迅速な対応をお願いします 英語。 【英語】「早急にご対応ください」をスマートに言うと?

「ご対応」のビジネスシーン・メールでの使い方と例文集

迅速な対応をお願いします 英語

広い意味をもつ「対応する」は英語では使い分けるべき 日本人は、社内・社外向け問わず「対応する」という言葉をよく使います。 例えば、客からの要望に対して「対応する」、問合せメールに「対応する」、昨日発覚したあの問題に「対応する」、あの変更は誰が「対応するん?」、あのおっさんうるさいから「対応しといて」などなど。 これは「対応する」が実に広い意味を持つ便利な単語だからですが、日本人の英語初心者は、とかくすべての単語の意味は1対1で対応すると考えがちなので、「対応する」を辞書で調べたら最初に出てくる「 Correspond」をすべてのケースで使いがちです。 よく使う「Correspond」は実は結構使いにくい 「 Correspond」にもいろんな意味がありますが、意味的には「(なにか2つのものが)一致する」の意味合いが強く、実はこの上の段落で使った「1対1で対応する」の「対応」という意味を含みます。 もちろん「 Correspond」で「 (なにか物事に)対応する」を意味することもできますが、どちらかというと堅苦しい単語というイメージで、「官庁からの指導に対する書面回答」のような「 (きっちりした)対応」のニュアンスが漂います。 というわけで、ビジネスの現場で「これ対応しといて/対応しときます」みたいなノリで「 Correspond」を使うのは違和感を感じます(個人差があります)。 よって、以下に「 Correspond」の代わりに使える「対応する」の意味をもつ単語を紹介していきます。 この5つを適切に使い分けることができるようになれば、英会話の幅も広がり、上達を感じることができると思います。 【1】deal with ~ (扱う/対処する) この表現は、たぶん高校の教科書に出てきたかなにかで、日本人はよく使いますが、個人的経験では、ネイティブはあまり使わないように思います。 ですが、社内でなにか問題が起こって「 その問題に対処する」というようなシチュエーションで使えます(ちょっとカタめ?)。 Don't worry. Myself will deal with that issue. 標準語訳:心配しないで。 あの問題は私が対処しておくわ。 関西弁訳:心配せんでええて。 アレわしがやっとくから。 つまり「対処する」というか「なんとかする/うまくやる」的な意味で、日本人が対外的によく使う「対応します」とは少しニュアンスが異なりますのでご留意ください。 【2】handle(取り扱う/処理する/さばく) これはより口語的というか、ネイティブは「 deal with」よりも「 handle」を圧倒的によく使います。 典型的な、 英会話初級者はめったに使わないが、中級者以上になるととてもよく使う単語です。 こういう単語を使いこなせるようになることが英会話上達の秘訣です。 「 handle」はハンドルですから「操縦する」という意味もあるように、「扱う」「対処する」という使い方ができますが、 同時に「さばく」のようなニュアンスが入っているような気がするので(単にハンドルさばきからの連想?)