和泉 洋人 大坪 寛子。 和泉洋人首相補佐官の経歴が凄い。文春で不倫疑惑も

大坪寛子の経歴・大学や若い頃の顔画像!結婚して旦那と子供は?【和泉洋人首相補佐官と不倫疑惑】

和泉 洋人 大坪 寛子

2001年1月:国土交通省住宅局住宅総合整備課長• 2002年4月:慶應義塾大学理工学部特別研究教授• 2004年:国土交通省大臣官房審議官• 2007年:国土交通省住宅局長• 2009年:内閣官房地域活性化統合事務局長• 2013年1月:第2次安倍内閣内閣総理大臣補佐官• 2014年9月:第2次安倍改造内閣内閣総理大臣補佐官• 2014年12月:第3次安倍内閣内閣総理大臣補佐官• 2015年10月:第3次安倍改造内閣内閣総理大臣補佐官• 2016年8月:第3次安倍第2次改造内閣内閣総理大臣補佐官• 2017年2月:第3次安倍第2次改造内閣内閣総理大臣補佐官• 2017年8月:第3次安倍第3次改造内閣内閣総理大臣補佐官• 2017年11月:第4次安倍内閣内閣総理大臣補佐官• 2018年10月:第4次安倍内閣 第1次改造内閣総理大臣補佐官• 2019年9月:第4次安倍内閣 第2次改造内閣内閣総理大臣補佐官 和泉洋人首相補佐官の経歴を見てもわかるように、 安倍政権発足当時から首相補佐官を務めています。 また、和泉洋人自身は否定していますが、前川喜平によると「総理は自分の口からは言えないから私が変わりに言う」などと発言をしたともされる人物。 このように前川喜平は和泉洋人首相補佐官のことを かなり攻撃しています。 和泉洋人は厚生労働省大臣官房審議官の 大坪寛子と不倫関係にある。 和泉洋人は19年8月に大坪寛子と京都に出張。 その際にハイヤーを借りて 私的な観光をしていた。 8月9日に京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長に面会。 その後私的な観光をしており スプーンで「あーん」をしていた。 和泉洋人は大坪寛子との不倫は否定。 ハイヤーはポケットマネーで支払ったとコメント。 大坪寛子は 新幹線代は公費とコメント。 和泉洋人との関係について「 和泉洋人は だいぶおじいちゃん」だとして交際を否定。 「あーん」については画像がすでに流出しています。 これを見る限りかなり親密であることが伺えますが…。 逆でしたら介護と言い逃れができたかも…? 明日の文春。 かき氷をスプーンで「アーン」と差し出すのは、菅官房長官の懐刀・和泉首相補佐官。 お相手は厚労省キャリア大坪女史。 今夏、京都の昼下がり。 — ジャーナリスト 田中稔 minorucchu 文春の予告編の動画ではカラー写真も掲載。 大坪寛子は現在独身とFacebookに… 今回の文春砲でのキーパーソンである 大坪寛子。 大坪寛子本人のFacebookは存在しており、2015年10月を最後に更新が途絶えていますが少なくともその時点ではFacebookによると ステータスは独身。 バツイチのシングルマザーであることが明らかになっています。 和泉洋人と大坪寛子が親密となったのは2018年6月に和泉洋人が仕事中に倒れて心肺停止。 その場にたまたま大坪寛子が居合わせて応急処置。 ある意味で吊り橋効果なのかそれ以来仲が急接近。 つまり かなり最近になってから親密になったということに…。 実は8月時点で和泉洋人の事が報じられていた 実は2019年8月29日の時点で和泉洋人と山中伸弥所長の確執は報じられていました。 それは薬研バイオによる 「厚労省・医系技官が山中教授を恫喝」という記事での内容。 とはいえ文春とは少し切り口が違っており大坪寛子と山中伸弥所長が対立。 大坪寛子が強気なのはバックに和泉洋人がいるからであるといった内容。 この内容を膨らませたのが文春での記事ということになります。 和泉洋人の文春スキャンダルに関するネットの反応 個人的に今までは前川喜平が 「 和泉洋人が 総理は言えないから私が代わって言う」と言われたという証言は信憑性が低いと感じていました。 ただ文春での不倫疑惑や山中伸弥所長との確執が本当であるとすると 過去の言動も少し見直したくなってしまう。 和泉洋人の文春スキャンダルに関するネットの反応はこちらとなります。

次の

和泉洋人首相補佐官が結婚した嫁は誰?子供など家族は居る?

