本どころか我が家のポートフォリオは… 中小型株運用 > 高配当銘柄 > インデックス運用 こんな資産規模になっています。 なぜこのような資産配分なのかというと、 高配当株投資だけでは将来の資産規模を確立できないからです。 我が家の高配当株の資産残高は約1500万円ほどですが、• ただ、配当金には税金もかかりますしね、再投資に回して資産規模を大きくするなら、配当金という形にこだわる必要はないはずです。 であれば、将来配当金の原資となる資産が大きくなるまでは、高配当株以外の手法で資産形成するほうがよいですよね。 将来のじぶん年金を確立するまでは 高配当株ばかり買ってはいけないのです。 高配当株投資の役割と資産運用 これらを温泉に例えるなら• 蛇口をひねると出てくる温泉は配当金• 源泉を貯めるタンク高配当株銘柄• より源泉を大きくするための活動=高配当株以外の投資 こんな感じです。 あんまり上手なたとえじゃないわね~笑 まあ、要は 同じ資産運用でも役割を棲み分けることが大事ということです。 高配当株投資のメリット じゃあ、高配当株投資をやるメリットがないかというとそうではありません。 良い株を安く買える場面に出くわすことがある• 時間をかけてゆっくりとポートフォリオを組める• ノウハウを学べる 例えば高配当株でじぶん年金を作る場合に。 退職金をもらってすぐに高配当株ポートフォリオを組もうたって無理です。 高配当株投資に相応しい銘柄があるとは限らない• 退職金全額を一気に高配当株投資につぎ込むのはリスクが高すぎる• そもそも実践的な知識がない これらの問題を解消するために早くから高配当株投資を始めるのは効果があります。 時間をかけてポートフォリオを構築する よく引き合いに出されるのが民主党政権時代の日経平均株が7000円だったころの話。 確かにあの頃の株式市場は悪夢のような日々の連続だったかもしれません。 でもね、大型株で高配当銘柄がゴロゴロ放置されていました。 例えばキヤノンだって2400円ぐらいでしたし、ドコモだって1100円ぐらい、三菱FHとか400円ぐらいだったかな… このような安いタイミングで少しずつ時間をかけて高配当銘柄を拾っていければ、エセ高配当株に手を出したりすることなく、高配当株投資枠に資金をシフトすることができるはずです。 最後に ということで、じぶん年金と高配当株投資についてワタシの考えをまとめてみました。 高配当株投資は、自然に長期投資となりますが、長期というのは保有期間だけではありません。 時間をかけてゆっくりと高配当株を買い集めること、これも長期投資のひとつだと考えます。 新型コロナウイルスで株式市場はお寒い状況が続いていますが、こんなときこそ、配当金を生み出す原石を探したいと思っています。 全ては経済的自由のために。 それではまた明日!.

次の

高配当株投資の参考になるブログ10選。優良な高配当株を知りたいという方におすすめ

高 配当 株

巷では高配当株投資や優待株、連続増配株投資が人気です。 今回の記事ではディフェンシブ投資とも言われる高配当株や連続増配株は儲かるのか?を日本株で検証してみました。 その結果、 「いずれの投資方法もTOPIXより大きくアウトパフォームする」こと、 「連続増配株が高配当株よりも圧倒的に儲かる」ことが分かりました。 それでは本文です。 高配当株と連続増配株どちらが儲かるか 「高配当株と連続増配株、どちらが儲かるのか?」以下の前提で検証しました。 会社名 配当利回り 日産自 4. 会社名 配当利回り 連続増配年数 配当増配率 花王 1. さて、前提が長くなりました。 投資結果は以下のようになりました。 ・高配当株は100万円から、153万円まで増えています。 ・連続増配株は、なんと306万円まで増えています。 ・どちらもTOPIXを大きくアウトパフォームしています。 TOPIXより高利回りな仮定のため、実際のTOPIXの成績はもっと悪いです。 というわけで、今回の比較方法では 高配当株より連続増配株の方が儲かります!その差は約2倍です。 なお、連続増配株で得られた利益のうち大半が値上がり益であり、配当金によるものではありません。 一方、TOPIXはここ30年でほとんど伸びていません。 インデックス投資や年金の運用の説明で、「株式は長期的には、右肩上りに上昇します」という説明がよくありますが、 日本はそうなっていませんので、TOPIXによるインデックス投資は避けた方が良いと思います。 配当収入はどれくらいか 高配当株投資、連続増配株投資の配当収入がどれくらいかまとめてみました。 高配当株 連続増配株 利益 万円 53. 0 205. 7 配当金累計 万円 27. 9 48. 4 配当金の占める割合 52. 配当金再投資により購入した株価の値上がり益は含めていません。 結果は、 ・高配当株の配当金は27. 9万円。 ・連続増配株は配当金48. 4万円。 となりました。 というわけで、 配当金額も連続増配株の方が多い!ということですね。 また、高配当株の場合は利益の大半が配当金によるもの、連続増配株は利益の大半が株価上昇であることが分かります。 筆者の10年間の運用成績では、やはり値上がり益の方が圧倒的に大きいです。 今回の場合は配当金だけで27. 9万円の利益が得られています。 最初に投資したのは100万円でしたから、仮に株価が27. また、今回の比較は 100万円を投資して10年間追加投資なしという前提でした。 追加投資を行えば、さらに配当金が得られます。 例えば、毎年100万円追加投資して10年間運用すれば、原資は1000万円、 累積配当金累積は約150~250万円になります。 1000万円投資して、これだけの配当金が得られていれば、株価が下がっても配当金で安心感が得られるかもしれませんね。 しかも配当金は毎年受け取れますから。 まとめてみると、いろいろ分かるものですね。 個別銘柄の成績 最後に個別銘柄の成績結果です。 これを見ると、みずほのみ赤字であることが分かります。 みずほの業績が悪く株価が下落したからです。 また、連続増配株を見ると、とりわけ利益が高い銘柄があるわけではなく、 どの株も総じて高い利益を出していることが分かります。 最後に、高配当株、連続増配株投資の注意すべき点を挙げておきます。 それは、 「高配当株だから良い、連続増配株だから良いわけではない」ということです。 いずれの株も、 競争力があり、安定した経営ができるから、高配当や連続増配が可能なのです。 したがって、 企業業績が悪くなれば、高配当も増配もあり得ません。 事実、 明光ネットワークは2018年に業績悪化で連続増配が止まっています。 この会社学習塾(明光義塾)を経営していますが、少子化の日本では当然と言えば当然です。 このように、これらの投資法を選ぶ場合でも、 個別株の業績や業界の成長性などを見極める必要がありますので、注意しましょう。 それでは、まとめです。 ・高配当株、連続増配株投資は、いずれもTOPIXをアウトパフォームする良い運用方法である ・連続増配株の方が高配当株よりも運用成績が良く、その利益額は約2倍である ・配当金額は、連続増配株の方が高配当株よりも多い 意外 ・高配当株、連続増配株だから良いというわけではなく、個別企業の将来性はきちんと検証した上で投資をすべき それでは、今回はこのへんで。 この事業者は、ユーザーの興味に応じた商品・サービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報Cookieを使用しています。 Cookieには、氏名、住所、メール アドレス、電話番号の情報は含まれません。 当サイトを閲覧する場合はCookieの利用に同意していただいたものと見なしますので、ご了承下さい。 これらのツールはCookieを使用しています。 Cookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 なお、データは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 投資判断の最終決定は、ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 masterk gmail. com.

次の