、ビジネス会話で日本人が何気なしに使ってしまう「対応する」という言葉にもっとも近い感じで使えます。 Will handle this inquiry. この問合せは(私が)対応しときます。 He is handling the case. あの件は彼が対応しています。 【3】respond(返答する) 日本人は「対応する」と言うクセが付いているばっかりに、単に問合せメールへ返信しておいてほしいと頼むときでさえ「対応しといてください」といいがちです。 しかし、伝えたい「対応」の意味が単純に「回答する/返信する」という意味であれば、普通に「 respond」を使う方がよいです。 これは、冒頭にも書いたとおり、英会話初級者は、単語の意味をつい1対1で考えてしまいがちですので「 問合せへの対応」という言葉が日本語で脳裏に浮かべば、その英語は普通に「 respond」でよいのに、「 correspond」などの難しい単語を使ってしまいます。 こういうことを避けるために、よく使う日本語の言葉に対応する英単語をいくつか憶えておくとよいです。 【4】manage(扱う/処理する/なんとかする) 「 manage」というと、どうしても「経営する」という意味を連想するかもしれませんが、そういう意味よりも実は「なんとかする」「処理する」という意味合いが優位です。 ネイティブの人はこの単語を日常会話でもビジネス会話でも、めちゃくちゃよく使うので必須単語です。 「 manage」を日常的に使いこなせれば、かなり英会話力は上がったと言えるでしょう。 「なんとかする」という意味から「うまく扱う」みたいな意味にもなり、ひいては日本語の「対応する」の意味でうまいこと使えます。 I can manage that issue. あの問題はなんとかします(=対応できます)。 He is not able to manage this situation. 彼にはこの状況をうまいこと扱えない(=対応できない) 【5】address(扱う/処理する/取り掛かる) 最後に、話し言葉ではあまり使わずに、 書き言葉で使ったらとても便利なのに、日本人があまり使わない「対応する」は「 address」です。 この単語は「住所」という意味のほかに、きっちり「扱う」「処理する」「取り掛かる」というような意味があります。 なにかを誰かから要求されたときにメールで「対応します」と書きたいときや、グローバルな問題に対して、我社は「対応します」なんて会社案内カタログに書きたいとき、はたまた「こういうニーズに対応します」なんて言いたいとき、この「 address」という単語は最適です。 Your concerns will be addressed accordingly. 直訳:あなたの心配事は、適宜、処理されます。 意訳:ご懸念の点は、それぞれ適切に対応させていただきます。 We strive to address the global warming. 地球温暖化への対応を目指します。 to address the needs of 〜 なになにのニーズに対応するために 以上。 日本語はあいまいな表現が多いとも言われますが、ビジネス用語の「対応する」はその典型です。 英語では上記のように、それぞれの状況に応じて単語を使い分けないと英会話はいい感じになりません。 yskta.