和泉 洋人 大坪 寛子

その筆頭が「総理の振付師」と呼ばれる今井尚哉・総理首席秘書官だ。 「今井ちゃんはすごく頭がいいんだよ」。 安倍首相は今井氏をそう絶賛する。 父は勤務医で、宇都宮高校から1浪して東大法学部に入学し、通産省(現・経済産業省)に入省(1982年)。 第一次安倍内閣で総理秘書官を務めたことで首相の信頼を得た。 しかし、安倍氏は首相に返り咲くと資源エネルギー庁次長に出世していた今井氏を政務の総理首席秘書官としてスカウトする。 今井氏は経産省を辞職して官邸入りし、2019年からは総理補佐官(総括担当)を兼務して名実ともに国政全般で総理を補佐する立場になった。 コロナ対策でも今井氏が官邸から実質的な指揮をとっているとされる。 安倍首相が文科省の反対を押し切って全国一斉休校を要請したのは今井氏の進言とされ、新型コロナ治療薬の開発でも古巣の経産省に「アビガン・チーム」を発足させ、安倍首相に「5月中に承認したい」と言わせた。 ただし、現在も承認のめどは立っていない。 『官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪』の著書があるノンフィクション作家・森功氏が語る。 「今井氏は国民に選挙で選ばれた政治家ではなく、あくまで総理の助言者だが、いまやその官邸官僚が安倍政権そのものを傀儡化するといういびつな権力構造になっている。 今井氏の頭にあるのは国民生活や国益より、自分を重用してくれた安倍総理の支持率をあげること。 そのために経産官僚を用いて政策を総合的に動かし、経産省の後輩の西村康稔をコロナ担当相に抜擢するなど閣僚人事にも影響力を行使するまで権力を肥大化させた」 官邸官僚はこの今井氏を中心に人脈がつながる。 灘中、灘高から東大法学部を卒業。 いまや今井氏を通さずに安倍首相に直接意見を具申できる立場とされる。 「桜を見る会」では、首相のそばに寄り添い、地元支援者や芸能関係者を甲斐甲斐しくアテンドする映像が流れた。 「学生時代の友人に取材すると、佐伯氏は『頭は抜群にいいが、朗らかで偉ぶらない』という人物評だった。 それが官邸で権力を持つと人が変わった。 アベノマスク配布をめぐるトラブルでは経産省の7期上の上役である荒井勝喜・政策立案総括審議官を『安倍内閣を潰す気なのか』と叱りつけている」(森氏) 国会でも、加計学園問題で総理を追及した野党議員に対し、佐伯氏が控え席から「違う」と野次を飛ばして大問題になった。 官邸の経産省人脈で今井氏、佐伯氏の大先輩にあたるのが長谷川榮一・内閣広報官兼総理補佐官である。 第一次安倍内閣で内閣広報官を務めた長谷川氏は10年に退官したが、民主党政権下で満足な天下り先が用意されなかった。 長谷川氏はそんな安倍氏を誘って後輩の今井氏とともに高尾山に登山するなど親交を絶やさなかったが、そのことが思わぬ出世につながった。 安倍氏が首相に返り咲くと、再び内閣広報官に起用されたのだ。 「内閣広報官に復帰すると、『拾われた身だから恩返ししたい』と言っていたそうです」(同前) その言葉通り、「総理の護衛役」を任じ、長谷川氏が室長を務める内閣広報室は毎日のテレビ番組の内容を監視し、政権を批判するコメンテーターなどの発言をチェックしている(本誌・週刊ポスト6月5日号既報)。 また、長谷川氏自身、安倍首相の記者会見の進行役を務め、厳しい質問が続くと会見を切り上げることでも知られる。 「総理は自分の口から言えないから」 官邸官僚の権力を笠にきた乱脈ぶりをさらけ出したのがこのカップル、和泉洋人・総理補佐官と大坪寛子・審議官だろう。 一方の和泉氏は加計学園の獣医学部新設をめぐって、文科省の前川喜平・事務次官(当時)に「総理は自分の口から言えないから、私が代わって言う」と早く認可を出すように迫ったとされる(前川証言)。 その和泉氏は今井氏らとは人脈が違う。 東大工学部から建設省(現・国土交通省)に入省した技術キャリア。 第二次安倍政権発足と同時に「国土強靭化」担当の総理補佐官に抜擢される。 安倍政権が官邸に「健康・医療戦略室」を新設すると、和泉氏は室長を兼務し、厚労省から参事官として出向していた大坪氏を内閣審議官室次長に引き上げた。 「和泉氏は各官庁に幅広い人脈があって、神出鬼没で加計学園から辺野古の米軍基地移設、東南アジアへのインフラ売り込みやコロナのクルーズ船対応まで多くの分野に口を出す。 一連のスキャンダルの責任を取らせて解任説もあったが、政権の恥部を知るだけに官邸も首を切ることができなかったようです」(森氏) 警察人脈も官邸で重用されてきた。 霞が関官僚の頂点に立つ杉田和博・官房副長官と北村滋・国家安全保障局長だ。 「総理の守護神」と呼ばれる杉田氏は警察庁警備局長から内閣情報調査室長、初代の内閣情報官、内閣危機管理監を歴任した危機管理のプロで、退官後、「2008年に失意の時代の安倍氏とスキー旅行で親交を深め、第二次安倍政権の内閣官房副長官に抜擢された」(森氏)という人物だ。 北村氏と安倍氏との出会いは1989年。 「北村氏が警察署長だった時に、順天堂病院に入院した安倍首相の父・晋太郎氏をなにかと気にかけた。 杉田氏と北村氏の2人はインテリジェンス(諜報)のプロで、各省庁の情報を握って政権の危機管理を担ってきた。 安倍政権がこれまでスキャンダルを乗り越えてきたのは彼らが目を光らせてきたからでもある。 北村氏は「官邸のアイヒマン」の異名がある。