次の

締めくくりの決まり文句

迅速な対応をお願いします 英語

「至急」の社外への使い方と敬語 「至急でお願いします」は目上には失礼 「至急でお願いします」は、 「急いぎでお願いします」と、相手に催促をしている言い回しであるため、威圧的に感じられてしまい、目上の人に使用すると失礼にあたります。 目上の人に「急いで」催促する場合は柔らかいニュアンスで相手を尊重した言い回しを使用することを心がけましょう。 代わりに使うべき表現[丁寧な依頼]には ・優先していただけないでしょうか ・早急にご対応くださいますようお願い申し上げます ・お早めにお願いいたします ・お忙しい中恐縮ですが、ご対応お願いいたします があります。 例文 「新プロジェクトの会議が今週ございますので資料作成を優先していただけないでしょうか」 「期限が今週中ですので早急にご対応くださいますようお願い申し上げます」 「手続きに少々お時間をいただきますので、恐れ入りますがお早めにお願いいたします」 「期限が迫っておりますので、お忙しい中恐縮ですが、ご対応お願いいたします」 「至急ご連絡ください」も上から目線で失礼 相手からの連絡が急ぎでほしいという場合に、 「至急ご連絡ください」とお願いをすることも、上から目線に聞こえてしまい、失礼にあたります。 「至急」は、上記でも説明したように、催促しているニュアンスが強いため柔らかい言い回しで「連絡がほしい」ということをお願いするほうが好ましいです。 連絡が急ぎでほしいときの柔らかい言い回し例として、 ・お早めにご連絡をお願いいたします ・早急にご連絡をお願い申し上げます などがあげられます。 また、「催促」しするのではなく、「伺う」というニュアンスになる ・お早めにご連絡いただけますか? ・早急にご連絡いただけますか? という疑問形になる言い回しを使用することで、更に柔らかくお願いをすることができます。 「至急」の社内での使い方 「至急対応いたします」は自分の目上に対する行為なのでOK 「至急お願いします」など、相手に急ぐことをお願いする場合には注意が必要であると上述しましたが、 自分の目上の人に対する行為である「 至急対応いたします」は使用可能です。 相手に何か急ぎの依頼をされたときはもちろんのこと、何か自分の仕事のミスを指摘されたと言う場合には、 「極めて急ぐ」というニュアンスのある「至急」を使用して「至急対応いたします」と伝えることで、相手に誠意をみせることができます。 「至急、これやっておいて」と上司が部下に使うならOK 「至急、これやっておいて」と上司が部下に使用することも可能です。 自分より目下の人に「至急」と使用すると、部下に 急ぎの用であるため優先してほしいをいうことを強要することができます。 目上の人に対して急ぐことを強要するのは失礼にあたりますが、部下であれば問題はありません。 「至急、この件についてご相談させてください」と部下が上司に使うのもOK 「至急、この件についてご相談させてください」と 部下が上司に使用することもできます。 「させていただく」は、「 相手に許可を得たうえで、〜してもらう」という表現として使用できる言い回しで、「させてください」は「 〜をしてもいいですか?」というニュアンスになり、 強要しているニュアンスもなく、相手に「急ぎで相談したいんだな」という意志も伝わることができます。 したがって、「至急」は社内では後に続く表現によって問題なく使用することが可能ですが、社外の目上の人には催促する意味合いがある文言なので使用を避けるべき、ということになります。 「至急案件」はビジネスで最優先の仕事 「至急案件」は、 ビジネスで最優先すべき仕事に使用します。 相手に 「至急案件です」と依頼をされた場合、最優先でとりかかるべきです。 いつまでにという使用がある場合は 必ず期日を守り、すぐに対応できない場合はいつまでになら対応できるかを伝えるなど、誠意をみせましょう。 また、自分が「至急案件」とおいう言葉を利用して相手にお願いをする場合は、本当に急いでもらわなければならないことであるのか一度よく考え、「至急案件」という言葉を乱用しないようにしましょう。 使用する場合も「至急案件」である[理由]を明確にしなければ失礼にあたります。 「至急回覧」は自治会の回覧板で使われる 「至急回覧」は、 自治会の回覧板で使用される言葉です。 「回覧板」は、 町内会の告示事項や配布書類を挟んで順番に回覧するものです。 町内会の人が亡くなった場合など急ぎで回すべき重要なお知らせは「至急回覧」と表記して早めに回すことを促す場合があります。 