次の

京大・山中伸弥教授を恫喝 霞ヶ関を牛耳る“最悪カップル”

和泉 洋人 大坪 寛子

室伏謙一 [室伏政策研究室代表・政策コンサルタント] 昭和47年静岡県生まれ。 静岡聖光学院高校卒業、国際基督教大学(ICU)教養学部卒業、慶應義塾大学大学院法学研究科修了(法学修士)。 政財官での実績を生かし、国会議員、地方議員の政策アドヴァイザーや民間企業・団体向けの政策の企画・立案、対政府渉外活動の支援、政治・政策関連のメディア活動等に従事。 DOL特別レポート 内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。 厚生労働省の大坪寛子審議官は、役人の間では「異例のスピード出世」と言われている。 その理由とは? Photo:PIXTA いわゆる「文春砲」で渦中の人となった和泉洋人首相補佐官と厚生労働省の大坪寛子審議官。 この大坪審議官は役人の間では、常識はずれの人事による「異例のスピード出世」と言われている。 一般の人にはあまりピンとこないようだが、なぜ「異例」「常識はずれ」の出世と言われるのか。 元総務省官僚でもある筆者が解説する。 (室伏政策研究室代表、政策コンサルタント 室伏謙一) 「文春砲」で渦中の大坪審議官が なぜ「スピード出世」といえるのか いわゆる「文春砲」により世間の注目を集めることになった、和泉洋人首相補佐官を巡る疑惑。 不倫旅行疑惑とも公私混同疑惑とも、iPS細胞備蓄事業を巡る疑惑とも、さまざまに言われている。 不倫うんぬんについてはともかくとして、公務出張後の私的旅行という公私混同疑惑については、そうした謗りや批判を受けても当然である旨、先日コメンテーターとしてコーナー出演したTBSの番組「ひるおび!」で述べたところ。 6ページにわたる「文春砲」の中には、和泉首相補佐官の「不倫」相手とされる大坪寛子審議官が今の地位にいるのは「スピード出世」であるというくだりがある。 これについても、なぜ「『スピード出世』と言われるのか」とその理由を解説したが、役人の世界では「当たり前」の話でも一般の視聴者の方には少々分かりづらかったようで、「有能だからいいのではないか」といった見解がネットでは散見された。

次の