「大至急」は「至急」を強調した形 「大至急」は、「 だいしきゅう」と読みます。 「大至急」は、「 非常に急を要する事」という意味です。 「至急」という言葉に「大」をつけて強調した形で、「 大急ぎで」というニュアンスになります。 「大至急」は、かなり急を要することに使用する言葉であるため、あまり頻繁に使用するのは避けるべきです。 「至急」「早急」「緊急」の違い 「至急」・・・・・「極めて急ぐこと」 「早急」・・・・・「非常に急ぐこと」 「緊急」・・・・・「即座に対応しなければならないこと」 「至急」「早急」「緊急」は、「急いで」という意味合いのある類語です。 しかし、同じ意味合いでもニュアンスが若干違う言葉であるため、簡単に説明ます。 「 至急」は「至」という「極めて」という意味の漢字を使用していることからわかるように、 他の何よりも優先しなければならないことに使用する言葉です。 「 早急」は、「早く急ぐ」という意味合いであり、 「至急」ほど「急ぐ」ということを強調している言葉ではありません。 「 緊急」は、「ことが差し迫って、対策などを急がなければならないこと」という意味であり、 「急いでもらわなければ困る」というニュアンスが含まれます。 「早急」の意味は「非常に急ぐこと」 「早急」は、「 そうきゅう」と読みます。 また、「 さっきゅう」とも読むことができます。 「そうきゅう」と読んでいる人のほうが割合はとてもお多いですが、本来は「さっきゅう」と読む言葉でるということも覚えておきましょう。 「早急」の意味は、「 非常に急ぐこと」です。 例えば、「早急にご対応お願いいたします」というように使用します。 「至急」よりも催促するニュアンスが少なく、 柔らかい印象があるので急ぐことをお願いする場面に適している言葉です。 例文 「こちらの件については、こちらで早急に処理いたしますのでご安心ください」」 「期日が迫っておりますので早急に企画書を提出していただきたく存じます」 「利用者の激減対策について早急に話し合いましょう」 「緊急」の意味は「即座に対応しなければならないこと」 「緊急」は、「 きんきゅう」と読みます。 「緊急」の意味は、「 即座に対応しなければならないこと」です。 例えば、「緊急事態」という言葉は「即座に内応をしなければならない事態」という意味です。 また、「 急がないと見の危険がある」というような場合にも使用され、「緊急車両」「緊急搬送」というような言葉にも使用されます。 例文 「緊急の場合は、こちらの電話番号に連絡をお願いします」 「非常事態が発生したので、これより緊急会議を開かせていただきました」 「車内にいた人が突然意識を失い、緊急搬送されていった」 「至急」のその他の類語 「迅速」の意味は「すみやかなこと」 「迅速」は、「 じんそく」と読みます。 「迅速」の意味は「 すみやかなこと」です。 「 きわめてはやいこと」を「迅速に」というように言い表します。 例えば、「迅速な対応ありがとうございます」は、「すみやかに対応してもらいありがとうございます」という意味になります。 例文 「先日は、迅速に対応いただきありがとうございました」 「お客様からの依頼には迅速な行動を心がけております」 「期日が過ぎておりますので、迅速な対応をお願いいたします」 「早速」の意味は「すぐに行うこと」 「早速」は、「 さっそく」と読みます。 「早速」の意味は「 すみやかな様」です。 「 すぐに行うこと」を「早速」といいます。 例えば、「早速のお返事ありがとうございます」は、「すぐにお返事をいただきありがとうございます」というような意味になります。 例文 「お問い合わせおりがとうございます。 早速ですが、サンプルを送付させていただきます。 」 「素敵なプレゼントをありがとう、早速使いますね」 「早速ですが、本題に入らせていただいてもよろしいでしょうか?」 「取り急ぎ」の意味は「とりあえず行う」 「取り急ぎ」は「 とりいそぎ」と読みます。 「取り急ぎ」は、「 物事をいそいでする・とりあえず行う」という意味です。 「急な事態が起きたため、十分な準備や対応はできないが、急ぐべきこととして」といったニュアンスになります。 例えば、「取り急ぎご報告」というには、「とりあえず急いで報告だけします」というようなニュアンスで使用されます。 例文 「取り急ぎ何がおきているのが状況だけでも教えてくれませんか」 「問題は無事に解決いたしましたので、取り急ぎご報告をさせていただきます」 「取り急ぎ欠品している商品のみ発送させていただきましたのでよろしくお願いいたします」.

次の

【英語】「早急にご対応ください」をスマートに言うと?

迅速な対応をお願いします 英語

相手に早い対応をしてもらった時に、お礼メールを送る場合がありますね。 その際に、「 早い対応をしてくれて、ありがとうございます。 どう伝えれば、 ビジネスマナーを踏まえた正しいお礼の仕方になるのでしょうか? 目上・上司・社外など、あらゆる相手に使える敬語表現が次の2つ。 その表現が・・・• 迅速(じんそく)なご対応• 早速(さっそく)のご対応 これらの用語によって、 相手に失礼な印象を与えずに「早い対応」をしてくれたお礼を伝えることができます。 あらゆる状況で使用できるので、ぜひ使い方をマスターしていきましょう! ちなみに、私は過去にどう伝えればいいか分からず、「早々のご対応」という表現を使ってしまいました。 今になってみれば、恥ずかしい限りです…。 なぜ「早々のご対応」という表現が良くないのかについても、お伝えしていきますね。 そんなことにならないよう、 早い対応 への お礼メール を送る際の 敬語 表現についてしっかりと把握しておきましょう! まずは「迅速なご対応」についてお伝えしていきますね。 迅速なご対応に、心より感謝申し上げます。 迅速なご対応、ありがとうございました。 適切な敬語表現で、相手にお礼メールを書くことができれば、 マナーのある人だと認知してもらえます。 早い対応への感謝の気持ちを適切に表してくれたら、メールの受け手側は「これからも協力的に仕事を進めよう!」と思う可能性が高まるでしょう。 迅速なご対応という表現を頭に入れておくと、社会人生活で大いに役立ちますよ! 「迅速なご対応」という表現の他にも、「 早速のご対応」という便利な敬語表現もあります。 次の見出しで「早速のご対応」について見ていきましょう。 早速のご対応に感謝申し上げます。 早速のご対応、誠にありがとうございました。 早い対応をしてくれた後に、「早速のご対応」という文言があると、状況にマッチしている印象が強くなりますね。 すぐに対応してくれたことを的確に伝えることができます。 細かな気遣いの積み重ねによって、コミュニケーションスキルが高い社会人として認められる可能性がグッと上がりますよ! 「迅速なご対応」と「早速のご対応」は、どちらを使うのがよいのでしょうか? 次の見出しでお伝えしていきますね。 スポンサーリンク 迅速なご対応と早速のご対応の使い分けは? 「迅速なご対応」と「早速のご対応」で大きな意味の違いはないので、基本的にどちらを使っても構いません。 ではどちらの方が使いやすいのでしょうか? それは・・・ 迅速なご対応 迅速なご対応は、 様々な使い方が可能です。 その理由は、「迅速なご対応によって~」「迅速なご対応のおかげで~」の~部分に、その後の結果も書けるから。 例えば次のような使い方ですね。 〇〇さんの迅速なご対応によって、問題を解決することができました。 迅速なご対応のおかげで、資料を完成させることができました。 それに対し、「早速のご対応」の方では、その後に続く文章に書く言葉が 感謝の言葉に限定化されてしまいます。 例えば、下記のような形式ですね。 早速のご対応ありがとうございました。 早速のご対応に感謝申し上げます。 「早速のご対応によって~」「早速のご対応のおかげで~」という使い方はしません。 ちなみに、「早々(そうそう)のご対応」という表現もありますが、この表現はオススメしません。 どうしてなのか次の見出しでお伝えしていきますね。 スポンサーリンク 早々のご対応は相手に失礼? 「早々のご対応」は すぐの対応を意味します。 「迅速なご対応」もしくは「早速のご対応」と一見同じように思えますが、 注意が必要な表現です。 それは、早々は基本的に目下・友人などに使う言葉だから。 目上や社外の方に使うのは失礼にあたります。 わざわざリスクを負って、「早々のご対応」を使う必要はないので、避けるようにしましょうね。 どの表現にするか迷ったら、 「迅速なご対応」を使うのがベスト。 最も使いやすく、目上・社外にも無難な表現ですからね。 どちらも意味に大きな違いはありませんが、 使える幅が広いのは「迅速なご対応」ということを頭に入れておきましょう。 ただ単に「対応ありがとうございました」よりも、これらの用語を盛り込むことで、相手が受ける印象が良くなりますよ! 例えば、見積もりの作成を早く対応してもらった状況があるとします。 その場合、• 見積もり作成の件、ご対応ありがとうございました。 見積もり作成の件、迅速なご対応ありがとうございました。 どちらの方が印象が良いでしょうか? もちろん、後者の方が早く対応してもらったことに対する感謝の気持ちが強いので、印象が良いですよね! 私自身も、相手に早く対応してもらった際のお礼メールには、「迅速なご対応」を入れて、感謝の気持ちを伝えるようにしています。 ぜひ「 迅速なご対応」「 早速のご対応」の表現をお礼メールの中に盛り込んでいきましょう! 30歳代の現役会社員。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の